約束のネバーランドネタバレ!エマの正体は?最終回結末はどうなる?

アニメでも放送され人気拡大中の漫画「約束のネバーランド」のこれまでのネタバレやエマの正体、最終回、最終話・結末まで考察していきたいと思います!

「約ネバ」は週刊少年ジャンプで連載中なのですが、浜辺美波さん主演で実写映画化もされる事から、更に知名度は上がるのではないかと思うのですが、この実写ドラマ化を不安視しているファンは多いですよね・・・。

年齢設定なども変更されてますし、どうなる事やら・・・。

という事で、「約束のネバーランド」について紹介していきたいと思います。



「約束のネバーランド」のネタバレ一覧

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレなどを項目ごとに用意しました!

気になる箇所をクリックしてみてくださいませ!

・GFハウス脱獄編ネタバレはこちらから

・ミネルヴァ探訪編ネタバレはこちらから

・ゴールディ・ポンド猟場編ネタバレはこちらから

・七つの壁編ネタバレはこちらから

・最終回・結末・エマの正体は?

・【確定】最終回・結末のネタバレはこちらから

先ず「約束のネバーランド」とは

約束のネバーランドネタバレ!エマの正体は?最終回結末はどうなる?

物語は、主人公達が「鬼」と呼んでいる種族が運営する、人間を食用の家畜として飼育するグレイス=フィールド(GF)ハウスという農園(表向きは孤児院)から始まる。

時代設定は、物語が開始した時点で2045年となっており、農園内で得られる情報から少なくとも2015年までは外の世界で人間によって本が出版されていたこと、また外の世界にも鬼に食われない人間たちがいることが情報として出てきている。

ソンジュの話によると、かつての世界では農園は存在しておらず、鬼は人間を襲って食べる生活をしていたが、鬼に服する人間もいれば逆に鬼を憎み武装して食われた数以上の鬼を殺す人間達もいたとのこと。

終わりのない殺し合いと果てのない恐怖に互いが嫌気を指していた時に人間側から

「人間は鬼を狩らない、だから鬼も人間を狩らない。お互い世界を棲み分けよう」

という提案がなされた。この『約束』こそが全ての始まりで、これによって世界は人間の世界と鬼の世界の2つに切り分けられ、2つの世界は断絶することになった。

エマたちの先祖は、その時に鬼側の世界に置いて行かれた土産で、鬼は約束を守り農園で人間を管理、養殖を続けるようになった。

約束からおよそ1000年もの間、世界は特に変化が無く、互いの世界を行き来するのも不可能とのこと。

しかし、実際には一部の人間は人間の世界と鬼の世界を行き来しており、行き来の手段としてエレベーターが出てきている。

GFの所在地について詳細は不明だが、作中では北半球の中緯度地域であることが推測されている。

また、作中に出てくる世界地図は現実の物と同じであるが、ヨーロッパを中心に描かれており、ヨーロッパが舞台であることを窺わせる描写が多い。

また、作中では鬼の世界と人間の世界は断絶されているとのことだが、作中の舞台が地球であることと前述の暦が正しいことは判明している。

GF周辺には原生林が広がっているように見えるが、実際には吸血樹の群生地が広がり、農園の鬼から野良の下等種と呼ばれている知性に乏しい野生の鬼もいるなど、本来の地球の生態系には存在しない動植物が多数生息している。

ただし、全ての動植物がこのようなものではなく、普通の動植物も存在している。

B06-32地点の荒野の地下にはシェルター、A08-63地点の池の地下には大規模集落が存在する等、鬼の世界には脱走した食用児に向けての隠れ家や逃げ道もミネルヴァによって用意されている。

しかし、A08-63地点にある大規模集落は、弟であるピーターから危険視され、バイヨンにその存在を明かされ、農園には秘密の猟場として人間狩りが行われるようになった。

鬼の世界には鬼の町も存在しており、市場では人肉に限らず様々な食材が扱われている様子が窺える。

市場で購入できる人肉は量産農園産のもので、高級農園産の人肉は貴族など限られた層しか食べられないため、一般の市場には出回っていない。

また、農園では様々な機械類が見受けられるが、人間の技術の影響が及んでいないと思われる鬼の町では機械類は見受けられないなど、基本的に鬼の文明は人間より低い事が窺える。

人間農園は主に高級農園と量産農園に分類されているが、ラムダ7214といった試験農園が存在する等、詳細は不明だがどちらにも分類されない農園も幾らか存在するようである。

「約束のネバーランド」GFハウス脱獄編ネタバレ

約束のネバーランドネタバレ!エマの正体は?最終回結末はどうなる?

色々な孤児が集まる「孤児院」・グレイス=フィールド(GF)ハウスは、院のシスターで「ママ」と慕われるイザベラのもとで、「きょうだいたち」にも血縁関係はないが、幸せに暮らしていた。

ここでは、赤ん坊のころに預けられた子供を、特殊な勉強とテストにより育てあげ、6歳から12歳までの間に里親の元へと送り出す・・・と孤児たちは教えられていた。

里親が見つかり、外の世界に出ることになったというコニーが人形を置き忘れたため、主人公で身体能力に優れるエマと、知略に優れるノーマンはそれを届ける。

しかし二人は、近づくことを禁じられていた「門」でコニーが食肉として出荷される瞬間を目撃する。

そこから「鬼」の存在を知った二人は、リアリストで博識なレイのほか、ドン、ギルダを仲間に引き入れ、GFからの脱獄計画をスタートさせる。

その中でエマたちは、GFが監獄のような「人間飼育場」であることを確認した。

そこで脱獄の準備を始めるものの、増員監視者として「シスター」が派遣され、更にレイがママ(イザベラ)のスパイであったことが発覚。

様々な心理戦が繰り広げられる中、脱獄を試みる標的がいることを特定されるが、あくまで管理を維持したいイザベラの思惑を逆手にとり、ノーマン達は計画を進める。

「ママ」の座を狙いイザベラを蹴落とそうと企むシスターと、仮初めの協力関係を結ぶ子供達。

しかしシスターは出荷され、イザベラにも脱獄の下見が見つかってしまう。

計画を封じるためエマの足は折られ、さらにノーマンの出荷が告げられる。

レイとエマは、ノーマンの発信器を無効化し全員の脱獄敢行まで潜伏させる作戦を立てる。

しかし、ノーマンは残される子供達の脱獄に支障が出ることを恐れ、発信機を生かしたまま下見を強行した後戻ってきてしまう。

レイに残る乳児時の記憶と決死の下見により、ハウスの周囲は崖で本部と繋がる橋が唯一の出口ということが判明したが、ノーマンの出荷は確実となった。

悲しみに暮れるエマ達を残し、ノーマンはハウスを後にする。

そして、ついにレイが出荷される日、彼はハウスを火事にさせて、ハウスに警備を集中させて橋から逃げる作戦とした。

そして、レイは出荷目前の高級品である自分も、ハウスともども燃えようとする。

エマはそれを阻止し、ノーマンの伝言をもとに、年少者の中で最も成績のよかったフィルに農園の真実を打ち明けてGFを脱獄することにした。

「約束のネバーランド」ミネルヴァ探訪編ネタバレ

約束のネバーランドネタバレ!エマの正体は?最終回結末はどうなる?

かねてから、逃げるなら本部前の橋と言われてきたが、対岸との距離が最も最短な地点から、ハンガーと紐を利用して移動することにした。

その方法により無事脱獄を成功させ、ハウスを後にする。

しかし脱獄直後、エマ、レイ、トーマ、クリス以外の兄弟達が消えてしまった。

実は人食いの木の誘い穴に落ちてしまったのだ。

そして4人もその落とし穴に落ち、人食い木の動く根に追い回され、行き止まりまで来てしまい、絶体絶命の危機となったが、「PROMISE」とモールス信号で書かれた冒険本、「ウーゴ冒険記」の中の「アルヴァピネラの蛇」の話に解決の糸口があり、無事脱出に成功した。

脱出後、鬼の下等種である者が食べようと追いかけまわしてきた。

それをレイが対処するため本隊を外れ、下等種に追われていた。

更に、下等種を倒して農園の運営者である追手がついにやってきた。

そんな中、本隊は謎の少女に誘われる。

レイも謎の人物に助けられた。

少女の名はムジカで、レイを助けた男はソンジュという名前だった。

二人とも鬼だが、宗教上の理由から人間を食べない、社会の異端者であった。

ソンジュから「鬼は昔から存在していて、鬼は人を狩り、人は鬼を殺し合っていたが、一人のフクロウを飼う人間によって世界の住み分けが提案された」ことを聞き、その約束が今も続いて、エマたちは鬼の世界に残された人の子孫と知った。

更には、世界間の行き来はできないとされているが、鬼に農園用の製品を供給するために人が鬼の世界に渡っていたという事実も判明した。

そして、ソンジュとムジカは、さらなる旅へ、エマたちは目的地へ進むため別れて進むことになった。

ただ、ソンジュは自然に誕生した生命以外食べないという原初信仰を実は信じており、エマたちの子孫を食べる気でいた。

その後、エマたちは目標地点に到着したが、そこは更地で何もなかった。

そこでペンを起動すると、マップが表示されて入り口が開いた。

そこはミネルヴァの地下シェルターで、先客が一人いた。

彼(オジサン)もまた、ペンによってここに導かれていたが、合理的な性格ゆえ、エマにピストルを向け、シェルターから出るように脅した。

しかし、エマが反論を言うと、謎の言葉を発して気絶した。

また、シェルターの壁には密猟者という字とHELPの文字が落書きしてあった。

その後エマは、人間界へ行く手がかりをつかむべく、ピアノから行ける秘密の部屋からの武器を使い、ゴールディ・ポンドへ旅立つことにした。

しかし、直前でエマより共存するよう諭されたオジサンは、ゴールディ・ポンドは危険だということを伝えた。

すると密猟者がやってきて、エマは捕まってしまう。

「約束のネバーランド」ゴールディ・ポンド猟場編ネタバレ

約束のネバーランドネタバレ!エマの正体は?最終回結末はどうなる?

目が覚めるとそこは目的の場所、ゴールディ・ポンド(GP)であった。

エマはそこで謎の少女と出会う。

GPは音楽が鳴ったのを合図に貴族の鬼が人狩りをする「秘密の猟場」だったことを少女に知らされる。

GPにいる多くの子供はバイヨン卿ご用達のグランド=ヴァレー(GV)と呼ばれる農園から出荷された子供で、3日に一度の頻度で知性のある鬼が食用児を狩るためにやって来るという。

その事実を知ったエマは、何も知らない三人の兄妹テオ・ジェイク・モニカがレウウィス大公に襲われているところを目撃。

エマはレウウィス大公に目掛けて斧を放り投げ、三人に風下へ逃げるように伝る。

一方、レウウィス大公は、久々に楽しそうな獲物が現れたことに好意を持っていた。

再び音楽が鳴ったところで、鬼たちが撤退。エマはすぐさまテオ・ジェイク・モニカのことを探すが、そこに居たのは血まみれになった斧を持つテオの姿だけだった。

GPに来て最初に出会った少女・ヴァイオレットに連れられて、風車の中へ入る。

そこにはヴァイオレットを含む九人の子供達がいた。

それぞれリーダーのオリバー、救護担当のサンディとジャック、機械類担当のナイジェル、副リーダーのソーニャ、食料担当のペペ、ジリアン、ポーラ。

彼らはこのGPの真実を知りながら何か月・・・中には何年も生き残った九人で、この猟場を終わらせるための計画を綿密に進めていた。

合わせたい人がいると言われて紹介されたのは、グローリー=ベル(GB)農園出身で、オジサンのかつての仲間だったルーカスという男性であった。

彼は風車と森に繋がる抜け穴があり、その扉を開けるにはペンが必要だという。

そして扉の奥にはモニタールームらしき制御室があり、その制御室を抜けた先には金の池、すなわちゴールディ・ポンドが存在した。

触れることも濡れることもない池の中を突き進むと、そこには機能停止したエレベーターと電話が。

鳴り響く電話を手に取るとウィリアム・ミネルヴァを名乗る男に「七つの壁」を探すように伝えられる。

計画実行の予定日より一日早く音楽が鳴り始める。

10人は4隊にわかれ、それぞれレウウィス大公、バイヨン卿、ノウス、ノウマ、ルーチェの相手をする。

悪戦苦闘しながらも見事に貴族の鬼たちを倒すことができた一同は、緊急破壊装置を作動させて秘密の猟場を崩壊させることに成功。

無事に全員でGPを去ることにした。

「約束のネバーランド」七つの壁編ネタバレ

約束のネバーランドネタバレ!エマの正体は?最終回結末はどうなる?

今から15年前の2031年。

ラートリー家当主のピーター・ラートリーは、兄であるミネルヴァなど一族内の裏切り者を処刑していた。

アンドリューを筆頭としたピーターの部下たちは、逃げた食用児を殺すために捜索を始める。

一方、エマたちがGPからシェルターへ戻ると、隠し部屋に置かれた電話で支援者からモールス信号のメッセージを受け取る。

そこで、今は会えないがじきに接触すること、敵はピーター・ラートリーであることを伝えられた。

エマたちはシェルター内の古文書に記載されていた「クヴィティダラの竜の目で昼と夜を探すべし」という言葉をヒントに七つの壁を探すことに。

その後、古文書に書かれていたクヴィディダラに無事したエマは、約束を結んだ過去の光景や、昼と夜が合わさった奇妙な空間で謎の小鬼を見る。

そして意識を取り戻したエマは、もう一度あの場所に辿り着ければ「約束」を結び直せると確信し、調査を続けると、七つの壁の入口に入る方法を発見した。

エマたちがシェルターへ報告しに戻ると、アンドリュー率いる部下たちが、中へ攻め込んできてしまう。

なんとかシェルターから逃げ延びたエマたちだったが、ルーカスとユウゴ(オジサン)は二人でシェルターの中へ残り、アンドリューを巻き添えにしてシェルターを爆発させた。

※続きのネタバレはこちらから!

【約束のネバーランド】17巻18巻ネタバレ!続きはどうなる!?
 

「約束のネバーランド」最終回・結末・エマの正体は?

「約束のネバーランド」はまだどのような結末に見えてこないので、結末が見えてきたら考えていきたいと思います。

鬼滅の刃はもうクライマックス状態ですね。

そして今でも言われ続けられている“エマの鬼説”。

この辺も根強く言われておりますね。

「約束のネバーランド」はこれからどのような方向へ向かっていくのか!

続きを楽しみにしましょう!

179話のネタバレはこちらから

 
【この記事もおすすめ】

鬼滅の刃キャラクター一覧【竈門 炭治郎】【竈門 禰豆子】

【そして、ユリコは一人になった】最終回までネタバレ!犯人はまさかの人物!?

死にたい夜にかぎってネタバレ!最終回結末と特別編で屈折した男女の行方は?

【エール】ネタバレ!朝ドラは不評?最終週最終回まで公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。