【テセウスの船】6話ネタバレ!田中正志の死の真相と犯人

TBSの日曜劇場ドラマ「テセウスの船ネタバレSP」の6話のあらすじ、ネタバレを紹介していきたいと思います。

5話では、未来で田村心(竹内涼真)のもとに一本の電話が入る。

電話の主は松尾紀子(芦名星)から電話が入り、事件を目撃した、それを裁判で証言したい・・・という申し出があった。

これに喜んだ心は、姉の村田藍(貫地谷しほり)に連絡をする。

しかし、そんな藍の様子を木村さつき(麻生祐未)は監視していた。

木村さつきは村田藍の正体が佐野文吾(鈴木亮平)の娘の佐野鈴である事を知っており、木村みきお(安藤政信)にばらされたくないなら・・・と脅し、木村さつきは紀子に芋羊羹を渡し、藍には「この薬を飲むように・・・」とある薬を渡していた。

また、松尾紀子から娘に「家族を巻き込むな」と言われたと、証言を一度は断られてしまったものの、紀子は文吾と会い、「やはり伝えないとダメだ・・・」と思い、心と藍は松尾紀子の自宅へ行く。

紀子はその薬を飲み、倒れてしまい、救急車で運ばれる。

近くにいた木村さつきは、紀子の家に行く。

そして心が紀子の家に戻ると、そこには救急車が・・・松尾紀子と木村さつきがそれぞれ運ばれていき、松尾紀子は息を引き取ってしまった。

木村さつきは生き延びたのだが・・・木村さつきの病室にジュースを歩いて運ぶ人物が・・・という展開でした。

それでは、6話はどのようになっていくのか、紹介していきたいと思います。



ドラマ「テセウスの船」のネタバレ一覧

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレなどを項目ごとに用意しました!

気になる箇所をクリックしてみてくださいませ!

・1話のネタバレ、千夏ちゃんが選ばれた理由はこちら

・2話で三島明音が失踪した・選ばれた理由

・由紀ノートの行方と金丸が会った人物・突き落とした人物はこちら

・6話のあらすじはこちら

・6話のネタバレはこちら

・田中正志の死の原因と犯人はこちら

・木村さつきの死についてはこちらから

・6話の主要キャストはこちら

ドラマ「テセウスの船」6話のあらすじネタバレ

田村心(竹内涼真)にとって唯一の希望だった、父・文吾(鈴木亮平)の無罪の証言者・松尾紀子(芦名星)が、木村さつき(麻生祐未)によって殺害された。

姉の村田藍(貫地谷しほり)の話から音臼小事件の真犯人はさつきではないかと疑うが、さつきの元に毒入りのジュースが届く・・・。

そして、事件を嗅ぎ回るなという警告が!

それでも心は由紀(上野樹里)と協力して、事件の真相へと迫っていく。

木村みきお(安藤政信)に渡されたさつきの手帳と、文吾の記憶をヒントに事件の真犯人へと辿り着く手掛かりを得る。

しかし、それは心を陥れる真犯人の罠だった。

そして、ついに真犯人から心に招待状が届く!

心は命と引き換えに真犯人に会いにいくことを決意する。

ドラマ「テセウスの船」6話のネタバレ

木村さつきは毒入りのジュースで毒殺されてしまいます。

そして更に、心のもとに過去で見たのと同じような絵が届き、これ以上事件のことを嗅ぎ回るな!と警告されてしまう。

それでも諦めるわけにはいかない心は、木村みきおから渡された木村さつきの手帳と、文吾の記憶から真犯人の手掛かりとなる「小太りの男」というヒントを掴み、過去に行った記憶から田中正志を思い出し、田中正志を探す。

心は田中正志の現在の居場所を掴み、田中正志が住むアパートに行くが、田中正志は何者かによって殺害されていた・・・。

そして、揉めるような声が聞こえたという事で、警察がちょうどやってきた。

現場に居た心は、重要参考人として捕まってしまう。

しかし、防犯カメラからすぐに犯人ではない事が解り、釈放される。

釈放された心は、自身に届いた絵を木村みきおに見せ、音臼小の慰霊碑や、明日の日付、そして「END」と書かれている。

更に絵には血の涙を流す人物が描かれており、これは明日、音臼小の慰霊碑に行く!と決める。

心は音臼小の慰霊碑に行くと、そこに車椅子に乗った木村みきおが現れた。

なんと、音臼小無差別殺人事件の犯人は木村みきおだった!

木村みきおはこれまでの成り行きを話し、心に襲い掛かる

 
「ジ・エンドォォォォォオオオオオ!!!!」
 

心は木村みきおに刺されてしまったが、木村みきおの発言はボイスレコーダーに録音した。

何とかしなくては・・・そう思う心を、また“あの霧”が包み込む!

そして心は、また過去へ戻ってしまうのだった・・・。

続きの7話のネタバレはこちらから

【テセウスの船】7話ネタバレ!田中義男殺害の理由と犯人
 

田中正志の死の原因と犯人

それでは、ここでは本編で描かれなかった田中正志の死の原因と、犯人についてネタバレしていきたいと思います。

これは、Paraviで限定配信されている「犯人の日記後編」を見れば解ります。

現代での田中正志の死の真相

「僕を脅すなんて、何をいまさら。」

「完全犯罪の達成者は僕一人だ。」

「正志は何もできなかったくせに。」

田村心の登場によって、再び音臼小事件が掘り返される。

共犯者だった真相が明らかになる事を恐れた田中正志は、木村みきおに余計な動きをしないように脅迫したのでした。

藍からも距離を置かれる木村みきお。

「狂い始めた計画は正さなければ・・・。」

加藤みきおは邪魔者を全て消すために動き始める。

ただ一人、真相を知る田中正志を殺し、田村心にその罪をなすりつけ、逮捕させる計画だった。

嘘のクレームで協力者の由紀を引き離し、田村心を一人で正志のもとへ向かわせる。

すべてが木村みきおの思い通りに進んでいたが、由紀の協力で田村心は釈放されてしまう。

そして、木村みきおはついに田村心を直接消すことを決める!

「邪魔者は全部いなくなる。」

「これでThe ENDだ。」

木村さつきの死

木村みきおが音臼小事件に関与している事に気づいていた木村さつき

何としても木村みきおを守るために、藍にプレッシャーを与え続ける。

そしてついに、藍が木村さつきの睡眠薬で倒れる。

しかし、木村さつきの歪んだ愛情は木村みきおには届かない・・・。

愛する藍を傷つけた木村さつきは、木村みきおにとっては、もうただの敵になってしまったのだ。

木村みきおが鈴を愛していたことまでは、木村さつきと共有できていなかった・・・。

だからこそ、木村さつきは鈴を邪魔者と思い、木村みきおを守るために行動した。

しかし、それが木村みきおは許せず、木村さつきを殺してしまったのでした・・・。

続きの7話のネタバレはこちらから

【テセウスの船】7話ネタバレ!田中義男殺害の理由と犯人
 

ドラマ「テセウスの船」6話の主要キャスト

田村心 演:竹内涼真

1989年(平成元年)に発生した「音臼小無差別大量殺人事件」の犯人・佐野文吾の息子。

加害者家族として世間の厳しい非難を浴び続け、教師になるという夢もあきらめて隠れるように生きてきた。

唯一の味方である妻の強い訴えで、父親と過去の事件に向き合うことを決意。

ある日、音臼村の事件現場を訪れると突然、濃い霧に飲み込まれ、事件直前の30年前にタイムスリップしてしまう。

村田藍(田村鈴) 演:貫地谷しほり

心の姉。文吾が逮捕されて以来、加害者家族の十字架を背負い、父を呪いながら暗い人生を送ってきた。

幼い頃、凍傷のせいで顔に大きなアザが残ってしまった。

平成元年にタイムスリップした心が現代へ戻ると、顔を整形し名前も変えて、みきおの内縁の妻として暮らしていた。

木村みきお 演:安藤政信

鈴に寄り添う、車椅子のミステリアスな男。事件の重要な鍵を握る。

実は、鈴と同じ音臼小学校に通っていた加藤みきおだが、事件後、身寄りのないみきおは木村さつきの養子になっていた。

田村(岸田)由紀 演:上野樹里

心の最愛の妻。心の過去をすべて承知の上で、両親の反対を押し切り結婚した。

父親を憎んで生きている心に、今でも無罪を主張する文吾を信じてみればと説得。

心に父の事件と向き合うよう背中を押す。

平成元年にタイムスリップした心が現代へ戻ると、心とは結婚しておらず、音臼小無差別殺人事件を追っている週刊誌の記者となっていた。

木村さつき 演:麻生祐未

音臼小学校の教師。生徒からの信頼も厚い、心優しい女性。

実家はメッキ工場を営んでいる。

音臼小無差別殺人事件後、身寄りのないみきおを引き取り、養子とした。

佐々木紀子 演:芦名 星

長谷川の婚約者で、さつきの父が経営するメッキ工場のパート職員。

物静かな謎めいた女性。

長谷川の死後、別の男性と結婚し松尾姓となっていた。

ドラマ「テセウスの船」ネタバレSPを楽しもう!

既にドラマを見ている人も、まだ見ていない人も、今回のドラマ「テセウスの船ネタバレSP」で再び楽しみましょう!!

殺人事件が起こるドラマですが、家族の絆を見ることが出来ます。

温かい家族、気持ちを感じながら楽しみましょう!

最終回の未公開シーンが楽しみ!

 
【この記事もおすすめ】

【エール】第9週のネタバレ!福島三羽烏の約束と音の椿姫

鬼滅の刃キャラクター【鬼舞辻無惨】のネタバレ!

【テセウスの船】4話ネタバレ!木村みきおの思惑と由紀のスピーチ

【テセウスの船】3話ネタバレ!金丸が夜に会った人物と突き落とした犯人




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。