【キラメイジャー】キャストネタバレ!追加戦士キラメイシルバーとは

スーパー戦隊シリーズの「魔進戦隊キラメイジャー」のキャストのネタバレを紹介したいと思います!

今回のキラメイジャーでの追加戦士はキラメイシルバーです。

もちろん、キラメイシルバー以外にも今後追加される戦士が出てくるかもしれません。

キラメイジャーでは今後どのようなキャストが追加されているくのか、最終回の結末まで紹介していきたいと思います!

新型コロナウイルスの影響もあって、撮影が中止され前代未聞の展開となってきたキラメイジャー。

最終話まで見逃さずにいきましょう!



「魔進戦隊キラメイジャー」のネタバレ一覧

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレなどを項目ごとに用意しました!

気になる箇所をクリックしてみてくださいませ!

・キラメイジャーキャスト一覧はこちらから

・追加戦士についてはこちらから

・クリスタリアについてはこちらから

・ヨドンヘイムについてはこちらから

・全話の内容はこちらから

・最終回結末についてはこちらから

魔進戦隊キラメイジャーキャスト一覧

地球に侵攻したヨドン軍に対抗する戦士として、キラメイストーンに選ばれた5人の地球人。

キラメイジャーの力の源となるキラメンタルの素質を持つ。

充瑠/レッド以外の4人は、テレビシリーズの前日譚にあたる『エピソードZERO』にて、既に戦士として選ばれている。

メンバーの姓はそれぞれのキャラクターの特性を示す文字が入った地名・駅名から、名は特性と関連がある人物に由来する。

メンバー間では変身に関係なく常時本名で呼び合う。

メンバーのキャッチフレーズは必ず「〇〇〇き〜!」と韻を踏んでいる。

名乗り口上は「キラッと参上!カラッと解決!魔進戦隊キラメイジャー!」。

個々のパーソナルカラーの隊員服を着用する。男性は長ズボンで女性はショートパンツ。ケープの左胸にはCARATのマークがある。

熱田充瑠/キラメイレッド 演:小宮璃央

創の戦士。キャッチフレーズは「ひらめきスパークリング!」

絵を描くことが得意な17歳の高校生。何かを閃いた際に「ひらめキーング!」という決め台詞を叫ぶ。

絵を描き始めると、周囲の声も聞こえなくなるほど没頭する。

類稀にみる想像力の持ち主で、その想像力をレッドキラメイストーンに買われキラメイジャー最後の5人目として選ばれる。

また、キラメイジャーになってからはスケッチブックに書いた絵を現実にすることができ、魔進やキラメイバスターなどを作り出した。

チームに加入後、レッドキラメイストーンと魂を共鳴させた者がリーダーとなるクリスタリアの言い伝えにより、リーダーに任命された。

しかし、気弱な面を仲間から指摘されてリーダーとしての素質に疑問を持たれるも、5人全員を輝かせるという思いが次第に認められるようになる。

名前の由来はイギリスの物理学者でエネルギーの単位にもなっている「ジュール」から。

絵を描くという設定は、作品のテーマとして想像力に人間の可能性が秘められているということを打ち出すために取り入れられた。

また、一見何も持っていなさそうな普通の高校生で妄想力が持ち味で、特別な能力を持っている訳ではなくヘタレだが、絵を描くことがただ好きという主人公とすることで、子供の視聴者に最も近い共感しやすい人物としている。

メインライターの荒川稔久は、当初はもっと根暗なキャラとすることも想定していたが、演じる小宮璃央の人物像を反映し、嫌悪感を抱かせない可愛らしいキャラクターとなった。

射水為朝/キラメイイエロー 演:木原瑠生

射の戦士。キャッチフレーズは「導きシューティング!」

eスポーツ界No.1プレイヤー。21歳。

eスポーツチームSPARK OF BULLET(スパーク・オブ・バレット)のリーダーで、シューティングゲーム部門では賞金ランキングで1位の座に君臨するほどだが、充瑠は彼のことを知らなかった。

彼の活躍を見たイエローキラメイストーンは心を射抜かれたと感じ、3人目に選ばれる。

加入当初の充瑠のことをあまりよく思っておらず、充瑠が瀬奈に提案した代役ンを戦闘に向かわせることを非難していたが、充瑠の思いを理解しリーダーと認めるようになった。

幼少の頃はかなりのお爺ちゃんっ子だったため、祖父が欲しかったゲームとは別のゲームを買ってしまい、思わず「大嫌い」と投げかけてしまうが、その日に祖父が心筋梗塞を起こしかえらぬ人となってしまう。

そのため、祖父と同じ性格のショベローの行動には共感を示しており、彼を傷つけるようなことは好まない。

名前の由来は弓矢の名手だった武将「源為朝」から。

eスポーツプレイヤーという設定は、武器に銃(キラメイショット)が存在することから銃の使い手と位置づけられ、それにふさわしいジャンルかつ現代的な要素として選ばれた。

キラメイイエローのスーツアクターを務める蔦宗は、戦闘中にブレイクダンスの動きを採り入れている。

速見瀬奈/キラメイグリーン 演:新條由芽

速の戦士。キャッチフレーズは「突撃ライトニング!」

100メートル走の日本記録を持つ女子陸上界のスーパースター。21歳。

彼女の走りを見たグリーンキラメイストーンによりキラメイジャー最初のメンバーとして選ばれる。

陸上とキラメイジャーを両立することに悩んでいたが、充瑠のアイデアで代役ンを戦いに出向かせ、競技終了と同時に自身も出向くことで解決した。

かつては百人一首の名手であり、持ち前の直観力とスピードを活かした素早い札取りで「スピードクイーン」と称されていたが、その実力を嫉妬した友人の村雨真木埜から「早いばかりでお手つきになり易い」と批判され自信を喪失したことを機に陸上選手へと転向した。

現在も百人一種の実力は衰えておらず、ヒャクニンイッシュ邪面との勝負には圧勝している。

名前の由来はF1ドライバー「アイルトン・セナ」から。

陸上選手という設定は、スピードスターが必要であるという発想からで、これを類例の少ない女子に割り振っている。

人物像も従来のレッドに多い明るくて突っ走る性格となっている。

劇中で着用している陸上競技のユニフォームには、スクラッチ社のマークが描かれている。

押切時雨/キラメイブルー 演:水石亜飛夢

斬の戦士。キャッチフレーズは「切っ先アンストッパブル!」

人気のイケメンアクション俳優。クールでストイックだが、頭脳明晰で文武両道のマルチプレイヤーでもある。24歳。

彼の演技を見たブルーキラメイストーンにより2人目に選ばれる。

「男のやせ我慢」を美学としており、どんなに過酷な状況であっても決して他人に弱みを見せようとしなかったが、マンリキ邪面との一件で仲間達に自分の弱さをさらけ出すことができるようになった。

名前の由来は北欧神話で聖剣グラムを使う大英雄「シグルズ」から。

アクション俳優という設定は、武器に剣(キラメイソード)が存在することから剣の使い手と位置づけられ、それにふさわしい職業として選ばれた。

大治小夜/キラメイピンク 演:工藤美桜

治の戦士。キャッチフレーズは「手さばきインクレディブル!」

美しすぎる女医とテレビで評判のスーパードクター。23歳。

合気道が得意。彼女の手さばきを見たピンクキラメイストーンにより4人目に選ばれる。

物事を「エモい」か「エモくないか」で判断する傾向がある。

幼少の頃は泣き虫だったが、工事中に土管に取り残され、生き埋めになりかけた犬を、自分の身を顧みず助け出したことをきっかけに、現在のような強さを身につけていったことが、かつて通っていた合気道の道場の先生の口から語られている。

その頃から「無理」「絶体絶命」という言葉を嫌う。

ただし、本人はそのことに触れられると、笑顔で静かに怒りをにじませ、触れた相手に合気道で制裁を加える。

名前の由来は”白衣の天使”ナイチンゲールにちなんで、同名の鳥の和名「小夜啼鳥」から。

医師という設定は、ヒーリングからの連想で合気道により敵の力を受け流すという描写を行うため取り入れられた。

小夜の人物像は、従来のピンクとは異なる男勝りかつ不思議な面のある独特なものとされた。

クリスタリア宝路/キラメイシルバー 演:庄司浩平

自慢の怪力でパワーあふれる攻撃を繰り出す銀の戦士です。

口癖は「ワンダーに行かせてもらうぜ!」。

豪快で大胆、明朗快活な性格そのままに、頭脳派というよりは直感で動くタイプ。

思慮に欠ける面はあるものの、ポジティブさと勢いで周囲の人々をぐいぐい引っ張っていく頼もしさを持ち合わせたキラメイシルバーが、キラキラ輝くシルバーの戦闘スーツに身を包み、「シャイニ―ブレイカー」というドリル型武器を操って敵に挑みます。

このようにパワフルで頼もしい戦士である一方、

「ワンダーキュート!」

「ワンダーサンキュー!」

など、何にでも「ワンダー」を付けて話す口ぐせで、初対面の人を戸惑わせてしまうというちょっぴりお茶目な一面ももち合わせています。

また、ゴーグルやギラギラ輝くシルバーのダウンジャケットなど、宝路の個性的な私服センスからも目が離せません。

陽気で豪快な宝路ですが、気になるのはその名前。

滅びたはずの宝石の国“クリスタリア”を名乗っているのは偶然か、それとも何か重要な意味があるのか・・・実は謎多き人物であるという点からも、今後の展開をより一層盛り上げてくれるはず。

CARAT

博多南無鈴 演:古坂大魔王

私設の地球防衛組織CARAT(カラット)の設立者でキラメイジャーの装備の開発者。

キラメイジャーを技術的・経済的に支援する。

オラディンの古くからの親友でもあり、クリスタリアがヨドンヘイムに侵略された際には逃げてきたマブシーナを救出している。

姓の由来は「博士」キャラなので「博」を入れ、名はノーベル賞で有名な「ノーベル」から「無(ノー)+鈴(ベル)」。

クリスタリア

異星にある宝石の国。

この星に住む人は、笑うと不思議な音が体内から聞こえ、マブシーナ曰く「地球人の副交感神経にあたる部分が振動して鳴るので止められない」とのこと。

マブシーナ 声:水瀬いのり

クリスタリアの姫。ヨドンヘイムに侵略されるも何も立ち向かえず、オラディンの命で5つのキラメイストーンと共に博多南がいる地球に逃げ延びた。

その後、ヨドンヘイムに対抗するためにキラメイストーンと共鳴する5人のキラメイジャーを探し出した。

シーナちゃんと呼ばれることもある。

オラディン 声:杉田智和

クリスタリアの王。弟のガルザに裏切られ、ヨドンヘイムのクリスタリア侵略を許してしまう。

その際にマブシーナに5つのキラメイストーンを託し、地球に向かうように伝える。

ヨドン軍と交戦して敗北、死亡したことがガルザから告げられた。

充瑠のキラメンタルの源である「ないものを想像して絵にする力=イメージする力」は、クリスタリアではオラディン王のみが持つ力とされる。

ヨドンヘイム

美しいものや、希望や輝きを忌み嫌うヨドン皇帝によって支配される暗黒の国。

地球に闇のゲートを開くことで侵略を目論んでいる。

組織のシンボルは「Y」の字を図案化したもの。軍事組織としてヨドン軍が存在する。

ガルザ 声:中村悠一

ヨドン軍の鬼将軍。クリスタリアのオラディン王の弟でマブシーナの叔父に当たる。

魔進を生み出す能力はオラディンより優れていたが、次男であることを理由に兄に使われる現状に反発してクリスタリアを裏切り、ヨドン軍の侵略を成功させる。

紫を基調とする以外はオラディンに似た外見の素顔をしており、ヨドン軍となったのちはその上から月の形をした邪面を被り鎧を装備している。

また、充瑠に対する憎しみから真の邪悪なる魂「ジャメンタル」を覚醒させている。

自身の目的のためならば手段を選ばず、他者を欺いて利用したり、味方を捨て駒にすることも躊躇しない卑劣で残忍な性格の持ち主。

また、邪魔をするものは例え味方であっても容赦はせず、弱肉強食であることを絶対視して弱者を徹底的に認めない。

兄に対する想いから兄弟の関係が良好だという思い込みを嫌っており、また充瑠に対しては兄と言動や考え方が重なることから憎悪の感情を抱き、特に自身の操る魔進の制御を奪われて作戦を邪魔された際には怒りを爆発させ、彼を排除することも目的に掲げるようになる。

クランチュラ 声:高戸靖広

ヨドン軍の作戦参謀。邪面と呼ばれる仮面を用いて邪面師を作り出す。

美しいものを嫌っているが、地球の事物には興味を示す。

武器である杖には闇エナジーを測定するメーターが付いている。

ガルザとは立場上は部下ではあるが、彼に対しては上から目線の態度で呼び捨てにしており、「貴様」と呼んだこともあるが、彼の獰猛さやただならぬ力には恐れを抱いており、真っ向から反発する意思は見せていない。

ベチャット

ヨドン軍のシンボルマークの仮面を付けた兵隊。

ヘドロから産み出され、熊手形武器ヌマデを装備し集団で人々に襲いかかる。

邪面を付けると邪面師に昇格し、体の色も変わり、バックルにヨドン軍のシンボルが描かれたベルトが付き、言葉も話せる。

このあとキラメイジャーには更なる追加戦士などは現れるのか!?

これから随時記事を追加していきたいと思います!

 
【この記事もおすすめ】

【私たちはどうかしている】1巻2巻ネタバレ!七桜の母が本当に犯人なのか

【私たちはどうかしている】5巻6巻ネタバレ!城島と七桜、城島の過去

【私たちはどうかしている】10巻11巻ネタバレ!光月庵の呪縛と椿の苦悩

【キラメイジャー】あらすじネタバレ!エピソードZEROから最終回結末まで!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。