【エール】第13週のネタバレ!新人歌手は誰だ!

朝ドラ「エール」の第13週のあらすじと、ネタバレ、感想を紹介していきたいと思います。

「エール」の第12週では、アナザーストーリーとして、これまでのキャラクターである安隆(光石研)、バンブーの保(野間口徹)と恵(仲里依紗)、そして双浦環(柴咲コウ)のことが描かれました。

早くに亡くなった安隆は、孫の顔も見れたし、音の夫である裕一のことも理解できた。

そして心配していた梅のことも何とかなりそう。

バンブーの二人の過去のなれ初めに佐藤久志が関わっていたことも分かったし、双浦環の夢と恋愛の間の出来事も分かった。

それでは、「エール」の第13週のネタバレを紹介していきたいと思います。



朝ドラ「エール」第13週ネタバレ「新人歌手は誰だ」

1936(昭和11)年、裕一(窪田正孝)がコロンブスレコードと契約して5年が過ぎた。

裕一はご当地ソングや球団の応援歌を数多く手がけ、安定した作曲家生活を送れるようになっていた。

作曲家を目指し上京した鉄男(中村蒼)は芽が出ず、おでん屋の屋台をやっている。

久志(山崎育三郎)もまた音楽学校を出て4年、デビュー機会がなく腐っていた。

裕一は久志に、コロンブスレコードの新人歌手募集に応募するように勧めた。

作曲するのは裕一で、合格者はレコードデビューができるというものだった。

応募を決めた久志は、歌を始めたきっかけを裕一と鉄男に語る。

久志が10歳の頃、父親が再婚し、新しい母親がやってきたのだが、馴染めずにいた。

そして実母に会いに行くと、新しい家庭で幸せそうに暮らしている。

行き場をなくした久志が学校の教室で突っ伏していると、藤堂先生(森山直太朗)が突然歌い出し、久志を歌に誘い込む。

そして藤堂先生は久志の歌声を褒めてくれた。

藤堂先生は以前から久志の歌の才能に気がついていたのだった。

その後、久志は新しい母親とも仲良くできるようになり、歌の道に進んだのだった。

数日後、音(二階堂ふみ)と華がバンブーで休憩していると、御手洗先生(古川雄大)がやってきた。

コロンブスレコードの新人歌手募集に応募するため、最後のチャンスとして豊橋から上京したのだった。

偶然、裕一と久志もやってきた。

お互いを「スター御手洗」「プリンス佐藤久志」と名乗り、火花を散らす2名の応募者。

そしてオーディションの日。

久志が歌うと、廿日市(古田新太)の好感触を得れた。

御手洗や他の候補者の歌唱力もレベルが高く、裕一は圧倒される。

ところが、合格したのは寅田熊次郎という帝都ラジオの会長を父に持つ青年だった。

納得がいかず、コロンブスレコードに抗議する久志と御手洗。

そこに熊次郎本人が現れ、久志と御手洗を罵倒しはじめ、その場で喧嘩になってしまう。

騒動の後、廿日市が久志に

「研究生として契約してあげる」

と声を掛ける。

コネで選ばれた熊次郎だけでは不安だったらしい。

最初は新人のカバン持ちと聞いて断ろうとする久志だったが、御手洗に背中を押され、久志は頑張る決意をする。

2人は握手を交わし、御手洗は豊橋に戻っていった。

そして数日後の裕一の家。

突然やってきた久志が、裕一が書いた熊次郎の曲を「いい曲だから僕がいただく」と取り上げてしまう。

そこへ新たな訪問者、田ノ上五郎という弟子志望の青年がやってくるのだった。

朝ドラ「エール」第13週「新人歌手は誰だ」の感想・今後のネタバレ

第13週では、久しぶりにミュージックティーチャー御手洗先生が登場しました。

御手洗先生と言えば、過去に色々な葛藤があった人物です。

自身の外見は男なのに中身は女・・・という事から、学生の頃は教師から

「男なら男らしくしろ!」

と言われて殴られたり、これで治るから!と言われて泥水を飲まされたこともあったそうです。

それから御手洗先生は留学経験もあるのですが、留学先でも東洋人だと差別を受けていた。

しかし、海外は結果を出せば認めてくれることから、死に物狂いで頑張ったそうです。

そんな過去を抱えた御手洗先生がラストチャンス!という事でオーディションに参加してくるし、これは楽しみですね。

そして次の第14週では梅(森七菜)にとっての恋に繋がる話です。

次の第13週も楽しみにしましょう!

 
【第12週のネタバレはこちら】

【エール】第12週のネタバレ!アナザーストーリーあの世、神田、パリ

 
【全週のネタバレはこちら】

【エール】ネタバレ!朝ドラは不評?最終週最終回まで公開




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。