【監察医朝顔2】3話4話のあらすじネタバレと感想!今期も涙なしには語れない!

フジテレビ月9ドラマ「監察医朝顔」の続編である「監察医朝顔2」の3話と4話のあらすじやネタバレ、感想などを紹介していきたいと思います。

「監察医朝顔2」の第2話では、初回と比べて視聴率は下がったものの、二桁はキープしました。

そして、「監察医朝顔2」は安定の内容で、涙を誘う物語です。

このまま2クールも放送されるのを考えると、「相棒」のようにお正月の特番のように2時間スペシャルも放送されるんじゃないかと期待されますよね?

それでは高評価の「監察医朝顔2」のこれまでのネタバレや感想から見ていきましょう!



ドラマ「監察医朝顔2」2話のネタバレと感想

第2話の中心にいたのは朝顔(上野樹里)の一人娘・つぐみ(加藤柚凪)でした。

とは言っても、朝の食卓にも、1日の疲れを癒すお風呂の時間にも、いつも家族の中心にはつぐみがいる。

言い換えれば、物語の中心と言った方が正解かもしれません。

シーズン1から、つぐみは平(時任三郎)に幼稚園の送り迎えをしてもらっていたおじいちゃん子。

夜遅くに帰ってくることが多い桑原(風間俊介)はつぐみの面倒をなかなか見ることができていないことを気にしていました。

そんな時にやってきた朝顔の代役。

朝顔と遊ぶ約束をしていたつぐみはすっかりご機嫌斜め・・・。

桑原が切り札として出したのが、つぐみが行きたいと言っていた水族館です。

つぐみはその言葉に何も言わず、スクッと立ち上がる。

「い~っ! ヒヒヒ! うわ~!」。

笑顔で水族館を走り回るつぐみ。

初めて見るエイの大きさに驚き、ショーではイルカと握手をして、プニプニの頭を触る。

桑原とつぐみのツーショット写真に、朝顔も一安心。

だが、その直後に訪れるつぐみの“おしっこ”に桑原は大慌て。

そんな珍しくも微笑ましい一コマが、家族にとってのかけがえのない時間です。

「今度はママと水族館行きたい」

「いいよ、行こう」

「じゃあ、明日!」

1日の終わりの何気ないやり取り。

朝顔は翌日、東北の仙ノ浦に向かう予定がありました。

つぐみにもきちんと伝えないといけない。

その場にいる桑原も平も、きっと思いは同じです。

朝顔はゆっくりとつぐみに向かって話し始める。

ママのママを捜しに行くこと。

つぐみが生まれる前に大きな地震が起きたこと。

大きな波にたくさんの人たちがさらわれてしまったこと。

ばあばも波に連れていかれてしまってどこにいるか分からないこと。

じっと母親の顔を見つめるつぐみに、朝顔は涙ながらに語りかける。

戦争の恐ろしい体験を今も後世へと伝える人々がいるように、我々は震災の記憶を途絶えさせてはならない。

今は全てを分からなくてもいい。

伝えることに意義があるのだと、朝顔の涙はつぐみを通して、我々視聴者に優しく語りかけているような気がした。

「早くばあばに会えるといいね」

平を見上げ話しかける純粋無垢なつぐみの一言は、里子(石田ひかり)を捜し続ける朝顔たちを照らす希望の光だ。

さらに第2話では、電話越しに初めて桑原の姉が登場した。

「相変わらずバタバタしてんな」

という桑原の言う通りにすぐ切れてしまう通話。

演じる人物はまだ明らかになってはいないが、その誰もが聞いたことある特徴的な声に、すでに発表になっている新キャラクターと、なんとなく察しはつくはずです。

また、第1話でもインサートされていた平の仙ノ浦への転出届、浩之(柄本明)が大事そうに仏壇に閉まってある里子の歯、衰えゆく浩之の食欲、最大の謎として幕を閉じたずぶ濡れの山倉(戸次重幸)と、多くの謎が第3話へと繋がれました。

それでは第3話のあらすじを見てみましょう。

ドラマ「監察医朝顔2」3話のあらすじ・ネタバレ

朝顔(上野樹里)たちが暮らす万木家に、野毛山署強行犯係の係長・山倉(戸次重幸)が突然訪ねてくる。

山倉は、平(時任三郎)が保育園でつぐみ(加藤柚凪)を引き取って戻るまで、雨の中、傘もささずに万木家の前に佇んでいた。

平が事情を聞こうとしても、泣くばかりで何も言わない山倉。

遅れて帰宅した朝顔や桑原(風間俊介)も、突然のことに困惑する。

朝顔が夕食の支度を整えたころ、ようやく落ち着きを取り戻した山倉は、事情を打ち明けるが・・・。

あくる日、朝顔は、検視官の丸屋(杉本哲太)から電話で呼び出される。

朝顔が向かったのは、山梨と神奈川の県境にある田園地帯だった。

朝顔が、遺体が見つかったという小さな倉庫に案内されると、そこで丸屋と、神奈川県警から山梨県警に異動になった旧知の検視官・伊東(三宅弘城)がもめていた。

第一報は自分たちの方が早かったのだから山梨県警が調べる、と主張する伊東に対し、この件は神奈川県警がずっと追っていた、といって譲らない丸屋。

すると、伊東とともに現場に来ていた山梨医大の法医が、解剖の予定が詰まっていると言い出したため、この件は朝顔が調べることになる。

神奈川県警の刑事・西野(樋渡真司)によれば、遺体は農具倉庫で見つかり、第一発見者は所有者が亡くなったために調査に訪れた市の土木課職員だという。

遺体は完全にミイラ化しており、付近に身元を確認できるようなものもなかったため、年齢や死亡時期の特定は困難だった。

そして、奇妙なことに遺体はタキシードを身に付け蝶ネクタイをしていた。

そこで丸屋は、この遺体は重大事件の容疑者かもしれない、と朝顔に打ち明け・・・。

ドラマ「監察医朝顔2」4話のあらすじ・ネタバレ

朝顔(上野樹里)が法医学教室に出勤すると、茶子(山口智子)から、車に閉じ込められているから休む、という電話が入る。

応対した藤堂(板尾創路)は、絶対嘘の言い訳だと言って気に留めなかった。

一方、平(時任三郎)は野毛山署で思わぬ人物と出会っていた。

万木家とも深い関わりのある、忍(ともさかりえ)だ。

そんな中、あるマンションの一室で、20代の若い女性の遺体が発見される。

女性はウェブデザイナーの坂井亜衣(椚ありさ)。

亜衣の姉・美優(高梨臨)から、妹と連絡が取れない、という電話を受けた大家が警察官を伴って部屋に入ると、ベッドに横たわって亡くなっている亜衣が発見されたのだ。

野毛山署強行犯係の刑事たちとともに現場に入った朝顔が遺体を調べると、亜衣は窒息したようで、首にはうっすらとひも状のもので絞められた痕があった。

しかし、大家が部屋に入ったときは、ドアや窓はすべて施錠されていたという。

密室殺人では、と色めき立つ森本(森本慎太郎)ら強行犯係の刑事たち。

事情聴取を受けた美優は、亜衣は交際相手に殺されたのだと思う、と証言するが・・・。

※続きはこちらから

【監察医朝顔2】4話5話の動画配信ネタバレと感想!見逃し配信や無料動画は?

ドラマ「監察医朝顔2」のネタバレ一覧

ここから気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレなどを項目ごとに用意しました!

気になる箇所をクリックしてみてくださいませ!

・キャスト情報はこちらから

・全話のあらすじネタバレはこちらから

・最終回結末についてはこちらから

【配信】
FOD

https://fod.fujitv.co.jp/

 
【この記事もおすすめ】

【僕らは恋がヘタすぎる】1話2話3話4話の無料動画や見逃し配信の視聴方法まとめ

【ワンピース】98巻ネタバレ!最新巻でカイドウとのバトルが始まる!?

【マリーミー!】1話2話3話4話5話6話7話の無料動画や見逃し配信の視聴方法まとめ

【危険なビーナス】1話2話3話4話5話6話の無料動画や見逃し配信の視聴方法まとめ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。