【MIU404】あらすじネタバレ!最終回結末は殉職?それとも?

TBSの金曜ドラマ「MIU404(ミュウヨンマルヨン)」の1話から最終回、最終話・結末のあらすじやネタバレ、キャスト情報を紹介していきたいと思います。

このドラマは綾野剛さんと星野源さんのダブル主演のドラマで、それだけでも話題ですが、脚本は野木亜紀子さんが担当し、主題歌は米津玄師の新曲『感電』が採用されました。

野木亜紀子さんと米津玄師さんと言えば、あの名作ドラマ「アンナチュラル」コンビですね。

そんな話題騒然のドラマでしたが、新型コロナウイルスの影響で放送が延期となっていました。

しかし、6月から撮影が再開され、6月26日から放送が開始されることになったので、このドラマ「MIU404」について紹介していきたいと思います。



金曜ドラマ「MIU404」のネタバレ一覧

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレなどを項目ごとに用意しました!

気になる箇所をクリックしてみてくださいませ!

・キャスト情報はこちらから

・全話あらすじはこちらから

・最終回・結末についてはこちらから

金曜ドラマ「MIU404」の基本情報

先ず、タイトル『MIU404』の“MIU”とはMobile Investigative Unit(機動捜査隊)の頭文字であり、“404”は綾野と星野が演じる機動捜査隊員の二人を指すコールサインです。

警視庁には現在3つの機動捜査隊が存在するが、本作は、警視庁の働き方改革の一環で作られたという架空の設定の臨時部隊「警視庁刑事部・第4機動捜査隊」が舞台。

二人はその第4機捜に所属し、第1〜3機捜のヘルプだけでなく、捜査1課などの各部署のヘルプも行います。

普段は覆面パトカーで地域をパトロールし、110番通報があれば事件現場に急行、迅速に初動捜査を行う。

勤務は24時間制で、次の当番勤務は4日後。

初動捜査で事件が解決できない場合は専門の課に捜査を引き継ぎ、継続捜査は行わない。

つまり、街中で勃発する各事案に対し、24時間でできうる限り対処するのが彼らの仕事です。

金曜ドラマ「MIU404」のキャスト

伊吹藍 演:綾野剛

警視庁刑事部・第4機動捜査隊・隊員。

機動力と運動神経はピカイチの野生のバカ。鼻が効くが、臭気なのか雰囲気を嗅ぎとっているのかは不明。

これまで多くの部署を転々とした挙句、奥多摩の交番に8年近く勤務していた。

初の機捜で右も左もわからないながらも天職だと思い始めるが、考える前に動いてしまい志摩がいないと危なっかしい。

志摩一未 演:星野源

警視庁刑事部・第4機動捜査隊・隊員。

以前は捜査一課にいたが、ある事情から異動。運転免許試験場を経て所轄にいたところを、4機捜の設立とともに桔梗に呼び戻された。

機捜経験もあり桔梗・陣馬からの信頼は厚いが、自分も他人も信用しない。

観察眼と社交力に長け、常に先回り思考で道理を見極めようとするものの、伊吹には振り回される。

九重世人 演:岡田健史

警視庁刑事部・第4機動捜査隊・隊員。

父親が警察庁刑事局長で自身もキャリアの新米。理由は不明だが4機捜に配属される。

今まで何事もうまくこなしてきたという自信から、どこか上から目線になりがちだが、意外に可愛いところもある。

4機捜の面々と接することで、さまざまなことを学ぶ。

陣馬耕平 演:橋本じゅん

警視庁刑事部・第4機動捜査隊・隊員。

ベテラン機捜隊員。腕っぷしは誰よりも強いが近ごろは年齢を感じることもしばしば。

桔梗の隊長任官時に1機捜に呼ばれ、4機捜の設立とともに異動、班長に。

志摩とも同僚だったことがある。ノミニケーション、筋ハラで若者から嫌われがち。特技は顔面配備。

桔梗ゆづる 演:麻生久美子

警視庁刑事部・第1機動捜査隊 兼 第4機動捜査隊・隊長。

警察署長を経て女性初となる1機捜の隊長に任官。

陣馬とは旧知の仲で、捜査一課時代には志摩とも同じ班にいたことがある。

機動捜査隊を四部制にした立案者で、責任を取る形でヘルプのための4機捜を立ち上げ、兼任隊長となった。

口は悪いが懐は広い。根性論が嫌いなリアリスト。

糸巻貴志 演:金井勇太

警視庁刑事部・第1機動捜査隊・隊員。

桔梗が1機捜内に設立したスパイダー班の班長。

SNSのリアルタイム監視ほかWEB分析、防犯カメラの映像解析などを担う。

帰宅が面倒で芝浦署の仮眠室に住んでいるという噂がある。

我孫子豆治 演:生瀬勝久

警視庁刑事部・刑事部長。

組織対策犯罪部の部長時代に桔梗とやりあった過去があり犬猿の仲だが、お互い牽制しながら利用し合っている節がある。

組織を守ることが多くの正義を為す道という信条を持つ。陰で桔梗に「マメジ」と呼ばれている。

特派員REC 演:渡邊圭祐

動画投稿サイト「NOW TUBE」で「ナイトクローラーチャンネル」を配信しているナウチューバー。

本名不明。自身を「特派員REC」と名乗り、ネットでみつけたネタやニュースの解説動画を日々アップし、億万ナウチューバーを目指している。

謎の女 演:黒川智花

素性が謎に包まれている。

金曜ドラマ「MIU404」1話のあらすじ・ネタバレ

警視庁の働き方改革の一環で、刑事部・機動捜査隊(通称:機捜)の部隊が3部制から4部制に変更となった。

臨時部隊として新設された“第4機捜”の隊員として招集された志摩一未(星野源)だったが、とある人事トラブルからバディとなる隊員が見つからないという事態に。

やむを得ず、候補段階で落としていた奥多摩の交番勤務員・伊吹藍(綾野剛)を招集し、バディを組むよう命じられる。

伊吹がどんな人物なのか、不安になった志摩は情報を集めるが、「とにかく足が速い」というだけで、短期間で次々と部署を異動していたり、かつての同僚刑事たちが「彼については話したくない」「二度と顔を見たくない」といい、調べれば調べるほど不安になる。

そして、ついに迎えた第4機捜任務初日。初対面の伊吹は意外にも礼儀正しく、好印象を抱く志摩だったが・・・!?

金曜ドラマ「MIU404」1話のネタバレ・視聴率

視聴率:13.1%

1話のメインとなる話はあおり運転でした。

覆面パトカーな感じで伊吹と志摩が車で走っていると、後ろから猛烈に煽ってくる車が・・・。

志摩は、追い越させましょう。と言うも、伊吹は、「調子に乗るな」という感じで煽りを邪魔します。

そして危険運転をした犯人に注意。

しかし、今度はその犯人が殴られる傷害事件が発生しました。

今回メインとなる犯人は凶悪なあおり運転の常習者で、しかも最後に捕まえてから分かった事ですが、大麻も売っていました。

更に、伊吹と志摩には何らかの過去が隠されている感じでした・・・。

金曜ドラマ「MIU404」2話のあらすじ・ネタバレ

伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)がパトロールをしていると、伊吹が隣を走る車に違和感を抱く。

そんな中、警視庁から殺人事件の容疑者が凶器のナイフを持って逃走しているという無線が入る。

容疑者の特徴から伊吹は、隣の車に容疑者が乗っているかもしれないと察知し、追跡する。

一方、殺害現場の初動捜査にあたる陣馬(橋本じゅん)と九重(岡田健史)は、第一発見者の証言から凶器のナイフを持って逃走した人物が、加々見崇(松下洸平)だということを知る。

加々見は、事件現場となったハウスクリーニング会社では真面目に働く社員だったという。

殺害された会社の専務との関係性を疑う中、陣馬は遺体周辺には血の掌紋が多数ついているにも関わらず、加々見が飛び出した部屋のドアノブには血が付着していなかったことを不可解に思う。

疑惑の車を追尾する伊吹と志摩は、運転する田辺将司(鶴見辰吾)と助手席の妻・早苗(池津祥子)が怯えていたことから、車内で夫婦を脅す加々見による“移動立てこもり事件”と見立て慎重に様子を伺うが、接触した田辺夫妻の妙な態度から事件は予期せぬ方向へと転がっていく・・・。

金曜ドラマ「MIU404」2話のネタバレ・視聴率

視聴率:

金曜ドラマ「MIU404」3話のあらすじ・ネタバレ

西武蔵野署管内でイタズラの通報が頻発している。

西武蔵野署の刑事・毛利(大倉孝二)と向島(吉田ウーロン太)によると、イタズラ通報は“通報したプレイヤーが警察から逃げ切ったら勝ち“というネット上のゲームのルールを模倣した愉快犯の遊びであるという。

これまでそのイタズラ通報に対応した警官全員が犯人に逃げ切られていると聞いた伊吹(綾野剛)は「足で負ける気はしない」と、犯人逮捕に名乗りを挙げる。

後日、伊吹と志摩(星野源)が管内をパトロールしていると、入電中に通話が切れるというこれまでのイタズラと同じ手口の通報が入り・・・。

金曜ドラマ「MIU404」3話のネタバレ・視聴率

視聴率:

金曜ドラマ「MIU404」の最終回・結末は?

このドラマの結末がどのような形になるかはまだ分からないですが、こういったバディもので良くあるのが、相棒の殉職や、相棒の危機です。

相棒が危ない目にあいつつ、もう一人の相棒が決着をつける・・・。

このドラマもご多分に漏れずそのような展開になるのではないかと思うのですが・・・そうとも思えない要素が一点だけあります。

それは、脚本が野木亜紀子さんという点です。

野木亜紀子さんがそんなベタな展開を用意するのか・・・というとそれは考えにくいです。

例えば「アンナチュラル」の結末では、法医解剖医の話ですが、最終的には裁判での決着でした。

もちろん法医解剖医として裁判に出廷して証言をしている感じではありますが、他の司法解剖系のドラマとはちょっと違う展開でした。

また、「獣になれない私たち」の結末では、まるでアングラ映画のラストのような、これまでわだかまりを抱えた主要キャストが、それをスカっと晴らして結ばれるという、ただの恋愛ではなく、当たり前のように経験する仕事に関わるストレスと戦いながらも結ばれていく男女の関係が描かれました。

野木亜紀子さんが描く結末は、ちょっと普通な展開とは違う気がします。

「コタキ兄弟と四苦八苦」も良いラストでした。

さて、今回の金曜ドラマ「MIU404」はどのような結末を迎えるのか!

物語が進むにつれ、追記していきたいと思います。

 
【この記事もおすすめ】

【ぼくは麻理のなか】ネタバレ!最終回ドラマ再放送の結末は?

【約束のネバーランド】最新話179話ネタバレ!エマに何が?

【私たちはどうかしている】1巻2巻ネタバレ!七桜の母が本当に犯人なのか

【私たちはどうかしている】5巻6巻ネタバレ!城島と七桜、城島の過去

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。