【親バカ青春白書】あらすじネタバレ!最終回結末でガタローとさくらが離ればなれに?

日本テレビの日曜ドラマ枠で放送されるドラマ「親バカ青春白書」の1話から最終回、最終話・結末までのあらすじやネタバレを全てまとめて紹介していきたいと思います。

このドラマはムロツヨシさんがゴールデン・プライム帯の連続ドラマ初主演となる記念すべき?ドラマです。

福田雄一さんが脚本統括・演出をするドラマなので、ムロツヨシさんが生き生きとするドラマになるのではないかと思われます。

それではこのドラマ「親バカ青春白書」がどのような物語で、どのような結末を迎えるのか紹介したいと思います。



日曜ドラマ「親バカ青春白書」のネタバレ一覧

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレなどを項目ごとに用意しました!

気になる箇所をクリックしてみてくださいませ!

・キャスト情報はこちらから

・全話のあらすじはこちらから

・最終回結末についてはこちらから

日曜ドラマ「親バカ青春白書」の基本情報

「娘が大好きすぎて、娘と同じ大学の同級生になっちゃいました!」

舞台は、青春真っ只中の「大学」。

女子高育ちの娘が、大学デビューで悪い男に騙されやしないかと心配するあまり、娘と同じ大学に入学してしまった日本一『親バカ』な父、誕生!

ゼミ、サークル、合コン、文化祭のミスコン、バイトに就活など、大学のことある行事に、娘が心配で心配で首をつっこみまくりながらも、若者の青春に40歳のおじさんが混ざり、誰よりも青春を謳歌しまくる!

日曜ドラマ「親バカ青春白書」のあらすじ・ネタバレ

小説家をしているガタロー(ムロツヨシ)は、妻を病気で亡くし、現在は娘のさくら(永野芽郁)と二人で仲良く暮らしている。

しかし、そんな親子に大激変が・・・。

女子高育ちで初の共学となる大学に通う娘を心配しすぎるあまりに、なんと父親が娘と同じ大学・同じ学部に入学してしまったから、さあ大変!

ゼミ、サークル、飲み会、合コン、文化祭、バイトと、大学のことある行事に、娘が心配のあまり首を突っ込みまくる父。

そして若者の青春に父親が紛れ込み、40歳のおじさんが、娘や同級生たちよりも青春生活をとことんエンジョイしてしまう。

このドラマは、同級生となった、たった二人の「父と娘の親子」が、大学生活で絆を深める家族の愛の物語。

とっても微笑ましい「家族の愛」を描く。

日曜ドラマ「親バカ青春白書」の最終回結末は?

この物語のキモとなってくるのは、父親のガタロー(ムロツヨシ)は妻を亡くし、大好きな娘・さくら(永野芽郁)と同じ大学に入学してしまいます。

その事から考えられるのは、やはり大学ライフの終わり、卒業・・・になるんじゃないかと思います。

10話の物語の中で四年間を描くのはなかなかかもしれませんが、ひと夏の出来事とかというよりは、大学の卒業、そして親離れ・子離れという卒業も含まれるのではないかと思います。

こういう結末を迎える可能性も考えられるし、大学に入った父・ガタローが大学を辞める・・・というところがクライマックスにくる可能性も考えられます。

ガタローの職業は小説家ですし、キャンパスライフをいつまでも過ごせるわけでもないように考えられます。

また、妻を亡くして子どもと二人で過ごすムロツヨシさん・・・という設定がTBSのあの名作ドラマ「大恋愛」のその後を彷彿とするようなストーリーですね。

大恋愛でも、ムロツヨシさんは小説家でした。

そんなムロツヨシさんの妻役を戸田恵梨香さんが演じており、若年性アルツハイマーの末、肺炎になり早くに亡くなっています。

「大恋愛」での二人の子どもは男の子だったので、そこに違いはありますが、結構似ているような感じがしますね。

このドラマ「親バカ青春白書」がどのような結末を迎えるのか、楽しみですね!

日曜ドラマ「親バカ青春白書」のキャスト・スタッフ

ムロツヨシ
永野芽郁
新垣結衣
中川大志
今田美桜

脚本統括・演出:福田雄一
脚本:穴吹一朗
音楽:瀬川英史
チーフ・プロデューサー:池田健司
プロデューサー:高明希、鈴木大造(グレデウス)、白石香織(AX-ON)
制作協力:AX-ON
製作著作:日本テレビ

追加情報が入り次第、こちらの記事に共有していきたいと思います!

 
【この記事もおすすめ】

【エール】第13週のネタバレ!新人歌手は誰だ!

【ワンピース】982話ネタバレ!ルフィとうるティの遭遇

【ねぇ先生、知らないの?】ドラマ原作ネタバレ!最終回結末、華と理一の過去は?

【アンサングシンデレラ】原作ネタバレ!1巻~5巻25話まで全話網羅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。