【教場】続編決定!ドラマ放送時期は年内?木村拓哉の鬼教官再び!キャストはあの人たち!

2020年1月にフジテレビでスペシャルドラマとして放送されたドラマ「教場」の続編が決定したという情報が飛び込んできました。

1月に放送された「教場」は視聴率が前編15.3%で、後編が15.0%という高視聴率でした。

月9を極めた男とも言われた木村拓哉さんが白髪の義眼で演じた主人公・風間教官を演じました。

それも話題になりつつ、豪華出演者と、明石家さんまさんがゲスト出演したりと、色々話題になっていました。

そんなドラマの続編ということもあり、今回はどのような物語になるのでしょうか。

出演者・キャスト情報も含めて紹介していきたいと思います。



ドラマ「教場」のネタバレ一覧

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレなどを項目ごとに用意しました!

気になる箇所をクリックしてみてくださいませ!

・続編の内容についてはこちらから

・続編のキャストについてはこちらから

・前作のネタバレについてはこちらから

ドラマ「教場」続編の内容は?

続編の内容はまだ分かりませんが、風間教官の義眼の秘密など、教官になる以前が描かれたエピソード0を期待する声も多いですね。

エピソード0のネタバレになりますが、教場から教場2、そして教場0、すべては教場0の最終話「毒ある骸」のラストにつながるためのものだったように感じました。

その凄まじいまでの指導官としての矜持、というよりは執念、に感服。

風間は、県警本部捜査一課強行犯係で、新米刑事を教育する刑事です。

ドラマ「教場」の後編でチラっと話が出た風間の過去・・・とある事件で自分の部下である新米の「優羽子」という刑事をかばったときに、犯人に千枚通しで目を貫かれ、失明してしまいます。

かばったのに、優羽子も重症を負ってしまい、風間は色々と苦悩がありました・・・。

こうした風間教官の過去・苦悩が描かれるのかもしれないです。

しかしながら、もちろんそれだけではありません。

また教官としての風間(木村拓哉)が見れます。

ドラマ「教場」続編のキャストは?

前回の教場で出演されていたキャストは下記の通りです。

・工藤阿須加
・大島優子
・味方良介
・川口春奈
・三浦翔平
・林遣都
・葵わかな
・井之脇海
・西畑大吾
・富田望生
・村井良大

これらのキャストが出演されていましたが、続編では、前回の「教場」の後半の最後に入ってきた新入生たちで描かれるそうです。

そのメンバーがこちら

・三浦貴大
・伊藤健太郎
・上白石萌歌
・佐久間由衣
・嘉島陸

これらの方々になります。

またここで、この追加キャストとして発表された彼らのコメントを紹介したいと思います。

ドラマ「教場」追加キャスト発表時のコメント一覧

【教場】続編決定!ドラマ放送時期は年内?木村拓哉の鬼教官再び!キャストはあの人たち!

三浦貴大のコメント

木村さんとの久々の共演、大変うれしかったです。

前回は数年前になりますが、現場に立っている木村さんの存在感は変わらず、キャスト・スタッフ含め全ての人を引っ張っていってくれるような、そんなオーラがありました。

私が出演させていただいた場面は、独特の雰囲気で普段の撮影現場とはまた違う緊張感があり、最初に足を踏み入れたそこは、まさに『教場』でした。あれが撮影だったのかどうかも曖昧になる程、不思議な体験でした。

ご覧になった皆さんが、まるで“教場”にいるような緊張感を感じていただければ幸いです。

伊藤健太郎のコメント

今回『教場』に出演させていただきました伊藤健太郎です。

幼い頃よりずっと憧れの存在である木村さんとご一緒させていただけるという事でこのお話をいただいた時は、心の底からうれしかったのを覚えています。

実際の撮影では木村さんのアドリブで芝居場を作っていただき夢のような時間を過ごさせていただきました。

また中江監督は僕の一番好きなドラマを作られた方でもあるので、お二人と一緒という事で本当に夢のようでした。

そんな作品が僕自身、とても楽しみです。

皆さんも是非楽しみにしていただけたらと思います。

上白石萌歌のコメント

『教場』は情報が解禁された時から一視聴者として注目していた作品だったので、お話をいただいた時はとても驚きました。

いつかはと願っていた中江監督の作品に、こんなにも早く携わらせていただけるとは夢のようです。

木村拓哉さんとはBISTRO SMAPに出演させていただいた際にお会いしましたが、お芝居の現場でご一緒するのは初めてでした。

風間教官として教壇に佇むお姿はあまりに厳格で、殺気を感じてしまうほど。

でもその裏にある愛情も、同じくらい受け取りました。

木村さんの目の奥に宿る炎のようなものを間近で感じ、終始ヒリヒリしていました。

出演にあたり、敬礼の練習を実際にさせていただいたことも印象深いです。

周りのみなさんと息をそろえることや、まっすぐな背筋、精神を保つことの大変さを実感しました。

木村さんはじめ、すべてのキャスト、スタッフのみなさんで一つのものに同じ熱を注いでいる様が眩しかったです。

今回の出演でこれだけ多くのことを学ばせてくださったことに感謝しています。

佐久間由衣のコメント

木村拓哉さんと共演させていただくのは、今回が初めてになります。

その現場が『教場』という作品だった事、とても光栄に思います。

控え室で凄くご丁寧に挨拶して下さり、いざ現場に入られたら、そこには指先から足先まで圧倒的な風間教官のお姿がありました。

凍りつくような張り詰めた緊張感と、今でも全ての瞬間を思い出して鳥肌が蘇るほど、決して忘れる事が出来ない経験をさせていただきました。

木村拓哉さんの存在に打ちのめされ、何日もその感触が抜けない日々が続きました。

今回、オーディションに参加させていただきたい。中江さんにお会いしたい。

と強くお願いして出演が叶ったので、念願の撮影でした。

皆様がもう既に作り上げられた世界観の中に、飛び込む緊張感はとてもリアルで面白かったです。

ここは日本なのか?と疑うほどの緊迫した空気の中で、一人楽しそうにニコニコしている中江監督のお姿が、とても印象的でした。

中江さんのアドバイスがあり、普段自分が求められる事が多い役柄とは少し違った女性になったかと思いますので、そこも楽しんで頂けましたら幸いです。

嘉島陸のコメント

『教場』の撮影現場は、木村拓哉さんをはじめ大先輩ばかりなので、貴重な現場に少しでも参加できたことがとてもうれしかったです。

連続ドラマの「HERO」を見てからカッコいい検事役をされていた木村さんに憧れを持っていたので、木村さんの作品に参加できたことは感慨深く光栄でした。

主演の木村さんは、撮影の合間も警察監修の方と打ち合わせをされていて、役に対する真摯(しんし)な向き合い方がとても印象に残っていて勉強になりました。

現場での木村さんは、教官として存在されていたので、常に緊張感をもった状態でいることができました。

中江監督とも初めてご一緒させていただきました。

短い時間でしたが監督から声をかけていただき、一人一人をしっかり見てくださっていることを実感できて、さらに身の引き締まる思いでした。

ドラマ「教場」続編の放送日時は?

「教場」続編の放送日時ですが、まだハッキリした事は分かっておりません。

新型コロナウイルスの影響もありますし、2020年内の放送を目指す・・・というところのようです。

年末の特番扱いで放送されるかもしれませんね。

一時は“連ドラ化”も視野に入っていたそうですが、続編も2夜か3夜のスペシャルドラマとして放送するという話が出ているようです。

それではここで、前回のドラマ「教場」の内容を振り返っておきましょう!

前作ドラマ「教場」のあらすじ・ネタバレ

“教場”と呼ばれる警察学校の教室。

冷酷無比な教官・風間公親(かざま・きみちか/木村拓哉)が務める初任科第198期短期課程の教場では、生徒たちが日々、早朝6時起床から激しいトレーニングにさらされている。

何より厳しいのがルール厳守。

その行動は、常に監視体制に置かれ、誰かのミスは連帯で責任を負う。

携帯電話も没収され、外出するためには許可が必要。

そんな辛苦ともいえる究極の試練が待ち受ける警察学校には、様々な背景を持つ生徒たちが様々な動機で集まってきている。

また、警察学校という閉塞(へいそく)した極限状態で生徒たちが抱える葛藤も様々。

「警察学校とは適性のない人間をふるい落とす場である」

と考える教官・風間は、生徒がトラブルを抱えた途端、退校届を突きつける非情な男だ。

また、いつも生徒たちに突然理解しがたい指令だけを告げて、その場を立ち去ってしまう。

次々とふるいにかけられる“教場”という名のサバイバルゲームを生き抜くため、生徒たちの秘密と思惑が渦巻き、いろいろな事件が巻き起こっていく・・・。

“風間教場”のクラスメートは30人。

果たして最後までふるい落とされずに生き残り、何人の生徒が卒業証書を手にすることができるのか?

さらに風間は、生徒たちが起こす事件の複雑に絡み合った真相を解決していくことはできるのか?

そして、生徒たちに非常識ともいえる謎の試練を与え続ける風間の真の狙いとは?

教場で訓練を見ていると、確かに色々と厳しい一面はあります。

そして、生徒の変化にすぐに気づき、真実を知ろうとする風間。

まるで警察学校探偵風間・・・。

生徒の尻尾を掴んだらジワジワといたぶる・・・と言われている風間のやり方。

つまりは規律をきっちり守っていければ何てことないわけですね。

大島優子さん演じる楠本が、何故インテリアコーディネーターという才能を捨てて警察学校に来たのか・・・。

それには恋人を車でひき逃げされ、殺されたという過去がありました。

その車に乗っていたのが葵わかなさん演じる岸本だと言うんです。

一見楠本と岸本は仲が良く、良いチームワークに見えるのですが、陰で楠本は岸本に脅迫状を送っていました。

しかしながら、匂いが強い化粧品?香水を使用していたため、手紙からの匂いと、楠本の匂いが一致し、すぐに岸本にバレてしまいます。

そして、車メンテナンス中に、まるで殺人未遂のような行為を岸本から受けます。

風間教官は、この事にもすぐに気づいていました。

しかしながら・・・ちょっと陳腐な感じでもありました。

更に、インテリアコーディネーターとして色彩感覚に自信があったのに、岸本の車の色と犯人の車の色を勘違いしていました・・・。

それでも、何故楠本は岸本に行きつき、わざわざ警察学校に入ったのか・・・。

原作では細かく描かれているのかもしれませんが、テレビドラマだと、「何故?」な部分が多かったです。

だからといってつまらないわけじゃないですよ。

普通に面白いです。

普通に面白いですが、風間教官と、日下部と、樫村の酔っ払ったフリをしているシーンの最初が・・・何だかコントのように見えてしまいました(笑)

映像をもっと相棒のようにすれば、雰囲気も出たように感じますが・・・なんかちょっと陳腐なように見えてしまいました・・・。

けど、つまらないわけじゃないんですよ?

普通に面白いと思います。

癖のある生徒たちに目を付けて、一人ずつ裁いていく?風間。

風間は何故そこまで追求するのか。

風間教官が警察学校に来たのは、部下の刑事が重症を負った・・・風間教官の義眼も、その時の出来事が影響しているそうです。

しかしながら、この義眼にった理由を具体的に説明するようなところはなかったです。

これが続編で「エピソード0」でドラマ化されるかも・・・しれません!

ドラマ「教場」の続編が決定したというのはまだ噂の範囲で、正式に発表されたわけではありません。

しかし、こういった場合はだいたい本当に続編が作られると思います。

もしまた、新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言などが出なければ・・・ですけど・・・。

そういった影響がでるとスケジュールの問題でもしかすると、この話自体がなくなってしまう事もあるので・・・。

続編が本当に作られるように祈りながら楽しみにしましょう!

 
【この記事もおすすめ】

【アンサング・シンデレラ】1話視聴率とネタバレ!石原さとみの空回り感が目立つ?

【半沢直樹2020】あらすじネタバレと視聴率!ドラマ原作最終回結末で倍返しなるか!

【ハケンの品格2020】5話視聴率とネタバレ!大泉洋で視聴率爆上げと勝地涼の嫁怖い発言

【極主夫道】あらすじネタバレと視聴率!原作ドラマの最終回結末と龍と美久の馴れ初めとは



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。