【開運!なんでも鑑定団】見逃し配信・動画無料視聴方法!神秘宝石に超絶値

テレビ東京で放送されているのバラエティ番組「開運!なんでも鑑定団」神秘宝石に超絶値の無料動画や見逃し配信の無料視聴方法、再放送などについて紹介したいと思います。

気になる番組は何回も見たいし、TVer(ティーバー)やGYAO!(ギャオ)、加入者の多いHulu(フールー)やNetflix(ネットフリックス)など、どういったサービスで観れるんだろう?って気になりますよね?

「開運!なんでも鑑定団」は実にテレビ東京らしい企画で、他に類似コンテンツがあまりない人気のバラエティ番組です!

この「開運!なんでも鑑定団」の動画配信なは動画配信サービスParaviパラビで行われています。

Paravi公式ページへ

 

check

「開運!なんでも鑑定団」以外にParaviで見れる動画

それではここからは、Paraviで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

Paraviで見れるドラマは下記になります。

・半沢直樹
・半沢直樹2
・MIU404
・この恋あたためますか※スピンオフドラマあり
・危険なビーナス※スピンオフドラマあり
・僕はどこから
・アンナチュラル
・あのコの夢を見たんです
・共演NG
・だから私はメイクする
・中学聖日記
・白夜行
・夜行観覧車
・リバース
・キワドい2人-K2-※スピンオフドラマあり
・カルテット
・家政婦のミタ
・Nのために
・逃げるは恥だが役に立つ
・きのう何食べた?
・初めて恋をした日に読む話
・レンタルなんもしない人
・凪のお暇
・陸王
・カンナさーん!
・下町ロケット
・ノーサイドゲーム
・おカネの切れ目が恋の始まり※スピンオフドラマあり
・ブラッディ・マンデイ
・ごくせん
・小さな巨人
・私の家政夫ナギサさん
・恋はつづくよどこまでも※スピンオフドラマあり
・義母と娘のブルース※スピンオフドラマあり
・テセウスの船
・大恋愛

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・夏目友人帳
・浦安鉄筋家族
・おそ松さん
・NARUTO
・BORUTO
・フルーツバスケット
・銀魂
・ダイの大冒険

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・Paraviなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画などを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはParaviならではです!

Paravi公式ページへ

 

「開運なんでも鑑定団」神秘宝石に超絶値

【全国人気温泉宿!美人女将秘宝&神秘宝石に超絶値】
■ピンク色に輝く…<神秘の宝石>に超ド級鑑定額!■全国<人気温泉宿>集結…美人女将秘宝を一挙鑑定!驚き値■<プロレス>宝&<北の大地>描いた画家作に仰天■

5年前、高校時代からの友人が訪ねてきて、「飲食店をしたいのでお金を貸して欲しい」と頼まれた。その額なんと1000万円!当初は断ったが、何度も頼まれたため仕方なく貸してあげることに。その際、カタとして受け取ったのが今回のお宝。それはダイヤモンドの中でも特に珍しいとされる宝石。一見そこまでの価値はなさそうにも見えるが、とんでもない結果が待ち受けていた!

さらには日本屈指の名湯が続々登場。「全国!温泉女将のお宝鑑定大会」。「ランプの宿」に伝わる秘宝に驚きの鑑定結果が!

「開運なんでも鑑定団」の出演者

【MC】今田耕司、福澤朗
【ゲスト】グレート小鹿
【アシスタント】片渕茜(テレビ東京アナウンサー)
【出張鑑定】全国!温泉女将のお宝鑑定大会
【出張リポーター】石田靖
【出張コメンテーター】原田龍二
【ナレーター】銀河万丈、冨永みーな

「開運なんでも鑑定団」の鑑定士軍団

中島誠之助(古美術鑑定家)
北原照久(「ブリキのおもちゃ博物館」館長)
安河内眞美(「ギャラリーやすこうち」店主)
山村浩一(「永善堂画廊」代表取締役)
泉高志(「闘道館」館長)
飯田孝一(「(有)日本彩珠宝石研究所」代表取締役所長)
阿藤芳樹(「阿藤ギャラリー」代表取締役)
田中大(「思文閣」代表取締役)

Paravi公式ページへ

 

「開運なんでも鑑定団」江戸医術に革命…超貴重<解体新書>に衝撃鑑定額

■お詫びにもらった<素朴な茶わん>…実は人間国宝作?驚き値■教科書にも登場…超貴重本<解体新書>まさかの衝撃鑑定額■人気沸騰画家作も…<名画>ズラリ一挙鑑定■

5年前、知人の仲介で購入した「徳川家康の書」で番組に出演した依頼人。家族に内緒で山を売り資金調達したものだったが、結果はまさかの500円だった。
すると放送後のある日、突然自宅にお宝を仲介してくれた知人が来訪。会うのは実に30年ぶりで「番組を見た、申し訳ない」と今回のお宝を差し出した。

「家康の書」は自分が欲しくて買ったのだからもういいと言ったが「このままでは死ねない」と置いていった。果して今回は本物か?

「開運なんでも鑑定団」の出演者

【MC】今田耕司、福澤朗
【ゲスト】夏川りみ
【アシスタント】片渕茜(テレビ東京アナウンサー)
【出張鑑定】第18回名画鑑定大会
【出張リポーター】岡田圭右
【出張コメンテーター】はるな愛
【ナレーター】銀河万丈、冨永みーな

「開運なんでも鑑定団」の鑑定士軍団

中島誠之助(古美術鑑定家)
北原照久(「ブリキのおもちゃ博物館」館長)
安河内眞美(「ギャラリーやすこうち」店主)、
勝見充男(古美術「自在屋」店主)
八木正自(「安土堂書店」代表取締役)
山村浩一(「永善堂画廊」代表取締役社長)
田中大(「思文閣」代表取締役社長)

Paravi公式ページへ

 

「開運なんでも鑑定団」幕末悲恋!徳川家茂の妻<和宮>秘宝&野球偉人宝

■日本人初のメジャーリーグ選手が秘蔵…世界を変えた<野球偉人>宝に驚き値■黒船来航!歴史に裂かれた恋…<家茂の妻・和宮>秘宝に衝撃鑑定額■アノ高額お宝は今■

去年の秋、家を片付けていた際に発見した謎の手紙。詳しく見てみると、それは皇女和宮に捧げられた恋文だった!96歳になる祖母に尋ねたところ、曽祖父が戦前、さる宮家に仕えていた人物から貰った物だという。激動の幕末に翻弄された恋を物語る情熱的な内容に今田も大興奮!

「開運なんでも鑑定団」の鑑定士軍団

【MC】今田耕司、福澤朗
【ゲスト】村上雅則(元プロ野球選手)
【アシスタント】片渕茜(テレビ東京アナウンサー)
【出張鑑定】あのお宝は今!
【ナレーター】銀河万丈、冨永みーな

「開運なんでも鑑定団」の鑑定士軍団

中島誠之助(古美術鑑定家)
北原照久(「ブリキのおもちゃ博物館」館長)
安河内眞美(「ギャラリーやすこうち」店主)
山本清司(「COLLECTIBLES FIELD」代表)
山村浩一(「永善堂画廊」代表取締役社長)
増田孝(愛知東邦大学客員教授)

Paravi公式ページへ

 

「開運なんでも鑑定団」千利休切腹に至る衝撃秘宝

■豊臣秀吉が<千利休>に切腹を命じた理由がお宝に!?…超ド級鑑定額■歴史偉人の手を転々…<徳川慶喜>が贈った名刀に衝撃値■超貴重…2300年前<神秘お宝>に仰天■

5年前、骨董好きの父が遺し、7万円かけて表装し直した「松尾芭蕉直筆の句」で出張鑑定に出演したが、結果は真っ赤な偽物。放送後、周りからずいぶん冷やかされた。そこで今回は、父と自分の名誉挽回のため、安土桃山時代の大茶人・千利休のお宝でリベンジしたい!果たして本物か!?

「開運なんでも鑑定団」の鑑定士軍団

【MC】今田耕司、福澤朗
【ゲスト】犬童一心
【アシスタント】片渕茜(テレビ東京アナウンサー)
【出張鑑定】第3回武器武具鑑定大会
【出張リポーター】松尾伴内
【出張コメンテーター】高橋英樹
【ナレーター】銀河万丈、冨永みーな

「開運なんでも鑑定団」の鑑定士軍団

中島誠之助(古美術鑑定家)
北原照久(「ブリキのおもちゃ博物館」館長)
安河内眞美(「ギャラリーやすこうち」店主)
奥野保則(「観覧舎」店主)
谷一尚(「林原美術館」館長)
増田孝(愛知東邦大学客員教授)
澤田平(「堺鉄砲研究会」主宰)
柴田光隆(「刀剣柴田」代表取締役)

Paravi公式ページへ

 

「開運なんでも鑑定団」について

「開運なんでも鑑定団」は、1994年(平成6年)4月19日から日本のテレビ東京をはじめTXN系列各局で毎週火曜日に放送されている鑑定バラエティ番組。

通称は「鑑定団」「なんでも鑑定団」。民放連賞優秀賞を受賞。

様々な人が持っている「お宝」を、専門家(主に古美術品やアンティークショップの経営者が中心)が鑑定し、番組独自の見解に基づいて値段付けを行う。

意外なものが高価な鑑定結果を得たり、高価だと思われていたものが偽物などで安価になってしまうという意外性や、鑑定物に対する蘊蓄が堪能できるのが特徴。

鑑定の結果、埋もれていた芸術家や芸術作品が発見されたこともあった。

本番組から鑑定・骨董品ブームが起きたが、何でも金銭で換算してしまう点や、美術品をパフォーマンスで見せる点などを苦々しく感じている美術関係者もいる。

しかし、依頼品にまつわる人々の熱かったり切なかったりする思い入れや、鑑定結果に一喜一憂する依頼人の表情などは人間味にあふれ、鑑定を単なる金銭的評価に終わらせていない。

また、鑑定結果が出る前には、これから鑑定する依頼品に対する予備知識の解説が入る。

そこでは、製作者の生い立ち、歴史的背景などのほか、作風、作品の見方、味わい方などが紹介される。

牧野義雄のようにこの番組によって、一般に広く知れ渡るようになった芸術家も数多く存在する。

放送開始から20年を突破し、テレビ東京で最も長く続いているバラエティ番組であり、1995年4月から現在も放送継続中の『出没!アド街ック天国』とともに長寿番組の地位を確立している。

番組改編期や年末年始の特番シーズンでも、番組はほぼ休止せずに放送される。

世界卓球など大型のスポーツイベントの際も、原則として火曜日は20時台で中継を終了し本番組が放送される。

期首特番では、テレビ東京系列の人気番組を総登場させることもあり、そのような回でも(いわゆる「人気番組大集合」ものとしては異例ではあるが)系列外ネット局で放送されることもある。

もちろん系列外ネット局では番組宣伝としての要素は意味を成さず、ときには異なる局で放送される番組が登場するケースになることもある。

収録スタジオが東京タワースタジオからテレビ東京天王洲スタジオに変更された2000年10月放送分以降にはハイビジョンに化された。

当初はスタジオ収録のみハイビジョン映像だったが、2010年7月6日放送分より出張鑑定などロケーション収録・取材映像などもハイビジョン収録となった(それと同時にアナログ放送ではレターボックス化された)。

それまではスタジオ収録以外は4:3SDアップコンバート映像で2003年3月放送分までレンガのデザインをかたどったサイドパネル、2003年4月放送分から2010年6月29日放送分までは唐草模様のサイドパネルを付けていた。

1990年代後半頃からのバラエティ番組に見られるなぞりテロップはスタジオパートでは使われず、ロケ収録や取材映像でもごく一部にとどめられている。

ただしサイドテロップなどの装飾は年々増えており、番組ロゴの常時表示や依頼人紹介VTRの時のみワイプで今田らの表情が挿入されるなど、昨今のバラエティ番組の演出も少しずつ取り入れている。

番組誕生の由来

番組誕生の由来は、1993年3月『EXテレビ』の火曜日(読売テレビ制作)・最終回放送の中で過去に番組内で放送された「実験的なテレビ番組企画」を一堂に会し、業界向けにプレゼンテーションし、上岡龍太郎および島田紳助のいずれかを司会者に起用することを条件にオークション形式で企画自体を買い取ってもらうというものであった。

その中には不定期で放送されていた「家宝鑑定ショー」という企画も出品されていた。

これは「偽のお宝を自信満々に持ち込むような学のない金持ちを集め、その鼻を折る」というネガティブコンセプトと「他人の不幸は蜜の味」の気質に根付いた感覚を元に生まれた企画であった。

それがテレビ東京の制作陣の目に留まり、紳助をメインMCとした番組として開始された。

なお、放送作家の高橋秀樹は、「家宝鑑定ショー」がルーツであるとしつつも、原型はイギリスで1979年から放送されているBBCのTV番組Antiques Roadshowであると述べている。

本番組が超人気番組として高視聴率を叩き出していた1995年には、TBSが模倣番組と思われる『世界お宝ハンティング 勝負は目利き』を放送したが、同番組は低視聴率により1年弱で打ち切りになっている。

番組の流れ

流れとして基本は著名人・一般視聴者・出張なんでも鑑定団・一般視聴者の順で、不定期で「幻の逸品買います・私のお宝売ります」が挟み込まれることがある。

2017年9月まではOP→提供前クレ→出演者3人による挨拶・短いフリートーク後に1人目の依頼人紹介VTRに移っていたが、2017年10月からはOP→出演者3人による挨拶・短いフリートークに移っていた。

2018年10月以降は、回によっては司会者挨拶とフリートークをカットし、OP後いきなり1人目の依頼人紹介VTRに移る。

この場合は名前テロップを1人目の依頼者登場後に表示し、提供前クレも1回目のCM前に移動する。

・依頼人紹介VTR

その日のゲスト及び依頼人の人となりを紹介するVTRが流される。

一般視聴者の場合は仕事や趣味などの私生活の紹介後、依頼品の入手経緯や依頼の経緯、お宝にまつわるエピソードが紹介される。

ゲストの場合はそれまでの経歴が紹介される。

2回目以降の登場ゲストは経歴紹介がカットされ、OPから依頼人登場へ直接つなぐ形式となる。

歴代最多出場ゲストは大橋巨泉で、最後の出演となった2015年5月放送分まで32回も出演を果たした。

・依頼人・依頼品登場

メイン司会者(紳助→今田)の「依頼人の登場です」のコールでゲスト・依頼人と依頼品が登場。

また、『○○県からお越しの××△△さんです』とアシスタント(吉田真由子→片渕茜アナ)が紹介する。

その後、今田の「お宝オープン!」の合図でコンパニオン2人が布をめくり依頼品を発表。

依頼者から依頼品に関する大まかな説明が行われる。

・依頼品紹介VTR

依頼品に関する紹介VTRが流される。

主に、依頼品の作者の生涯や、依頼品と同じ作風・同時代の品物などが説明され、最後に依頼品の確認を行う。

なお、著名人の場合はない場合がある。

・鑑定

番組の鑑定士によって依頼品を鑑定する。

鑑定の様子を流す時間はその時々で長さが変化するが、その回最後の鑑定のときはスタッフロールを流す関係上多少長めに時間をとるようになっている。

2020年9月現在はスタッフロールを鑑定結果後に流すため、鑑定の様子を流す時間は最後でも短くなった。

・鑑定額発表

最初に依頼人による本人予想額を発表後、鑑定士が出した鑑定額をサブ司会者(石坂→福澤)が鑑定額表示板の横にあるテンキーで入力し、今田の「オープン・ザ・プライス!」の合図で、福澤が鑑定額表示板を操作して鑑定額を表示させる。

鑑定額は一の位から1個ずつ順番に表示され、その際「一・十・百・千・万・十万・百万・千万・億」と、桁がアナウンスされる。

鑑定額表示板は、初期は7セグ表示で桁のアナウンスはなく、次の位の桁の表示の間隔が短かったが、後に赤と緑のLED表示になり、通常は番組タイトルが表示され、次の位の桁の表示の間が長くなる。

現在はフルカラーLEDで表示される。

また、依頼人の予想鑑定額と鑑定士の実際の鑑定額が一致すると、番組から鑑定額が一致したことを認める「目利き認定証」が贈られる(今田・福澤・片渕時代から。それ以前は不明)。

発表後は鑑定士から依頼品の真贋や鑑定のポイント、複数品を鑑定した場合は個々の鑑定額を解説する。

また、ゲストは画面向かって右に設けられたゲスト席に座って番組に残り、エンディングまで出演、一般視聴者の鑑定にも立ち会う。

「開運なんでも鑑定団」の過去の出演者

島田紳助(番組開始 – 2011年8月23日、初代メイン司会)

紳助と石坂はバランスでキャスティングされていた側面がある。

紳助は井上公造の取材に対し、博識で知られる石坂にどうしても出演してほしかったと語っており、石坂なしでは番組が成功しなかったのは、絶対的な事実と述べている。

紳助が資産管理などに詳しいなどあって購入金額の現在価値への換算や評価額・鑑定額について依頼人を煽る役割を担い、依頼人の表情を際立たせる。

石坂は自身がコレクターで絵画を描く趣味を持ち、知識と教養からコメントをすることで紳助とバランスを取っている。

衣装も同じく、紳助は番組開始以来スーツを着ずにラフな衣装で出演し(ただしスペシャルなど期首特番では他の番組と同様にスーツ衣装で出演する場合もある)、石坂はスーツ衣装、たまに和装姿を見せる。

2011年8月23日放送分終了直後、紳助が芸能界引退を発表したため、紳助が最後に出演した番組となった。

石坂浩二(番組開始 – 2016年3月29日まで)

2016年4月7日から2017年9月24日まで派生番組『開運!なんでも鑑定団 極上!お宝サロン』(BSジャパン(当時))のメイン司会を務めた。

第2回の放送(1994年4月26日)では本名の武藤兵吉として依頼人としても登場。

19世紀のドイツ製大型オルゴールを出品し、1550万円で鑑定された。

また、2019年4月30日放送分「開運!なんでも鑑定団 平成最後のお宝鑑定 スペシャル」にもゲスト出演している。

2014年頃から、発言シーンがカットされるなど、不自然な放送が指摘されていた。

「今田耕司」について

「今田耕司」は、日本のお笑いタレント、司会者、Youtuber。愛称は今ちゃん。大阪府大阪市出身。吉本興業所属。

家系
NHKで2013年10月4日に放送された『ファミリーヒストリー』により、両親の知られざるルーツが明らかにされた。

実家は大阪市天王寺区生玉の道善寺という本門法華宗の寺で、父は会社員と住職を兼業していた。住職である父親は誕生日がクリスマスであり、今田はこのネタをすべり知らずであると語っている。

父方の曽祖父は大阪で炭屋を営んでいたが、大口の顧客が倒産して代金を回収できずに倒産したため、家族を残し一人上京、当時有数の繁華街だった浅草で、朝は納豆売り、夜はおでん屋をしながら再起を図った。3年後に家族を呼び寄せた直後に富くじで大金を当て、それを元手に現在の元浅草でアパート経営を行っていた。曽祖父は計10人の子供をもうけたが、大阪で尼僧をしていた曽祖父の実姉が、寺を継ぐ養子が欲しいと曽祖父に願い出る。当初は女の子を寄越すつもりだったが、姉の方から「尼僧は結婚できないから、そんなかわいそうな目に遭わせたくない」とのことで寄越した男子が耕司の祖父だった。養子縁組により、祖父は元の藤田姓から今田姓に変わることとなる。その後、耕司の祖父を養子に出した後にこの家族は東京大空襲で全財産を失い、大阪にいる耕司の祖父とは疎遠になる。藤田家の子孫は、2012年9月まで今田耕司が自分の親戚だと知らなかったと語る。

母は鹿児島県で双子として生まれたが、まだ赤ん坊の時に子供に恵まれなかったパラオに住む彼女の叔母夫婦に、養女として引き取られた。それを母が初めて知ったのは結婚した後、従兄弟に「自分の実の妹だ」と告げられた時のことだった。母方の祖父(実際は母の養父)は宮崎県児湯郡高鍋町出身で、パラオで一般採用からたたき上げで郵便局長になった、当時としてはかなり珍しい経歴の人物だった。母方の祖母(実際は母の叔母で養母)は鹿児島県川辺郡笠沙町(現・南さつま市)出身。母が8歳の時に戦況悪化でパラオから内地へ引き揚げる際、手違いで乗船するはずだった三池丸に乗れず、貨物船東山丸に乗せられた。これにより、引き揚げの船団が米海軍の潜水艦「トリガー」により攻撃され、最終的に三池丸が沈没したが、運良く難を逃れている。終戦後は家族で鹿児島県に暮らした。

NSC入学まで
3人兄弟の末っ子で、兄と姉がいる。血液型に関しては、プロフィールには長年O型と表記されており、後にA型だったことがカミングアウトされてからも当面はO型で通していた。

子供の頃は西川のりおの大ファンだった。

杉本有美は同じ小、中学校の先輩後輩。中学3年生の時、友人と3人で独立して生活していこうと決心して家出するが、数日で連れ戻されて自宅謹慎になる。

1981年、担任教師からの勧めで当時、全寮制の日生学園第一高等学校(現在の桜丘高等学校)に入学。1年生の秋には「『プリズン・ブレイク』のような感じ」で学校から脱走した。その際は、退学手続きのために保護者同伴で学校に戻ったところ、担任から「学校を続けると言うまで殴る」と親の眼前で体罰を受けて失敗した。しかし、結局1年生の冬休みに帰省をしたときに学校に戻らず退学した。

その後、清風高等学校定時制課程普通科に編入。昼の時間帯は日本一若い店長になることを目標に、ラーメン屋で働いていた。このため、野菜の千切りが非常に得意である。夏休みは、友人数人と母方の実家である宮崎県児湯郡高鍋町に滞在し、小丸新茶屋(うどん店)でアルバイトしながらサーフィンに没頭していた。

定時制高校の卒業後は、「手に職をつけたい」と思い寿司職人か美容師の専門学校の入学を検討した。しかし学費が高い上に肌が弱かったため、医者から「水を扱う職業には向いていない」と忠告されたこともあって断念。

NSC時代
途方に暮れていたときに、当時入学料が5万円程度だった「吉本総合芸能学院」(以下、NSC)に目が留まり、「昔からお笑いも好きだし」と軽い考えで1985年、4期生としてNSCに入学した。同期にNSCでは130R(ほんこん、板尾創路)、桂茶がまがおり、吉本以外ではダチョウ倶楽部やウッチャンナンチャン、出川哲朗などがいる。 ダウンタウンの存在はNSCに入学するまで知らなかった。浜田雅功を「当時、1年目、2年目の自分から見た浜田さんは、すごすぎた。松本さんは芸としての天才で、浜田さんは司会者としてすごかった。浜田さんのノビノビと、わーって叩いて笑ってって、そういうのすごい憧れでした。」と語り、また松本人志のことは「芸はもちろんですけど、松本人志さんのお笑いをつくる姿勢がカッコ良くて、すごく影響受けましたよ」と語っている。

吉田ヒロとは、NSCではヒロが2年先輩ではあるものの(ただし芸能活動は今田の方が先輩)、今田からは「ヒロ」と呼び捨てにされており、タメ口で会話されている(年齢は今田の方が2学年上)。その反面ヒロは今田のことを呼び捨てにせず「今ちゃん」と呼び、年下の同期であるかのような接し方をしている。

程なくして、ほんこんとお笑いコンビ「ダブルホルモンズ」を結成。ほんこんは「骨付きカルビ」という芸名でボケ、今田は「上ロース」という芸名でツッコミを担当。ネタはほんこんが作り、節水をテーマにした漫才などを披露していた。

NSCは実家から2駅離れた場所にあったため、当時今田はNSCには実家から通っていた。家に帰れば食事も寝る所もあり、さらに夜はアルバイトをしていたため金もそこそこあった。そのため今田は当時を振り返り、「良いこと尽くめの下積み時代だった」と語っている。

1986年、ダブルホルモンズを解散し(毎回ネタ合わせに今田が来ずほんこんが激怒したことが原因と言われている)、ピン芸人として活動を始める。ちょうどこの頃、2丁目劇場ができるタイミングで前座のオーディションがあり、ピンになって初めて書いた「才能のない構成作家のオーディション」というネタで合格した。ダウンタウンとはこの頃に出会い、「おもろいな」と爆笑してもらったのが最初に交わした言葉である。

デビュー後
1986年、京都花月12月中席(12月11日 – 12月20日)にて劇場デビューする。この時東野幸治と知り合い、意気投合。『4時ですよーだ』などで2人でコントを披露して以降、多くの番組で東野と共に司会を務めた。東野と共にWコウジと称されているが、正式なコンビではない。

1987年4月、『4時ですよーだ』放送開始。1989年、『4時ですよーだ』終了後、東野幸治らと共に吉本新喜劇の補強メンバーとして活動。時には座長としても舞台をこなした。

1990年、ダウンタウンを慕って東京へ進出。『ダウンタウンのごっつええ感じ』で全国的な知名度を獲得する。以来ダウンタウンの番組出演のほか、Wコウジとして司会などで活躍した。

1991年、『正解るんです』(CBCテレビ制作)に東野幸治と共に出演、ローカル深夜番組にもかかわらず熱狂的ファンを集めた。以降東野幸治と共に、長らく名古屋のCBCテレビで深夜のレギュラー番組を持っていたが、2020年3月末の『本能Z』の終了で一旦打ち切られることとなった。

1995年、『今田耕司のシブヤ系うらりんご』で、初めての冠番組を持つ。『いつかまた逢える』に出演で、初めてのキスシーンを大塚寧々、西田尚美らと演じた。

2004年、島田紳助謹慎騒動に伴い、幾つかの番組は紳助の代役として今田に白羽の矢を立てた。それらの番組で今田は予想以上の働きぶりを見せ、特に『開運!なんでも鑑定団』での代理司会ではテレビ東京の当時の社長である菅谷定彦から絶賛されるなど、彼のタレントとしての能力の高さを世間に再認識させた。今田自身は『しゃべくり007』出演時、お笑いの道を志す際の憧れだった人物として、紳助の名前を挙げている。

2007年、不定期の特番として放送されていた日本テレビ系バラエティ番組『今田ハウジング』が、3月7日から水曜19:58 – 20:54の時間帯にて1年間、レギュラー放送された。自身初のゴールデンでの冠番組となった。

2008年以降、朝日放送系バラエティ番組、『今ちゃんの「実は…」』で司会を務める。番組内の新たな言葉を生み出し番組内のウィキペディア辞書に登録するコーナー、そして本物のウィキペディアに書き込まれた人物の真相を確かめるミニコーナーがあった。

2008年4月28日発売の『週刊現代』に、今田が未成年の女性に飲酒を無理強いさせたうえで淫行に及んだという記事が掲載される。今田本人と所属事務所である吉本興業は「事実無根で名誉を棄損」として、講談社に対して損害賠償及び謝罪広告の掲載を求めて名誉毀損などで提訴したが、講談社側が2009年10月26日発売の同誌に「記事の事実確認はできませんでした」とする謝罪広告を掲載し、11月6日付で今田宛の損害賠償金550万円と遅延損害金を支払ったため、同日付で訴訟を取り下げた。吉本興業は「謝罪広告の内容や賠償額などは必ずしも満足できるものではないが、気持ちを新たに仕事へ専念することを優先し、早期解決することにした」と今田の心境を代弁した。

2011年8月23日に所属事務所の先輩である島田紳助が芸能界を電撃引退表明。冠番組の終了が相次ぐ中、冠になっていない『開運!なんでも鑑定団』と『人生が変わる1分間の深イイ話』の2番組の司会に抜擢され、TBSの春と秋の大型スペシャル番組である『オールスター感謝祭』に関しても引退直後の2011年秋の放送回でのリレー方式を経て2012年春の放送回から正式に2代目総合司会に就任し紳助の後を引き継ぐなど、紳助の後任司会者として最も多くの番組を引き継ぐことになった。結果的に紳助引退以降も多数のレギュラー番組に出演しているほか、ルミネtheよしもとで新喜劇の座長も務めている。

好きなもの
筋肉エンタメ集団マッチョ29 – 推しメンは今井耕二、山崎徳義、菅原辰馬。
動物 – 『森田一義アワー 笑っていいとも!』にて過去にペットを15匹飼っていたことを明かした。小学生時代は飼育小屋の鶏の卵を許可を得て自宅に持ち帰り、孵化させ鶏にまで育て上げた。

ブルース・リー – 自宅にはブルース・リーのフィギュアやポスターが部屋中のいたるところに整然と飾られており、自らが「ブルース・リーBAR」と呼ぶスペースまであった。

芸能ゴシップ – 仲の良い東野幸治と共に「吉本のゴシップ兄弟」を自称している。また、二人合わせてWコウジと呼ばれているが、正式なコンビではない。
漫画・アニメ – 自宅に漫画を読むための部屋を持ち、複数の漫画雑誌も購読している。またアニメ通でもあり、『新世紀エヴァンゲリオン』のファン。

格闘技 – 90年代後半からパンクラス、その後GRABAKAの一般会員として格闘スポーツジムに通っている。また格闘家のスポンサー的組織「今田道場」を主宰し元DEEPフェザー級王者の松本晃市郎を輩出した。

『あまちゃん』 – 2013年上期のNHK連続テレビ小説。

交友関係
ナインティナインの岡村隆史は、今田を兄さんとして慕っているだけでなく、又吉直樹と三人で、独身男性芸人の親睦会アローン会を作り、親交を深めていた。ただし、岡村は2020年10月10日に一般人女性と結婚した。

福山雅治とは1992年に自身のラジオ番組にゲストとして招待して以来の古い付き合いであり、福山のアルバム『SING A SONG』では今田が収録全曲のレビューを執筆した。時々アダルトビデオの交換をする仲でもある(文化放送『Come on FUNKY Lips!』にてゲストの福山が事実を認める)。

評価
『日経エンタテインメント!』(日経BP社)2009年2月号におけるインタビューにおいて、「(2008年の)今田の好調ぶりを支えるのは抜群のトーク力。とりわけ『生放送に強い』というのが業界内での認識だ」と評されている。これについて今田は「生放送は好き。もともと収録放送の番組でも生放送のつもりで向き合っている」と語っている。また自身のトーク力について「大阪でダウンタウンさんの生放送の番組(『4時ですよーだ』)に出してもらったり、デビューして1年目くらいから生放送にしか出ていなかったから鍛えられた」と自己分析している。

『ごっつええ感じ』のコント、「MR.BATER」において松本人志から「そんなんやから週刊誌に『ダウンタウンの腰巾着』て書かれるんや」「二線級のタレント」などとからかわれたことがある。しかし実際のところ今田に対する松本の評価は「生涯で稼ぐ金額は今田の方が(松本自身より)上やないかなあ」「今田の方がこの先(自分より)メジャーになる」と言わしめるほど高いもので、放送室でも「松本軍団の中で誰が一番優秀か」と問われた松本は「せやねぇ、うちは厳しいよ。でも今田かな」と答えている。

『週刊プレイボーイ』で連載中の「松本人志の怒り」の中で、トーク力を千原ジュニアと共に認められており、松本は「(この2人は)食いっぱぐれる事は無い」と評価している。

松本からそのような評価を受けている今田であるが、他のタレントとは異なり、自身が出演する番組においてむやみにギャラを引き上げないよう交渉しているとの話がある。元々はたくさんの番組に出演したいという理由で抑えてきたものであったが、2008年後半以降放送業界に不況の波が押し寄せ、高額ギャラを受け取っている大物司会者などのリストラが始まっている今日において、この姿勢が今後有利に働いてくるのではないかとも見られている。

2000年9月に、フジテレビの『明石家マンション物語』代表として、明石家さんまらと『めちゃイケ』内のコーナー「七人のしりとり侍」に出演したときは、さんまとの丁々発止のやりとりでレギュラー陣を圧倒し、「さんま兄さんはすごいが、それを光らせた若頭(今田)があってこそ」と感心させた。また、ナインティナインからは「お笑いお化け」とも称される。

ガダルカナル・タカは今田をライバル視しており、やしきたかじんの番組で「芸能人の中で、この人には勝てないと思うのは誰?」という質問に今田を挙げている。また、今田が若手時代のころにタカが大阪の番組で共演し、「東京の番組には来てもらいたくないなあ」と今田の実力を高く評価していた。

同期の板尾創路からは、「自分と真逆の人間で、居心地は凄くいい」「タレントとして、あいつにだけは勝たれへんと思ってる」「天性の明るさと面倒見の良さと場の空気を何とか面白くしようとする、どんなボケでも拾う、あの感じはオレにはできへん。凄いなと思いますよ」と高く評価されている。
オリコンによる「好きな司会者ランキング」では2009年は7位、2010年は3位。

その他
「芸能界随一のキレイ好き」として知られており、2015年には家電メーカーが実施する「ベストクリーニスト賞」を受賞。後輩芸人や共演者からは極度な潔癖症としてのエピソードを語られることも多い。だが今田本人は、自分はそれほど潔癖症ではなく、ノリで言ったことがすぐウィキペディアに載ってしまうことへの懸念を表明している。

趣味はピアノで、坂本龍一の「メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス」や久石譲の「Summer」(映画『菊次郎の夏』テーマソング)をテレビ番組で演奏したこともある。テイトウワのプロデュースで「KOJI1200」(読みは「コージ・トウェルブ・ハンドレッド」、後に「KOJI-12000」)として歌手活動を行っていた頃のインタビューでは、デュラン・デュランなどのニューロマンティック、ニューウェーブへの造詣の深さが語られており、音楽的なセンスを持ち合わせている。その知識を買われ、お笑いタレントにもかかわらず『TK MUSIC CLAMP』にゲスト出演、小室哲哉と対談した。またビートたけしとも交流があり、たけしからピアノをプレゼントされた。
結婚したい女性のタイプは「歯と歯茎がきれいな子」。

ここ数年の悩み事は「丸顔」で、芸人仲間にも相談できず悩んでいる。

Paravi公式ページへ

 

「開運!なんでも鑑定団」これまでの放送内容

「開運なんでも鑑定団」110年前の伝説車

■伝説の大衆車!110年前に世界を激変…<世紀の車>驚き値■新発見!人気温泉旅館に…<江戸禅僧>の超絶宝■アグネス・チャンの秘宝■おもちゃ大会に貴重スヌーピー■

お宝は、フォードが人々の生活を変えた歴史的な一台。110年前に造られた車で、依頼人が手に入れた時はエンジンもかからないボロボロの状態だったが、1年かけて走るまでに直した。1500万台以上を売上げ、車の普及に大きく貢献した博物館級のお宝に、今田耕司も大興奮!果たして鑑定結果は!?

「開運なんでも鑑定団」の出演者

【MC】今田耕司、福澤朗
【ゲスト】アグネス・チャン
【アシスタント】片渕茜(テレビ東京アナウンサー)
【出張鑑定】第24回おもちゃ鑑定大会
【出張リポーター】原口あきまさ
【出張コメンテーター】西村知美
【ナレーター】銀河万丈、冨永みーな

「開運なんでも鑑定団」の鑑定士軍団

中島誠之助(古美術鑑定家)
北原照久(「ブリキのおもちゃ博物館」館長)
安河内眞美(「ギャラリーやすこうち」店主)
中村孝仁(モータージャーナリスト)
田中大(「思文閣」代表取締役社長)
木澤雅博(「ゴジラや」店主)
宇野規久男(『元町サンセット』店主)

「開運なんでも鑑定団」タダで貰ったスゴい焼き物&86年前のプロ野球秘宝

■社長の世話して<タダで貰った焼き物>…一同あ然!衝撃鑑定額■86年前の巨人軍!伝説の選手ズラリ…<プロ野球秘宝>驚き値■<皆生温泉>にスゴいお宝が!?■

お宝は、現在96歳の母が肌身離さず大事にしてきたもの。母が小学4年生だった1936年、祖父の仕事の都合で一家でアメリカに引っ越すことになった。渡米する船の中で日本のプロ野球の歴史に遺る伝説のチームと偶然遭遇!母はすぐに選手たちと仲良くなり2週間の船旅が終わる際、記念にお宝をプレゼントしてもらった。それはプロ野球の歴史を物語る逸品で博物館級の大珍品!驚きの鑑定結果にスタジオ騒然!

「開運なんでも鑑定団」の出演者

【MC】今田耕司、福澤朗
【ゲスト】ダイアン
【アシスタント】片渕茜(テレビ東京アナウンサー)
【出張鑑定】出張鑑定 in 皆生温泉(鳥取県米子市)
【出張リポーター】石田靖
【ナレーター】銀河万丈、冨永みーな

「開運なんでも鑑定団」の鑑定士軍団

中島誠之助(古美術鑑定家)
北原照久(「ブリキのおもちゃ博物館」館長)
安河内眞美(「ギャラリーやすこうち」店主)
田中健(「那須オルゴール美術館」館長)
山本清司(「COLLECTIBLES FIELD」代表)
田中大(「思文閣」代表取締役社長)
森由美(陶磁研究家)

「開運なんでも鑑定団」ステンドグラス・肖像画

■豪華絢爛<遊郭>の美麗<ステンドグラス>…戦前秘宝3点驚き値■<巨匠洋画家>の肖像画…実は大珍品!?超絶鑑定額■金メダリストの秘宝■岡山・里庄町に貴重お宝が!■

35・6年前、京都の骨董市で知り合った古物商の方から「いいものが入ったから見にこないか?」と誘われ、自宅まで見に行った。その際、お宝の美しさに一目惚れし、すぐに購入を決めた。その方の話では、明治−大正時代に日本で作られたもので、豪華絢爛な遊郭の建物に使われていたとのこと。果して鑑定結果は?

「開運なんでも鑑定団」の出演者

【MC】今田耕司、福澤朗
【ゲスト】鈴木大地
【アシスタント】片渕茜(テレビ東京アナウンサー)
【出張鑑定】出張鑑定 in 岡山県里庄町
【出張リポーター】松尾伴内
【ナレーター】銀河万丈、冨永みーな

「開運なんでも鑑定団」の鑑定士軍団

中島誠之助(古美術鑑定家)
北原照久(「ブリキのおもちゃ博物館」館長)
安河内眞美(「ギャラリーやすこうち」店主)
山村浩一(「永善堂画廊」代表取締役社長)
平山健雄(「光ステンド工房」代表横浜マイスター)
田中大(「思文閣」代表取締役社長)
大熊敏之(日本大学芸術学部教授)
森由美(陶磁研究家)

「開運なんでも鑑定団」横山大観に並ぶ<天才画家>作&幻の絵壺に衝撃鑑定額

■横山大観に並ぶ…明治<天才画家>作は本物か?衝撃鑑定額!!■幻の焼き物を発見!?…<アノ画家の絵壺>に驚き値!■松本伊代の秘宝&出張鑑定は高知・田野町!■

15年前、馴染みの骨董商にある有名画家の作品を探してほしいと頼んだところ、しばらくして「壺が見つかった」と連絡があった。その画家が絵付した壺ということだったが、絵の方がいいなと思い、とりあえず値段を訊くと55万円と言われた。当時、証券会社の方から「ノルマがあるので株を買ってもらえないか」と頼まれ、仕方なく買った銘柄がちょうど55万円値上がりしていたため、これも何かの縁かと思い実物も見ずに購入。

しかし後日美術商が持ってきた壺を見たところ、全くいいと思えず本物かどうか不安になってきた。

「開運なんでも鑑定団」の出演者

【MC】今田耕司、福澤朗
【ゲスト】松本伊代
【アシスタント】片渕茜(テレビ東京アナウンサー)
【出張鑑定】出張鑑定 in 高知県田野町
【出張リポーター】原口あきまさ
【ナレーター】銀河万丈、冨永みーな

「開運なんでも鑑定団」の鑑定士軍団

【鑑定士軍団】
中島誠之助(古美術鑑定家)
北原照久(「ブリキのおもちゃ博物館」館長)
安河内眞美(「ギャラリーやすこうち」店主)
山村浩一(「永善堂画廊」代表取締役社長)
田中大(「思文閣」代表取締役社長)
土田昇(「土田刃物店」店主)
森由美(陶磁研究家)

Paravi公式ページへ

 

「開運!なんでも鑑定団」を楽しもう!

今回ご紹介した「開運!なんでも鑑定団」の動画配信はまだありませんが、Paraviなら

・TBSのドラマ
・TBSのバラエティ番組
・人気アニメ
・人気映画
・人気ドラマ

全てを見ることができます!

それでは是非Paraviを試してみてくださいね。

Paravi公式ページへ

 
【この記事もおすすめ】

【所ジャパン】見逃し配信・動画無料視聴方法!びっくりドンキーとローカルハンバーグ

【踊る!さんま御殿】見逃し配信・動画無料視聴方法!滝沢カレンが結婚報告

【このランキング異議アリ!】見逃し配信・動画無料視聴方法!究極インスタント麺

【100%アピールちゃん】見逃し配信・動画無料視聴方法!芸人密着10キロダイエット



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA