【共演NG】あらすじネタバレと視聴率!ドラマ最終回結末はまさかの展開に!?

テレビ東京の月曜ドラマ「共演NG」の1話から最終回、最終話・結末のあらすじやネタバレ、キャスト情報や視聴率、動画配信や感想について紹介していきたいと思います。

放送前からかなり話題のこのテレ東ドラマ「共演NG」は秋元康さんの企画・原作ということで、設定や物語の概要はかなり注目を集めています。

しかし、秋元康さんの作品と言えば、オチが炎上する物語ばかりなのですが・・・今回のドラマ「共演NG」はどうなのか・・・。

物語の性質的にミステリーでもサスペンスでもないので、くだらないオチでバッシングを集めるような心配もないかも?

ということで話題のドラマ「共演NG」を200%楽しむために紹介していきたいと思います!



check

ドラマ「共演NG」のネタバレ一覧

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレなどを項目ごとに用意しました!

気になる箇所をクリックしてみてくださいませ!

・全話のあらすじネタバレはこちらから

・最終回結末についてはこちらから

・キャスト情報はこちらから

ドラマ「共演NG」の基本情報

秋元康×中井貴一&鈴木京香×大根仁

奇跡の最強タッグ実現!

25年間「共演NG」だった元恋人の大物俳優が、なぜか「共演」することに・・・!

集められた“共演NGアベンジャーズ”や振り回されるスタッフたち・・・一触即発の危険な“大人のラブコメ”をお届けします!

再会の瞬間からバチバチと火花を散らし、長年の憎しみとプライドが交錯する2人。

互いに意識しあう二人だったが、その後、25年前の「とある映像」がきっかけで、物語は思わぬ方向へと展開していきます。

なぜ2人は共演OKになったのか?

ドラマの撮影は無事に最終回を迎えるのか?

そして再会した2人の関係に変化は訪れるのか?

25年前に言えなかった想いとは・・・?

【放送日時】
2020年10月26日(月)スタート!毎週月曜夜10時放送 <初回5分拡大>

【放送局
テレビ東京系(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ)
※BSテレ東(BS⑦ch)・BSテレ東4K(4K⑦ch)でも放送予定

【企画・原作】
秋元康

【監督】
大根仁(映画「モテキ」「バクマン。」「SCOOP!」ドラマ「いだてん」ほか)

【脚本】
大根仁 樋口卓治(ドラマ「離婚なふたり」小説「ボクの妻と結婚してください。」ほか)

【音楽】
堀込高樹(KIRINJI)

【主題歌】
Novelbright 「あなたを求めただけなのに」 (Universal Sigma)

【プロデューサー】
稲田秀樹(テレビ東京) 祖父江里奈(テレビ東京) 合田知弘(テレビ東京) 浅野澄美(FCC)

【配信】
「共演 NG」は地上波放送終了後、BSテレ東での放送、動画配信サービス『ひかりTV』『Paravi』で配信をいたします。
【Paravi (パラビ)】
URL: https://www.paravi.jp

ドラマ「共演NG」のあらすじ・ネタバレ

実力派大物俳優・遠山英二(中井貴一)と人気女優・大園瞳(鈴木京香)の「共演NG」は、業界では公然の秘密。

かつて2人は付き合っていたが、25年前に恋愛関係のトラブルから破局。それ以来共演していない。

ところがそんな2人が、テレビ東洋の社運を懸けた大型連続ドラマ『殺したいほど愛してる』の主演として25年ぶりに共演することに・・・!

しかも他の出演者たちも共演NGばかりだった!

クセのあるキャストとスタッフたちの様々な思惑の中、長年の恨みを越えて2人は息の合った演技ができるのか?

そして25年の時を経て2人が出す答えとは・・・。

共演NGとは

絶対に同じ番組でキャスティングしてはいけない危険な組み合わせのこと。

それは決して「都市伝説」ではなく、事実、業界中のスタッフの頭を悩ませる大きな問題として存在します。

「一度仕事をしたが二度とやりたくない」「キャラが被る」「事務所同士のトラブル」「過去にイジメられた」

・・・理由はさまざまありますが、中でも多いのは「恋愛がらみ」と言われています。

ドラマ「共演NG」1話のあらすじ・ネタバレ

かつて「結婚したい男」No.1を3年連続で獲得した人気俳優・遠山英二(中井貴一)と「上司にしたい女優」No.1を誇る大園瞳(鈴木京香)という大物人気俳優の2人が弱小テレビ局・テレビ東洋の大型連続ドラマ「殺したいほど愛してる」でW主演することに。

しかし、実はこの2人、25年前、英二の二股交際が原因で破局して以来の“共演NG”だった。

奇跡の共演に世間の関心も高く、テレビ東洋としては異例の豪華制作発表を行うことになったのだが・・・。 

当日、会場のホテルには多くのマスコミが詰めかけ、2人の到着を待ちわびていたが・・・。

会場へ向かう車中で、英二は、瞳との共演に難色を示し始める。

英二が所属する「マーク企画」社長・マーク野本(リリー・フランキー)は「今さら・・・」と慌ててなだめる。

一方、瞳も英二の名前が自分より先にクレジットされていることに文句を言い始める。

瞳が所属する「オフィスフレンズ」社長・古川しおり(猫背椿)は「演技で食ってやればいいのよ」と取りなすが、瞳は「あいつの逃げ癖は天才的」などと罵倒が止まらない。

しまいにはお互いに相手より先に会場入りしたくないと言い出す始末・・・。

会場で待つテレ東のドラマ部長・戸沢寛治(岩谷健司)やプロデューサー・是枝育夫(迫田孝也)、APの楠木美和(小島藤子)は予定時刻になっても到着しない主演2人を待ちながら、焦り始める。

25年経っても、互いへの恨みは根深く、2人のバトルは再会する前からゴングが鳴り始める。

果たして、2人はどんな再会を果たすのか・・・?

無事、制作発表は終わりを迎えることができるのか・・・?

さらに、この危険な組み合わせを実現させたこのドラマのショーランナーで脚本を務める市原龍(斎藤工)には、ある企みが・・・。

視聴率:6.6%

ドラマ「共演NG」2話のあらすじ・ネタバレ

テレビ東洋の新ドラマ『殺したいほど愛してる』 の制作発表は遠山英二(中井貴一)と大園瞳(鈴木京香)のバトルが生配信されるという前代未聞の展開を迎え、終了した。

先行きが不安なまま、ついに本読みの日を迎えるが・・・。

助監督・佐々木信也(森永悠希)とAP・楠木美和(小島藤子)らスタッフは英二と瞳以外の、共演NGのキャストが全員集合することに頭を抱えていた。

時代劇の大御所・出島徹太郎(里見浩太朗)とニューヨーク帰りの小松慎吾(堀部圭亮)による元師弟対決。

売れっ子アイドル・内田梢(小野花梨)と元アイドル女優・篠塚美里(若月佑美)による元同グループアイドル対決。

戦隊モノでブレイクした佐久間純(細田善彦)と2.5次元で人気の加地佑介(小澤廉)によるイケメンキャラかぶり対決・・・。

一触即発の現場は果たしてうまくいくのか!?

さらに、ショーランナー・市原龍(斎藤工)から英二と瞳に、とんでもない提案が?

そして・・・ついに出島と小松が激突!

果たして、英二と瞳はどうするのか?

ドラマ「共演NG」3話のあらすじ・ネタバレ

遠山英二(中井貴一)と大園瞳(鈴木京香)が演じたドラマ「殺したいほど愛してる」の衝撃シーンは監督・スタッフ全員が手応えを感じる最高のシーンになった。

第1話の試写を見た英二も手応えを感じ、まんざらでもない様子。

ドラマ部長・戸沢(岩谷健司)も「確実に2ケタ行く!」とご機嫌だったが・・・。

そんな中、若手の共演NGアベンジャーズが揃う撮影現場では、戦隊モノ出身・佐久間純(細田善彦)と2.5次元俳優・加地佑介(小澤廉)がぶつかり合い、売れっ子アイドル・内田梢(小野花梨)が遅刻した事で、元同グループの先輩・篠塚美里(若月佑美)がキレる事態に。

相変わらず不協和音が続いていた。

数日後、なんと出演者同士の不倫スキャンダルが発覚!

お泊りデート現場を写真週刊誌に撮られてしまったのだ。

不倫ドラマの出演者が私生活で不倫というスキャンダルに、世間は大いに盛り上がり、容赦ないバッシングを両者に浴びせる。

プロデューサー・是枝育夫(迫田孝也)は2人を守るためにも降板させるべきと訴えるが、ショーランナーの市原龍(斎藤工)は是枝に前代未聞の「謝罪会見」の要求を突きつける。

是枝から話を聞いた英二と瞳はどんな決断を下すのか!?

ドラマ「共演NG」4話のあらすじ・ネタバレ

ドラマの撮影現場に雪菜(山口紗弥加)が突然現れ、英二(中井貴一)は激しく動揺する。

しかも、瞳(鈴木京香)の神経を逆なでするような態度を見せて・・・。

一方、撮影は順調に進み、『殺したいほど愛してる』の放送はプロデューサーの是枝育夫(迫田孝也)と部長の戸沢寛治(岩谷健司)が「社長賞確実!」と期待するほどの話題作になっていた。

ところがその好調っぷりとは裏腹に、撮影中の瞳は明らかに様子がおかしい。

段取りの確認をすれば上の空で、セリフを忘れ、あからさまにイライラしてる・・・原因は現場に現れた雪菜にあると睨んだスタッフは、「嫉妬!?」「元カノVSイマ嫁全面戦争勃発!?」と噂する。

そんな中、重要なシーンの撮影である事件が起きてしまい・・・。

水面下では市原龍(斎藤工)の新たな企みが進行していた・・・。

ドラマ「共演NG」5話のあらすじ・ネタバレ

大御所俳優・出島徹太郎(里見浩太朗)の希望によりショーランナー・市原龍(斎藤工)はドラマ『殺したいほど愛してる』に新たなシーンを加えらた。

新キャストとして抜擢された本物の医者・間宮礼司(青木崇高)は、なんと主演・大園瞳(鈴木京香)の元カレで“共演NG”の相手だった。

しかも、間宮は同じく元カレの遠山英二(中井貴一)に「まだ瞳を愛している」と宣戦布告し、敵意をむき出しにする。

医者なのに芝居も上手いイケメンの登場は、あっという間にお茶の間の話題となり、ドラマはますます注目されていく。

反響に伴い、出演シーンも増え、撮影にもすっかり馴染んだ間宮を英二は面白くない。

撮影終わり、瞳と間宮が2人で飲み行くことを知り、何故だか落ち着かない。

そんな中、小松慎吾(堀部圭亮)は、出島徹太郎(里見浩太朗)の異変に気づくが・・・。

さらに、間宮と英二のシーンでまさかの事件が起きてしまう。

そして、英二の妻・雪菜も動き出し・・・。

ドラマ「共演NG」の最終回結末は?

この物語の最終回結末は、遠山英二(中井貴一)と大園瞳(鈴木京香)が再び結ばれて終わるのか・・・。

しかし、それだと普通な気もする・・・。

ということで、最終回結末では秋元康さんや大根仁さんらしく、何か捻ってくるかもしれません。

どのような結末になるのか、楽しみにしましょう!

ドラマ「共演NG」のキャスト・ネタバレ

遠山英二 演:中井貴一

20代半ばでスターダムにのし上がり、「結婚したいタレント・ランキング」でも数年トップを維持するなど人気を集めた。

主演を務めたヒットドラマ「愛より深く」でその地位は盤石なものに。

その後、共演したヒロイン大園瞳との熱愛が話題となったが、やがて二股交際が発覚し、二人は別れることに・・・。

瞳が開いた破局会見のせいで、その後3年間、業界から干された。

※コメントはこちらから

遠山英二のNGキャスト・・・大園瞳(鈴木京香)

かつて2人は付き合っていたが、25年前に恋愛関係のトラブルから破局。

それ以来共演していない。

大園瞳 演:鈴木京香

かつて同じ劇団の研究生だった現社長が、その才能に惚れこみ、二人で事務所を立ち上げた。

若くして映画の新人賞を受賞。天真爛漫さと強い女性のイメージで快進撃が続き、ヒロインを務めた「愛より深く」の大ヒットで人気を不動にした。

ドラマで出逢った英二と熱愛関係となるが、後に破局。

今もなお「上司にしたい女優ランキング」でトップを維持している。

※コメントはこちらから

大園瞳のNGキャスト・・・遠山英二(中井貴一)

かつて2人は付き合っていたが、25年前に恋愛関係のトラブルから破局。

それ以来共演していない。

遠山雪菜 演:山口紗弥加

遠山英二の妻。元アイドル。

25年前に共演したドラマで英二と出会い、もともとはよき先輩として色んな相談に乗ってもらう間柄だったが、ある出来事がきっかけで深い仲に・・・。

※コメントはこちらから

古川しおり 演:猫背椿

大園瞳が所属するプロダクション「オフィスフレンズ」社長。

かつて小劇団に所属し、大園瞳とともに女優として活動していたが、瞳の才能に惚れ込み、2人で芸能プロダクションを興した。

公私にわたる瞳のパートナー。

※コメントはこちらから

市原龍 演:斎藤工

「殺したいほど愛してる」の脚本家。

企画やキャスティング、宣伝にも目を配るショーランナー。

配信ドラマの大ヒットを機に人気のクリエイターへ駆け上がった。

小説・ゲームなど様々な企画をヒットさせている“時代の寵児”。

※コメントはこちらから

マーク野本 演:リリー・フランキー

遠山英二が所属する事務所「マーク企画」社長。

元々ミュージシャンとして活動していたが、まったく芽が出ず、芸能事務所を立ち上げ経営者に転身。

英二との出会いが人生を変えた。

それ以来、ずっと二人三脚でやってきた。

※コメントはこちらから

出島徹太郎 演:里見浩太朗

昭和から平成にかけ活躍した時代劇スターで、誰もが認める大御所俳優。

「殺したいほど愛してる」では、大園瞳(鈴木京香)演じる田中浩子の義理の父親・田中周作役を演じる。

そんなベテランにも天敵のNG俳優がいる・・・。

※コメントはこちらから

里見浩太朗のNGキャスト・・・小松慎吾(堀部圭亮)

大御所俳優vsニューヨーク帰り俳優!元師弟対決。

もともとは時代劇スターの大御所俳優・出島徹太郎の付き人を務めていた小松だったが、出島の役者論や演技手法に納得がいかず飛び出した。

今回はそれ以来の共演。

果たして二人に和解は訪れるのか・・・?

小松慎吾 演:堀部圭亮

NY帰りの個性派俳優。

元・出島徹太郎の付き人だったが、出島のやり方に耐えられなくなり、出島のもとを離れ渡米。

数年後に帰国し、40歳を越えてバイプレーヤーとして頭角を現す。

※コメントはこちらから

堀部圭亮のNGキャスト・・・出島徹太郎(里見浩太朗)

大御所俳優vsニューヨーク帰り俳優!元師弟対決。

もともとは時代劇スターの大御所俳優・出島徹太郎の付き人を務めていた小松だったが、出島の役者論や演技手法に納得がいかず飛び出した。

今回はそれ以来の共演。

果たして二人に和解は訪れるのか・・・?

佐久間純 演:細田善彦

戦隊モノ出身イケメン俳優。

一時はドラマや映画に引っ張りだこだったが・・・。

今回のドラマには並々ならぬ想いで臨んでいる。

※コメントはこちらから

細田善彦のNGキャスト・・・加地佑介(小澤廉)

戦隊モノ出身vs2.5次元俳優!イケメンキャラかぶり対決。

片や戦隊モノ出身、片や2.5次元舞台俳優で人気のイケメン俳優という完全なキャラ被りで、何かと比較される二人。

いつしかライバル心むき出しの敵対関係に・・・。

今回の共演は果たして吉と出るか、凶と出るか?

加地佑介 演:小澤廉

いま人気絶頂の2.5次元俳優。

生意気盛りの若手注目株。佐久間とはキャラ被りでライバル関係にある。

※コメントはこちらから

小澤廉のNGキャスト・・・加地佑介(小澤廉)

戦隊モノ出身vs2.5次元俳優!イケメンキャラかぶり対決。

片や戦隊モノ出身、片や2.5次元舞台俳優で人気のイケメン俳優という完全なキャラ被りで、何かと比較される二人。

いつしかライバル心むき出しの敵対関係に・・・。

今回の共演は果たして吉と出るか、凶と出るか?

篠塚美里 演:若月佑美

元アイドル。グループ脱退後は女優の道へ。

意外やその演技力に注目が集まっている。内田とは犬猿の仲。

※コメントはこちらから

若月佑美のNGキャスト・・・内田梢(小野花梨)

先輩vs後輩!不仲アイドル対決。

元々、同じ人気アイドルグループに所属していた先輩後輩の間柄。

ある時、先輩である篠塚が、プロ意識の低い内田を叱責したことがきっかけで犬猿の仲に・・・。

そんな2人にとんでもない災難が降りかかる!

内田梢 演:小野花梨

現役売れっ子アイドル。

今回初めて芝居に挑戦するが、まだまだプロ意識が低く、篠塚をイラつかせる。

※コメントはこちらから

小野花梨のNGキャスト・・・篠塚美里(若月佑美)

先輩vs後輩!不仲アイドル対決。

元々、同じ人気アイドルグループに所属していた先輩後輩の間柄。

ある時、先輩である篠塚が、プロ意識の低い内田を叱責したことがきっかけで犬猿の仲に・・・。

そんな2人にとんでもない災難が降りかかる!

前島豊 演:小野塚勇人

遠山英二の付き人で役者志望。

英二に憧れているものの、失敗ばかりしている。

※コメントはこちらから

佐々木信也 演:森永悠希

テレビ東洋局員。

報道局から異動してきたばかりの「殺したいほど愛してる」新人助監督。

※コメントはこちらから

楠木美和 演:小島藤子

フリーのスタッフ。

「殺したいほど愛してる」アシスタントプロデューサー。

時にはプロデューサー陣も叱責する毒舌でしっかり者。

※コメントはこちらから

池田匠 演:岡部たかし

フリーの演出家。

「殺したいほど愛してる」の監督。

どんなトラブルも受け入れつつ現場を推し進めるタイプ。ドラマ愛は強い。

※コメントはこちらから

是枝育夫 演:迫田孝也

テレビ東洋局員。

「殺したいほど愛してる」プロデューサー。

現場で起きる数々の騒動に巻き込まれては、胃を痛めている。

※コメントはこちらから

戸沢寛治 演:岩谷健司

テレビ東洋ドラマ部長。

「殺したいほど愛してる」総責任者。

是枝と共に、数々の困難に巻き込まれては、頭を抱える日々を過ごしている。

※コメントはこちらから

与謝野・M・リリカ 演:瀧内公美

「殺したいほど愛してる」の製作総指揮・市原と契約する宣伝プロデューサー。

秘書的存在。

※コメントはこちらから

中川 演:橋本じゅん

スポーツ関東の芸能デスク。

忖度なしのゲスな質問も平気で浴びせる厄介な存在。

※コメントはこちらから

ドラマ「共演NG」キャスト・スタッフのコメント一覧

【共演NG】あらすじネタバレと視聴率!ドラマ最終回結末はまさかの展開に!?

中井貴一のコメント

Q)「共演NG」のオファーを受けた時の感想or台本を読んだ感想をお聞かせください。

面白いところに目をつけたなと思いました。

「共演NG」とは、同じ商売をしながらも、実際にはあまり感じたことはなかったのですが、このドラマをやりながら「共演NG」の実態を肌身で感じていきたいと思います(笑)。

Q)撮影現場でのエピソードなどございましたらお聞かせください。

今回の撮影は私にとってコロナ禍で行われる、初めての撮影となりました。

つい4、5か月前の現場とは180度変化していて、役作りだけでなく、自分たちの撮影環境を作る事に時間をかけなければならないことに戸惑っている毎日です。

Q)遠山英二という役を演じるにあたっての思い、意気込みをお聞かせください。

役者が役者を演じることほど難しいことはないと思っています。

遠山英二の気持ちがわかるだけに、自分と近くなりすぎないよう距離をおいて、役を作り演じていきたいと思っています。

Q)視聴者のみなさんへメッセージをお願い致します。

作り手の環境も大幅に変化をしましたが、見ていただく皆様の環境も変化していると思います。

でもどこか普遍性のある男と女のラブコメディ。

困難な時を一瞬でも忘れていただけるよう、楽しい作品にしてまいりたいと思います。どうぞお楽しみに!

鈴木京香のコメント

Q)「共演NG」のオファーを受けた時の感想or台本を読んだ感想をお聞かせください。

現代のテレビ業界の内幕をおもしろく切り取り描かれていますが、男女、先輩後輩といった人間同士の関わり方が、回を増すごとに変化して、それがとても温かい関係へと昇華していきます。

これは心温まる素敵な人間ドラマになると直感しました。

Q)撮影現場でのエピソードなどございましたらお聞かせください。

一度ご一緒したいと思っていた大根監督です。

的確な演出と現場での楽しい雰囲気作りがとても嬉しく、この作品で初めてご一緒できたことをありがたく感じています。

Q)大園瞳という役を演じるにあたっての思い、意気込みをお聞かせください。

初めは、大尊敬する中井貴一さんをこんなに罵倒する役なんて!!と、尻込みしそうになりましたが、内面は優しい魅力的な女性です。

千載一遇の役ですので、大胆に思い切り演じています。

Q)視聴者のみなさんへメッセージをお願い致します。

最高の大人のコメディにするべく、スタッフ、キャストが一丸となり励んでいます。

ぜひ楽しみにしていてください。

山口紗弥加のコメント

「共演NG」の台本を読んだとき、たぶん、爆笑してました。

本を相手にこんなに笑ったことはないんじゃないかと思うほど、笑って笑ってデトックス。

夜は深い眠りに落ちて“笑活”の素晴らしさを実感しました。

ただ、単純に笑って終われるドラマではない不穏な空気感がそこはかとなく漂っているのが気になります。

遠山雪菜という役を演じるにあたっては、嫉妬深くてわがままで情緒が安定しないのか気まぐれで・・・ちょっとした猛獣に正直、手を焼いています。

また、20年も前からお世話になっている大根監督には本番前に声のチューニングまでご指導いただき、自身の力量不足に喘ぎ嘆きながらも中井さん演じる英二さんをとことん困らせたい!との思いで奮闘しています。

たぶん、まともな人間は皆無です(笑)。

なのに、誰かのどこかに共感してしまう・・・そんなドラマだと思います。

複雑に絡み合った人間模様、奇妙な人間関係を、どうぞお楽しみください。

猫背椿のコメント

マネージャーからの「新規ドラマ出演決まりました」というタイトルのメールの添付ファイルの名前が「共演NG」と書いてあるのを見た時、真っ先に「これ、私(役者)なんかに送っちゃいけないやつ間違えてマネージャーが送っちゃってる・・・」と震えました(新規ドラマのタイトルをまだ聞いていなかったのです)。

それほど「共演NG」という言葉にこの業界の人間はセンシティブです。

私のマネージャーのミスじゃなくて本当に良かったと思いました。

今回の役を演じるにあたって、撮影中監督に何度も「Nさん(自分の所属事務所の社長。女性)にしか見えない」と言われているのが少し不安ですが、京香さんのお力(オーラ)があればなんでもそう見えてくると信じて頑張ります。

自分もOAを観るのがとても楽しみです。

皆様と一緒にリアタイ視聴を楽しみたいと思いますのでよろしくお願いいたします!!

斎藤工のコメント

この何ともセンシティブな題材は数年前でも数年後でもなく、今だからこそさりげなくヌッと描いてしまえるかも知れない・・・。

しかしこれだけの絢爛豪華な布陣なので、どう考えてもさりげなくにはならないでしょう。

“大根節”そして”テレ東”らしさ全開な粋なドラマ、いち視聴者としても愉しみにしております。

リリー・フランキーのコメント

おもしろいことするなぁと、感嘆しました。

マーク野本を演じるにあたっては、知人のプロダクション社長のイメージでやっています。

ご覧になったことのないようなドラマになっていると思います。是非ご覧ください。

里見浩太朗のコメント

私にまた新しい壁を下さいましたね。

中井貴一さんとの共演は、NHK「風光る剣」から23年。

久しぶりに会ったが、相変わらずさわやかな男。

パイロット姿が一番似合う俳優ではないだろうか。

(出島徹太郎を演じるにあたって、)演技をしている間に、里見浩太朗だか、出島徹太郎だか、田中周作だか、頭の中がゴチャゴチャになって来る。

これが秋元康さんの狙いかな?

ドラマの作り方、俳優の心の裏、その戦い方。

この「共演NG」は三度楽しめますよ。

堀部圭亮のコメント

『共演NG』と聞いて「まぁそうは言いながら大人なんだし、腹の中は別としても、そこは上手いことやるんでしょ?」と思っていたのですが、実際にエゲツない光景を目の当たりにし、人間は自己の私怨・憎悪を、こうも露骨に、衆目も気にせず露わにするものなのか!?と思い知らされた経験があります。

その事を役作りのベースに置いても、中井さんに演技論を語り、里見さんに暴言を吐く今回の役は、役とはいえ心底からシビれる部分が多々ありました。

画面には映っていない、ボクの〝脇汗〟まで感じて頂けたら幸いです。

細田善彦のコメント

このお仕事をさせていただいている上で、聞き慣れているような、いないような「共演NG」という清々しいほど、大胆なタイトル。

そして、豪華すぎるチームの一員になれたことを大変嬉しく思っています。

私が演じさせて頂く佐久間という男も「共演NG」の大きな渦に巻き込まれます。

大根監督の作りあげる愉快でシビアな世界観の中で、俳優を演じることの難しさを噛み締めながら“真っ直ぐ”な男を演じられたらと思います。

いま、新しい生活様式が求められている中、私たちも新しい撮影様式が求められています。

そんなドラマ制作の“今“を描いている作品です。

そして、毎話違う色で楽しませてくれるこのドラマ。様々な目線で是非お楽しみください!

小澤廉のコメント

台本を読んだ時、ふふふ、と声を出して笑っていました!

今思うと台本を読んでいる時、自然と声を出して笑ったのは初めてに近い経験で、台本を読み終えた後、撮影がとにかく楽しみでした!

今回演じる2.5次元俳優・加地佑介は、漢字読めなかったり、先輩に強気で絡んでいったり・・・となかなか破天荒な役なのですが(笑)僕自身2.5次元俳優としての経験も活かしつつ、親しみのある加地佑介になるよう演じたいと思います!

是非、テレビの前で「共演NG」の役者たちによる緊張と笑いを存分に楽しんで観て頂ければ幸いです!

若月佑美のコメント

タイトルがどストレート!!内容も新しい、リアルとフィクションの間のような不思議で凄く面白い作品だとわくわく致しました。

何よりこんな錚々たるキャストの皆様の中に混じって作品をご一緒させて頂けることが有り難かったです!

篠塚美里という役は、なかなか難しい役です。

1番人間らしい役というか、普段周りに強い人間が実は自分のことに対しては凄く弱かったり。

今回はドラマ内の役もあるので、心をフル回転させています。

篠塚としてちゃんとそこに立てるように必死に食らいついていきたいと身を引き締めて頑張っております。

基本めちゃくちゃ笑えて、でも時に心に突き刺さる台詞があったり泣けるシーンがあったりと、衝撃的なタイトルですが、中身はそれ以上に魅力溢れる作品になっていると思います。是非、ご覧ください。

小野花梨のコメント

3年ぶりに2度目の大根組に参加出来るということで心が躍りました。

また、中井さん鈴木さんそして秋元康さんという豪華すぎる方々に思わずニヤけてしまったことを覚えています。

内田梢役を演じるにあたっては、生意気でムカつくけどちょっぴり素直でどこか憎めない、そんな子になればと思っています。

実際にこんな事あるの・・・?と怖くなったり、あるある!こういうことよくある!と笑ってしまったり。

ドラマの現場のリアルとフィクションが巧妙に織り交ぜられ、台本を読みながらハラハラドキドキクスクスしています。

一緒に楽しんで頂けたら幸いです。宜しくお願い致します。

小野塚勇人のコメント

まず中井貴一さん鈴木京香さんを始めとする豪華なキャストの方々のお名前を聞いた時に凄く心が踊りました。

そして題材にも凄く惹かれました。

僕が演じさせて頂く前島豊は、中井貴一さん演じる遠山英二の付き人という事で、すぐそばで中井さんのお芝居をずっと見られる何とも贅沢な配役だなと、とても撮影が楽しみでした。

付き人の役ですが、どこか抜けていて空気の読めず、でも愛嬌があるようなキャラクターになれるように、自分自身しっかりとこの役に向き合っていきたいなと思っております。

後はこれだけ素晴らしいキャストの皆様に囲まれているので、その場で生まれるものを楽しんでいこうと思っています。

「共演NG」、タイトルからして面白い。

そしてストーリー・登場人物、どこをとっても面白い作品です。

芸能界の裏側や、撮影現場の雰囲気、スタッフさんの動きなど、凄くリアルです。

ただ、あくまでフィクションですので、こんなことばっかりがあるわけではないと思って楽しんで見ていただきたいです(笑)

このドラマを見て、笑えて、心が温まる。

そんな作品であったらいいなと思います。

森永悠希のコメント

「共演NG」の台本を読んだ時、タイトルにまずびっくりしまして(笑)。

そして業界にいるとリアルに感じていることが沢山書いてあって・・・(笑)。

テレビ東京らしい踏み込んだ内容で、面白く、自分自身も楽しみながら拝読させていただきました。

今回演じさせて頂くのは、助監督というポジションなので、小さい頃から僕が見てきた助監督さんたちの動きや、この作品の助監督さんの動きを参考にさせて頂いています。

衣装も助監督っぽさが満載なので、現場でリアルに間違われています(笑)。

もう、役者としてこの作品に参加しているのか、助監督として参加しているのか、本人もわからなくなりつつあります(笑)。

芸能界の裏側を覗く感覚で見られるドラマだと思いますので楽しんで見ていただきたいのと、一本作品作るのにも大変なんだなぁというのが少しでも伝わればいいなと思っております(笑)。宜しくお願い致します!

小島藤子のコメント

エンターテインメントな作品、新しい台本をいただく度に、次の展開を想像しながら撮影しています。

いつも現場で私のケアなどして下さるスタッフさんの仕事の一つで、AP役。

ドラマ制作者側を演じるのは不思議で面白く、スタッフさんはこんな気持ちなのか?!とも感じながら演じています(笑)。

大根監督と作るテレ東チームは、いつも賑やかなので是非ドタバタ感を楽しんで、クスッと笑っていただきたいです!

岡部たかしのコメント

気苦労が絶えない人は大変で精神的にも体力的にもきつい。

それを回避しようとさらに気苦労を重ねる必死な姿は滑稽で笑えてもくる。

同時に必死で真剣な姿はどこか哀しくもある。大人たちだから尚更。

台本を読み進めていくと、おもしろさと哀しみはセットで起こっているんだなーと思いました。

ドラマの中でドラマをつくるこの現場には実際のプロデューサーや実際の監督、スタッフ、俳優がいる。

一方虚構のプロデューサーや虚構の監督、スタッフも山ほどいるので実際と虚構が入り乱れ、虚構のメイクさんにメイク直しを頼んだり、実際のカメラの前で気を抜いたり、虚構のプロデューサーにおべんちゃらなどを言ったりして現場は錯綜しています。

僕は虚構とはいえ監督なのでおもしろい虚構ドラマを実際につくりたいと意気込んでいます。

このドラマには現今を生きる人たちのリアルがあり、また、そこまで言うか、やるかという自虐的な言動行動も多々あり挑戦的です。

過去のドラマ作品へのオマージュもちりばめられていてそういう意味でも楽しめますよん。

迫田孝也のコメント

普段からお世話になっている「ドラマ制作」の物語で、しかもプロデューサー役なんて仕切りのトップじゃないですか!?

顔合わせの日には主演の中井貴一さんに「迫田くんそのままでいいよ(微笑)」なんて言われたもんだから、俄然やる気がでてきましてね。

意気揚々と撮影に臨んだのですが、、、まあよくこれだけ一筋縄ではいかないメンバーを揃えたなと。

テレビ東洋ドラマ部長の戸沢さん(岩谷健司)と共に、毎シーンがてんやわんや!一番の悪魔は大根監督かもしれませんけどね(笑)。

とにかく!ドラマ制作の現場に、とんでもない角度から切り込みまくる血湧き肉躍る作品となっております!

ゴシップ好きな貴方も、そうでない貴女も、月曜夜10:00をお楽しみに!

岩谷健司のコメント

(「共演NG」のオファーを受けたとき、)独創的で面白いドラマを作るテレビ東京で、しかも大好きな大根さんの作品という事で、とても嬉しかったです。

脚本も面白く、しかも結構な大役だったので色んな意味で身震いしました。

今回演じる戸沢部長は、この後、倒れて入院してしまうのではないか、そんな心配をしてしまうほど大変な立場にたたされています。

そんな男をまさに胃に穴があく思いで演じたいと思います。

色んな困難に立ち向かうも、無力な、愛すべきテレビ東洋チームをお楽しみ下さい。

瀧内公美のコメント

タイトルを見て、もう面白そうだなって思いました。

監督が大根さんだとお伺いして、「ぜひやらせてください、お願いします」と頼み込んだ作品です。

台本を読ませていただいて、(面白すぎて)読むのにこれだけ時間がかかった作品は未だかつてなかったです。

バズらせ屋 “与謝野マウリシオリリカ” という役名の時点で、癖が強そうだなと感じました(笑)。

劇中でドラマの制作陣チームとご一緒させていただくシーンが多いのですが、あまり馴染まないようには気をつけてはいます。

しかし毎度現場が楽しいので、あまり笑いに呑まれないように気をつけながらやらせてもらっています。

ドラマ内では、テレビ東洋、通称”テレ東”が社運をかけたドラマ制作に挑んでおりますが、実際の我々テレビ東京、通称”テレ東”も真剣勝負でこの作品に賭けています!とプロデューサーがおっしゃっておりました。

ドラマなのか、はたまた現実なのか、非常に踊らされてはおりますが、どの世代にも面白く観ていただけるエンターテインメント作品に仕上がっていると思いますので、ぜひお楽しみに!!月曜22時は、「共演NG」!

橋本じゅんのコメント

大根さんからのオファーはとても嬉しかったですが、台本を読んで呆然としました。

今回の役を演じるにあたっての意気込みは、“ニーズに応える!”です!

このお話自体、本当に隠せるものなら隠したい!

しかし、人は多面体であり、今のテレビドラマへの一つの求愛だと思っています。お楽しみに!!

 
【この記事もおすすめ】

映画【鬼滅の刃】無限列車編の感想とあらすじネタバレ!興行収入に見合う程本当に面白いの?

【チェリまほ】あらすじネタバレ!ドラマ原作の最終回結末は?30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい

【相棒19】3話4話のあらすじネタバレと感想!2話では前澤友作を思わせるSNSでのお金配りネタも!

【危険なビーナス】は面白くない?3話4話のあらすじネタバレと考察



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。