【鬼滅の刃】204話ネタバレ!次号大正から令和へ!?波乱の展開に1週間が長すぎる!

週刊少年ジャンプの2020年23号掲載分の「鬼滅の刃」204話のネタバレや感想を紹介したいと思います。

204話のラストでは、また最後に気になる一文が書かれていました・・・。

「そして時は流れ・・・時代は現代!次号最高潮・・・」

という文言です。

この文言には本当にそわそわしてしまいます・・・。

大正時代のあの雰囲気が非常に良かったというのがあるのですが、時代が現代になったとしたら・・・とりあえず204話のネタバレから紹介していきたいと思います。



「鬼滅の刃」204話のネタバレ一覧

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレなどを項目ごとに用意しました!

気になる箇所をクリックしてみてくださいませ!

※「鬼滅の刃」のこれまでのネタバレはこちらから

※鬼滅の刃の203話のネタバレはこちらから

※鬼滅の刃204話のネタバレはこちらから

※鬼滅の刃の単行本21巻、22巻、23巻のグッズ付き特装版・同梱版の発売日についてはこちらから

「鬼滅の刃」204話のネタバレ

無惨と鬼殺隊の戦いが終結し、炭治郎たちは蝶屋敷にいた。

炭治郎の体は、ボロボロ・・・。

しわしわな左手は、辛うじて上下運動ができる程度しか動かず、何かを掴むことはできない状態。

そして、右目は全く機能しなくなっていた。

一度死にかけた炭治郎は、生きていることが奇跡だった。

しかし、炭治郎はみんなに謝罪する。

「鬼になり、仲間や禰豆子を傷つけてしまった」

そんな炭治郎を、禰豆子が明るく励ます。

「そんなことを気にするような仲間がいると思う?」

「次謝ったらおでこ弾くよ!」

場面は変わり、愈史郎と茶々丸が炭治郎の見舞いに蝶屋敷を訪れた。

炭治郎は愈史郎に感謝を告げた。

愈史郎がいたからこそ、今回の戦いを乗り越えられた・・・。

そして、愈史郎は炭治郎を称え返した。

「炭治郎は本当によく頑張ったよ。えらい。」

そう言う愈史郎は、炭治郎が見たことのないような深刻な表情をしていた。

愈史郎の異変に気づき、炭治郎は心配する。

しかし愈史郎は

「冗談だ。真に受けるな。」

と、いつもの様子ではぐらかした。

それでも、炭治郎は愈史郎に言った。

「愈史郎さん死なないでください。」

「珠世さんのことをこれからもずっと覚えていられるのは愈史郎さんだけです。」

愈史郎は無言で去っていった・・・。

無惨の戦いから3ヶ月後。

最後の柱会議が執り行われた。

参加者は生き残った柱たち。

水柱の冨岡義勇と風柱の不死川実弥の二人のみだった。

死んでいった仲間たちを忍びながらも、二人は平和な未来を想う。

そして、今回の会議で鬼殺隊の解散が決まった。

鬼が消えた今、鬼殺隊は不要なのだ。

輝利哉と妹たちは、産屋敷一族の代表として柱の二人に深く感謝する。

そして義勇と実弥も産屋敷一族。

輝利哉に心からの謝意を述べる。

「産屋敷一族の皆さんのおかげで、鬼殺隊が鬼殺隊であれました。」

「輝利哉様の立派な働きを先代の皆様も誇りに思っているはずです。」

二人の温かい言葉に、輝利哉たちは涙を流しながら再度感謝を告げた。

炭治郎の元に宇髄天元と3人の嫁(まきを・須磨・雛鶴)と煉獄親子(父 槇寿郎・息子 千寿郎)がお見舞いにやってきた。

天元らは無惨への勝利を派手に喜ぶ。

彼らの明るさ、派手さは顕在で、相変わらず元気なようだ。

一方、煉獄父は炭治郎に感謝をする。

「息子(杏寿郎)の想いを引き継ぎ、鬼と闘い続けてくれてありがとう」

煉獄父の言葉を受け、炭治郎は謝意を返す。

炭治郎は激しい戦いの中、何度も杏寿郎の言葉に支えられ励まされてきたのだった。

アオイと伊之助、そして炭治郎とカナヲはいい雰囲気。

そして、蝶屋敷で禰豆子と実弥が偶然顔を合わせる。

実弥は、鬼だった禰豆子に酷いことをしたことも含め、謝罪する。

「悪かったな色々」

「無惨倒した後も一悶着あったらしいけど・・・俺寝てたしよ!」

禰豆子は無邪気に笑い返す。

そんな禰豆子に死んだ弟(玄弥)を重ね、切ない想いを抱く実弥。

笑顔で禰豆子と会話をし、頭を撫でた。

禰豆子は実弥の突然の行動に、頬を紅潮させる。

この様子は、二人の会話をひっそりと眺めていた善逸を激しく嫉妬させたようだ。

蝶屋敷を出た4人(炭治郎・禰豆子・善逸・伊之助)は、鬼殺隊の隊士の墓を回り、炭治郎の家へ。

4人で協力して明るく楽しい生活を送った。

どうやら炭治郎の左手も少し復活してきたようで、家事も手伝えるようになっていた。

そして・・・時は流れ・・・

時代は現代!?

高層ビルが立ち並ぶ!

次号最高潮!?

センターカラー大増24P!!

続きの205話のネタバレはこちらから!

【鬼滅の刃】205話ネタバレ!遂に最終回結末に酷評の声続出?「煉獄外伝」の連載が始まる
 

「鬼滅の刃」205話はどうなるの!?

もう205話がどうなるのかはまったくもって解りません。

あまり想像もしたくないです。

今抱いている負の感情を淘汰してほしい・・・それを期待するのみです。

高層ビルが立ち並ぶ・・・イコールキャラクターの衣装も現代風?

想像すると恐怖です・・・。

こんな平凡な想像しか出来ない私の頭を、是非次号の205話で吹き飛ばしてもらいたいです!

無惨の細胞が約100年の時を経て炭治郎の祖先の身体の中で目覚める!?

続きの205話のネタバレはこちらから!

【鬼滅の刃】205話ネタバレ!遂に最終回結末に酷評の声続出?「煉獄外伝」の連載が始まる
 

鬼滅の刃の単行本21巻、22巻、23巻のグッズ付き特装版・同梱版の発売日について

鬼滅の刃の単行本21巻、22巻、23巻の特装版・同梱版や発売日が発表されました。

鬼滅の刃の単行本21巻について

【鬼滅の刃】204話ネタバレ!次号大正から令和へ!?波乱の展開に1週間が長すぎる!

発売日:2020年7月3日(金)

【セット内容】
JC第21巻、32キャラシール1枚(432mm×340㎜)

【予価】
1,200円+税

鬼滅の刃の単行本22巻について

【鬼滅の刃】204話ネタバレ!次号大正から令和へ!?波乱の展開に1週間が長すぎる!

発売日:2020年10月2日(金)

【セット内容】
JC鬼滅の刃22巻、缶バッジセット(38mm×6個、70mm×2個、計8個セット)

復刻版「鬼殺隊報特別報告書」小冊子

【予価】
2,000円+税

鬼滅の刃の単行本23巻について

【鬼滅の刃】204話ネタバレ!次号大正から令和へ!?波乱の展開に1週間が長すぎる!

発売日:2020年12月4日(金)

【セット内容】
JC鬼滅の刃23巻、フィギュア4体、特製付属パーツ6点

【予価】
5,200円+税

単行本情報もこれだけ出ましたし、205話で時代は現代になり、平和な様子が描かれてそのまま終了・・・というのが一番綺麗な気がしますね。

描かれる現代の様子は、炭治郎の夢で、自分の子孫が無残と出会う夢を見て、今も何処かに残った無惨の細胞を探しに行くのか・・・。

それはないですねきっと。

とにかく次回の205話を楽しみにしましょう!

続きの205話のネタバレはこちらから!

【鬼滅の刃】205話ネタバレ!遂に最終回結末に酷評の声続出?「煉獄外伝」の連載が始まる
 

【この記事もおすすめ】

【JIN-仁-】あらすじネタバレ!完結編最終回結末は?咲の手紙と歴史の修正力

【ピナバタ】あらすじネタバレ!ドラマ・原作の最終回で予想外の結末に?

【花ざかりの君たちへ】漫画原作ネタバレ!マンガParkで全話無料公開!

【ギルティ】原作ネタバレ!鳴かぬ蛍が身を焦がす34話35話で瑠衣は!?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。