【テセウスの船】3話ネタバレ!金丸が夜に会った人物と突き落とした犯人

TBSの日曜劇場ドラマ「テセウスの船ネタバレSP」の3話のあらすじ、ネタバレを紹介していきたいと思います。

2話では、田村心(竹内涼真)が音臼小の臨時教師となり、小学校で過ごす時間が増えました。

しかし、間もなく、小学校のウサギが毒物を飲まされて死んでいるのが発見されます。

その場で長谷川翼(竜星涼)が子供たちに飴を配っていたことから、心は

「人から気軽に物をもらうのは良くない」

ととっさに言います。

そこで心のことを怪しがっている翼は、一気に心を責め、翼に懐いている子供たちも心を責めるようになりました。

しかし、自分を助けてくれて、一緒に住んでいる佐野鈴(白鳥玉季)が心を庇うと、今度は鈴が三島明音から嫌がらせを受けてしまいます。

ほどなくして、鈴が帰って来ない・・・という事で鈴を探し回る心たち。

その後、鈴は帰ってきたものの、明音が不明になってしまった・・・。

それから田中義男(仲本工事)の家にあったノートの落書きが気になった心は、明音の居場所の手掛かりを掴み、佐野文吾(鈴木亮平)と明音を救出するが、そこに金丸刑事(ユースケ・サンタマリア)が現れ、長谷川翼が毒物を飲んで死んでいるのが見つかった・・・と連絡を受ける・・・。

という展開でした。

それでは、3話はどのようになっていくのか、紹介していきたいと思います。



ドラマ「テセウスの船」のネタバレ一覧

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレなどを項目ごとに用意しました!

気になる箇所をクリックしてみてくださいませ!

・1話のネタバレ、千夏ちゃんが選ばれた理由はこちら

・2話で三島明音が失踪した・選ばれた理由

・3話のあらすじはこちら

・3話のネタバレはこちら

・由紀ノートの行方と金丸が会った人物・突き落とした人物はこちら

・3話の主要キャストはこちら

ドラマ「テセウスの船」3話のあらすじネタバレ

田村心(竹内涼真)は、音臼村で起こった一連の事件の容疑をかけられ、刑事の金丸(ユースケ・サンタマリア)に逮捕されてしまう。

逮捕される瞬間に未来の出来事が書かれたノートは辛うじて投げ捨てた心。

父・文吾(鈴木亮平)が後に殺人を犯すことは決して誰にも知られてはいけない。

しかし、やがて釈放された心の元に、ノートと共に捨てたはずの免許証が届く。

誰の仕業か!?

まさか、ノートも拾われたのか!?

不安が募る心に追い打ちをかけるように、真犯人がまた奇妙な絵で新たな犯行を予告する!

果たして、次なるターゲットは!?

追い詰められた心を心配する和子(榮倉奈々)。

心は、家族を救うため、残酷な未来を打ち明けるべきか激しく葛藤するのだった。

ドラマ「テセウスの船」3話のネタバレ

テセウスの船の3話で謎の部分をあげると、心が金丸に捕まる前にとっさに投げ捨てた由紀ノートと免許のことです。

免許は、日付の部分などが塗り潰されて心のもとに届きます。

※ノートのことについては・・・後ほどネタバレ致します。

心が文吾に音臼小無差別殺人事件のことを伝える

5年生の教室に「21」と書かれたボックスに入ったオレンジジュースが届きました。

これは、音臼小無差別殺人事件で亡くなった人数が書かれたものでした。

これに心は、まさか毒が・・・と思い、

「飲んじゃダメだ!!」

と焦るが、これはただのジュースでした。

犯人におちょくられている?

この事からますます謎が深まり、心は迷ったあげく、文吾に未来の音臼小無差別殺人事件の事を伝え、その犯人として文吾が逮捕される事や、自分が文吾の息子である事を告白しました。

意を決して心は伝えたのですが、突然のこと過ぎて、文吾に

「2度と面見せんな!!」

と言われ、これからどうしたら良いのか・・・そう思い悩みます。

心が金丸と手を組む

そして心は、金丸を呼び出し、話を始めます。

心が未来から来たという事も、到底信じられないが、それを嘘だとは言い切れない状況でもある・・・。

という事で、心と金丸は翌日から共に事件の真相を探し始めます。

そして、明音は意識が戻り、自分を監禁したのは翼だと証言も取れました。

この事から翼は自殺という事で警察は処理をしようとしている。

しかし、金丸にはどうしても引っかかる事がありました・・・。

その時、金丸は心の居ないところで誰かと会いました。

※金丸が誰と会っていたのかについても、後ほどネタバレ致します。

その翌朝、学校で寝泊まりしている心の足元に、また例の絵が置かれていた。

狐のような絵、そして書かれた「S」の文字。

「鈴が危ない!」

音臼神社に走る心。

しかし、鈴は佐野家で寝ている・・・。

仲違いした文吾と心、そこに金丸が無線を入れ、心の気持ち、想いを文吾に伝える。

文吾は多少の迷いを見せたあと、音臼神社へ向かう!

そして心は、音臼神社に置かれた瓶を素手で触ってしまう・・・。

「青酸カリ・・・」

そこで心は何者かに突き落とされ気を失ってしまう。

文吾が音臼神社に着き、倒れている心を介抱する。

そこで、文吾は「やっぱり俺信じるわ」と、心の言った事を信じます。

そして心はある事を考える。

「鈴を狙うって宣言すれば、俺たちが警戒するのは解るわけで」

「鈴を狙うっていうのはダミーなのかもしれない」

そう言うとシーンが変わり、金丸が誰かと会っているシーンになります。

そして崖で金丸は

「ここか?ここで良いのか?」

と言い、振り返ると崖から突き落とされてしまう・・・。

そんな時、心はまた霧に包まれ、未来である現代に帰ってきてしまいました。

そしてスマホで音臼小無差別殺人事件の事を調べると、結局事件は起きてしまい、相変わらず犯人は佐野文吾・・・。

過去は変わらなかった・・・。

更に、佐野家は事件後に一家心中をし、母・和子と長男の慎吾は亡くなっていました・・・。

心が居た未来よりも、戻ってきた未来は悲惨な事になってしまっていた・・・。

ここで3話が終わります。

※4話のネタバレはこちらから

【テセウスの船】4話ネタバレ!木村みきおの思惑と由紀のスピーチ
 

由紀ノートの行方と金丸が会った人物・突き落とした人物

それでは、先ず由紀ノートの行方についてネタバレしていきたいと思います。

これは、Paraviで限定配信されている「犯人の日記前編」を見れば解ります。

由紀ノートを拾ったのは犯人

「未来のノートを拾った。」

「僕の音臼小の計画が新聞に載っている。」

「すごいすごい。」

「僕は未来を手にした。」

この事から、犯人は心が未来から来たと確信し、心に免許を送ったり、学校にオレンジジュースを送ったりと、心をからかい始めた。

心がノートを捜しに崖下に行くと、背後から物音が・・・。

そして鈴の「S」のキーホルダーを拾った。

学校では、校門に気味の悪い絵が貼りだされていた。

騒ぐみんなを見ながら微笑む犯人。

「計画は誰にも止められない。そして鈴は自分だけのものだ」

というメッセージを込めたものですね。

「贈り物をするって楽しいなぁ。」

「今どんな顔をしてるんだろう。」

「もっともっと楽しませてあげないと。」

5年生の教室に「21」と書かれたボックスに入ったオレンジジュースが届いた。

「心先生の驚いた顔、サイコー。」

「これでもう僕は止められないってわかってくれたはず。」

「計画の邪魔をするやつは許さない。」

金丸が会っていた人物も犯人

金丸と犯人は待ち合わせをしていたわけでなく、会ったのは偶然らしい描写でした。

金丸が「よぉ、こんなところで何やってるんだよ」と言っていたので、このセリフから考えて偶然ですね。

この時に、加藤みきおは金丸に

「崖下に未来のノートが落ちているのを見つけた」

と話したんだと思います。

金丸が言っていた

「佐野文吾が犯人ではない証拠」

とは、未来のノートのこだったと思われます。

「金丸って刑事と未来のノートを捜しに行く約束をした。」

「もうすぐ正志が迎えに来る。」

「さぁ、心先生もそろそろ気づく頃かな?」

学校で目を覚ました心の足元に、不気味な絵が一枚置いてありました。

音臼神社で泣いている女の子の絵。

急いで神社に向かう心。

見つけた青酸カリを拾った瞬間、後ろから心を突き落としたのは、加藤みきお(柴崎楓雅)でした。

金丸は、加藤みきおと未来のノートを捜している最中に、振り返った時に加藤みきおに突き落とされました。

金丸の目線的に、突き落としたのは「大人じゃない」という意見がTwitterなどでありましたが、その通り、突き落としたのは加藤みきおでした。

雪山なので、子供の力でも十分大人を突き落とす事が出来たんですね。

足元も滑りますし。

「さよなら、刑事さん。」

「誰にも僕の邪魔はさせない。」

「心先生も消えた。これで邪魔者はいなくなった。」

ここまでの犯行は、全て加藤みきおが行ったものです。

そしてここから心は、これまでと少し変わった未来へ行きます。

未来での心はどう動くのか!?

4話を楽しみにしましょう。

※4話のネタバレはこちらから

【テセウスの船】4話ネタバレ!木村みきおの思惑と由紀のスピーチ
 

ドラマ「テセウスの船」3話の主要キャスト

田村心 演:竹内涼真

1989年(平成元年)に発生した「音臼小無差別大量殺人事件」の犯人・佐野文吾の息子。

加害者家族として世間の厳しい非難を浴び続け、教師になるという夢もあきらめて隠れるように生きてきた。

唯一の味方である妻の強い訴えで、父親と過去の事件に向き合うことを決意。

ある日、音臼村の事件現場を訪れると突然、濃い霧に飲み込まれ、事件直前の30年前にタイムスリップしてしまう。

佐野文吾 演:鈴木亮平

心の父親。音臼村の駐在警察官だったが、1989年に発生した「音臼小無差別殺人事件」の犯人として逮捕される。

その後、死刑判決が確定したが、一貫して無罪を主張し続けている。

殺人犯として逮捕されるまでは、村民から慕われ頼りにされる警察官で、家族も大切にしている良き父親だった。

金丸茂雄 演:ユースケ・サンタマリア

仙南署の辣腕刑事。村に突如現れた不審者である心の正体を暴こうとする。

蛇のような目で睨んだ獲物は絶対に逃さない。

ドラマ「テセウスの船」ネタバレSPを楽しもう!

既にドラマを見ている人も、まだ見ていない人も、今回のドラマ「テセウスの船ネタバレSP」で再び楽しみましょう!!

殺人事件が起こるドラマですが、家族の絆を見ることが出来ます。

温かい家族、気持ちを感じながら楽しみましょう!

最終回の未公開シーンが楽しみ!

 
【この記事もおすすめ】

【テセウスの船】2話ネタバレ!三島明音が失踪した・選ばれた理由

【テセウスの船】1話ネタバレ!パラコートの闇と千夏が選ばれた理由とは

【JIN-仁-】あらすじネタバレ!完結編最終回結末は?咲の手紙と歴史の修正力

【ピナバタ】あらすじネタバレ!ドラマ・原作の最終回で予想外の結末に?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。