【ドラマM】アクセルズのモデルはMISSIONじゃない?浜崎あゆみのライバルグループ

ドラマ「M 愛すべき人がいて」に登場する浜崎あゆみと戦ったライバルグループである「AXELS-アクセルズ」に実在する、モデルとなるグループがいるのかどうかが巷で話題になっています。

このドラマで元々話題だった田中みな実さん演じる姫野礼香のスピンオフ作品「L 礼香の真実」の配信も正式決定し、2020年春ドラマで一番の話題のドラマになっている「M 愛すべき人がいて」。

それでは今回は、浜崎あゆみと戦ったライバルグループ「AXELS-アクセルズ」のモデルではないかと言われるグループは複数存在しているので、紹介していきたいと思います。



ドラマ「M 愛すべき人がいて」のネタバレ一覧

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレなどを項目ごとに用意しました!

気になる箇所をクリックしてみてくださいませ!

・アクセルズのモデルについてはこちらから

・アクセルズの今後についてはこちらから

・ドラマ全話のあらすじネタバレはこちらから

「AXELS-アクセルズ」のモデルとなるグループは?

現在、「AXELS-アクセルズ」のモデルではないかと言われるグループは複数存在しています。

先ず、アクセルズのモデルと言われているのが「MISSION-ミッション」です。

MISSION(ミッション)とは、1998年6月にフジテレビの『アイドルハイスクール 芸能女学館』に出演していた女子生徒の中から、avexの松浦勝人によって選ばれた5人でグループを結成されました。

プロデュースは平哲夫。

1998年7月23日、シングル『素肌の季節』でエイベックスよりデビュー。

4枚目のシングル『かわいいんじゃない?』でオリコン初登場24位を記録するも、アルバムリリースが無いまま2000年に解散しました。

何故、MISSIONがモデルなのではないかと言われているのかというと、それは浜崎あゆみさんがデビューしたのも同じ1998年で、日にちは少し早い4月となりますが、ドラマの中と同じようなライバル関係なのではないか・・・という事です。

また、このMISSONは浜崎あゆみさんと同じavexのデビューで、なおかつ松浦勝人さんがフジテレビ「アイドルハイスクール芸能女子館」に出演していた女子生徒の中から5人を選んでいます。

実際にどうなのかは分かりませんが、アクセルズのモデルとなったグループはMISSONの可能性は確かにありそうですね。

MISSIONのメンバーは?

MISSIONのメンバーはメインボーカルの沖弥生さん・橋本真実さんとダンスコーラスの三浦恵理子さん・折田みゆきさん・佐藤千鶴子さんです。

デビュー当時の年齢は14歳から18歳です。

プロデュースしたのは安室奈美恵さんやSPEEDもブレイクさせた平哲夫さんで、4枚目のシングル「かわいいんじゃない?」はオリコン初登場24位を記録しましたが、アルバムリリースやコンサート、単独ライブなどないまま2000年に解散しています。

その後は橋本真美さん以外は芸能界を引退しています。

橋本真美さんは女優として、「アンナチュラル」や「集団左遷」に出演されていました。

「MISSION-ミッション」以外にモデルではないかと言われているグループ

「AXELS-アクセルズ」のモデルには、MISSIONだけでなく、「dream」や「MAX」もモデルではないかと言われています。

「dream」は、1999年8月10日、オーディション『avex dream 2000』でグランプリを受賞した松室麻衣、橘佳奈、長谷部優の3人でdreamを結成し、2000年1月1日にデビュー。

2002年松室麻衣が卒業し、その後、追加メンバーオーディションにより、新メンバーが加入しています。

しかし、浜崎あゆみさんは「dream」より早い1998年4月8日に1stシングル「poker face」でソロ歌手としてデビューしています。

なのでデビュー日から考えても「dream」とは考えにくいのかと思います。

ちなみに、もう一つのモデルではないかと言われているグループ、「MAX」は、MAX松浦さんのニックネームマックスマサからとったと言われています。

結成は1995年です。

大人気グループのSPEEDも1995年にデビューをしました。

しかし、浜崎あゆみさんは1998年にデビューをしているので、浜崎あゆみさんの方がデビューが遅いという事になります。

つまり、「MAX」もデビュー日が違うので考えにくいのかなと思います。

それに「MAX」はもともと安室奈美恵さんと共にスーパーモンキーズとして活躍していましたね。

「AXELS-アクセルズ」のモデルは「MISSION-ミッション」が濃厚?

ここまで考えてみると、やはり「AXELS-アクセルズ」のモデルは「MISSION-ミッション」が濃厚なのではないかと思えますね。

しかし、あくまで「MISSION-ミッション」が濃厚・・・という事です。

「確実にそうだ」と言えないところは、判断材料が少なすぎるところですね。

現時点での判断材料で、MISSIONがモデルだ・・・と決めてしまうのはまだ早いと思います。

あくまで、アクセルズのモデルはMISSIONが濃厚ということです。

Twitterや、ネット上のサイトでは、「MISSIONで確定」と言い切っているモノもありますが、そこまで言える確証がありません。

これからのドラマ「M 愛すべき人がいて」の中で、アクセルズの更なる事実が明かされるかも?

「AXELS-アクセルズ」とは

「AXELS-アクセルズ」とはレコード会社「A VICTORY」の流川翔(白濱亜嵐)がプロデュースしたガールズユニット。

メンバーは

・玉木理沙(久保田紗友)
・西谷真理(傳彩夏)
・静香(川村 海乃)
・奈緒(齊藤英里)

です。

アクセルズの曲「City Light Wings」が話題

アクセルズの曲「City Light Wings」はTwitterでも人気です。

浜崎あゆみさんの曲よりも良いんじゃない?というような声があるほどです。

浜崎あゆみさんはデビュー当時、痛い感じの天然な女の子的な感じで売り出されていました。

なんか妖精みたいな小人が見えるとか言ってみたりしていました。

その後、爆発的に売れてからは一切そのキャラは出さなくなりましたね。

ドラマ「M 愛すべき人がいて」第6話でアクセルズが解散!?

プロデューサーの流川翔(白濱亜嵐)は、大浜(高嶋政伸)からAxelsの解散を宣告される。

悲しみに打ちひしがれながらもアユに大差をつけられた事実を受け止めるメンバーだが、その夜、玉木理沙(久保田紗友)が自殺を図り・・・。

責任を感じ、すっかり落ち込んでしまった流川は大浜とマサに退職を申し出る。

しかし、マサは流川の辞表を破り捨て、「逃げてんじゃねぇよ!」と一蹴。

メンバーが次の道に進むまできちんと向き合うよう説得する。

いったいアクセルズはどうなってしまうのか、本当に解散になってしまうのか。

そして、自殺を図った玉木理沙は助かるのか!?

これからのドラマ「M 愛すべき人がいて」を楽しみましょう!

 
【この記事もおすすめ】

【ラストライン】ネタバレ!堂場瞬一原作のテレビ東京ドラマの結末は!?

【エール】第13週のネタバレ!新人歌手は誰だ!

【ワンピース】982話ネタバレ!ルフィとうるティの遭遇

【ねぇ先生、知らないの?】ドラマ原作ネタバレ!最終回結末、華と理一の過去は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。