【この恋あたためますか(恋あた)】3話4話あらすじネタバレと感想!面白くなってきた?

TBSの火曜ドラマ「この恋あたためますか(恋あた)」の3話、4話のあらすじやネタバレ、感想などを紹介したいと思います。

パクリ疑惑などでなかなか前評判は良くなかった、ドラマ「この恋あたためますか(恋あた)」ですが、第2話の放送から「面白くなってきた!」という感想なども出てきて、評判は上々かもしれません!

セブンイレブンにてコラボスイーツも発売しますし、これからドラマでもリアルでも「この恋あたためますか(恋あた)」を感じる機会が増えてくると思います。

このまま最終回まで評判を上げつつ突っ走っていけるか!?

という事でドラマ「この恋あたためますか(恋あた)」の2話のネタバレや感想から3話、4話と紹介していきたいと思います!



火曜ドラマ「この恋あたためますか(恋あた)」2話のネタバレ・感想

樹木(森七菜)は、浅羽(中村倫也)から、悪い話と良い話をもらいます。

悪い話とは、シュークリームの企画に強力なライバルが現れ、商品化を巡って審査会で戦わなければならなくなったこと。

そして、良い話は結果的に「もっとスイーツが作りたい」という樹木の希望が叶うことでした。

ライバルは、商品部スイーツ課の北川里保(石橋静河)。

里保の出した企画書は、コンセプトも原価も完璧なものです。

長年、厳しい一岡課長(市川実日子)のもとでアシスタントとして経験を積んできた賜物といえる仕事ぶり。

一方、樹木の作った渾身のシュークリームは、商品にするためにグッと原価を抑えなければならないという大きな壁が立ちはだかります。

ベトナムお土産のチョコレートに感激した勢いで「このカカオを使いたい!」とスイーツ課のメンバーに提案するも、そんな簡単なことじゃないと叱責されてしまう樹木。

新谷誠(仲野太賀)と共に、なんとか

「自分なんかが・・・」

というマイナス思考を克服しながら、スイーツ作りに励みます。

加えて、里保と浅羽と間に“終わらせた”関係が見え隠れし、商品化をかけた審査会以上に、その存在が気になって仕方がない。

スイーツ作りの素人である樹木が、夢中で作業に取り組む姿を見て、スイーツ課の面々も徐々にそのプライドをくすぐられていきます。

その変化は、社長室に異動になった一岡が、報告書に目を通しただけで伺い知れるほど。

審査会では、里保のシュークリームが満場一致で商品化されることになり、樹木はまたしても「選ばれなかった」と落ち込む。

しかし、そもそも里保が企画書を出したことも、カカオの仕入れにメンバーがベトナムへ立ったことも、樹木によってスイーツ課に新しい風が吹いたからだと、一岡も認めるのでした。

プロは、毎回ホームランを狙って三振するよりも、安定したヒットを打つ仕事を求められることもあります。

しかし、それがあまりにも長く続くと、いつしかホームランを狙うことそのものを恐れて、思いきりスイングすることを忘れてしまいがち。

そんなとき、新人の荒削りなプレーが、ベテラン選手の目を覚まさせてくれます。

審査会に敗れて落ち込む樹木に、浅羽は社員証の申請書を渡します。

スイーツ作りを社員として手がけられるようになった樹木。

今度は闘う相手ではなく、同じコンビニスイーツを愛し、いいものを作る仲間として、里保から樹木がプロの仕事を学ぶ番です。

ここからの大きな見どころは、樹木、里保、浅羽、新谷の四角関係になってきますね。

第2話では交差する想いが見えてきました。

樹木は憎まれ口を叩きながらも浅羽の優しさに胸を躍らせます。

「食べてほしい、喜んでほしい」

というスイーツ作りに欠かせない気持ちの先に、間違いなく浅羽がいる。

だが、それはまだ恋という自覚もないもの・・・。

そんな浅羽は、里保との過去にまだ思うところがありそうです。

つい、レストランでは思い出のワインをオーダーしてしまう浅羽。

すると、里保から「キミ」ではなく「北川さん」と呼ぶように言われてしまい、なんとも複雑な表情を浮かべます。

その眼差しには、過去の恋として整理しきれていないような苦味が広がります。

そんな浅羽と里保の様子を見守りながら、すっかり樹木に夢中なのが新谷。

常に味方になってくれる新谷は、樹木にとって今やなくてはならない存在なのだが、ここ一番というときに浅羽にいいところを持っていかれてしまう。

徹夜覚悟で作業に挑んだ夜、うたた寝をしてしまった樹木に毛布をかけてあげようと取りに席を外したところに、浅羽がジャケットをかけていくのを目撃。

さらには、審査会に敗れて落ち込んだ樹木を日が暮れるまで探し、やっとの思いで見つけたと思ったら社長から社員の話をされて喜ぶ樹木の姿が・・・。

恋愛感情がないからこそ樹木は気軽に新谷に抱きつくし、「何も感じない」と言って里保はふいに浅羽の手を握る。

無自覚な女たちと、翻弄される男たち・・・。

浅羽と里保はなぜ終わってしまったのか・・・。

樹木は浅羽への想いをいつ自覚するのか・・・。

そして、新谷の優しい恋心に気づく日は来るのか・・・。

それでは第3話のあらすじを見ていきましょう!

火曜ドラマ「この恋あたためますか(恋あた)」3話のあらすじ・ネタバレ

樹木(森七菜)は、里保(石橋静河)が開発して商品化が決定したシュークリームの配送テストを手伝うことに。

浅羽(中村倫也)に必要とされたことに喜びを感じた樹木は、商品化に向けてまい進する。

そして、共に作業をこなす中で樹木と里保は徐々に打ち解けていくが、テストをクリアできずに里保は焦りを覚える。

そんな中、新商品の発売日が迫ってくる。

万が一を考えた浅羽はある策を講じることに。

それを聞いた樹木、新谷(仲野太賀)、里保は複雑な思いになる。

第3話のネタバレは下記記事からご確認くださいませ。

【この恋あたためますか(恋あた)】4話5話あらすじネタバレと感想!セブンのシュークリームは売り切れ続出!?

火曜ドラマ「この恋あたためますか(恋あた)」4話のあらすじ・ネタバレ

浅羽(中村倫也)と里保(石橋静河)が抱き合っているところを見てしまった樹木(森七菜)。

開発したシュークリームが発売され、社長室に呼び出されるが、浅羽を直視できない。

そんな中、新たなプロジェクトが立ち上がる。

里保をリーダーに樹木と新谷(仲野太賀)の3人は、リンゴを使ったスイーツ作りの開発に取り掛かることに。

しかし浅羽と里保のことが気になり、樹木は作業に集中できずにいた。

一方、新谷は里保から「浅羽に抱きしめられた」と聞き・・・。

火曜ドラマ「この恋あたためますか(恋あた)」のネタバレ一覧

ここから気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレなどを項目ごとに用意しました!

気になる箇所をクリックしてみてくださいませ!

・キャスト情報はこちらから

・全話のあらすじネタバレはこちらから

・オリジナルスイーツについてはこちらから

・最終回結末についてはこちらから

【配信】
Paravi
URL: https://www.paravi.jp

 
【この記事もおすすめ】

【姉ちゃんの恋人(姉恋)】1話2話のあらすじネタバレと感想!つまらない?面白い?

【呪術廻戦】15巻ネタバレ!125話では釘崎の過去が明かされる!

【さんかく窓の外側は夜】53話(10巻)ネタバレ!三角と先生の関係

【共演NG】あらすじネタバレと視聴率!ドラマ最終回結末はまさかの展開に!?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。