【エール】第4週のネタバレ!裕一と音が文通を始める

朝ドラ「エール」の第4週のあらすじと、ネタバレ、感想を紹介していきたいと思います。

「エール」の第4週では、抜け殻のように銀行で働く裕一(窪田正孝)に、一つのチャンスが舞い込んできます。

そして、音(二階堂ふみ)との文通も始まり、裕一の音楽、そして音との物語が動き始めてくる・・・という展開が描かれています。

「エール」の第3週では、裕一の養子縁組が決まり、茂兵衛(風間杜夫)のもとで銀行で働きだし、初恋をする様子が描かれていました。

そして、小学校時代の悪童、ガキ大将・村野鉄男(中村蒼)との再会もありましたね。

裕一にとって、全ての出会いが今後の人生に関わってくる・・・「エール」は本当にそんな物語です。

それでは、「エール」の第4週のネタバレを紹介していきたいと思います。



朝ドラ「エール」第4週ネタバレ「君はるか」

美人の踊り子・志津(堀田真由)との出来事などから1年間、裕一(窪田正孝)は黙々と銀行の仕事を続けていた。

抜け殻のような裕一を行員たちは心配していますが、茂兵衛(風間杜夫)だけはご満悦。

ある日、鉄男(中村蒼)が国際作曲コンクールの募集広告が載った雑誌を持ってきて、裕一に応募を促す。

しかし、裕一はどうも避けている様子。

すると、銀行で行員たちはハーモニカを吹き、裕一を励ます。

みんなからの応援もあり、裕一は挑戦する事を決めるのだった。

ブランクがあるため、最初はなかなかうまくいかなかったが、周囲の協力もあり『竹取物語』のメロディーが浮かぶ。

鉄男は音楽に復帰した裕一を喜んでくれているのですが、裕一はこれを最後に音楽に別れを告げるつもりだった。

そして1930(昭和5)年3月、裕一のもとに朗報が届く。

裕一が作曲した『竹取物語』が、史上最年少で2等を受賞したという知らせでした。

イギリスへの留学が許可され、留学費も支払われる。

これにはさすがに喜びに満ち溢れる裕一。

時を同じくして、関内音(二階堂ふみ)は、音楽教師・御手洗清太郎(古川雄大)の下で声楽を学んでいた。

御手洗先生が見せてきた新聞で、古山裕一の受賞を知る音。

自分と2歳しか違わない無名の青年の快挙に、気持ちが高揚する音。

受賞曲が小学校のときに演じた『竹取物語』だったことも拍車をかけ、音は早速裕一にファンレターを送る。

数日後、さっそく裕一から手紙の返事が届く。

新聞報道以降、たくさんの手紙が裕一宛に届いたものの、裕一は音の

「歌手になりたい」

という情熱に特別心惹かれ、曲を作ってあげたいという気持ちが沸き上がってきた。

それ以降、2人は文通し、心を通わせていった。

一方、裕一の祖父・権藤源蔵(森山周一郎)が急死。

養子縁組を進めようとしていた矢先に、裕一の受賞を知った茂兵衛は怒り心頭に。

また、裕一の弟・古山浩二(佐久本宝)も兄に対して

「留学したら、喜多一は潰れてしまう」

と激しく怒っている。

裕一を留学させてやりたい父・三郎(唐沢寿明)は板挟みになってしまう。

ところが、茂兵衛は裕一の留学をあっさりと認める方向に。

「どうせ失敗して帰ってくる。そうすれば音楽を諦めるだろう」

という狙いが茂兵衛にはありました。

裕一は有頂天になり、留学が決まったことを音に知らせる。

しかし、その知らせ以降、音からの返信が途絶えてしまった。

住む世界が違うと感じた音は、身を引こうとしていました。

あまりに返信がこないので、裕一は音に警戒されないよう、女性の名前で再度手紙を出してみる事に。

すると、音から返信があり

「裕一の重荷になりたくない。自分のことは忘れてほしい。」

という音の想いがつづられていました。

朝ドラ「エール」第4週「君はるか」の感想・今後のネタバレ

この第4週で裕一の中で音楽への希望がいっきに膨らみましたね。

音楽を志す者として、認められるという事は本当に嬉しい事ですし、運命の相手とも言える女性、音からのファンレターももらい、文通も始める。

しかし、裕一の今後のために、自分が負担になってはいけない・・・と身を引く音。

そんな音の気づかいと、音楽での前進によって、気になる女性との間のモヤモヤ・・・何とも言えない心情だと思います。

こんな、音楽に恋に物語が動いた裕一ですが、次回の第5週では更に展開があります。

そして小山田耕三(志村けん)の登場もある見逃せない週になるので、楽しみにしましょう!

 
【第5週のネタバレはこちら】

【エール】第5週のネタバレ!裕一が音に突然のプロポーズ

 
【第3週のネタバレはこちら】

【エール】第3週のネタバレ!養子に出される裕一

 
【全週のネタバレはこちら】

【エール】ネタバレ!朝ドラは不評?最終週最終回まで公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。