【エール】第10週のネタバレ!音の決意と出産、娘の誕生

朝ドラ「エール」の第10週のあらすじと、ネタバレ、感想を紹介していきたいと思います。

「エール」の第9週では、自信を取り戻した裕一(窪田正孝)は、福島で記者をしている鉄男(中村蒼)をバンブーに呼び出し、一緒に曲を作ろうと誘い、いつか鉄男が詩を書き、裕一が作曲し、久志が歌うことを約束する3人。

音(二階堂ふみ)の通う音楽学校では、記念公演の二次審査が行われ、音と千鶴子(小南満佑子)の2人が最終選考に残っていた。

しかし、特別審査員として招かれていた、音憧れの双浦環(柴咲コウ)に

「歌から何も伝わってこない」

と指摘され、ショックを受け、久志から、まずは『椿姫』の世界を理解することとアドバイスを受け、社交場のカフェーで男女の機微を勉強しようと1週間限定の女給として働くことになった。

ある夜、音が指名を受け席に向かうと、そこに鉄男がいた。

裕一に頼まれて様子を見に来ていたのだ。

後から女給仲間の希穂子(入山法子)がやってくると、鉄男は突然声をあげる。

2人は元恋人同士だったのだ。

しかし、鉄男に社長令嬢との縁談が出ると、希穂子は突然姿を消したのだった。

鉄男は希穂子が東京にいるらしいと聞いて、ずっと捜していた。

裕一の家で、落ち込む鉄男、久志の3人が酒を酌み交わしながら鉄男は『福島行進曲』を作詞していた。

裕一は一晩で曲を書き上げ、廿日市(古田新太)はレコード化を決定。

学生の久志は参加できかったが、裕一はようやくデビューできたのだった。

バンブーでレコード発売のお祝いパーティーが開催され、音は希穂子も誘っていた。

『福島行進曲』が流れる中、鉄男が「この曲が書けたのは君のおかげ、一緒に生きて欲しい」と求婚するが、希穂子は「良い男性と結婚が決まっている」と嘘をつき、涙をこらえ去っていった。

数日後、記念公演の最終選考会で、椿姫の悲恋を歌いながら、音の脳裏には鉄男と希穂子の姿が浮かんでいた。

涙を流し歌う音は、最終選考の結果、主役に選ばれたのだった。

それでは、「エール」の第10週のネタバレを紹介していきたいと思います。



朝ドラ「エール」第10週ネタバレ「ふたりの夢」

『椿姫』の練習が始まった。

主役に抜擢された音(二階堂ふみ)だったが、技術面では千鶴子(小南満佑子)にかなわないため、呼吸法や体作りから始めなくてはいけない。

鉄男(中村蒼)は福島の仕事を辞めて上京してきていた。

新聞社の社長令嬢との縁談を断ったことなどで、周囲がうるさく嫌気がさした・・・とのことだった。

裕一(窪田正孝)は鉄男をコロンブスレコードの廿日市(古田新太)に紹介する。

しかし、まったく取り合ってもらえない。

その理由は、『福島行進曲』が売れなかったから・・・。

そんな中、木枯(野田洋次郎)から裕一に仕事の話が舞い込む。

木枯のヒット曲を作詞した高梨一太郎が、自身が作詞した『船頭可愛や』に曲を付けてほしいとのことだった。

裕一の『福島行進曲』を聞いた高橋からのたっての希望だった。

裕一が『船頭可愛や』の作曲をすると、歌詞が高梨一太郎と知った廿日市は即採用。

同時に、これが最後のチャンスと宣告されてしまう。

しかし、レコードは売れず、廿日市から契約終了と、今までの契約金の返却まで求められてしまった・・・。

裕一にとって最大のピンチがやってきた。

音から事情を聞いた環(柴咲コウ)は、『船頭可愛や』を聞くと自分が歌いたいと言い出す。

廿日市は世界的歌手・双浦環の提案に張り切りってのっかる。

しかし、裕一が作曲する流行歌は赤レーベル。

そして双浦環が歌う場合は、西洋音楽の青レーベルからのレコード出版となる。

そのことで、青レーベルの中心人物・小山田耕作(志村けん)が難色を示してきた。

しかし、これを環は新しい才能への脅威と見抜き、

「私は歌う」

と言い切るのだった。

環の『船頭可愛や』は発売されるや大ヒットとなる。

一方、練習の成果が出始めた音だったが、妊娠していることが発覚。

それでも舞台に立ちたいという音に周囲は困惑する。

音自身も何をしても「お腹の子に障る」と言われることに苛立っていた。

環だけはこれまでどおり接してくれる、そう思い音は環に歌への情熱を訴える。

しかし、環から

「プロというのは子どもが死にそうになっても舞台に立つ人間。あなた、当然その覚悟はあるのよね?」

と言われてしまう。

音は絶句してしまった。

2週間後、久志(山崎育三郎)から、音の声量が落ち、息も続かなくなっていると聞いた裕一は、音に舞台に出るべきではないと伝える。

音は自分がどうすればいいのかわからなくて涙を浮かべてしまう。

そんな音に裕一は

「音の夢を僕に預けて欲しい」

と伝える。

いつか、裕一が作った曲を、音に大舞台で歌って欲しい・・・と。

裕一の言葉にうなずいた音は『椿姫』を降板し、退学届けを提出する。

半年後、古山家に元気な女の子が誕生するのだった。

朝ドラ「エール」第10週「ふたりの夢」の感想・今後のネタバレ

第10週では、遂に裕一が作曲した曲がヒットします。

しかもその曲を歌うのは双浦環、これは楽しみですよね。

裕一と双浦環のコラボで曲が大ヒットしました。

このヒットは、正直双浦環の力が大きいですね。

そして、古山家には新しい命が誕生します。

しかし、新しい命が産まれれば、またどこかで命が消えるのかもしれません。

第11週は裕一にとって大きな別れを迎える話です。

朝ドラ「エール」は6月末での放送休止が決定しています。

新型コロナウイルスの影響で何処まで放送されるのか、先が見えない状況ですが、これからの朝ドラ「エール」に期待しましょう!

 
【第9週のネタバレはこちら】

【エール】第9週のネタバレ!福島三羽烏の約束と音の椿姫

 
【全週のネタバレはこちら】

【エール】ネタバレ!朝ドラは不評?最終週最終回まで公開




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。