【探偵・由利麟太郎】1話ネタバレ・視聴率!「花髑髏」の犯人・結末は?

フジテレビ火曜ドラマ「探偵・由利麟太郎」の1話「花髑髏」の原作ネタバレや視聴率などを紹介していきたいと思います。

サスペンスドラマだと、犯人やその動機が気になりますよね。

今回の物語は「花髑髏」。

名探偵由利先生のもとに突然舞い込んだ差し出し人不明の手紙、それは恐ろしい殺人事件の予告だった・・・。

花髑髏とはいったい何のことなのか、どういった事件になるのか、ドラマ「探偵・由利麟太郎」の1話について紹介していきたいと思います。



火曜ドラマ「探偵・由利麟太郎」のネタバレ一覧

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレなどを項目ごとに用意しました!

気になる箇所をクリックしてみてくださいませ!

・キャスト情報はこちらから

・1話のあらすじはこちらから

・1話のネタバレはこちらから

・犯人についてはこちらから

・最終回結末についてはこちらから

火曜ドラマ「探偵・由利麟太郎」1話のあらすじ・ネタバレ

「花髑髏」

由利麟太郎(吉川晃司)は、元捜査一課長の経歴を持つ名探偵。

頭脳明晰で“警視庁にその人あり”と言われるほど優秀な人物だったが、ある事件をきっかけに退職。

現在では、学生時代を過ごした京都に住まいを移し、骨董品屋を営む波田聡美(どんぐり)が家主となる部屋を拠点にしている。

また、由利を“先生”と呼んで慕うミステリー作家志望の三津木俊助(志尊淳)を助手に従え、犯罪心理学者として活躍している一方で、警察からの依頼を受け、事件の捜査を手伝っている。

そんな由利のもとに、ある日“花髑髏”と名乗る人物から殺人予告のメールが届く。

“挑戦状だ!”と息巻く俊助とともに、早速、指定された場所へ向かった由利は、そこで血が滴る冷凍庫を発見。

中には、遺伝子研究者として知られる日下瑛造の養女・日下瑠璃子(新川優愛)が全身を縛られ、血を流した状態で閉じ込められていた。

瑠璃子にまだ息があることを確認した由利は、救急車を呼び、冷凍庫の持ち主である日下の屋敷へと急ぐ。

そして、由利の旧友でもある京都府警の等々力警部(田辺誠一)と合流し、俊助が人影を見たという2階へ駆け上がると、瑛造の息子・瑛一の部屋と思われる一室で、致死量に達するほどの大量の血が付着したダウンコートを発見。

さらに研究室では、日下が胸に短刀を突き立てられ、無残な姿で見つかる。

由利は、遺体の傍らに不気味に置かれた、血で真っ赤に染まった頭蓋骨が気になり・・・。

日下瑠璃子 演:新川優愛

イラストレーター。

瑛造の養女。

日下瑛一 演:長田成哉

呪われた一族、日下家の長男。

新川優愛演じるイラストレーター・日下瑠璃子とは、血のつながらない兄妹。

養女である妹を女性として愛し、結婚を希望するが、父親である遺伝子研究者・日下瑛造に結婚をひどく反対され大げんかに。

その後、日下が何者かに殺害されたため、容疑者となる。

日下瑛造 演:中村育二

遺伝子研究者。

「探偵・由利麟太郎」1話「花髑髏」の原作ネタバレ

【探偵・由利麟太郎】1話ネタバレ・視聴率!「花髑髏」の犯人・結末は?

由利先生のもとに殺人事件予告の手紙が届く。

差出人は「花髑髏」。

手紙の内容は『5月15日、正午ごろ、牛込の二本の榎の下で待っていてほしい。』

というものだった。

由利麟太郎と三津木俊助は待ち合わせ場所へ出向いた。

車夫・勝公は空色の合トンビを着て帽子をかぶり、黒メガネ、マスクをかけたから

「日下の屋敷にいき、玄関にある長持を日下瑛一の家まで届けてほしい」

と依頼される。

日下の屋敷(日下瑛造の家)の住人は、瑛造、瑛一、瑠璃子、宮園魁太、女中2人の6人。

瑛一は瑛造と衝突して1か月前に家を出ていた。

瑠璃子は養女で瑛一とは血のつながりはない。

勝公は長持を屋敷から日下瑛一の家に運ぶ途中、二本榎で由利麟太郎と三津木俊助に道を訊ねる。

その時、長持から真っ赤な血がしたたり落ちていた。

中には、猿ぐつわをかまされた瑠璃子がいた。

肩に一本の短刀が突き立っている。

三津木俊助は瑠璃子を病院に連れて行き、由利麟太郎は勝公と瑛一の家へ・・・。

声を掛けても返事はないが2階から物音がする。

2階へ踏み込むと、瑛一が屋根から飛び降りて逃げていった。

そこに三津木俊助が戻ってくる。

瑠衣子は怪我をしたが命に別状はない。

由利麟太郎は、押し入れからネズミ色のオーバーを見つける。

裾に生乾きの血がついていた・・・。

その血は大量であり

『瑠衣子のものではないだろう』

と推理した由利麟太郎は三津木俊助と勝公とともに日下の屋敷へ向かう。

その途中、足をひきずる男と出会う。

その男は、某大学の医学部講座を持っている精神病科の泰斗・湯浅博士だ。

由利麟太郎とは顔見知り。

湯浅博士も日下の屋敷に向かうといい、4人で屋敷へ。

4人がいなくなると、大木の影から宮園魁太が現れる。

日下の屋敷で声を掛けるが返事はない。

湯浅博士に続いて由利麟太郎らも屋敷にあがる。

どこにも人がいない。

そして、奥の土蔵作りの研究室に。

中に入ると日下瑛造倒れていた。

胸に白鞘の短刀。

一面が血だらけ。

物音がして、そちらを見ると、標本瓶の中に頭蓋骨(髑髏・ドクロ)がある。

そのドクロは、真っ赤な血に染まっている。

瓶の周囲には一面の白い野菊がばらまいてあった。

標本瓶に、黄色いレッテル。

レッテルには「八十川藤松、享年三十五歳」と記されている。

湯浅博士が「あいつがやった」と言ったとき、瑠璃子が入ってきた。

瑠璃子の証言では、朝11時頃、奥の研究室で悲鳴が聞こえた。

この日は、女中は外出。

家にいたのは、映造、瑠璃子、魁太。

瑠璃子が研究室に行くと、瑛造が倒れていた。

立ち尽くす瑠璃子は、何者かに短刀で肩を刺され、気を失った。

以後、病院で意識を取り戻すまではわからない。

犯人の顔はわからない。

身長は瑠璃子と同じくらい。

瑛一の家から押収した血塗れの外套は、瑛一のものと判明。

勝公の証言では、長持の依頼をしてきたのは足を引きずる男=湯浅博士と証言。

湯浅博士の証言では、日下瑛造との関係は友人関係。

瑛造から「すぐ来てくれ」という電話があり、ここに来た。

瑠璃子は5歳の時、養女にきた。

瑛一と瑠璃子は恋愛関係になり、瑛造に結婚の承諾を得ようとするが反対される。

事件を解く鍵となるのは、20年前のこと。

湯浅博士と瑛造は同じ病院に勤めていた。

そこに八十川藤松が入院してきた。

八十川藤松は悪質遺伝をうけついでいて、凶暴な精神病者で殺人を犯していた。

結核も患っていた。

「こんな奴は生きていても仕方ない、と思った湯浅博士は、いっそ医者の手で安らかに殺してやったほうが本人のため」

と口にした。

すると、数日後、八十川藤松は心臓麻痺で亡くなった。

担当医は日下瑛造。

八十川の頭蓋骨は保存した。

日下は手を尽くして八十川の遺族を探していた。

八十川には、妻も子供もいたが、5年後に妻は亡くなった。

その子(名前はアサオ)は転々とされ、行方しれず。

日下を殺したのは行方知れずの八十川の子供ではないか、と湯浅博士は考えていた。

そして5日後。

八十川の情報を集めるため、群馬へ行っていた由利麟太郎が戻ってきた。

群馬で八十川の遺族を探している人物がいた。

それは瑛一らしい。

由利麟太郎は、三行広告で魁太を探していた。

その広告を見た人物が由利麟太郎を訪ねてくるが、由利麟太郎は留守で帰ってしまう。

由利麟太郎と三津木俊助が日下の屋敷へ向かう時、マスクをして足をひきずる男を見つけるが、見失ってしまった。

日下の屋敷に着いた二人が呼鈴に手をかけたとき、瑠璃子の声がする。

「だれか、来てっ、おまえは宮園さんだね」

声の方へ行くと、瑠璃子は浴槽のなかに・・・。

瑠璃子の証言では、魁太がメガネをかけたまま、のぞいてきた。

そのまま魁太は、逃げた・・・。

宮園魁太は、鈴木良雄と名前をかえてある部屋を借りていた。

家主(三行広告の件で由利麟太郎を尋ねた男)が宮園魁太に手紙を届ける。

家主は再び由利麟太郎をたずね、今度は由利麟太郎とともに帰宅する。

由利麟太郎が魁太の部屋に行くと、魁太は死んでいた。

灰皿に灰が盛り上がっている。

魁太の胸もとには手紙があった。

手紙には、野菊の菊で取り囲まれた1個のドクロ。

ドクロには赤いインキがなすりつけてあった。

魁太の死因は流行薬によるものだった。

薬は日下の屋敷にたくさんあったことから、服毒自殺か?

2、3日後。

由利麟太郎に「花髑髏」から再び手紙が届く。

手紙の内容は

『八十川の子供、アサオは宮園魁太ではない。』

『日下瑛造を殺した犯人はほかにいる。』

手紙の差出人は花髑髏ではあるが、前回の差出人とは違う。

日下の屋敷に電話をすると、瑠衣子と湯浅博士は鎌倉に行ったという。

犯人のネタバレ

鎌倉にて、瑠璃子は小型のピストルを持っている。

湯浅博士に向かい、血に染まったドクロを見せる。

瑠璃子は八十川の子供・アサオだった。

犯人は瑠璃子だったのだ!

犯人の動機ネタバレ

瑛一に瑠璃子の素性を打ち明けた瑛造。

その話を盗み聞きした瑠璃子は自分の本当の父親が瑛造によって殺されたことを知る。

この時、復讐を誓った瑠璃子は、殺人鬼と化したのだった。

具体的な犯行についてのネタバレ

湯浅博士から由利麟太郎のことを聞いていた瑠璃子は、由利麟太郎を証人にすべく、匿名の手紙を出した。

日下を殺した瑠璃子は、湯浅博士に変装し、勝公に依頼した。

大急ぎで着替え、自分に疑いがかからないために、自ら短刀で肩をつき、縛られたふうをして長持の中に入った。

しかし、瑠璃子にとって想定外の出来事もあった。

日下を殺したあと、瑛一が訪ねてきて、瑛一は死体につまづき、飛び出していった。

外出していた魁太が帰ってきてしまったこと。

そこで、魁太に

「事件が無事に終わったら夫婦になる」

と約束して、身を隠させた。

魁太に送る手紙をポストに入れた帰り、由利麟太郎につかまりそうになり、慌てて家にかえると、着替える時間もなく、雨に濡れていたため裸になり浴槽に入った。

魁太宛の手紙には

「この手紙を読んだらすぐに焼いて捨てなさい。そして、灰を少しとり、手紙の中にある薬を飲んで。白い封筒を胸の上に置いて目をつぶれば私に会える」

と書いて騙した。

アサオの名は、もとは阿佐緒だったのだが、漢字が書けずカタカナにすると、役場の人間が間違えて男にしてしまった。

結末のネタバレ

瑛一が登場し、瑠璃子のピストルを奪う。

そして瑠璃子を殺し、自らも死を選んだ。

二度目の花髑髏の手紙は、瑛一が出したものだったのだ・・・。

火曜ドラマ「探偵・由利麟太郎」1話の視聴率

1話の視聴率は9.6%でした!

火曜21時のフジテレビ枠ならまずまずの視聴率・・・な感じですね!

「探偵・由利麟太郎」は第5話まで放送されます。

お次の第2話は「憑かれた女」です。

「探偵・由利麟太郎」を楽しみましょう!

 
【この記事もおすすめ】

【ワンピース】982話ネタバレ!ルフィとうるティの遭遇

【ねぇ先生、知らないの?】ドラマ原作ネタバレ!最終回結末、華と理一の過去は?

【アンサングシンデレラ】原作ネタバレ!1巻~5巻25話まで全話網羅

【スイッチ】あらすじネタバレ!阿部サダヲ主演ドラマスペシャルの結末は?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。