金曜ロードSHOW!実写映画「キングダム」放送!あらすじネタバレ、辛口感想は?

2020年5月29日放送の【金曜ロードSHOW!/金曜ロードショー】で実写映画の「キングダム」が放送されます。

「キングダム」は2019年実写邦画No,1ヒットに輝いた、エンターテインメント超大作です。

実現不可能と言われた原作を奇跡の実写化作品を、本編ノーカットで地上波初放送されます!

主演の山﨑賢人さんをはじめ、吉沢亮さん、橋本環奈さん、本郷奏多さんといった今をときめく豪華キャスト、そして大沢たかおさん、長澤まさみさん、髙嶋政宏さん、宇梶剛士さんなど実力派俳優が大集結しております。

「キングダム」は原泰久さん原作の大ベストセラーコミックスで、舞台は、紀元前の中国春秋戦国時代。

大将軍になるという夢を抱く少年と、実弟の裏切りで王座を追われた若き王が、王宮奪還を目指し立ち上がる!互いに熱き魂を胸に秘めた信と嬴政。

2人の運命が歴史と共に大きく動き出していく。

中国の大平原や巨大なセットで撮影された壮大なスケールの映像や、スピード感あふれるアクションにも目を奪われること間違いなし!

それでは「キングダム」について紹介していきたいと思います。



映画「キングダム」のネタバレ一覧

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレなどを項目ごとに用意しました!

気になる箇所をクリックしてみてくださいませ!

・あらすじはこちら

・キャストはこちらから

・良い感想はこちらから

・辛口な感想はこちらから

映画「キングダム」のあらすじ・ネタバレ

紀元前245年、春秋戦国時代の中国、秦。

孤児の信(山﨑賢人)は漂(吉沢亮)と共に、大将軍になることを夢見て育った。

しかし、漂は王都の大臣・昌文君(髙嶋政宏)に連れられて王宮へ。

その後、信は一人で剣の腕を磨き続けるが、ある時、信の前に傷だらけの漂が現れ、1枚の地図を信に手渡し息絶える。

地図の指す場所に向かった信を待っていたのは、漂とソックリな青年。

彼は、クーデターを起こした弟・成蟜(本郷奏多)に王座を追われた、秦の若き王、嬴政(吉沢亮)だった。

漂が嬴政の影武者として働いていたこと、そして嬴政の身代わりになって命を落としたことを知った信は、嬴政を討とうとする。

しかし、国を背負う嬴政の強さと漂の遺志を受け止め、信は王と行動を共にすることを決意した。

山の民の末裔の河了貂(橋本環奈)も加わり、旅を進める一行。

そんな中、嬴政に合流した昌文君と嬴政に忠誠を尽くす武将・壁(満島真之介)から漂の最期を聞かされた信は、中国の統一という壮大な夢を追いかけている嬴政と共に王座奪還を目指す。

そこで、かつて友好関係にあった山の民を率いる楊端和(長澤まさみ)に協力を要請しようとするのだが・・・。

映画「キングダム」のキャスト

信 演:山﨑賢人
壁 演:満島真之介
騰 演:要潤

嬴政/漂 演:吉沢亮
バジオウ 演:阿部進之介

楊端和 演:長澤まさみ
河了貂 演:橋本環奈
昌文君 演:髙嶋政宏

成蟜 演:本郷奏多
朱凶 演:深水元基
里典 演:六平直政
ムタ 演:橋本じゅん
左慈 演:坂口拓

魏興 演:宇梶剛士
肆氏 演:加藤雅也
竭氏 演:石橋蓮司
王騎 演:大沢たかお

映画「キングダム」の好意的な感想※ネタバレ含む

邦画スペクタクルの歴史的傑作

素晴らしい出来映えに、感謝の気持ちで久し振りに映画館で拍手した。

漫画の実写化としては満点の出来で、その仕上がりに原作ファンは絶賛だ。

何度も全巻読み返す我が家全員が納得したのだから間違いない。

また歴代の邦画スペクタクルと比しても完成度が高く、むしろ原作未読の方が新鮮で楽しめた位だ。

勝因は幾つか有るが、原作に忠実なストーリー展開や映像演出も然ることながら、完璧な配役陣と迫真の演技に尽きる。

先ずストーリーは第一巻~第五巻の王弟反乱篇と切りが良く、「血より志」は信と贏政が、「怨恨より未来」は山の民と楊端和が、それぞれ示して世界観を熱く魅せてくれる。

原作からの変更は、冒頭の信と漂の出会いから大望を抱くまでを丹念に描いた事と、秦国王都の咸陽王宮での右龍回廊と玉座の間での敵役が、ランカイから左慈の逆順になった程度。

大きな割愛箇所も無く、テンポ良く2時間14分に纏めてあり、原作者の原泰久氏が脚本に加わってテイストを傷付けずに上手く改編している。

CG映像やセット、衣裳面も良く出来ていて安っぽさや違和感がなく、邦画の進化を実感出来る。

配役は主演の山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈から、大物役の大沢たかお、長澤まさみ、高嶋政宏、中堅の満島真之介、(筋肉だけの)阿部進之介、悪役の本郷奏太、石橋蓮司の全てが抜群に嵌まっていた。

また昔から中国戦史モノにおける最大の難題は、大軍と英傑だ。

今回は大部隊同士の衝突がない話なのでCGは一部で済むが、王騎将軍の登場は不可欠だった。

ジョン・ウー監督の「レッドクリフ」では関羽や張飛が小柄で拍子抜けしたが、本作では音響効果と画面アングルの工夫、王騎が大沢たかお、騰が要潤の高身長コンビで上手く賄った。

特に驚いたのが大沢が役作りの為に15kgも増量した事で、その太い二の腕や表情の貫禄に表れ、独特のおネエ台詞の再現を含めて、まさに本物の役者魂に魅せられた。

その点では楊端和の長澤まさみも負けてない。

余計な台詞を省いた凛々しい演技と自由自在な剣術からはオーラすら感じた。

これは佐藤信介監督と以前組んだ「アイアムアヒーロー」での対ゾンビ・アクションの経験が多分に生きている。

この二人は「世界の中心で愛をさけぶ」を大ヒットさせた東宝作品の顔で、二人が贅沢にも山崎ら若手達の引き立て役に回ったのが、後半を引き締めた勝因と言えるだろう。

この様に初作は大成功を収めたが、本番は次回作からだ。

万を越える軍隊同士の会戦や攻城戦、龐煖や蒙武等の体躯隆々な大将軍、羌瘣の巫舞等をどう描くか、大勢のエキストラやワイヤーアクション、CG加工が多く必要となり恐らく制作費は跳ね上がるだろう。

原作は果てしなく続くが、東宝の製作判断は二次コンテンツを含む収益次第なので、ファンの購買力と海賊版の抑制が鍵だ。

本作はシリーズ化しないと勿体ない。役者さんも歳を取るので早期の続篇を、楽しみにしている皆さんと一緒に応援したくなる会心の傑作です。

リピートしたくなる作品

兎に角、見たことない人は是非とも見て欲しいです。

正直私は原作をそれまであまり知らずに、アニメの存在だけを観てきていましたが・・・これを観てから全巻を一気に大人買いしてしまったくらいです(笑)。

映画のラストシーンは「終わらないで!!」と心で叫ぶほど素晴らしい世界観ですし、一緒に連れて行ったキングダムを知らなかった友人も終わってから感動で震えていましたねぇ。ビックリしました。

俳優がーとか、中国が舞台なんてーとか、ヘンな偏見を捨てて、一度でいいから見て下さい。

出来栄えは本当に素晴らしい。

予想を超える良作

もともと原作ファンなので、見に行きました。

正直この手の日本映画はコスプレ感が丸出しな作品が多く期待していませんでした。

が・・・!実際に見てみると、雰囲気は忠実に原作を再現しており、圧巻の一言で陳腐さを感じさせませんでした。

更に、物語のシーンによって切り替わる音楽もどれも胸に響くほど良く感じられ、場面を相乗的に盛り上げてくれます。

また、個人的には大沢たかおさんの王騎将軍がツボでした。

予告編を見たときは顔が似ているな、程度でしたが、実際に映画として見てみると雰囲気や喋り方に至ってもまさに王騎将軍そのもので、素晴らしかったです。

最後にこの映画は原作を見たことがない人も見たことがある人へもお勧め出来る、私たちの予想と期待を超える良作です。

是非ご覧ください。

映画「キングダム」の辛口な感想※ネタバレ含む

脚本と演出と演技がひどい

コレを高評価にしてる人達がいることに驚き。

レンタルですら借りるんじゃなかったと思う駄作中の駄作。

ただ、必見は大沢たかおさんと坂口拓さんの殺陣。

他の出演者の殺陣も坂口さんのコーディネートだけども、やはり香港やハリウッドのような大げさな演出はなく、リアルを追求してでもちゃんと迫力のある殺陣に仕上がっているし、素晴らしい。

大沢たかおさんの出演シーンは決して多くはありませんが、話す言葉が王騎のとおり柔らかいけど、とても良く通るし、雰囲気が出てる。

長澤まさみさんに期待していたけど、あれは演出が悪いのか?殺陣のシーンは良かったけど、喋るとダメ。

お腹から声を出すように頑張ってたけど、いかにも大声を出していますと見えないように必死なのが、バレバレで、よく見て取れてしまって残念。衣装にだいぶ助けられてる。

それにしても、漫画を実写化するにしても、生え際とか、ヒゲとか、無駄に漫画に寄せなくてもいいと思う。

コスプレに特化した映画ではないんやから、ある程度自然さは保ってほしい。

でももうとにかく、総じて脚本が悪い!!出だしからひどい。最後までずっとひどい。

所々、要所要所で俳優に助けられてる。説明が無駄に多い。そのためのセリフも多い。

説明のセリフが必要なところと、不要なところのセンスが残念。

あと演出も残念。せっかくの大作が、しょうもない演出のせいで、お遊戯会になってしまっている。

カメラワーク?コマ割りの問題?監督が悪いのか、、、?

若い人達がメインの話だし、若手の起用はいいにしても、それらの中でうまい/ヘタの差が大きい。

ある程度演出でカバーしないと、全体が腐る。で、結果、腐った。

あぁ。。。残念。心底残念。。。

言われていたほどかな?

何より気になったのは無駄なワイヤーアクション、かなりやすっぽい。

昭和のカンフー映画のよう、あと、どうしても主人公の演技の下手さが気になってしかたがない。

かつてないほど下手変顔すりゃいいと思ってるのか?、監督が悪いのか?

本場中国製の大作アクション映画にはだいぶ劣る

原作のコミック、アニメはまったく知らないで観た。

劇場公開時、派手に宣伝していたので、本作の存在は知っていたが、内容についてはほとんど知らなかった。

中国古代の秦の始皇帝の物語を題材にしているとは言え、まあ和製アクション・コミックであることが主題であり、史実への忠実性はあまり重視されていないというのは、そういうものとして観た。

で、それにしては、アクションが全然物足りない。

強いて言うなら無国籍風アクションだが、どう見ても半端。特に、主役の山崎賢人のアクションが半端で、殺陣としてもう少し工夫がほしかった。

個人的には、中国原産の武侠物の映画は好きで、過去20年だと「グリーン・デスティニー」、「英雄(HERO)」など、特に張芸謀(チャン・イーモウ)の作品が好きだが、アクション面だけ見ても、本作はそれら中国製の傑作に比べてはなはだ見劣りする。

まあ、向こうの作品は、主役級がそもそも少林寺拳法等の達人か、舞踊等何らかの芸の達人が殺陣をしているので比較するのは酷とは言え、そういう作品群があることを前提で、敢えて和製で中国の史実を題材にしたアクション映画を作るなら、向こうの物にはない現代日本の独自性を盛り込んでほしかった。

これなら、「銀魂」のアクションの方が数段、見応えがある。

ちなみに、始皇帝を題材にした映画としては、1998年製作の角川映画が製作に関わった「始皇帝暗殺」が良い。

アクション映画ではないが、始皇帝を扱った歴史映画としては傑作だと思う。

アクション映画としては、チャン・イーモウの「英雄(HERO)」が傑出している。

ジェット・リー、ドニー・イェンなど本当に剣法のできる役者がワイヤーアクションを駆使してアクションしているので、日本では全くまねができないハイレベルの作品だ。見たことのない方には、一度、視聴されることをお薦めしたい。

本作の監督も、かつて「修羅雪姫」とか製作する際にドニー・イェンをアクション監督に迎えていたのだから、本作でももうちょっと工夫のしようがあったのではないかと思うと、大変残念。

映画「キングダム」2020年5月29日放送!

原作漫画の実写映画化作品は、良い感想も悪い感想もあって当たり前です。

おもしろいと感じる人もいれば、つまらないと感じる人もいる。

この実写映画「キングダム」はどうなのか。

是非ともその目でご確認くださいませ!!

 
【この記事もおすすめ】

【中学聖日記】あらすじネタバレ!ドラマ特別編最終回・原作最新巻は?

【エール】第10週のネタバレ!音の決意と出産、娘の誕生

【テセウスの船】10話最終回ネタバレ!犯人の過去と共通点・動機・結末

【テセウスの船】8話ネタバレ!加藤みきおが襲われた理由・裏切りの始まり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。