【テセウスの船】9話ネタバレ!文吾のワープロの謎と佐野家の裏庭に埋められた青酸カリ

TBSの日曜劇場ドラマ「テセウスの船ネタバレSP」の9話のあらすじ、ネタバレを紹介していきたいと思います。

8話では、お楽しみ会は予定通り進んでいき、その最中、和子(榮倉奈々)や鈴(白鳥玉季)が行方不明になるという事件が起きてしまった!

しかし、みきお(柴崎楓雅)は学校に居る・・・いったいどういう事だ!?

と探し回る心(竹内涼真)。

しばらくすると、加藤みきおが和子と鈴を発見する。

そして、お楽しみ会での無差別毒殺事件は起こりませんでした。

原作と重なる点というか、原作と同じなのは加藤みきおの鈴に対する気持ちです。

加藤みきおは、鈴を守るのは自分一人で良い・・・という気持ちで居るため、鈴を守る佐野文吾(鈴木亮平)が邪魔でした。

“佐野文吾が邪魔”

これが加藤みきおと、共犯者である黒幕との共通点だったんだと思います。

無差別殺人事件は起きなかったけど、このまま終わるはずがない・・・そう思う心と文吾。

そこで突然、加藤みきおは佐野文吾を呼び出します。

そこで何かをしようとし、共犯者の黒幕がスタンガンで佐野文吾を気絶させる。

「ここからどうする?」

と加藤みきおが言うと、今度は加藤みきおが黒幕にスタンガンで気絶させられてしまいました。

いったい黒幕とは誰なのか、黒幕の思惑とは!?という展開でした。

それでは、9話はどのようになっていくのか、紹介していきたいと思います。



ドラマ「テセウスの船」のネタバレ一覧

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレなどを項目ごとに用意しました!

気になる箇所をクリックしてみてくださいませ!

・1話のネタバレ、千夏ちゃんが選ばれた理由はこちら

・2話で三島明音が失踪した・選ばれた理由

・由紀ノートの行方と金丸が会った人物・突き落とした人物はこちら

・田中義男の死についてはこちら

・加藤みきおが襲われた理由、裏切りの切っ掛けはこちら

・9話のあらすじはこちら

・9話のネタバレはこちら

・文吾のワープロや裏庭の青酸カリの謎はこちら

ドラマ「テセウスの船」9話のあらすじネタバレ

田村心(竹内涼真)が犯人に呼び出されて向かった文吾(鈴木亮平)の後を追うと、そこには意識不明で重体の加藤みきお(柴崎楓雅)がパトカーに残されていた。

連絡が取れずに行方不明の文吾に、県警の監察官・馬淵(小籔千豊)は殺人未遂容疑で家宅捜索するために佐野家を訪れる。

文吾の消息が掴めないまま佐野家には記者たちが集まり、警察官が殺人事件に関与したと騒ぎ立てる。

音臼小事件を阻止しても父は殺人犯の罪が着せられた状況に陥ってしまう。

心は、文吾に殺人犯の罪を着せて死刑に追い込むという真犯人の執念深さを感じるのだった。

そして、文吾への恨みの原点と思われる謎のメッセージが届く。

追い詰められた和子(榮倉奈々)が集まった記者たちに語った言葉とは!?

そして、ラストには衝撃的な犯人の策略が待ち受けていた・・・!!

ドラマ「テセウスの船」9話のネタバレ

12年前の音臼村の祭である事件が起きていました。

きのこ汁の中に毒きのこが混ざっていて、一人の女性が亡くなった・・・。

その女性というのが、徳本卓也(今野浩喜)の母親でした。

そして木下に穴を掘る徳本。

そんな徳本に「もうひと頑張りだ!」と声をかける井沢(六平直政)。

「あいつ図体デカイからな」

と言うも、それは文吾を元気づけるための準備でした。

イノシシを分けてもらって、イノシシ鍋を作っておりました。

そして心が校長(笹野高史)の元を訪れ、食中毒事件の事などを聞いたあと、校長と木村さつき(麻生祐未)のあの怪しい感じ・・・。

「ここにも来るとは」

というような事を校長は言っていました。

それでも何か知ってそうな雰囲気はありましたね。

12年前の事件の事なのか・・・。

しかし、小藪さん良い顔してましたなぁ・・・。

文吾のワープロに加藤みきおが打ったと思われる犯行のテキストが入っていた。

そして、佐野家の裏庭に青酸カリを埋めたという文言が・・・。

掘り返してみると青酸カリが出てきた・・・。

これはいったいどういう事なのか・・・。

小藪さんに連行される時の文吾の意味深な表情・・・あれはいったい何を物語っているのか・・・。

文吾の顔から冷静さが無くなっていた気がします。

結局自分が犯人という事にされてしまったからなのか・・・それとも・・・?

続きの10話最終回のネタバレはこちらから

【テセウスの船】10話最終回ネタバレ!犯人の過去と共通点・動機・結末
 

文吾のワープロと佐野家の裏庭に埋められた青酸カリの謎

それでは、ここでは何故佐野文吾のワープロに加藤みきおが打った文章が入っていたのかと、佐野家の裏庭に埋められた青酸カリの謎についてネタバレしていきたいと思います。

これは、Paraviで限定配信されている「犯人の日記後編」を見れば解ります。

先ず、この9話の最初に佐野文吾が加藤みきおに青酸カリを飲ませたという事で、警察やマスコミに追われます。

しかし、佐野家の強い絆はそう簡単には崩れなかった。

「しぶとい家族め」

「俺の家族をバラバラにしておいて」

「忘れたとは言わせない」

忌々しい村祭のことを思い出せ!とメッセージを送る田中正志。

他の村の面々が、手作りの竈で猪の鍋を振る舞うなど、佐野文吾を信じ、気遣うなか、田中正志は佐野文吾の犯行を裏付ける決定的な証拠を自ら通報する。

「佐野文吾」

「今日はお前が殺人犯になった記念日だ」

「俺がちゃんと死刑台まで送り届けてやる」

あのワープロも、佐野家の庭に青酸カリを埋めたのも、全ては真犯人である田中正志の仕業でした。

田中正志は、自分の手で殺人までは出来なかった。

自分の父を殺すのも加藤みきおにやらせた。

恐らく人を殺す勇気がなかったのだと思います。

だからこそ、加藤みきおにも致死量を飲ませる事が出来なかったのではないか・・・と考えられます。

続きの10話最終回のネタバレはこちらから

【テセウスの船】10話最終回ネタバレ!犯人の過去と共通点・動機・結末
 

ドラマ「テセウスの船」9話の主要キャスト

田村心 演:竹内涼真

1989年(平成元年)に発生した「音臼小無差別大量殺人事件」の犯人・佐野文吾の息子。

加害者家族として世間の厳しい非難を浴び続け、教師になるという夢もあきらめて隠れるように生きてきた。

唯一の味方である妻の強い訴えで、父親と過去の事件に向き合うことを決意。

ある日、音臼村の事件現場を訪れると突然、濃い霧に飲み込まれ、事件直前の30年前にタイムスリップしてしまう。

佐野文吾 演:鈴木亮平

心の父親。音臼村の駐在警察官だったが、1989年に発生した「音臼小無差別殺人事件」の犯人として逮捕される。

その後、死刑判決が確定したが、一貫して無罪を主張し続けている。

殺人犯として逮捕されるまでは、村民から慕われ頼りにされる警察官で、家族も大切にしている良き父親だった。

佐野和子 演:榮倉奈々

心の母親。朗らかで優しい肝っ玉母ちゃんだったが、夫の文吾が殺人犯として逮捕されて以来、世間の目から逃げるようにして、必死で子どもたちを育ててきた。

音臼村に突然現れた心を家族同然で受け入れ、何かと世話を焼く。

加藤みきお 演:柴崎楓雅

佐野鈴の同級生。

佐野鈴に特別な想いを寄せ、何らかの目的をもって行動している。

ドラマ「テセウスの船」ネタバレSPを楽しもう!

既にドラマを見ている人も、まだ見ていない人も、今回のドラマ「テセウスの船ネタバレSP」で再び楽しみましょう!!

殺人事件が起こるドラマですが、家族の絆を見ることが出来ます。

温かい家族、気持ちを感じながら楽しみましょう!

最終回の未公開シーンが楽しみ!

 
【この記事もおすすめ】

【テセウスの船】8話ネタバレ!加藤みきおが襲われた理由・裏切りの始まり

【テセウスの船】7話ネタバレ!田中義男殺害の理由と犯人

【エール】第9週のネタバレ!福島三羽烏の約束と音の椿姫

鬼滅の刃キャラクター【鬼舞辻無惨】のネタバレ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。