【テセウスの船】5話ネタバレ!無罪の証言者・松尾紀子と木村さつきの暗躍

TBSの日曜劇場ドラマ「テセウスの船ネタバレSP」の5話のあらすじ、ネタバレを紹介していきたいと思います。

4話では、未来に戻った田村心(竹内涼真)は服役中の佐野文吾(鈴木亮平)と会う。

そして、整形し、村田藍という名前に変えていた鈴(貫地谷しほり)と会い、鈴と結婚している木村みきお(安藤政信)、そして木村さつき(麻生祐未)とも会う。

鈴が、音臼小無差別殺人事件の被害者である木村みきお(加藤みきお)と結婚し、子供を身籠っていることを知り、いったい何故そんな事になったのかと問いただすと、みきおは、整形し名前も違うことから、佐野鈴だという認識はないらしい。

姉がようやく手に入れた落ち着いた幸せな生活を壊したくない・・・そう思う心。

更に心は、自分の事を音臼小無差別殺人事件の犯人・佐野文吾の息子である田村心・・・という認識でしかない由紀(上野樹里)と会う。

音臼小無差別殺人事件の被害者の会で、来るはずではなかった木村さつきが来ており、心は、自分が佐野文吾の無罪の可能性を主張すると、鈴がようやく掴んだ幸せを壊してしまう・・・と思い、行動できずにいた。

すると、由紀が会場に入り、佐野文吾の無罪の可能性を訴える。

被害者の会も今回が最後・・・これまで言えなかったことなどがあったら、是非情報を教えて欲しいと、ブーイングのなか雄弁に語るのだった。

それでは、5話はどのようになっていくのか、紹介していきたいと思います。



ドラマ「テセウスの船」のネタバレ一覧

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレなどを項目ごとに用意しました!

気になる箇所をクリックしてみてくださいませ!

・1話のネタバレ、千夏ちゃんが選ばれた理由はこちら

・2話で三島明音が失踪した・選ばれた理由

・由紀ノートの行方と金丸が会った人物・突き落とした人物はこちら

・5話のあらすじはこちら

・5話のネタバレはこちら

・5話の主要キャストはこちら

ドラマ「テセウスの船」5話のあらすじネタバレ

タイムスリップした平成元年から再び現代へ戻った田村心(竹内涼真)は、歴史が変わってしまうまでは妻だった記者の岸田由紀(上野樹里)の協力を得て、父・文吾(鈴木亮平)の無実を証明できるという証言者の松尾から連絡を受ける。

それは心にとって、父の冤罪を晴らす唯一の希望の光だった。

その頃、木村さつき(麻生祐未)に「正体を知っている」と脅されていた村田藍(貫地谷しほり)。

文吾の娘だと夫の木村みきお(安藤政信)に隠し続けてきた藍は、さつきのある謀略に協力させられる。

果たして、さつきの魂胆とは何なのか?

そして、心は突然、松尾から証言はできないと連絡を受ける。

父を救う唯一の希望を失いたくないと、心は由紀に励まされながら必死で松尾に証言を願うが・・・。

ドラマ「テセウスの船」5話のネタバレ

松尾紀子になんとしても話を聞きたい・・・心はそうお願い、松尾紀子の自宅へ向かいます。

その頃、木村さつきに脅された村田藍は、二人で松尾紀子に会いに来ていました。

心が由紀と紀子の家に向かっている頃、さつきと鈴が一緒に紀子の自宅を訪ねていた・・・。

松尾紀子が話そうと思っていた内容は、金丸(ユースケ・サンタマリア)が崖から落ちる時、離れた場所で犯人を目撃したと言うのです。

そして、木村さつきから言われるがままに村田藍は木村さつきかた持たされた薬を飲み、倒れてしまいます。

村田藍は救急車で運ばれ、藍もお腹の子供も無事でした。

心はその事を知り、松尾の自宅に急ぐと、松尾の自宅に人だかりと救急車が・・・。

松尾は救急車で運ばれ、木村さつきも救急車で運ばれていました。

松尾はそのまま死んでしまったそうですが、木村さつきは生きていた。

しかし、木村さつきの病室に何者かがオレンジジュースのような物を持ち、歩いて向かうのだった・・・。

ドラマの5話ではこのような感じです。

では、原作漫画の「テセウスの船」だと、このドラマ版の5話の内容はどのように描かれているのでしょうか。

この辺りからストーリーは変化してきます。

※続きの6話のネタバレはこちらから

【テセウスの船】6話ネタバレ!田中正志の死の真相と犯人
 

原作漫画「テセウスの船」のネタバレ(ドラマ5話の内容)

【テセウスの船】5話ネタバレ!無罪の証言者・松尾紀子と木村さつきの暗躍

心は突然佐々木紀子から電話をもらう・・・。

弁護士から心の連絡先を聞いた佐々木紀子は、今は「上野紀子」だと名乗り、証言のことについて心と一度話がしたいと思い、連絡をしてきたのです。

※ドラマ版では上野紀子ではなく、松尾紀子になっていましたね。

佐々木紀子の提案に対して、心はすぐに会いたいとお願いし、2人は会う約束をする。

その頃、鈴は売地となった木村鍍金工場にみきおの母、さつきに呼び出されていた。

さつきは鈴を「村田藍」ではなく、「佐野鈴」と呼び、みきおにも誰にも言わない代わりにあることに協力しろと脅迫していた。

心が由紀と紀子の家に向かっている頃、さつきと鈴が一緒に紀子の自宅を訪ねていた・・・。

みきおにも誰にも言わない代わりに

「佐々木紀子の証言を止めることに協力しろ」

と脅迫される鈴。

紀子は誰にも教えていないはずの住所に突然訪ねてきた木村さつきを警戒し、家に入れることを強く拒否する。

しかし、さつきは

「佐野文吾の娘である鈴が文吾のために証言してくれる紀子に一言お礼をしたいと言ってる」

と告げながら、ドアの隙間から紀子に見えるように強引に鈴に顔を出させる。

それにより、鈴の顔を見た紀子は罪悪感から、2人を家の中に招いてしまう・・・。

紀子は悲し気な表情で鈴に謝罪したあと、

「自分は音臼小無差別殺人事件が起こることを事前に知っていた」

と告げる・・・。

翼からシアン化カリウム(青酸カリ)を盗んでくるように言われた佐々木紀子。

翼は人から頼まれたと言い、拒む紀子に暴力を振るいます。

日ごろからDVをしていた翼に怯えていた佐々木紀子は、工場からシアン化カリウムを盗み、翼に渡します。

それからしばらくして、明音が失踪したことをテレビ報道で聞く佐々木紀子。

翼は

「明音は死んだ」
※ドラマ版では明音は生きてます。

と言い、殺すなんて聞いてなかった!と言います。

明音を隠しに行くという翼は、佐々木紀子に明音を暴行したポラロイド写真を燃やすように指示しました。

翌日、明音と翼の遺体が雪山で見つかる・・・。

事情聴取を受ける佐々木紀子は、全て知らないとシラを切り続けました。

当時から、誰かに監視されていたと感じる佐々木紀子。

そして、佐々木紀子は金丸刑事が犯人に殺されるところを目撃したと言うのだった!

2月26日の日曜日・・・。

佐々木紀子は明音と翼が亡くなった音臼岳にいました。

金丸が誰かと話しているのを目撃する佐々木紀子。

金丸が

「犯人は素人だ」

という声が聞こえてきました。

青酸カリで人を殺すというのは簡単なことではない・・・と。

知識や経験がないと難しく、犯人は青酸カリで人を殺すことは初めてだっただろうと言います。

犯人からノートを見せてもらう金丸。

ノートには未来の出来事が書かれている・・・と。

そのノートによれば、逮捕されうのは文吾だと・・・。

そして更に犯人は言います。

「4月6日に佐々木紀子が青酸カリ自殺をする・・・」

と。

「これを止められるのは金丸刑事だけ」

ノートをどこで拾ったのかを聞く金丸。

犯人は、ちょうどその崖のところで拾ったと言いました。

崖をのぞき込む金丸の背中を犯人は突き飛ばした!!

佐々木紀子に会いに行く電車の中で、家に送られてきていた絵を由紀に見せる心。

心は由紀はなぜ記者になろうと思ったのかを聞く。

由紀はたまたま大学で音臼事件の記録を見て、心が突き動かされた・・・と言います。

加害者家族が苦しめられているという記事を見てショックを受けた・・・と。

その頃、佐々木紀子は重い病気のあと、1年の寿命だと鈴、木村さつきに言います。

残された時間で、何でも良いから知っていることを話そうと決意した・・・。

そして佐々木紀子は

「犯人に思い当たる節がある」

と言います。

当時、翼によく電話をしてきた人物に似ている・・・と言い席を外します。

その瞬間、木村さつきは白い粉が入った容器を鞄から取り出し、佐々木紀子の紅茶に混入させるかどうか、脅迫するように鈴に選択を迫ります。

事件が起こる前日に、木村さつきがお泊り会を欠席し、慎吾と鈴の様子を見に佐野家に訪れた事を思い出し、鈴は

「佐野家に青酸カリを仕込み、音臼小無差別殺人事件の真犯人はさつきなのか!?」

と迫る。

しかし、木村さつきは自分は真犯人ではなく、真犯人は知っている人物だと告げ、鈴の耳元で真犯人を明かす・・・。

真犯人を知ってショックのあまり固まる鈴に

「一番守りたいものは赤ちゃんでしょ?」

とお腹を優しく撫でながら、村田藍として幸せに生きろ!と言うさつき。

さつきは鈴が協力を拒むなら、慰霊祭で音臼小無差別殺人事件のように多くの人が亡くなると脅迫する・・・。

そんな中、真犯人として心当たりのある人物が写った写真を紀子が持ってくる。

紀子の持ってきた写真を見て

「やっぱりね」

と微笑んださつきは鈴にも写真を見せる。

写真を見せられた鈴はショックのあまり、紀子の家を素足のまま飛び出し、街の中を彷徨っていると、紀子の家に向かっていた心と由紀に遭遇する。

「助けて欲しい!」

と心に抱きつく鈴。

しかしその時、鈴の腹部に激痛が走り、鈴はうずくまってしまう・・・。

鈴を病院に連れて行った心。

医師の話では、子供も無事だという。

しかし、子宮にポリープがあり、それが原因で出血したようです。

鈴は涙ながらに子供を堕ろすことはできるのかと医師に聞きます。

その頃、紀子の家に心が来ると知ったさつきは、佐野家への償いの為にも、真犯人についての証言をやめないと誓う紀子を背後から包丁で襲われてしまい、命を奪われてしまう・・・。

さつきは真犯人に電話をかけて、紀子の命を奪ったことや、心が紀子の家に来ることを伝えた後

「いい考えがある」

と告げ、自分自身の身体を包丁で刺し、傷つけ始める・・・。

最後に腹部を刺したさつきは

「娘に刺された・・・」

と自ら110番をする。

という感じでした。

やはり、ドラマと原作漫画では、結構変わってきてますね。

※続きの6話のネタバレはこちらから

【テセウスの船】6話ネタバレ!田中正志の死の真相と犯人
 

ドラマ「テセウスの船」5話の主要キャスト

田村心 演:竹内涼真

1989年(平成元年)に発生した「音臼小無差別大量殺人事件」の犯人・佐野文吾の息子。

加害者家族として世間の厳しい非難を浴び続け、教師になるという夢もあきらめて隠れるように生きてきた。

唯一の味方である妻の強い訴えで、父親と過去の事件に向き合うことを決意。

ある日、音臼村の事件現場を訪れると突然、濃い霧に飲み込まれ、事件直前の30年前にタイムスリップしてしまう。

村田藍(田村鈴) 演:貫地谷しほり

心の姉。文吾が逮捕されて以来、加害者家族の十字架を背負い、父を呪いながら暗い人生を送ってきた。

幼い頃、凍傷のせいで顔に大きなアザが残ってしまった。

平成元年にタイムスリップした心が現代へ戻ると、顔を整形し名前も変えて、みきおの内縁の妻として暮らしていた。

木村みきお 演:安藤政信

鈴に寄り添う、車椅子のミステリアスな男。事件の重要な鍵を握る。

実は、鈴と同じ音臼小学校に通っていた加藤みきおだが、事件後、身寄りのないみきおは木村さつきの養子になっていた。

田村(岸田)由紀 演:上野樹里

心の最愛の妻。心の過去をすべて承知の上で、両親の反対を押し切り結婚した。

父親を憎んで生きている心に、今でも無罪を主張する文吾を信じてみればと説得。

心に父の事件と向き合うよう背中を押す。

平成元年にタイムスリップした心が現代へ戻ると、心とは結婚しておらず、音臼小無差別殺人事件を追っている週刊誌の記者となっていた。

木村さつき 演:麻生祐未

音臼小学校の教師。生徒からの信頼も厚い、心優しい女性。

実家はメッキ工場を営んでいる。

音臼小無差別殺人事件後、身寄りのないみきおを引き取り、養子とした。

佐々木紀子 演:芦名 星

長谷川の婚約者で、さつきの父が経営するメッキ工場のパート職員。

物静かな謎めいた女性。

長谷川の死後、別の男性と結婚し松尾姓となっていた。

ドラマ「テセウスの船」ネタバレSPを楽しもう!

既にドラマを見ている人も、まだ見ていない人も、今回のドラマ「テセウスの船ネタバレSP」で再び楽しみましょう!!

殺人事件が起こるドラマですが、家族の絆を見ることが出来ます。

温かい家族、気持ちを感じながら楽しみましょう!

最終回の未公開シーンが楽しみ!

 
【この記事もおすすめ】

【テセウスの船】4話ネタバレ!木村みきおの思惑と由紀のスピーチ

【テセウスの船】3話ネタバレ!金丸が夜に会った人物と突き落とした犯人

【ワンピース】979話ネタバレ!次号休載!980話でルフィが!?

【鬼滅の刃】204話ネタバレ!次号大正から令和へ!?波乱の展開に1週間が長すぎる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。