私たちはどうかしているネタバレ!ドラマ・漫画原作の最終回結末!真犯人は?

ドラマ・漫画の「私たちはどうかしている」のネタバレを1話から最終回、最終話の結末まで紹介したいと思います。

安藤なつみさんが描く漫画「私たちはどうかしている」のドラマ化が決定し、真犯人が誰なのかも気になるところですよね。

漫画原作でも最終話は迎えていませんが、ドラマではどんな最終回・結末を迎えるのでしょうか?

漫画とドラマ両方の結末のネタバレを紹介していきたいと思います。

この物語は、恋愛要素とミステリー、サスペンス要素が織り交ざった作品で、近年のドラマ事情にはピッタリとハマる作品なのではないかと思います。

ドラマ化し、放送するのは日本テレビで、SNSで考察ブームを巻き起こしたドラマ「あなたの番です」のスタッフが制作するそうです。

それでは漫画・ドラマの「私たちはどうかしている」について紹介します。



「私たちはどうかしている」のネタバレ一覧

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレなどを項目ごとに用意しました!

気になる箇所をクリックしてみてくださいませ!

・漫画「私たちはどうかしている」のネタバレ

・犯人発覚!本当の親子関係なども次々と明らかになるネタバレはこちらから

・漫画「私たちはどうかしている」第二章のネタバレ

・最新話のネタバレはこちらから

・「私たちはどうかしている」漫画・ドラマの結末・真犯人はどうなるか

漫画・ドラマ「私たちはどうかしている」のあらすじ

15年前。

老舗和菓子屋・光月庵の若旦那が何者かに殺害された。

そして、彼の息子の証言から、住み込みで働いていた女性職人が容疑者として逮捕される。

互いに初恋の相手だったはずの七桜と椿は、容疑者の娘と被害者の息子となり、憎み合ったまま離ればなれに・・・。

そして、15年の時を経て、二人は運命の再会を果たす。

椿は、七桜を幼なじみと気づかぬまま、再会したその日にプロポーズ!

母の無実を証明するため、正体を隠したまま“偽りの結婚”を利用して、光月庵に乗り込む七桜!

しかし、そこには、結婚に反対する女将の執拗な嫌がらせやドロドロのお家事情など、様々な逆境が待ち受けていて・・・!?

過酷な運命に翻弄されながらも、惹かれ合う二人。

そして、15年前の事件の真相とは!?

漫画・ドラマ「私たちはどうかしている」の主要キャスト

花岡七桜 演:浜辺美波

修業中の和菓子職人。

和菓子職人だった母親の才能を受け継いでおり、人の心を掴む、斬新で思いやりのある御菓子を作る。

15年前に、殺人容疑をかけられたまま亡くなった母からの手紙を受け取り、無実を証明すると心に決めた。

幼なじみの椿の証言で母が逮捕されたため、椿を憎んでいる。

再会した椿からのプロポーズを受け、正体を隠したまま光月庵に乗り込むが・・・!?

まっすぐで、どんな逆境にもめげない芯の強さを持つ。

和菓子愛が強すぎて、周りが戸惑うほど熱く語るなど“和菓子バカ”の一面も。

高月椿 演:横浜流星

老舗和菓子屋・光月庵の跡取り息子。

創業400年を超える歴史をもつ光月庵を継ぎ、より愛される店にすることを志す。

親が決めた結婚を破談にすべく、和菓子対決で出会った七桜に、その日のうちにプロポーズする。

七桜が15年前に店にいた、幼なじみの少女だとは気づいていない。

一見、クールで傍若無人だが、和菓子や店に対する強い思いがあるがゆえ。

母や祖父から、家族としての愛情を受けてきておらず、実はとても孤独。

そのため、愛情表現に関しては不器用な一面も。

城島裕介 演:高杉真宙

光月庵に入ったばかりの見習い職人。素直で明るい好青年。

七桜とすぐに打ち解け、互いに励まし合い次第に距離を縮めていく。

長谷栞 演:岸井ゆきの

日本屈指の名旅館「長谷屋」の三女。椿の婚約者。

控えめで自己評価が低いが、まっすぐで芯の強い女性。

ややおっちょこちょいの一面も。

山口耕一 演:和田聰宏

光月庵で一番古株の和菓子職人。

穏やかで寡黙な職人気質。長年、椿を見守っている。

富岡勝 演:岡部たかし

光月庵に来て10年の和菓子職人。

職人歴30年のベテランで腕も良い。勝ち気で野心家。

安部大吾 演:前原滉

光月庵の見習い職人。

光月庵一のお調子者で長いものに巻かれがち。

杉田綾人 演:草野大成

光月庵の見習い職人。

素直で真面目。すぐアタフタする小心者。

多喜川薫 演:山崎育三郎

七桜の前に突然現れた謎の男。

洒落た着物を着こなす伊達男。

いつも飄々としておりミステリアスだが、七桜のピンチを救う。

宮部夕子 演:須藤理彩

小料理屋「ゆうこ」を営んでいる。

気っぷが良くサバサバした性格。一見、ドライに見えつつも、実は情が深い。

「私たちはどうかしている」では数少ない「どうかしてない人」役に?

大倉百合子 演:中村ゆり

七桜の母親。食べた人が温かい気持ちになる御菓子を作る和菓子職人。

七桜が5歳の時、光月庵に住み込みで働くことになる。

15年前、樹を殺害した容疑者として逮捕され、取り調べ中に倒れて亡くなってしまう。

高月樹 演:鈴木伸之

椿の父親。光月庵の先代当主。

心優しく真面目な性格で、和菓子職人としても優秀だった。

15年前、何者かに刺されて亡くなっているところを椿に発見される。

高月宗寿郎 演:佐野史郎

光月庵の大旦那で椿の祖父。老舗を守る使命感が強い。

息子の樹が亡くなってから体調が悪くなり、臥せりがち。

孫の椿にはなぜか冷たいところがある。

高月今日子 演:観月ありさ

光月庵の女将で椿の母。

もともと加賀御三家・鳳家の令嬢で、大旦那に見初められ、樹の妻となる。

夫の死後、老舗の暖簾を守り、一人息子の椿が立派に光月庵を継ぐことに人生を懸けている。

美しいものを好み、気位が高く上品。

一方で、執念深く、敵に回すと最も怖いタイプ。

漫画「私たちはどうかしている」のネタバレ

私たちはどうかしているネタバレ!ドラマ・漫画原作の最終回結末!真犯人は?

・1巻、2巻のネタバレはこちらから

・3巻、4巻のネタバレはこちらから

・5巻、6巻のネタバレはこちらから

・7巻のネタバレはこちらから

・8巻、9巻のネタバレはこちらから

・10巻、11巻のネタバレはこちらから

・12巻のネタバレはこちらから

七桜は幼いころ、母が住み込みで働いていた老舗和菓子屋・光月庵で椿と出会う。

しかしある事件が起き、殺人の容疑をかけられた七桜の母は逮捕され、七桜も追い出されてしまう。

15年がたち、失意の七桜の前に現れた椿。

二人は和菓子の腕を競って対決することに。

七桜の人生を狂わせた椿。

その憎い椿は、あろうことか七桜に自分との結婚を持ちかける。

七桜をかつての幼なじみとだは気づいていない椿。

思いもよらない言葉に七桜は、殺人罪の濡れ衣を着せられた母の真実を探りたい一心の七桜はそれを受け、光月庵に住み始める。

しだいに明らかになる確執と大旦那の恨み。

リベンジに動き出す七桜だが、椿が言い出した提案に息を呑む。

憎しみと同時に湧き上がる熱い思い。

七桜は彼を拒絶できない!?

光月庵に住み始めた七桜(なお)は、とあることから大旦那の逆鱗に触れる。

椿は七桜と部屋をともにすると宣言。

肌を重ねた二人だが、椿の口から出た

「さくらが目の前に現れたら消えてもらう」

という言葉に凍りつく。

憎しみに囚われている椿の本当の心はどこに!?

“七桜の母”を名乗る人物も現れて混乱する七桜を、椿はある部屋に閉じ込めてしまう!!

一夜をともにし、距離が縮まったかに見えた七桜と椿だが、七桜の素性をつかんだ女将は監視の目をゆるめない。

何者かに狙われた七桜をかばいケガをした椿は、大事な茶会を前に七桜に自分の思いを告白する。

大旦那との確執を払拭するために、茶会をなんとしても成功させたい椿の壮絶な過去を知った七桜の心にも嵐が吹き荒れて!?

自分の正体を知られずに光月庵の椿と結婚した七桜は、母の死の真相を探るために従業員の城島に誘われ、かつて自分と母が住んでいた部屋を訪れる。

しかし、女将と裏で手を結んでいる城島は七桜に近づいて痛めつけようとしていた。

自分と同じような境遇の城島に自然と親近感を抱き、親身になっていく七桜。

一方、城島の恐るべき過去を知った椿は、城島の企みを止めようするが!?

身体の変化に戸惑う七桜だが、そのことを吹っ切ろうとますますわらび餅作り専念していく。

七桜がなにかを隠していると気づく椿だが、そこには触れず思いやりを見せる。

距離が縮まる二人。

一方、城島も自分のしていることに疑問を抱きはじめ揺れる。

七夕のデパート催事当日までにわらび餅は完成するのか!?

そして、これ以上椿に嘘がつけないと思った七桜はようやく決心する。

過去と現在の真実が明らかになる。

素性を隠して椿と結婚した七桜は、幾多の困難を乗り越え椿との絆を深めていく。

妊娠を告げ二人の愛に懸けようとするが、そんな矢先15年まえに死んだ椿の父・光月庵の旦那様は亡くなった最愛の母と恋仲で、しかも自分の実の父であることを知る。

次々と明らかになっていく過去の真実。

ショックを受け思い詰めた七桜は、光月庵から姿を消そうと決意。

そんな七桜の前に椿の元婚約者・栞が現れ・・・光月庵は炎に包まれる事に・・・。

そして七桜は思い出す。

母が犯人とされた事件の日・・・現場に女将がいた事を・・・。

※この犯人が判明する重要な話が収録されている第7巻の全ネタバレはこちらから
 

漫画「私たちはどうかしている」第二章のネタバレ

光月庵の火事から10ヵ月。

意識不明の重体だった椿もようやく回復。

行方がわからない七桜を探し回るが、一向に見つからず焦燥感だけが増してゆく。

そんな椿のもとに足繁く通ってくる長谷屋の栞は、ある決意を胸に秘めていた。

一方、傷が癒えた七桜もまた多喜川の力を借りて立ち上がる。

背負わされた重い運命は、愛と復讐の歯車を思わぬ方向へと導く!!

月日が経ち、光月庵に復讐を誓う七桜は、多喜川の力を借りて金沢に「花がすみ」をオープンさせた。

光月庵を葬るため和菓子の選定会に勝負をかける七桜。

一方、七桜への思いをようやくふっきった椿も再起。

選定会会場でふたたび出会った二人に緊張が走る。

しかし、椿の身体には異変が・・・。

亡き母への気持ちと椿への偽らざる気持ち。

二つの相反する感情が七桜を、そして椿を翻弄する!

目に不調を抱えながら復活した椿。

そして光月庵に復讐を誓い「花がすみ」をオープンさせた七桜はライバル同士となった。

だが共同で観光地の和菓子を作ることになり温泉宿へ赴くことに。

金沢を離れ、熱い思いがよみがえる二人。

一方、追いつめられた栞は椿の子を妊娠していると女将に告げ、長谷屋と光月庵は喜びに沸く。

戸惑う椿になおも栞は情熱をぶつけるのだが、光月庵から椿を解放してあげたい七桜も多喜川と動き出し!?

共同作業でふたたび熱く燃え上がるかに思えた椿と七桜だが、金沢に戻った二人はそれぞれの宿命を受け入れ、別々の道を歩む。

光月庵への反撃を開始する七桜は、意識が戻りつつある大旦那に自分こそが光月庵の正統な後継者だと宣戦布告。

18年前、七桜の母に樹をとられた女将は激怒するが、大旦那は先祖の言いつけを破り、椿と七桜に御菓子勝負をさせることに。

勝つのは一人。

運命の逆転はすぐそこに!?

除夜際での七桜と椿の勝負に決着がつき、ついに光月庵の後継者が決まった。

だがその直後、大旦那は倒れて病院に運ばれてしまう。

新旧の交代が行われ不安に感じる従業員ら。

さらに新当主は金沢の文化をけん引する武六会にその実力を試されることになる。

そんな中、一層強く七桜に惹かれる多喜川は徐々に自分の気持ちを抑えられなくなるが、かつての恋人・由香莉が現れて不穏なムードに。

ある重大な真実を知った椿も動き出し事態は急変!?

※続きの最新刊はこちらから読めます!
 

「私たちはどうかしている」漫画・ドラマの結末・真犯人はどうなるか

漫画「私たちはどうかしている」は、正直、ドラマの放送が終わるまでに完結するとは思えません。

原作漫画では、今のところ犯人は女将が確定路線ですが、まだ女将が真犯人だと明言されているわけではありません。

そしてドラマは2020年4月現在、既に撮影中で、放送は7月からを予定されています。

なので、ドラマ版の結末はドラマオリジナルになるのではないかと思われます。

それに伴い、「テセウスの船」のようにドラマと漫画で真犯人が違う・・・という感じにもなってきそうですよね。

そして、日本テレビで「あなたの番です」のスタッフが作っているので、Huluでのチェインストーリーなどのオリジナルストーリー配信も予想されます。

ドラマの結末、漫画の結末、それぞれどのような結末を迎えるのか、楽しみにしましょう!

 
【この記事もおすすめ】

私の家政夫ナギサさんネタバレ!原作とドラマの最終回結末・ナギサとメイが結婚?

【そして、ユリコは一人になった】最終回までネタバレ!犯人はまさかの人物!?

死にたい夜にかぎってネタバレ!最終回結末と特別編で屈折した男女の行方は?

【エール】ネタバレ!朝ドラは不評?最終週最終回まで公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。