【リモラブ】4話5話あらすじネタバレと感想!檸檬(青林)と美々のこれからは?

日本テレビの水曜ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」の4話と5話のあらすじやネタバレ、感想などを紹介していきたいと思います。

これまで謎だった檸檬の正体が青林(松下洸平)だと気が付いた美々(波瑠)。

しかし青林は我孫子(川栄李奈)との関係もある・・・しかし、美々から好意を持たれていることさえ知らない本物の檸檬こと青林は、付き合っていた我孫子にセフレがいたことにショックを受け、癒しを求めるかのように草モチ(美々)にメッセージを送る・・・。

青林と美々の距離が徐々に近づいてきて、これから物語がどう動いていくのか気になるところですよね?

第3話で五文字順太郎(間宮祥太朗)は美々との交際が始まりますが、一生懸命に美々を楽しませようとする健気な姿を見せてくれます。

五文字はその一方で、付き合いたいあまりに「自分は檸檬だ」と嘘をついてしまったり、テレワークに入るまでは退職を考えるほどやる気もない男・・・。

不器用なほど真っ直ぐな青林とはまた違って、“人間らしさ”あふれるところが魅力ですよね。

青林とは大の仲良し、第1話から度々見られる2人の仲の良さには朝鳴部長(及川光博)もちょっと妬くほどです。

“あおちゃんごもちゃん”がわちゃわちゃするシーンは、まるで男子学生が無邪気にじゃれ合うようなかわいさと、飾らずにお互いの心を吐露する眩しいほどの素直さが魅力。

そして今回はコロナ禍を象徴するかのような「マスクキス」シーンを披露した青林と、それを目撃した五文字の、それぞれの言葉にならない名演技もまた反響がありました。

第4話ではそんな五文字の恋も、波乱の展開となりそう・・・。

という事で、第4話のあらすじを紹介したいと思います。



水曜ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」4話のあらすじ・ネタバレ

美々(波瑠)と五文字(間宮祥太朗)が一緒にいる時に「檸檬」から連絡が。

その後のSNSでのやりとりで「檸檬」のエピソードに見覚えのある美々は、正体が五文字でなく、青林(松下洸平)だと知る。

「檸檬は青林だったんだ・・・」

そしてSNSのことで青林が我孫子(川栄李奈)に責められているところに遭遇する美々。

元気がない青林を朝鳴(及川光博)は、診察の為に富近(江口のりこ)の元へ連れていく。

青林は、彼女に体だけの付き合いの男性がいたことで悩んでいた・・・。

一方恋愛順調な八木原(髙橋優斗)は、栞(福地桃子)の父に交際の許しをもらいに行く。

そんな中、青林の父親の菊太郎(山崎一)が、息子の彼女に会うため上京する。

しかし、既に我孫子との仲は終わっていて・・・。

実は青林は、「草モチ」が送ってきた写真が、社内で撮ったと察し、相手は美々ではないか?と疑問を抱き始めていた。

※ネタバレは下記記事からご確認ください。

【リモラブ】5話6話あらすじネタバレと感想!マイペースな人ばかりのドラマ!

水曜ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」のこれまでのネタバレ・感想

水曜ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」5話のあらすじ・ネタバレ

カネパル産業医の美々(波瑠)は会食での参加人数の上限を4人までと決める。

ところが、営業部が新入社員との懇親会を計画していたらしく参加人数が15名と判明、美々の制止で中止になるが・・・。

青林(松下洸平)をどうしても意識してしまう美々。

「青林だけはイヤだった・・・はずなのに・・・」

そして「心の中には檸檬さん、あなたがいます」と送信して・・・。

その頃、青林と五文字(間宮祥太朗)は、お互いの恋愛がダメなことを嘆いていた。

美々は自分が「草モチ」だと青林にわからせようと決意。

八木原(髙橋優斗)を利用してまで挑もうとするが・・・。

そんな中、朝鳴(及川光博)の息子の保(佐久間玲駈)を富近(江口のりこ)達と、美々の家で預かることになった。

しかし来るはずの五文字の代わりに来たのは青林で・・・。

水曜ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」のキャスト情報をおさらい!

大桜美々 演:波瑠

本作の主人公。

鐘木パルプコーポレーションの企業内診療室勤務の産業医。

鋭い洞察力と観察力の持ち主だが、完璧主義者で口うるさい性格なので、社内では「診療所の独裁者」と恐れられている。

※コメントはこちらから

青林風一 演:松下洸平

独身、33才。鐘木パルプコーポレーションで働く人事部社員。

見た目は今風のカッコ良さ。だが、実はめちゃくちゃセンスが悪い。

背広以外の私服があまりにダサすぎて、 彼女にフラれること多々あり。本人は気づいていない。

センスのみならず、たとえばシャツはズボンに入れる等の着こなしもダサい。

田舎育ちで素朴で優しく、人を思う気持ちをちゃんと持っている。

が、しばしば持ちすぎて、受け止めすぎてにっちもさっちもいかなくなる。

※コメントはこちらから

五文字順太郎 演:間宮祥太朗

独身、27才。 鐘木パルプコーポレーション人事部。

父親は外交官、8才上の姉はユニセフ職員、6才上の兄は外務副大臣の秘書官、母は元大学教授、という大変に優秀な家族のもと、末っ子として甘やかされ可愛がられて育った。

(現在、両親も兄姉も皆、それぞれ海外勤務、海外在住中。)

地頭は良い。入社面談のときに人事部の青林が彼の優秀さを見抜いて、彼のことを強く推した。

それがきっかけで青林には入社前からわりと心を開いている。

今回のコロナ騒動で、テレワーク、リモート仕事が意外と楽しいことに気づく。

ひきこもりってやっぱいいよなぁ~入社したはいいが、カネパルは辞めようかな~と考えている。←今ここ。

※コメントはこちらから

八木原大輝 演:高橋優斗

独身、22才。鐘木パルプコーポレーション健康管理室勤務の新人看護師。

1人暮らし。彼女=乙牧栞(福地桃子)ありの普通の若者。

美々なんかよりよっぽど社交的な性格で、それなりのカッコ良さも備えている。

社交的。とは調子いい、の延長線上にある男。 フラットな目線を持っている。

が、大真面目にしばしば美々に間違った恋愛アドバイスをする。

※コメントはこちらから

岬恒雄 演:渡辺大

鐘木パルプコーポレーションの営業部社員。

営業マンとしてはやり手ではあるが、会社の利益を大事にするがあまり、考え方の違いから美々とはよくぶつかる。

※コメントはこちらから

朝鳴肇 演:及川光博

鐘木パルプコーポレーション、人事部部長。48才。

明るくラテンな昭和のおじさん。いつの間にか彼の言うことを聞いてしまう部下多数。

小学生の息子、保(佐久間玲駈)がいる。遅くにできた子供で可愛くって仕方がない。

妻とは今年に入って別居。息子に離婚のことをきちんと説明しようしようと思っていた矢先に、今回のコロナ騒動が起きた。

いろいろなことが中途半端になっている。

※コメントはこちらから

朝鳴保 演:佐久間玲駈

朝鳴肇の息子。

離婚したことを理解しており、肇のことを嫌ってはいない。

素直で、屈託がない小学5年生。

我孫子沙織 演:川栄李奈

鐘木パルプコーポレーションの人事部社員。

青林の交際相手。明るくて愛想の良い性格。

※コメントはこちらから

乙牧ひろ吉 演:西堀亮

栞の父親で居酒屋「おと」の店主。

コロナ感染拡大予防のため、一時休業を余儀なくされた店の経営に悩む。

乙牧栞 演:福地桃子

父親が経営する居酒屋「おと」の一人娘。

八木原と恋愛関係にあり、お弁当を作ってあげたりしているが、その事実を父親には話せていない。

※コメントはこちらから

富近ゆり 演:江口のりこ

鐘木パルプコーポレーションの健康管理室に勤務する精神科の非常勤医師。

悠々自適の独身生活を送っており、恋愛は大いに歓迎するが結婚願望は全くない。

※コメントはこちらから

深杉明彦 演:今井隆文

カネパル健康管理室の嘱託医。

大学病院から健康管理室に週2回来ている内科の嘱託医。

美々から尊敬と信頼を得ている。

駒寺夏樹 演:ついひじ杏奈

カネパル健康管理室の看護師。

水曜ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」のネタバレ一覧

ここから気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレなどを項目ごとに用意しました!

気になる箇所をクリックしてみてくださいませ!

・全話のあらすじネタバレはこちらから

・最終回結末についてはこちらから

・キャスト情報はこちらから

【配信】
Hulu

https://www.hulu.jp/

 
【この記事もおすすめ】

【七人の秘書】2話3話あらすじネタバレと感想!杉田かおる降臨で影の仕事人たちは?

【バベル九朔】3話4話あらすじネタバレと感想!ドラマ内容は違和感だらけ?

【この恋あたためますか(恋あた)】3話4話あらすじネタバレと感想!面白くなってきた?

【呪術廻戦】最新話127話ネタバレ!128話はどうなる?東堂葵がキモかっこいいと話題



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。