【夜がどれほど暗くても】ネタバレ!原作とWOWOWドラマ最終回結末で真犯人は違う?

WOWOWの連続ドラマW「夜がどれほど暗くても」の1話から最終回、最終話・結末のあらすじやネタバレ、キャスト情報や視聴率、動画配信や感想について紹介していきたいと思います。

この物語の原作は中山七里さんの作品で、これまで中山七里さんの作品は多く実写ドラマ化されてきましたが、今回再び実写ドラマ化されることとなりました。

主演は上川隆也さんで、WOWOWらしい骨太な作品になってくれると思います。

それではWOWOWが放送するドラマ「夜がどれほど暗くても」について紹介していきたいと思います。



連続ドラマW「夜がどれほど暗くても」のネタバレ一覧

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレなどを項目ごとに用意しました!

気になる箇所をクリックしてみてくださいませ!

・キャスト情報はこちらから

・全話のあらすじネタバレはこちらから

・原作のネタバレについてはこちらから

連続ドラマW「夜がどれほど暗くても」の基本情報

今年デビュー10周年を迎えた作家・中山七里。

“どんでん返しの帝王”の異名を持ち、これまでに数々の作品が映像化されてきた中山の報道サスペンス小説「夜がどれほど暗くても」が、上川隆也を主演に迎えてドラマ化することが決定した。

WOWOWプライムにて2020年11月放送予定。全4話、第1話無料放送。

原作は、中山七里の同名小説。

デビュー作『さよならドビュッシー』で「このミステリーがすごい!」大賞を受賞して以来、良質なヒューマンミステリーを世に送り出してきた中山は、今年1月にデビュー10周年を迎えた。

それを記念し、2020年は前代未聞の新刊単行本12か月連続刊行を実施しており、出版社横断の一大キャンペーンを展開中。

また、映画『ドクター・デスの遺産 -BLACK FILE-』(2020年11月公開予定)、映画『護られなかった者たちへ』(2020年公開予定)、そして先日、新木優子主演でドラマ化が発表された「連続ドラマW セイレーンの懺悔」(WOWOWプライムにて10月18日放送スタート予定)など、次々に映像化が決定しており、まさに今もっとも旬な小説家の一人に違いない。

主人公・志賀は、スクープを追う有名週刊誌の副編集長。

仕事ぶりを評価され、順風満帆なジャーナリスト人生を歩んでいたが、ある日、事態は一変する。

一人息子がストーカー殺人事件を起こし、被害者とともに自ら命を絶ったのだ。

スクープを追う側だった志賀は、一転、追われる立場となる。

凶悪事件の容疑者家族として、世間からバッシングを受ける日々。

まさに絶望の淵に立たされる中、ある出来事をきっかけに事件の真相に迫っていくことになる。

少しずつ浮かび上がっていく新しい真実。

そして、深い闇の中で志賀が見つけた、一条の光とは。

この物語は、単なる転落劇ではない。男の慟哭と執念が引き起こす、奇跡の物語だ。

【原作】
中山七里「夜がどれほど暗くても」(角川春樹事務所 刊)

【脚本】
大石哲也(『デスノート/デスノート the Last name』『無限の住人』『スマホを落としただけなのに』)

【監督】
橋本一(「相棒」シリーズ 『探偵はBARにいる』シリーズ)
谷口正晃(「ドラマWスペシャル 人質の朗読会」「愛を乞うひと」)

【音楽】
池田善哉(「黄色い煉瓦」「猪又進と8人の喪女」)

【チーフプロデューサー】
青木泰憲

【プロデューサー】
徳田雄久 黒沢淳 野田健太

連続ドラマW「夜がどれほど暗くても」のキャスト

志賀倫成 演:上川隆也

スクープを追う有名週刊誌の副編集長。

仕事ぶりを評価され、順風満帆なジャーナリスト人生を歩んでいたが、ある日、事態は一変する。

一人息子がストーカー殺人事件を起こし、被害者とともに自ら命を絶ったのだ。

※コメントはこちらから

井波渉 演:加藤シゲアキ

※コメントはこちらから

志賀奈々美 演:

志賀の娘。

志賀健輔 演:

志賀の息子。

ストーカー殺人を侵して自殺したという疑いがかかっている。

連続ドラマW「夜がどれほど暗くても」のあらすじ・ネタバレ

巷に溢れる数々のスキャンダルを暴いて売上を伸ばしてきた、大手出版社の雑誌「週刊時流」。

副編集長の志賀倫成(上川隆也)は、ジャーナリストとしての自負を持ち、充実した生活を送っていた。

しかしある日、大学生の息子がストーカー殺人を起こし、その場で命を絶つという事件が起こる。

キャンダルを追う立場から一転、容疑者の家族として追われる立場になった志賀。

別の雑誌へと左遷され、やがて、妻とも上手くいかなくなる。

そんな絶望的な状況の中、ある少女との出会いが再び志賀を突き動かす。

果たして事件の真相とは何だったのか?

そして深い闇の中で見つけた、一条の光とは?

原作「夜がどれほど暗くても」のあらすじ

【夜がどれほど暗くても】ネタバレ!原作とWOWOWドラマ最終回結末で真犯人は違う?

志賀倫成(しがみちなり)は、大手出版社の雑誌『週刊春潮』の副編集長で、その売上は会社の大黒柱だった。

志賀は、スキャンダル記事こそが他の部門も支えているという自負を持ち、充実した編集者生活を送っていた。

だが大学生の息子・健輔(けんすけ)が、ストーカー殺人を犯した上で自殺したという疑いがかかったことで、幸福だった生活は崩れ去る。

スキャンダルを追う立場から追われる立場に転落、社の問題雑誌である『春潮48』へと左遷。

取材対象のみならず同僚からも罵倒される日々に精神をすりつぶしていく。

一人生き残った被害者の娘・奈々美から襲われ、妻も家出してしまった。

奈々美と触れ合ううちに、新たな光が見え始めるのだが・・・。

原作「夜がどれほど暗くても」のネタバレ

主人公は二十時間寝て五十時間起きるという特異体質の青年。

なかなか重い過去を抱えながらも強くしなやかに生きている印象です。

そんな彼が突然事件に巻き込まれて、日常が奪われてしまう・・・そんな話。

主人公の話し方がくどくてあんまり好きではなかったけれど、情報系の人間という背景を考えると納得。

お助けキャラとして登場するナタネさんは格好良くて好きでした。

単にかっこいいだけでは済まないところがよかった。

ただ、ヒロインとの関係には??って感じでした。

ヒロイン惚れっぽすぎだし、主人公もそれをスッと受け入れ過ぎだし。

しかもいつの間にかいい感じになっちゃってるし。

なんか…主人公相当イケメンなんだな、と思います。

内容はわりかし重めですが、軽めに書いてあるし、主人公自信がそんなに重く受け止めてないので読んでて暗くならずに済んでいいです。

途中でダレちゃっても最後まで読んだほうがいいです。

ちょっと驚く展開なので。

事件のたたみ方も派手じゃないところが逆によかったかもしれませんね。

盛り上がりに欠けると感じる人もいるかもしれませんが、僕はそんなに嫌いじゃなかったかな。

まあ、どうしてそんな展開になったか納得いくかと訊かれればそうでもないんですが。

珠玉の一冊!!ってほどではありませんが、軽めに読書を楽しみたい人には向いてるんじゃないかなと思います。

深く考えなくても流れで読んでいけるし、キャラクターもわかりやすいのでノベルゲームをやってる感覚で読めます。

それこそ、「逆転裁判」のテイストですね。

ドラマ「夜がどれほど暗くても」キャスト・スタッフのコメント一覧

【夜がどれほど暗くても】ネタバレ!原作とWOWOWドラマ最終回結末で真犯人は違う?

上川隆也のコメント

WOWOWさんとは、これまで長く御一緒させて頂いた事もあって、その間にある信頼感には確たるものを感じています。

今回も、勿論作品の内容は伺った上ではありますが、お声掛けを頂いた時点でその信頼に応えたいという気持ちの方が強くありましたし、悩むことなくお受け致しました。

今回の役は、これまでのWOWOW出演作品の中でも、もっと云ってしまえば、これまでのキャリアを見渡しても、演じてきたことのなかった様な人物です。

今はこの『志賀倫成』という男と、どの様に相対することになるのかが楽しみです。

中山七里先生の『テミスの剣』に出演した時、日々味わっていた役者としてのスリリングな感覚は、今でも忘れられません。

今回も先生の世界の中に浸れることを思い、今から期待に胸を躍らせています。

この感覚をそのまま作品の中に封じ込めてお届け出来る様、スタッフ・キャストの皆様と足並みを揃えて臨みたいと思っています。どうぞ御期待下さい。

加藤シゲアキのコメント

今作のオファーを受けた際のお気持ちについて

WOWOWのドラマに出演させて頂くのはこれが初めてですが、社会派でウェルメイドな作品が多い印象があり、機会があればぜひ出演してみたいと思っていました。

その願いがこれほど早く叶ったことに、とても驚いています。

また、その原作が中山七里さんだというのも二重の驚きです。

そしてスタッフの方とも直接お会いし、このドラマにかける思いを聞いて、今こそ届けられるべき有意義な作品だと実感しました。

なにより複雑な心情を抱く主人公の志賀を上川隆也さんがどのように演じられるのかも楽しみで、撮影が始まる日が待ち遠しいです。

脚本を読んでの印象や、今回演じられる役・井波渉についての印象について

実際の事件などがモチーフとなっていることもあって、リアリティを感じました。

情報に左右されがちな昨今において、真実を追い求める難しさ。

つい見失ってしまう、人としてのあり方。

他者との関わりとはなんなのか。

この物語に込められた痛烈なメッセージに、強く胸を打たれました。

演じさせていただく井波渉は志賀とは上司と部下ですが、話が進むにつれて一般的な関係とは異なり、いびつなものになっていきます。

スキャンダルを扱う編集者は、一体どうあるべきか。

なにが正しいのかわからなくなる世界で葛藤する井波には、誰もが共感できるのではないかと思います。

視聴者の皆様へのメッセージ

いつでもどこでも情報を手に入れられる現代で、自分で考える力を諭してくれる温かくも力強いドラマです。

苦しい現実に立ち向かう登場人物たちの姿に、きっと勇気づけられるはずです。

夜がどれほど暗くても・・・。

そののちに続く言葉はなんなのか。

ぜひ最後まで観て、答えを出していただけたらと思います。

原作・中山七里のコメント

今年の3月に親本が刊行されたばかりだったので、ドラマ化の話をいただいた時には早いなあという驚きがありました。

わたしの原作の映像化では最短記録です。

意図的にタブーとされるテーマを選び映像化はされにくいと思っていたので尚更でした。

あまりに突然だったので当初は少し不安でもあったのですが、主演が上川隆也さんと聞いた瞬間、「ああ、もう原作者が口を差し挟む余地は何もないな」と安心しました。

上川さんは以前、他局制作のドラマ『テミスの剣』でも主演を務めていただき、全幅の信頼を置いていましたから。

本作のテーマの一つは「全てを失くした者の再生」なのですが、上川さんなら見事に表現していただけるものと信じています。

ドラマ「夜がどれほど暗くても」原作者情報

【夜がどれほど暗くても】ネタバレ!原作とWOWOWドラマ最終回結末で真犯人は違う?

1961年生まれ。作家。

会社員生活のかたわら、2009『さよならドビュッシー』で第8回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、翌年デビュー。

この受賞時、史上初めて二作同時に最終選考に残った「災厄の季節」も『連続殺人鬼カエル男』と改題し、のちに刊行され話題を集める。

著書に『贖罪の奏鳴曲(るび;ソナタ)』『切り裂きジャックの告白』『七色の毒』『アポロンの嘲笑』『テミスの剣』『月光のスティグマ』『嗤う淑女』『ヒポクラテスの誓い』『総理にされた男』『闘う君の唄を』など多数。

個人的に中山七里さんの作品は大好きで、どのドラマ化作品も大好きです!

今回の「夜がどれほど暗くても」もどのように映像化されるのが楽しみです!

ドラマ「夜がどれほど暗くても」を楽しみましょう!

 
【この記事もおすすめ】

【すぐ死ぬんだから】ネタバレ!NHKドラマの最終回結末は原作とは違う?

【半沢直樹2】6話ネタバレ・視聴率!フル動画無料見逃し配信は?またも名言炸裂!

【半沢直樹2】フル動画視聴方法は?無料動画見逃し配信を簡単に見る方法

【さんかく窓の外側は夜】2巻ネタバレ!非浦英莉可とは何者なのか?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。