【おじさんはカワイイものがお好き。】あらすじネタバレと視聴率!ドラマ原作最終回結末のおじカワは?

読売テレビ・日本テレビのプラチナイト木曜ドラマFで放送されるドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)」の1話から最終回、最終話・結末までのあらすじやネタバレ、キャスト情報や視聴率、感想などを全て紹介していきます。

このドラマはジャニーズ事務所を退所した今井翼さんが出演することでも話題のドラマです!

原作はツトムさんが同名漫画で、今回は初の実写ドラマ化作品になります。

近年、「私の家政夫ナギサさん」でもそうですが、このドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)」を見ても、おじさんブームがきているのかもしれません!

ただし、イケおじに限る・・・それではドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)」について紹介していきたいと思います。



check

ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)」のネタバレ一覧

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレなどを項目ごとに用意しました!

気になる箇所をクリックしてみてくださいませ!

・キャスト情報はこちらから

・全話のあらすじネタバレはこちらから

・最終回・結末についてはこちらから

・原作漫画のネタバレはこちらから

ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)」の基本情報

渋く、紳士的で、容姿端麗。上司や部下からの信頼も厚く、仕事もできる。

そんな理想的なイケオジ、小路三貴(43)。

しかし、小路には誰にも言えない秘密があった。

それは「カワイイものが好きすぎる!!」ということ。

推しキャラパグ太郎“”のぬいぐるみと暮らし、一緒に過ごす時間が何よりも幸せ。

“カワイイものが好きというヒミツを”致命的な機密のように抱えて暮らしながらも、“パグ太郎推しの名に恥じないイケオジであろうと”日々ストイックに精進する小路。

そして、43歳にして初めて出会った同志・ケンタ、何かと突っかかってくる隣の課のライバル・鳴戸、居候する大学生の甥っ子・真純らと互いのヒミツを認め合い、少しずつ心の距離を近づけていく・・・好きなモノは(人に言っても言わなくても)好きなままでいい!

好きなモノのある人生はそれだけで豊か!

“推しへの感謝があふれだす!”おじさんと仲間たちの姿は、大切なことを教えてくれる。

世を忍びカワイイものを愛でるおじさんたちのいじらしい姿を、そっと観察してみませんか。

きっと、あなたの心をやさしく癒します。

おじさんは、カワイイものがお好き。

イケオジなのに、パグ太郎と暮らすギャップがたまらない!大悶絶!“おじカワコメディ”

【原作】
ツトム「おじさんはカワイイものがお好き。」
『COMICポラリス』連載中
既刊1~4巻(フレックスコミックス刊)

【脚本】
坪田 文

【監督】
熊坂 出

【チーフプロデューサー】
前西 和成

【プロデューサー】
小島 祥子
熊谷 理恵

【配信】
Hulu

https://www.hulu.jp/

ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)」のキャスト

小路三貴 演:眞島秀和

渋いイケオジで仕事もでき、モテる課長。バツイチの一人暮らし。

「カワイイもの好きなおじさん」ということを隠して生きている。推しキャラは『パグ太郎』。

新商品情報をチェックしては妄想をふくらませ幸せ気分に浸るが、 周囲の目が気になってファンシーショップに入ることができず、もっぱらネット注文。

心の底では誰かと趣味を共有できることを夢見ているが、いまだそうした存在とは出会ったことがない。

“パグ太郎推し”の名に恥じないイケオジであろうと、日々ストイックに生活している。

※コメントはこちらから

河合ケンタ 演:今井翼

小路の会社の取引先のデザイン会社に勤める、アートディレクター。

独身、一人暮らし。ワイルドな強面。

職業柄、カワイイもの好きを公言してはいるが、本命の推しキャラが「くまのがっこう」だということは、ある過去のトラウマから伏せている。

※コメントはこちらから

鳴戸渡 演:桐山漣

小路の隣の課の課長。独身、一人暮らし。

一方的に小路をライバル視し、すぐに突っかかってくる。

前髪とメガネで表情が読みづらく、何かと誤解されがち。

部下たちからは“ワンレンメガネ”と揶揄されている。

実はネコちゃんが大好きで、猫のおやつを持ち歩いている。

休日は推しニャンコ様を手なづけるため猫カフェに通うが、残念ながらあまり懐かれない。

※コメントはこちらから

仁井真純 演:藤原大祐

小路の甥。親の仕事の都合でアメリカで育ったが、日本の大学に通うため帰国。

住居が見つかるまで小路の家に居候することになるが、独身の小路にとって迷惑なのでは・・・と気を遣う。

家事力が高く、料理・掃除・洗濯なんでもこなす。

実は少女漫画家志望で、SNSでの連載は一定の人気を得ているが、まだその夢を人に話す勇気が持てない。

※コメントはこちらから

ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)」のあらすじ・ネタバレ

イケメンで仕事もデキる小路課長のひみつ。

それは「カワイイキャラクター」に目がないところ!

でも、そんなこと、部下のみんなには・・・言えない!! (><) 世を忍び、カワイイものを愛でるおじさんの日々の葛藤を描く、「ヒミツのおじかわ」コメディ。 小路課長の明日はどっちだ!?

ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)」1話のあらすじ・ネタバレ

小路三貴(眞島秀和)43歳は、オフィスの内装などを手掛ける株式会社COTRIの第一営業課課長。

現在バツイチの一人暮らし。

渋く、紳士的で、容姿端麗。仕事もデキる、まさに“イケオジ”な小路課長にはヒミツがあった。

それはカワイイものが好きすぎる!!こと。

小路の推しは犬のキャラクター「パグ太郎」。

通販で購入した耳付きバスタオルを羽織ったり、ぬいぐるみをモフモフしたり、パグ太郎で一句詠んだり…癒しのパグライフを楽しんでいる。

小路が新作のパグ太郎ガチャを引いていると、中目黒あたりでダンスを踊っていそうな男性と目が合う。

あわてた小路はせっかく引き当てたレアパグ太郎入りのカプセルを落としてしまう。

ダンサー風の男性が拾い上げて渡そうとするが、小路は受け取らず逃げ去る。

ある日、小路の甥で大学生の仁井真純(藤原大祐)がアメリカから来日。

新居が見つかるまで小路の家に居候することに。

小路は真純にパグ太郎グッズを見せるわけにはいかないと歯ブラシやタオルなど家中のグッズをクローゼットに。

切ないNOパグライフをスタートさせる。

せめて小物でパグ太郎を愛でようと、小路がカバンを探ると、パグ太郎キーホルダーが見当たらない・・・苦悩の表情で仕事をしている小路のもとに、営業二課課長の鳴戸渡(桐山漣)が現れる。

鳴戸はいつもイライラしていて、一方的に小路をライバル視している。

小路の部下の茂科莉央(富田望生)と臼間未来(愛加あゆ)が言った一言に鳴戸が激怒。

鳴戸はふたりのデスクに置かれた推しグッズは業務には不要だと処分を促す。

小路は部下の発言について謝罪し、だが推しグッズは仕事のモチベーションアップにつながると持論を述べる。

すると鳴戸はパグ太郎のキーホルダーを取り出し

「小路さんは、カワイイものがお好きなんですか?」

と詰め寄る。

小路は絶体絶命のピンチを乗り越えられるのか!?

さらに、ガチャコーナーで会ったダンサー風のデザイナー・河合ケンタ(今井翼)が小路の会社に現れて・・・。

ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)」1話のネタバレ

絶体絶命のピンチの中、電車遅延で会社への到着が遅れていた木庭春生(水間ロン)が。

パグ太郎キーホルダーを指さし

「オレがあげたヤツじゃないっすかー!」

と言うと周囲がザワザワ。

木庭は自分がいらないジュースのおまけを小路にあげたのだと説明すると、鳴戸は悔しさをにじませながら会議に向かった。

その日の帰り道、小路は公園で鳴戸の姿を見つける。

鳴戸は、猫のおもちゃとおやつを手に、猫を探していた。

「その人の表面を見ているだけではわからない一面が人にはあるんだな」

と笑顔になる小路。

翌日、小路の会社にガチャコーナーで会ったダンサー風の男性が現れる。

男性は取引先のデザイナー・河合ケンタだった。

ケンタは小路と名刺交換後に「やっと会えた」とつぶやき、小路が落としたレアパグ太郎をそっと手渡すのだった・・・。

ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)」2話のあらすじ・ネタバレ

ケンタ(今井翼)との打ち合わせを円滑に終えた小路(眞島秀和)。

ケンタを見送ろうとしている時、小路が落としたガチャの景品「レアパグ太郎」を部下の莉央(富田望生)に拾われてしまう。

小路が言葉を失っていると、気を利かせたケンタが自分のものだと名乗り出る。

ケンタは小路に喫茶店の名をそっと耳打ちし、レアパグ太郎を持ち去る。

鳴戸(桐山漣)は、センスがよくスマートなケンタがなぜか気に入らない。

終業後、小路は躊躇しつつも喫茶店へ向かう。

そこでケンタは小路にレアパグ太郎を返し、

「俺の前では隠さなくて大丈夫です」

「あんなキラキラした顔でガチャやってたら、わかりますよ。同志だって」

と告げる。

小路は43歳にして初めての同志の出現に戸惑いながらも喜ぶ。

ふたりはLINEを交換。

スタンプ選びに迷い、既読スルーにヤキモキしつつも、同志のいる生活を楽しむ小路。

真純(藤原大祐)は「まるで恋をしているみたい」と小路を見守りながら、SNSに投稿している漫画を描き進める。

週末、小路はケンタに誘われ、初めてのファンシーショップへ。

だが小路は、男二人で買い物をする自分たちに向けられる目線が気になり、思わず別行動を提案してしまう・・・。

その後、ふたりが猫カフェに行くと、鳴戸と遭遇。

ケンタが席を外した際、鳴戸からケンタは仕事欲しさですり寄っているのではと言われ、小路は不信感を募らせてしまう。

そんな時、真純が高熱を出してダウン。

しかし仕事でもトラブルが発生し、小路はやむなく出社することに・・・。

甥の発熱と会社でのトラブルというダブルパンチに見舞われた小路!

このピンチをどう切り抜けるのか!?

ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)」2話のネタバレ

小路がトラブル対応のため出社すると、居合わせたケンタが真純の看病を申し出る。

小路は仕事相手にそこまで頼って良いものかと逡巡するが、パグ太郎の存在が真純にバレないよう守るというケンタの言葉に背中を押され、パグ太郎キーホルダー付きのカギを託す。

ケンタの献身的な看病により真純の体調は回復。

真純は、ケンタが小路のことを“友達”と言っていたと告げる。

後日、小路はケンタを呼び出し、ケンタを疑っていたことを謝罪する。

そんな小路を「うちに来ません?中目黒なんですけど」と誘うケンタ。

そこでケンタは手作りのドールハウスを見せ、自分の推しキャラクターが「くまのがっこう」であることを打ち明ける。

本格的なドールハウスに感心し、なぜ話さなかったのかと問う小路に、ケンタは学生時代彼女に泣かれたトラウマから、他人に推しを明かすことを恐れていたと告白する。

お互いのために購入していた推しキャラのメガネ拭きを交換し、微笑み合うふたり。

その後、小路、ケンタ、鳴戸は上司から3人での仙台出張を命じられ・・・。

ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)」3話のあらすじ・ネタバレ

仙台出張へ向かう小路(眞島秀和)、ケンタ(今井翼)、鳴戸(桐山漣)の3人。

はしゃぐケンタに対し鳴戸はイライラ。

小路がとりなそうとするが、一触即発の状態が続く・・・。

取引先でのプレゼン中、鳴戸が相手の社員に突っ込まれ窮地に。

しかし、小路とケンタのフォローで事なきを得る。

その後、3人は名物の牛タン屋で腹ごしらえ。

プレゼンのことを引きずっている鳴戸に対し、小路は鳴戸の準備のおかげで取引先の合意が取れたと手放しで褒める。

鳴戸は、嬉しさと恥ずかしさを隠し、ケンタの牛タンを奪って頬張る。

一方、真純(藤原大祐)は小路の会社で1日だけアルバイトをすることに。

本当の目的はこっそり描いている漫画のための取材だが、小路の部下たちが息抜きを促し仕事にならない。

休憩中、莉央(富田望生)が未来(愛加あゆ)に見せているスマホ画面を見ると、真純が描いた漫画が。

カワイイ!と盛り上がるふたりを見て真純は喜ぶ。

牛タンを食べ終え、ご当地キャラショップに行きたい小路とケンタ。

鳴戸に仙台の猫カフェ情報を吹き込み、別行動をとることに成功。

ふたりでショップへ向かおうとしたとき、「小路君!」と女性の声が。

彼女は小路の元上司の武林(山本未來)だった。

小路は無視して通り過ぎようとするが、肩をつかまれてしまう。

ケンタは気を遣い、ひとりでショップに向かうことにするが、胸がざわつく。

そしてバーで肩を並べる小路と武林。

実は、武林は小路の元妻だった。

久しぶりに再会した元夫婦はどうなる!?そして、さらにケンタの心をかき乱す出来事が!

ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)」3話のネタバレ

バーでグラスを合わせるも、会話が続かない小路と武林。

小路はご当地キャラショップの閉店時間が気になって上の空。

と、武林が、結婚当時小路が何を考えているのかわからず悩んだと告白。

「言わないと気持ちは伝わらない」という武林の言葉に小路はハッとする。

その頃、ケンタは公園で猫を探す鳴戸に出くわす。

小路と武林の様子が気になってモヤモヤしていたケンタは鳴戸を飲みに誘い、なんでも話せる友達だと思っていたのは自分だけなのでは・・・と不安を打ち明ける。

武林との別れ際。

小路は意を決し、ずっと隠していた「カワイイもの好き」のことを打ち明ける。

だが武林はとっくに気づいており、離婚の原因は性格の不一致だと笑う。

その言葉に救いを感じる小路。元夫婦はそっとハグを交わし、改めて別れを告げる。

その様子を偶然目撃する鳴戸とケンタ。

鳴戸から武林は小路の元妻だと聞き、ケンタは小路が話してくれなかったことにショックを受ける。

ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)」4話のあらすじ・ネタバレ

小路(眞島秀和)はケンタ(今井翼)との仙台出張を思い出し、カワイイもの好きの“同志”がいる幸せをかみしめていた。

だがケンタは、小路が出張先で遭遇した武林(山本未來)のことを“元妻”だと話してくれなかったことにモヤモヤとしていた。

ある日小路は、オフィスで部下たちの会話から、LINEに“送信取り消し”という機能があることを知る。

終業後いつもの喫茶店でケンタと落ち合うも、一緒に進めている仕事の終わりが迫っていることに寂しさを感じる小路。

するとケンタから、来月一緒にコラボカフェに行こうと誘われる。

さらに出張先でケンタが購入してくれていた“仙台限定政宗公パグ太郎”のリストバンドをもらい、喜びは倍増。

小路はお返しにと、“パグ太郎ドリームショー先行体験”に応募することを思い立つ。

ケンタに誘いのLINEを送るが、部下たちの会話を思い出して“送信取り消し”。

当選したら驚かせようと、“サプライズ”を計画する。

“送信取り消し”の表示を見て不思議に思うケンタ。

一方鳴戸(桐山漣)は、公園で猫と戯れる真純(藤原大祐)に出会う。

真純の「このハーフパンツを履いていると猫の視線を感じるんです」という言葉を聞き、一緒に買い物に行くことに。

買い物に付き合ってくれたお礼にと、鳴戸は真純を行きつけの猫カフェへ誘う。

小路は“パグ太郎ドリームショー”の当選確率を上げようと、“推しカラー”の加護を求めて買い物に出かける。

その帰りに立ち寄った焼肉店で、ケンタが大学時代のサークル仲間と飲み会をしているところに遭遇。

邪魔をしないようにと声をかけずにおくが、そこで小路はケンタの口から衝撃的な言葉を聞いてしまい・・・。

“同志”であるはずの小路とケンタの関係は、また鳴戸と真純の関係は果たしてどうなるのか!?

ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)」4話のネタバレ

真純を誘って猫カフェに行った鳴戸は、早速“猫が寄ってくるハーフパンツ”の効果を試す。

そこで鳴戸は真純に促され、初めて猫に触れることに成功。

真純に対し心を開き、猫を“好き”な気持ちを素直に打ち明ける。

真純も少女漫画家を目指していることを告白し、ふたりはお互いの“好き”なことを分かち合い応援しあえる“友達”となる。

友達を得た鳴戸は、自称“ニュー鳴戸”となり、キャラが一変。

急に人当たりがよくなった様子に、同僚たちは驚く。

サークル仲間との飲み会でケンタは、過去の事件をいじられていた。

ケンタは大学時代、当時の彼女に自作の「くまのがっこう」のドールハウスを見せた際に号泣され、それが周囲にも伝わってからかわれたことが、深いトラウマになっていた。

過去を掘り返し笑う同期たちにケンタは、「アレはギャグ!俺がカワイイもの好きなんてありえないでしょ」と心にもない言葉を言い放つ。

その瞬間、偶然店に居合わせた小路と目が合う。

ケンタは先に店を出た小路を追うが、気まずい沈黙に耐え切れず、「しばらく小路さんと会えないです」と言ってしまう。

ケンタが去った直後、内緒で応募していた“パグ太郎ドリームショー”の当選通知が届く。

「誘うことすらできなかったな」と寂しく笑い、家路につく小路で・・・。

ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)」5話最終回のあらすじ・ネタバレ

小路(眞島秀和)とケンタ(今井翼)が一緒に進めていたオフィスリニューアルは無事取引先から承認され、いよいよ施工という時を迎えていた。

だが小路は、「しばらく小路さんと会えないです」というケンタの言葉がよぎり、心が晴れない。

ケンタへのサプライズにと応募し当選した“パグ太郎ドリームショー先行体験”のCMを見ては、切なくなるのだった。

ケンタに出会う前のひとりでパグ太郎を推していた頃に戻るだけだと、自分に言い聞かせる小路。

真純(藤原大祐)のもとには、出版社から漫画家デビューに向けて話がしたいとの連絡が。

真純は鳴戸(桐山漣)に、うれしくも不安な胸の内を明かす。

そんな真純に鳴戸は、「俺は君の漫画をとても面白いと思った」と話す。

オフィスリニューアルの施工当日。

来る予定のなかったケンタが突然現場に現れ、小路は驚く。

何食わぬ様子のケンタに対し、つい意地を張ってしまう小路。

鳴戸は、これまでとどこか違う様子の2人を見て調子が狂う。

部下たちも心配するほど意気消沈した小路は、ケンタからもらったパグ太郎のメガネ拭きをオフィスで落としてしまう。

同僚たちの前で小路がプレゼンをしているところにメガネ拭きを拾った清掃員が現れ、再び“ヲタバレ”のピンチに。

小路が動転していると、鳴戸がそれは自分のものだと申し出、メガネ拭きを受け取って会議室を出て行ってしまう。

鳴戸の狙いは果たして・・・。

そして迎えた“パグ太郎ドリームショー”当日。

心がすれ違ってしまった“同志”のふたりに奇跡が訪れる!?

ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)」5話最終回のネタバレ

鳴戸はパグ太郎メガネ拭きを小路に返し、「最近のあなたを見てても全然“ぐぬぬ”が来ない!」と喝を入れる。

また真純は小路に、少女漫画家になる夢を叶えるために帰国したこと、出版社と連載契約の話が進んでいることを打ち明ける。

真純が苦労するのではと心配する小路に、「これが僕の“好き”なんだ」と胸を張る真純。

真純の背中を押した“友達”が鳴戸だと知り、小路は驚きを隠せない。

そのとき、小路にケンタからの連絡が入る。

鳴戸や真純の言葉に背中を押され、小路はケンタのもとへ走る。

ケンタは、小路にいきなり距離を置こうと言ったことを謝り、“元妻”のことを話してくれなかったことがショックだったと本音を打ち明ける。

「引くほど重いっすよね…小路さんに嫌われたくなくて」と落ち込むケンタの肩に手をかけ、小路は「嫌ったりしない!俺はケンタ君が“好き”だから!」と伝える。

そんな小路の言葉にケンタも、「俺も小路さんが”好き”です」と笑顔に。

ふたりは熱い友情の握手を交わすが、小路は突然叫び声をあげ走り出す。

“パグ太郎ドリームショー”の開演時間が迫っていたのだ。

二人が到着すると、会場の人影はまばら。

ショーはすでに終わってしまっていた・・・と、会場裏でパグ太郎の着ぐるみを発見!

ケンタは呆然とする小路をパグ太郎の横に立たせ、写真撮影。

いつも自分がハグしてきたパグ太郎からハグされ、幸せに包まれる小路。

去っていくパグ太郎の背中を見送りながら、ふたりはハイタッチ。

その後、真純は出版社と契約を交わし、漫画家としての一歩を踏み出した。

鳴戸との“友達”関係もますます深まっている。

小路はケンタといつもの喫茶店へ行き、初めてのキャラチーノを飲む。

“同志”のふたりは推しグッズを見せあい、推しトークをして微笑み合うのだった。

原作「おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)」のネタバレ・感想

【おじさんはカワイイものがお好き。】あらすじネタバレと視聴率!ドラマ原作最終回結末のおじカワは?

表紙で抱いた印象と違っていて、男らしくあれと育てられた反動?か、カワイイものに目がない小路課長(40歳バツイチ)がとってもメルヘンでした(笑)

推しキャラへの気持ちは万国共通?でコラボカフェに想いを馳せたり、オマケに心を惑わされる姿など、あるあるネタも描かれています!

そんな自分の趣味を誰にも明かさないで生活してきた彼のところに、甥の真純が大学に通うために部屋が決まるまで下宿をすることになるのですが、飾っていたお気に入りグッズを寝室に隠したり、何かと突っかかってくる隣の課の鳴戸課長に探りを入れられたりとなかなか心が休まる暇がない小路課長。

こっそり回したガチャのケースを拾ってくれた人がまさかの同じビルに勤める人で、最初は警戒していたけれど、実はその彼(河合)も可愛いものが好きということがわかって・・・というところで2巻に続きます。

そして、小路課長は可愛いモノか大好きだけど、学生の時に言われた事がトラウマ?になっていて、オジサンは回りに可愛い物が好きとは言えないでいます。

が、色々苦労してグッズ集めたり、コラボカフェ行きたい・・・とか内心では可愛いもの好きな気持ち全開。

さらに話が進んでいくと、健気で良い子の甥っ子・真純の男気のせいで、誤解が生まれてしまったり、元妻の参戦で小路課長を取り巻く世界は広がり、アガッたりサガッたりと大忙しです。

そのままならステキなおじ様なのに、困って歯を食いしばりギリギリすることが多く、思わず“ぷっ”となりました。

ただ可愛いものが好きで楽しみたいだけなのに、この先どうなっていくのか目が離せません!

ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)」キャスト・スタッフのコメント一覧

【おじさんはカワイイものがお好き。】あらすじネタバレと視聴率!ドラマ原作最終回結末のおじカワは?

眞島秀和のコメント

Q.主演が決まった際の感想

ストーリーと役柄を聞いた時に、これは是非やらせてください!と思いました。

表情と心の声のギャップなども楽しみながら演じていきたいです。

Q.役どころについて

仕事ができて部下思い。

そんな出来るサラリーマンなのに、三度の飯よりパグ太郎というキャラクターを愛している。

そしてその気持ちをまわりには必死に隠している。そんなバツイチのおじさんです。

Q.視聴者へのメッセージ

このような状況で撮影に入れる事を感謝しつつ、暖かくて優しいコメディーをお届け出来たらと思っております。

どうぞよろしくお願いします!

今井翼のコメント

Q.役どころについて

小路さんと同じくなかなか人に言えない趣味を持った、一見近寄りがたい見た目のデザイナー役です。

見た目に反して、純粋にかわいいキャラクターを愛しているというギャップを持ったケンタを楽しんで演じたいと思います。

Q.視聴者へのメッセージ

自分が好きなものを純粋に好きだと言えることの素晴らしさを、皆さんに楽しく感じていただければと思います。

桐山漣のコメント

Q.役どころについて

鳴戸渡は小路三貴をライバル視するとなりの課の課長です。

仕事に厳しく、小路さんの課に何かとガミガミいちゃもんをつけては、課のOLたちにはワンレンメガネと呼ばれる嫌われもの。

小路さん達に仕事場にかわいいものは必要ないと言い続けるが、本人の裏の顔は猫が大好きで猫カフェに通うほど。

小路さんをライバル視するあまり嫌味なやつになってしまうところがあるが、孤独で本心は友達がほしかったり猫に好かれたい願望があったりと憎めない可愛いところもあります。

Q.視聴者へのメッセージ

見所は小路さんやケンタと一緒に仕事をすることになり仕事仲間と助け合うことを学んだり、真純と知り合うことがきっかけで友達の素晴らしさを学んだり鳴戸の成長も見られます。

人の裏の顔が作り出すかわいい物語ですが鳴戸の仕事の顔、猫を前にした顔の切り替えを大切にワンレンメガネの魅力を最大限に引き出して演じていきたく思います。

藤原大祐のコメント

Q.役どころについて

アメリカから帰国して東京で家を探すまでの間、小路さんの家に居候させてもらう甥っ子です。

小路さんはカワイイものが好きであることを隠していますが、実は真純も少女漫画が大好きで漫画家を目指していることを隠しています。

小路さんとの何気ない会話の中で真純は物語の核心を突くような一言をぽろっと口にするので、是非注目して観て頂きたいです。

Q.視聴者へのメッセージ

眞島秀和さん、今井翼さん、桐山漣さん、という豪華な方々と共にこの作品でお芝居ができることが本当に嬉しいです。

観てくださっている方にこのドラマを楽しんでもらえるように、物語のテーマを伝えられるように、頑張ります!

このドラマ「おじカワ」は話題になりそうな癒し系ドラマです!

おじさん達が可愛いものにウホウホする姿を楽しみにしましょう!

 
【この記事もおすすめ】

【ハケンの品格2020】5話視聴率とネタバレ!大泉洋で視聴率爆上げと勝地涼の嫁怖い発言

【極主夫道】あらすじネタバレと視聴率!原作ドラマの最終回結末と龍と美久の馴れ初めとは

【35歳の少女】あらすじネタバレと視聴率!最終回結末と望美(柴咲コウ)の過去・10歳の訳

【おカネの切れ目が恋のはじまり(カネ恋)】あらすじネタバレと視聴率!最終回結末は意外な結果に?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。