【仮面ライダーセイバー】あらすじネタバレ!最終回結末とサブライダーは何人に?

テレビ朝日で放送されるスーパーヒーロータイムの仮面ライダーシリーズの新ライダー「仮面ライダーセイバー/聖刃」の1話から最終回、最終話・結末のあらすじやネタバレ、キャスト情報や視聴率、動画配信や感想について紹介していきたいと思います。

毎年新ライダーが登場するこの仮面ライダーシリーズ。

今回の仮面ライダーのイメージは“セイバー/聖刃”です。

今回の仮面ライダーはどのような物語になるのか、どのような結末を迎えるのか、紹介していきたいと思います!



「仮面ライダーセイバー/聖刃」のネタバレ一覧

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレなどを項目ごとに用意しました!

気になる箇所をクリックしてみてくださいませ!

・キャスト情報はこちらから

・全話のあらすじネタバレはこちらから

・最終回結末についてはこちらから

「仮面ライダーセイバー/聖刃」の基本情報

遥か昔、世界は“ある一冊の本”から出来ていた。

神話、物語、生き物や科学技術などの源、そして人間の歴史が詰まった “本”。

その“本”を守ってきた組織、その名はソードオブロゴス。

彼ら“聖剣に選ばれし剣士たち”によって人知れず世界の均衡は守られてきた。

しかし、ある時、“本”を奪おうとするものが現れ、“本”を守るソードオブロゴスとの間で戦いが勃発。

やがて“本”はバラバラになり、両者の長い戦いは今なお続くことになった・・・。

今や伝説となった全知全能の“本”。

神山飛羽真よ、世界を、“本”を守るため、仮面ライダーセイバーに変身せよ!

ソードオブロゴスの仲間たちとともに戦え!

そして、アルターブックによって生み出された異世界ワンダーワールドから平和な世界を呼び戻し、変身!

烈火抜刀ブレイブドラゴン!

烈火一冊!勇気の竜と火炎剣烈火が交わる時、真紅の剣が悪を貫く!

仮面ライダーセイバーの聖剣がうなりをあげる!

様々な聖剣を手にした仲間たちとともに悪を断て!

人々を幸せにする本を守れ!

「物語の結末は俺が決める!」

“本”をめぐる戦いの物語、その表紙は開かれた。

飛羽真たち、聖剣のライダーたちを待ち受けるエピローグとは?

【原作】
石ノ森章太郎

【脚本】
福田卓郎 ほか

【音楽】
山下康介

【プロデューサー】
井上千尋(テレビ朝日)
水谷 圭(テレビ朝日)
高橋一浩(東映)

【アクション監督】
渡辺 淳(ジャパンアクションエンタープライズ)

【特撮監督】
佛田 洋(特撮研究所)

【監督】
柴﨑貴行 ほか

「仮面ライダーセイバー/聖刃」のキャスト

神山飛羽真 演:内藤秀一郎

仮面ライダーセイバー。本作の主人公。

小説家であり、“ファンタジック本屋かみやま”の店主。

本が大好きで、本のことを語り出したら止まらない。

飄々としているが、熱い一面もあり、“約束”を何よりも大事にする。

相手を否定せず、すべてを肯定してあげるやさしい性格の持ち主でもある。

炎の聖剣“火炎剣烈火(かえんけんれっか)”と運命的な出会いを果たし、世界を救う仮面ライダーとなるが、夢によく現れる“謎の少女”が、彼の運命を大きく変えていく。

新堂倫太郎 演:山口貴也

仮面ライダーブレイズ。

はるか昔から人知れず、大いなる力を持つ本を守り、世界の均衡を守ってきた組織“ソードオブロゴス”に属する、“水の剣士”。

組織とルールを何よりも優先する性格で一見、生真面目でとっつきづらいが、おいしいものに目がなく、特にスイーツ好きが発覚してから、飛羽真のペースにハマっていく。

聖剣は“水勢剣流水(すいせいけんながれ)”。

須藤芽依 演:川津明日香

小説家・飛羽真を担当する、新人編集者。

興味があるのは、楽しいこととSNSのみ。

ギャルがそのまま社会人になったような性格。

しかし、好奇心と行動力は誰にも負けない。

富加宮賢人 演:青木瞭

仮面ライダーエスパーダ。

“ソードオブロゴス”に属する、“雷の剣士”。

実は、飛羽真の幼なじみ。再会を喜ぶが、飛羽真が大事なことを忘れていると気づき、ぼう然。

ついつい反発するようになる。彼が操る聖剣は、“雷鳴剣黄雷(らいめいけんいかずち)”。

尾上亮 演:生島勇輝

仮面ライダーバスター。

大剣を背負う最強の剣士にして、最強の子育て王。

ひとり息子・そらを育てる、子連れライダー。

緋道蓮 演:富樫慧士

仮面ライダー剣斬。

“ソードオブロゴス”に属する、“風の剣士”。

正義は強さ、と強さにこだわる才能あふれる剣士。剣の実力は本物。

賢人の剣技にベタ惚れで賢人大好きっ子。賢人の幼馴染みの飛羽真にライバル心を燃やす。

聖剣は“風双剣翠風(ふうそうけんはやて)”。

大秦寺哲雄 演:岡宏明

“ソードオブロゴス”に属する聖剣とワンダーライドブックのメンテナンスをするアイテム愛溢れるメカニック。

飄々として掴みどころがないが皆から一目置かれている。

過去の戦いを知る謎多き存在。

ストリウス 演:古屋呂敏

大いなる本の代わりとなる“黒い本=アルターブック”を作り、世界を入れ替えようとたくらむ、本の魔人・メギド。

物語のジャンルを司る。慇懃無礼で皮肉屋。

レジエル 演:高野海琉

本の魔人・メギド。幻獣のジャンルを司る。

プライドが高く他のジャンルより高位の存在だと自負している。

ズオス 演:才川コージ

本の魔人・メギド。生物のジャンルを司る。

脳筋パワー系の肉体派。

タッセル 演:レ・ロマネスクTOBI

異世界≪ワンダーワールド≫のどこかから、物語を紡ぐように飛羽真たちの活躍を語る謎多き存在。

人間なのか、人間ではないのか、はたまた現在に生きているのか過去の存在なのか、それすらも不明。

ソフィア 演:知念里奈

はるか昔から、聖剣に選ばれた剣士たちとともに、世界を作った大いなる本を守り、世界の均衡を保ってきた組織“ソードオブロゴス”に仕える、本の守護者。

北極にある“ソードオブロゴス”の本拠地“ノーザンベース”から、飛羽真たちの戦いを見守っている。

先代の炎の剣士 演:平山浩行

飛羽真が見る夢、15年前におきた異変の最中、同志であり友人であった裏切り者の剣士・カリバーに立ち向かい、異変に巻き込まれた飛羽真を救い、異変を止めるも生死不明となる。

「仮面ライダーセイバー/聖刃」1話のあらすじ・ネタバレ

小説家にしてファンタジック本屋かみやまの店主・飛羽真(内藤秀一郎)は、また同じ夢で目覚めた。

現実の世界を侵食するワンダーワールド。

そこでは仮面ライダーが戦い、幼い飛羽真は助けを求める少女を助けることができず、自らは一人の剣士に助けられ・・・。

そんな飛羽真の手にはワンダーライドブックが残されていた。

なぜ自分がこれを持っているのか?

「何か大切なことを忘れている気がする・・・。やらなきゃいけない大事なことを・・・」

飛羽真は原稿の催促にやってきた担当編集者の芽依(川津明日香)をあしらいつつ、街へ出ると誕生日の亮太(西山蓮都)に本のプレゼントを。

と、その時、空の色が変わり、異変が起きた!

飛羽真の前で世界が変わろうとしていた!

脚本:福田卓郎
監督:柴﨑貴行
アクション監督:渡辺 淳 (ジャパンアクションエンタープライズ)
特撮監督:佛田 洋 (特撮研究所)

「仮面ライダーセイバー/聖刃」の最終回結末は?

仮面ライダーセイバーは最初からたくさんのサブライダーの存在が明らかになっています。

どのような物語になるのか、どのように着地するのか、そしてサブライダーは全員で何人登場するのか・・・分かり次第どんどん共有していきたいと思います!

 
【この記事もおすすめ】

【さんかく窓の外側は夜】5巻ネタバレ!冷川の過去、それを知る半澤

【ワンピース】988話ネタバレと989話考察!ビッグ・マムとの戦いは!?

【すぐ死ぬんだから】ネタバレ!NHKドラマの最終回結末は原作とは違う?

【半沢直樹2】6話ネタバレ・視聴率!フル動画無料見逃し配信は?またも名言炸裂!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。