【ドクターストーンDr.STONE】21巻のネタバレ!アニメ無料動画と無料漫画まとめ

週刊少年ジャンプで連載している「ドクターストーンDr.STONE」の21巻の179話、180話、181話、182話、183話、184話、185話、186話、187話のネタバレを紹介していきたいと思います!

20巻では、科学王国のみんなは城に移動させられる。

そして、数千年前の大厄災、忌まわしき石化光線の発信源となる南米へ向かう!

20巻では物語がどう進んでいくのか!

「ドクターストーンDr.STONE」は何巻まで発売されるのか!

それでは「ドクターストーンDr.STONE」のアニメを無料視聴する方法や、漫画を無料で読む方法などもあわせて紹介していきたいと思います!

「ドクターストーンDr.STONE」のアニメ無料動画と漫画を無料で読む方法は?

週刊少年ジャンプで連載中で、アニメも人気の「ドクターストーンDr.STONE」の無料動画と、漫画を無料で読むという両方を楽しみたい場合、おすすめの方法はU-NEXTです。

U-NEXTではNHKの朝ドラや大河など以外にも、カンテレ系のドラマやアニメ、映画、ライブなど多種多様の動画を見ることができますし、「鬼滅の刃」や「呪術廻戦」などの漫画も読むことが出来ます!

ですので、「ドクターストーンDr.STONE」のアニメの無料動画を見たり、漫画を無料で読みたい場合は、U-NEXTがおすすめです。

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「ドクターストーンDr.STONE」のネタバレ一覧

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレなどを項目ごとに用意しました!

気になる箇所をクリックしてみてくださいませ!

・Dr.STONEの19巻のネタバレはこちらから

・Dr.STONEの20巻のネタバレはこちらから

「ドクターストーンDr.STONE」21巻179話のネタバレ

「いざ山越え!!!」

コハクはタイヤを利用して、崖の向こうの山に自力で飛んで行った。

それを見てゲンはすごすぎると驚いている。

ひとりで登るのは訳ないが、さすがにバイクやみんなは運べないとコハクが言った。

羽京は、山の向こうにいるコハクの場所めがけて紐をつけた矢を放つ。

その紐でワイヤーを手繰り寄せると言う羽京。

ゲンはコハクがケータイを持って行っていないと焦る。

千空はそんなゲンに飛行機が来るから、電波出したら場所がダダ漏れじゃないかと伝えた。

ヒモ張っているのだから有線でいけると、糸電話のようにコハクに連絡を取る千空。

コハクの元にワイヤーが届き、それを固定する。

ケーブルを張って滑車を乗せて動かす、ロープウェイを手に入れた。

「危ねえのは重量だな・・・」

カーボンと鉄のワイヤーで軽くて丈夫だが、重量が限界160キロぐらいになる。

物はバラして運び、人間は2人ずつ体重で乗るペアを決めるようだ。

「ペアか 数字だけで組むと危険かもだぞ?」

話を聞いていたコハクが、問題はゼノだと言った。

例えば、適当に選んで最後にゼノとスイカだけが残されたらどうなるか聞くコハク。

羽京は「川渡りパズル」みたくなってきたと笑った。

「最大の懸念は 氷月&ゼノのペアなのだ」

氷月は理想の為に司を殺したことがあると、今どう考えているか分からないと言うコハク。

それを聞いて驚くチェルシーに、ゲンが今いるみんなの相関図をざっくりと教えた。

殺したと言うのが多すぎると、さらに驚くチェルシー。

問題はゼノだ。

ペアはバトルチームの誰かが良いと言ったクロムに、大樹はゼノ+氷月なら乗れると言った。

そのペアがやばいっていう話だろと、クロムがツッコむ。

千空は少し焦るが、問題ないだろと言う。

2~3人に分かれ、ロープウェイで渡りだす。

結局、ゼノは氷月とのペアになった。

何事もなく向こう側に降り、続いてカルロスたちと一緒にスイカが乗る。

しかし、突然の風にスイカが落ちてしまう。

コハクは慌てながらも、ロープを切りスイカに投げて巻き付けた。

危機一髪だったが、この瞬間だけ山頂にはバトれる奴が一人もいなくなったとクロムが気付く。

崖につかまっているコハクも、今ならノーリスクで裏切れると疑惑を感じながら氷月を見る。

氷月はコハクに手を差し出し引き上げた。

クロムはホッとし、チェルシーは感心して喜んでいた。

「相関図ボコボコの なかよしじゃなくてもなかよしチームなのおもろ!!」

いろいろあったが、今はもう1つのチームだと大樹が言った。

無事にみんな渡り切り、バイクを押しながら山の向こうへ向かう千空たち。

「ついに完全に 躱し切ってやったぜ」

目の前にはアマゾン大密林が見えていた。

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「ドクターストーンDr.STONE」21巻180話のネタバレ

南米横断ウルトラレース、大密林コース到達。

スタンリーたちを振り切り、アマゾンへ辿り着いた千空たち。

あとは人類石化の原点であるマナウスへまっしぐら進むだけである。

しかし、アマゾンは「寄生スナノミ」「吸血カメムシ」「巨大ヒル」といった危険な昆虫たちの巣窟。

足元から危険な虫たちにやられて間違いなく死んでしまう。

千空は昆虫から身を守るために、ゴムブーツを作成。

さらに、虫よけエキスの作成も開始する。

アマゾンの最強生物である「軍隊アリ」。

集団で襲い、獣たちですら骨にしてしまう獰猛な地球最強の昆虫である。

その軍隊アリを罠を使ってビンに捕獲。

その軍隊アリをアルコール抽出した最強エキスを身体に塗りたくる!

最強生物を忌避して、アマゾンのモンスターたちも近寄らないというわけだ。

ウォータースライダー等を駆使して、アマゾン川をひたすら下っていく。

震源地に到達したところで、小さい「メデューサ」を果たして見つけられるかどうか・・・。

そのとき、クロムはある閃きにより「石化光線ガードマシン」を思い付く。

千空がかつて見せた、石化した後で復活液がかかるようにした技。

あれを時間差かつ自動で行うことができれば、石化光線を防ぐことができるのではないか、と。

しかし、実は千空もそれは思い付いていたようで、続けてクロムにこう語りかける。

「もしテメーがホワイマンなら、そういう裏ワザ回避を紛れ消して確実に人類を仕留めるためにはどうする?」

クロムはハッと気付いたようだ。

そう、石化光線を何発か放つ多段攻撃・・・。

数千年前の光もそうで、爆心地にメデューサは一つとは限らないのだ。

そして、日本を出て約4か月。

ついに地球の真裏・数千年前の忌まわしき光、石化の爆心地に辿り着いた。

そこで見た光景に一同は圧倒される。

そこには、見上げるほど高く積まれ、無数とも思えるメデューサの山があった。

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「ドクターストーンDr.STONE」21巻181話のネタバレ

ついに石化光線の発信地にたどり着いた千空たち。

そこには無数とも思えるメデューサの山があった。

しかし、どれも電池切れ。使えるものは一つもなかった。

しかし、これだけのメデューサがあれば今までできなかったことができる。

それが、メデューサの分解!

今まではメデューサの数に限りがあったため、分解するにもかなりの神経をつかっていた。

だが、これだけの数があれば好きなだけ分解して調べ放題だ。

一方スタンリーたちは、バイクの走行痕から千空たちの逃走ルートをアマゾン川下りであることを確信。

千空たちは船を新造しなければ移動できず、そのロスタイムを考えれば大回りになったとしても追いつける。

たとえ船の見た目が変わったとしても、レーダーがあれば外観など無関係に居場所を捉えられるのだ。

スタンリーたちの予想通り、千空たちは船を新造していた。

だが、その船の形はこれまでのものとは全く異なる形状をしている。

そう、千空たちはステルス艦を作成していたのだ!

スタンリーたちが追いかけてきたときにレーダーの網からかいくぐる秘策。

船の外装が全てナナメの平面になっているため、レーダーの反射を狂わせることができるのだ。

しかし、ステルス艦は軍事機密で、詳しい構造や作成方法も分からない。

再び千空たちのトライ&エラーによるモノ作りが始まる。

ステルス艦も完成し、いざテストしてみるもののそう簡単に上手くはいかず。

このサイズにしては多少見えづらい程度で、これでは敵のレーダーから逃げ切ることはできない。

そのとき、クロムに一つの疑問が浮かぶ。

デカかったり量があったりすると、レーダーでは見えやすい…?

なら、なんでメデューサのこんな塊が降ってきたとき、21世紀の連中は直前まで気付かなかったんだ?

地球に接近する小惑星全て観測できているわけではないにしても、これほどの量の物体が地球に降り注いでいるのに気付かなかったのは確かにおかしい。

メデューサの妙な形状・・・。

実際にテストしてみると、メデューサはレーダーに映らなかった!

レーダーに映らないということは、中の回路で電波を吸収している可能性が高い。

であれば、レーダーに映らないメデューサを大量に船に貼りつければ・・・!

こうして、未来のステルス艦が完成した。

ついに千空たちは21世紀の技術をも超えるモノを作り出したのだ。

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「ドクターストーンDr.STONE」21巻182話のネタバレ

ステルス艦を作成し、スタンリーたちのレーダーをかいくぐる術を手に入れた千空たち。

しかし、逃げてばかりではいられない。

いち早くメデューサの仕組みを解明し、スタンリーに対抗する手段を手に入れる必要があるのだ。

ありがたいことにメデューサ解剖のためのサンプルは大量にある。

千空はドクターゼノと共に、石化装置の分解および仕組み解析を始める。

大量のメデューサを分解して分かったことは、

・どのメデューサの中にも黒ずんだダイヤモンドが存在していること

・ダイヤの黒ずみは光の屈折率の違いによるもので、どのダイヤも黒ずみ方に法則性はなく単なる破損であること

そんななか、ある黒ずんでいないダイヤを偶然にも発見する。

ダイヤがメデューサの電池の役割を担っているのだと仮定すれば、このダイヤはまだ新品なのかもしれない。

しかし、綺麗なダイヤが入ったメデューサは起動することはなかった。

さらに詳しく解析していくと、綺麗なダイヤはどれも傷があることが判明。

欠けていたり微妙に小さかったり、それらの欠陥により新品のダイヤはすべて不発となっていた。

一方で黒ずんだダイヤに傷は一切なく、どれも形がぴったり同じ。

つまり、形が全く同じで傷が一つもない新品ダイヤを組み込めば、メデューサが再起動できるかもしれないのだ!

そこで、千空はダイヤモンドの作成計画をたてる。

しかし、問題は寸分たがわぬ精密な形のダイヤモンドが必要だということ。

ダイヤモンドの作成は、ジュエル技師ジョエルのいる平和特区チームに託された。

ダイヤモンドの作成に必要な準備と工程を伝えられた平和特区チームは、ダイヤモンド作りに取り掛かる。

ダイヤモンドを作り始めて何日が経っただろうか。

トライ&エラーを繰り返し、平和特区チームはようやくダイヤモンドを手に入れた!

それはすごく小さな粒ではあるが、間違いなくダイヤモンドを作り上げたのだ。

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「ドクターストーンDr.STONE」21巻183話のネタバレ

ついに人工ダイヤモンドを作成することに成功。

しかし、作れたのは砂粒のような小さいダイヤだけである。

これではメデューサ電池のサイズにはまるで足りない。

しかし、千空は初めからこのダイヤで電池を作るつもりなどなかったのだ。

電池の作成に必要なもの・・・それは天然のダイヤモンド!

ダイヤモンドは世界で最も硬い鉱石であり、ダイヤモンドはダイヤモンドでしか削れない。

そして、天然ダイヤと人工ダイヤでは圧倒的に人工ダイヤの方が硬いのだ。

つまり、大きな天然ダイヤを小さな人工ダイヤで研磨し、メデューサにぴったりハマるダイヤ電池を作成するというわけである。

さらに、ここから先は千空から平和特区チームへの通信を一切やめる。

通信による電波を出せばスタンリーたちに位置がバレてしまい、せっかく作成したステルス艦の意味がなくなってしまうからだ。

次に通信するのは、すべてが決着したときである!

そして、千空たちは天然ダイヤを求めて、ブラジルの都市アラシャへと向かう。

あらゆるレアメタルがアマゾン川を流れ流れて溜まりまくった石の聖地だ。

ロケットエンジンの制作に必須の珍しい鉱石も採れるその場所に、超合金の街を作る!

しかし、千空がアラシャを目指すであろうことをあらかじめ予想していたゼノ・・・。

囚われながらも千空たちにバレないよう、スタンリーにとあるメッセージを送っていた。

「ゴールはアラシャだ」と。

それに気付いたスタンリーは、船を大きく旋回。

千空たちを追うことを止め、先回りするためにアラシャへと向かう。

「待ち伏せて少年科学団を蜂の巣にすんだけだぜ」

最終決戦はアマゾン奥地・ストーンサンクチュアリ!!

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「ドクターストーンDr.STONE」21巻184話のネタバレ

龍水が

「はっはー」

「もうこの目と鼻の先に、ロケット作りにも必須のレア鉱石が山ほど溜まっているというわけか」

と言うと、クロムが

「なんでんなヤベーほど都合いい地球の宝石箱みてえなエリアがあんだ?」

と言う。

チェルシーが砂と水を混ぜて桶を振っていく。

スイカが

「砂利が勝手に分かれたんだよ?」

と言うと、チェルシーは

「比重選鉱って言うのさ、ウケるでしょ」

「重い石だけ下に集まる感じ~」

と説明し、千空は

「それを地球規模でかまして何万年がかりで溜めたのが奇跡の鉱脈、アラシャだ」

と伝えていく。

スイカが

「地球とか何万年とか大っきすぎてわかんないんだよ」

と言うと、ゲンが

「スケールがね、もうね」

「よく言われる、膨大な地球から見れば人類なんて寄生虫だっていう」

と言うが、コハクは

「科学のカの字も知らない私からすれば、その地球の全てを駆使して生きようと全人類で何百万年の叡智を積み重ねる、その方がよほど雄大に見えるがな」

と伝えていく。

それを聞いた大樹が

「そうだ、駆使させてもらおうじゃないか、地球の石を」

「みんなで作るぞ、超合金の街を」

と意気込んでいく。

砦化されているのを見たゲンが

「で、なんでこんなゴイスーにガッチガッチの砦なの??」

と聞くと、千空は

「VSスタンリー最終決戦」

と答えていく。

スイカが

「ここまで追っかけて来ちゃうんだよ!?」

「ばば、バレてるの場所!?」

とビビっていると、千空は

「ククク、ゼノ先生が大方無線で悪さしてたかんなァ」

「爪がちーっとだけ磁化してた」

と伝えていく。

ゼノが

「君ら自身もスタンリーを呼び寄せるつもりだったろう?いずれにせよ同じことだ」

と言うと、千空は

「同じじゃねえわ、アホほどリミット早まったわ」

と返していく。

龍水が

「はっはー、そうか欲しいのは船か」

「俺たちがこの先広大な大西洋を駆け抜け地球を回るには、どうしてもまともな船が要る」

と伝えていく、千空は

「んなもんペルセウスっきゃねえだろが」

「俺らはスタンリーブチ倒してペルセウスを取り戻す」

「スタンリーは俺らブチ倒して大将ゼノを取り戻す」

「お互いここで、勝負決めるっきゃねえレースのゴールは一緒なんだよ」

と伝えていく。

氷月が

「スタンリー君との闘いどう見ますか、司クン」

と言うと、司は

「氷月、君がスタンリーに撃たれたその傷、万全じゃあない、俺もだが」

「こちらのアタッカーは他にコハクと羽京、それにマックスくらいか」

「うん、完全装備の米軍特殊部隊相手にまともにやり合えば勝ち目は限りなくゼロだね」

と返していく。

コハクは

「私たちの勝機はやはりこれしかなさそうだな」

「メデューサマシンガン」

と話していく。

へろへろと飛んでいく石化装置を見たゲンが

「こんなんで勝てるのスタンリーちゃんたちに??」

と言うと、氷月は

「遥か射程外から狙撃されて終わりでしょうね」

と返していく。

クロムが石化装置が発動するトラップを仕掛けていた。

コハクが

「誤爆も多そうだな、よほどの数を用意しなくては」

と言うと、氷月は

「数で戦略はまるで変わりますね」

「果たしてどれだけ用意できるのか、ダイヤモンドで再起動した石化装置を」

と伝えていく。

ダイヤモンドを採掘しまくっていく。

クロムが

「カセキ大興奮の得意技だな」

と言うが、カセキは

「それがね、それどころじゃないっぽいのよ」

「肝心のメデューサがコレちょっち」

と返し、

「中身細かすぎ、もう」

と発狂していく。

コハクが

「こんなもの本当に壊さずに開けることが可能なのか??」

と言うと、クロムは

「だけじゃねえよ」

「ヤベーほど小せえダイヤ外してつけんだぞ」

と言い、羽京は

「専門の時計技師のエース、ジョエルすら苦戦してるからね」
と伝えていく。

カセキは

「大量生産マシンガンとか無理よコレ、絶対」

「敵が来ちゃうリミットまでに石化装置作り一個や二個いけるかどうか」

とかなり苦戦していた。

羽京の矢に石化装置を括りつけて飛ばしていき、大樹は

「なるほど、一個だけでも羽京の弓なら一網打尽にできるな」

と言うが、羽京は

「スタンリーたちの居場所が目星ついてればね」

「それが分かるほど近づいた頃には、僕が先に撃ち抜かれてるだろうけど」

と返していく。

すると、大樹が

「おかげで閃いたかもしれないぞ」

「もし石化装置が一つしかないなら、俺が、この手に掴んで近づいて、自分もろとも石化すればいいじゃないかー」

と叫んでいくが、千空に

「近づく前に100億%撃たれるわ、バカ」

と一蹴される。

大樹の案を聞いたクロムは

「おかげでよ、閃いたかもしんねえ、必勝の手がよ」

「俺ら全員で、自爆すんだよ」

と言い放つ。

石化装置を3000m1セコンドの超大規模に起動させていく。

クロムのアイデアを聞いた千空が

「一人だけヤベーほど遠く離れといて、後から全員味方だけ復活させりゃいい」

と手応えを実感すると、龍水が

「フゥン、課題は一つだけだな」

「石化装置を持っているキーマンが瞬殺されれば作戦が崩壊するばかりか、最悪スタンリーに装置を取られるぞ」

と言うが、千空は

「そこは問題ねえ」

「最後は科学で、クリアする」

と返していく。

そうして、メデューサの砦を完成させていく。

千空が

「物見櫓のタワーにメデューサ&スピーカー」

「マイクは砦ん中、あらゆる場所にアホほど伸びてる」

「誰かが襲われたその瞬間、誰かがマイクに叫びゃいい」

と説明していくと、コハクは

「ハ、人類を滅ぼした忌まわしの災厄までも、今私たちは守り神に仕立てようというわけだ」

と言い放つ。

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「ドクターストーンDr.STONE」21巻185話のネタバレ

メデューサの砦が出来上がってきていた。

龍水が

「はっはー、急ぐぞ皆」

「スタンリーたちが来る前に完成させれば必勝の砦だ、違うか!?」

と言うと、千空は

「問題はド真ん中におっ立てる石化タワーだけだな」

「石化装置の再起動さえできりゃ俺らの勝ちだ」

と返して行く。

カセキがド根性で綺麗に石化装置を開けることに成功していた。

ゲンが

「んじゃ、ジョエルちゃんがやったみたく、一回ダイヤ電池外してつければちょぴっとは動くの?」

と聞くが、カセキは

「試したけどムリ」

と返していく。

千空が

「しゃあねえ、こいつら数千年モノだかんな」

と言うと、羽京は

「そうか、ジョエルが持ってる石化装置だけは新しいやつなんだ」

と言う。

カセキは

「つまり、ワシらはガッツ入れて作ってみるしかないってことね」

「完っ璧におんなし形の新品ダイヤ電池」

と作業を続けていく。

一方、ジョエルもダイヤ電池を製作していたが、石化装置が動くことはなかった。

ジョエルは

「形もサイズも完璧のはずだ」

「俺の細工でダメなら世界の誰も削れねえよ」

「普通のダイヤじゃ無理なのか?」

と言う。

カセキが

「ジョエルからなーんも連絡無いし、削っても削っても無駄骨感モリモリよ、コレ」

「そいでもワシガッツマンだから頑張っちゃうけど」

と言うが、千空は

「無駄骨じゃねえわ1mmも」

「専門屋のジョエルですらサンプル山盛り持ってるテメーですら作れねえ」

「つまり、何かが間違ってる」

「その情報が値千金だ」

と言い放つ。

カセキが

「そう、エラーがダイヤにちょびっとでもあっちゃダメなんでしょ??」

と言うと、クロムは

「いや、イケてんじゃねえか、カセキの作ったダイヤ電池」

「ヤベーほど丈夫だぜ」

「むしろ元からメデューサに入ってた奴かよ」

と返し、その言葉で何かに気づいていく。

カセキが

「そうよ」

「ワシ職人だからわかるもの」

「フツーに割れない向きにだって削れるじゃない?」

「んじゃ、どうして」

とメデューサに入ってたダイヤを叩いていく。

すると、どのダイヤ電池もすべて真ん中で綺麗に割れていくことに気づく。

ゼノが

「頂点を結ぶ線上に、分子の結合力の脆弱な劈開面が走っているのか」

と言うと、千空は

「その導線になんかが流れんだろな」

と言う。

カセキが

「燃えちゃうわい」

「そーんな鬼ムズこすぎる加工」

と再び作業に取り掛かっていく。

千空が

「本陣から遠く離れて隠れとくアホほど重要な復活役の別働隊はスイカ、テメーだ」

と伝えていく。

スイカが

「隠れ場所は川の近くなんだよ?」

と聞くと、フランソワは

「はい、食料は定期的に運んでいただけますが、水無しには生活できませんから」

「さらに、スタンリー様たちは必ず川を通っていらっしゃるはずです」

「川を見張れば一方的に発見できることもあろうかと」

と返すと、木の上に登っていたスイカが

「見つけちゃったかもなんだよ」

と口にしていく。

スタンリーの部隊が上陸してきていた。

スイカが

「スタンリーたちが来ちゃったって、ケータイでみんなに教えなきゃなんだよ!?」

と言うが、フランソワは

「いえ、通信機は最後の連絡手段」

「今電波を出せば見つかってしまいます」

「作戦のキーとなる私たちがリスクを犯すわけにはいきません」

と返していると、タランチュラらしきクモが接近してくるが、軍隊アリの気配を察知して逃げていく。

そして、スタンリーの部隊の女がクモに噛まれてしまう。

フランソワは千空から貰った毒で発作が起きた時用の緊急応急アイテムを手に取るが、

「いえ、でももしも」

「作戦のキーになる私たちが見つかっては」

と考えていた。

が、スイカはフランソワからその瓶を取り上げ、一目散に毒でやられた女に処置をしていく。

女が息を吹き返すと、ゼノは

「スタンリーは大将である僕の確実な救出のため、君たちを躊躇なく皆殺しにするだろう」

「倫理の問題ではない、それが軍人である彼の仕事だからね」

「だが、君たちは美しい綺麗事を並べる」

「おお、それこそが弱点」

「実に脆い、劈開面だ」

と言い放つ。

スイカが発見され「FREEZE」と銃を向けられてしまう。

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「ドクターストーンDr.STONE」21巻186話のネタバレ

スイカがスタンリーの部隊に見つかり

「FREEZE」

と銃を向けられる。

が、意味を理解できないスイカはものすごい勢いで逃げていき、スタンリーの兵士は

「バカか、なんで止まんねえ!?」

「俺らが来たことと居場所、本陣に報告されっぞ」

と追いかけていく。

フランソワが

「武器になりそうな物など、この小さな調理用ナイフ一つ」

「私に戦闘力は皆無です、一か八かナイフを武器に飛び出たところで、スイカ様ともども銃殺されるだけ」

「ならば」

「託します、松風様、銀狼様」

とナイフを投げつけていく。

宙を舞うナイフに最初に反応したのは松風。

それは決して幸運ではなく、かつて石化装置と戦うため、命を賭して磨き上げた投擲武具への対応力であった。

松風は空中でナイフをキャッチし、

「縛られた後ろ手で掴んでも、己の縄を斬ることなど不可能」
「ならば」

と銀狼の縄をナイフで切っていく。

松風が

「託しました、銀狼殿」

と言うと、銀狼は

「バカぁあ松風、銃にかなうわけないじゃんか」

「んでもこの近距離なら、スイカちゃんが逃げる一瞬だけなら闘える??」

「いや、ムリムリムリ、反抗したら殺されちゃう」

「なんで僕が殺されなきゃいけないの、もぉお松風のせいで」

「おとなしく縛られよ」

と考えるが、松風の勇姿を思い出し落ちてる木を手に取り、スイカが撃たれるのを阻止していく。

が、そこにスタンリーが現れ、銃で銀狼の木を粉砕していく。

フランソワは

「こんなにも凄腕のスタンリー氏が、なぜ先ほど一瞬遅れて銀狼様を撃てなかったのでしょう?」

「暴れる前に即射殺もできたはず」

「考えられる理由は一つ、撃てなかったのではなく、捕虜である銀狼様が攻撃行動をとるまでは撃たなかった」

「そもそも銀狼様も松風様も、拘束中に傷つけられた形跡がありません」

「戦争の捕虜としてある程度ルールのもとに扱われている」

「彼らは殺人鬼ではなく、軍人なのです」

「だとすれば」

と一瞬でスタンリーを分析し、

「私たちは民間人です」

「彼女、スイカ様は民間の医師です」

「ドクターとしての責務に基づき、通りすがりに毒グモの治療をなさいました」

「安全のため、千空様たちと離れて生活をすることになったのです」

「疑わしければ全ての荷をお調べいただいて構いませんよ」

「私たちは軍に所属していません」

「攻撃の意志はなく、皆様に従軍いたします」

「それでも撃たれるのですか?」

と伝えていき、スタンリーは

「いや、撃たねえよ」

「言ってんことがマジならな」

と返していく。

そして、スイカは捕まっていく。

スイカが

「スイカのせいで大ピンチなんだよ」

「スタンリーたちが来ちゃったよって、みんなに知らせることもできないんだよ」

と言うが、フランソワは

「そうでもありませんスイカ様」

「やはりお手柄かもしれませんよ」

と返していく。

マヤが

「どしたのぁ」

とレナードに聞くと、レナードは

「そのフランソワとかいう執事、捕まる直前に電波を使っていますね」

と伝えていく。

フランソワは

「はい、お気になるようでしたらモールス信号の内容をご確認ください」

「二手に分かれますと念のためアメリカ本土にご報告申し上げただけですよ」

と告げていく。

千空がフランソワとスイカがスタンリーたちと接触したことに気づく。

龍水が

「フゥン、敵に位置を知られるのも厭わず、電波を発したということは」

と言うが、千空は

「ククク、逆だな」

「フランソワは俺らに位置を知らせたんだよ」

と言う。

そして、千空たちはスタンリーたちの居場所を特定してく。

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「ドクターストーンDr.STONE」21巻187話のネタバレ

千空が

「VSスタンリー最終決戦」

「敵の居場所っつう最重要情報を俺らだけが先にゲットしたっつうわけだ」

と言い放つが、ゲンが

「え、待って、ちょ待って」

「今一番すぐ気をつけないとバイヤーなこと」

「スイカちゃんたちが捕まっちゃいました」

「敵の居場所ならわかります」

「こんな条件揃ったら、ソッコー飛び出しちゃうイケメンいるでしょ」

「抑えとかないと、いやもうどこ??」

と言い、ゲンの予想通りコハクが超スピードで飛び出していく。

龍水が

「フゥン、危険だが最善手かもしれないぞ、違うか?」

と言うと、千空は

「あぁ、俺らの勝利条件はシンプルだ」

「敵が来るまでに石化装置を起動させること」

「先制攻撃のゲリラ戦で、スタンリー達を足止めするしかねえ」

と伝えていく。

捕らえられたスイカは

「すす、すごすぎで怖すぎなんだよ、スタンリーたち」

「スイカたちの足跡、こんなうっすらなのに」

「ずーっとたどってけば、最後はみんなのとこまで場所見つけられちゃうんだよ」

と感じていた。

コハクが

「そう、敵の現在地と辿ってくるルートが分かるのだから、私の視力をもってすれば発見はめっぽう容易だ」

と考えながらスタンリーの部隊を発見していく。

コハクが

「だが、先頭の兵士がロープやワイヤーの罠を警戒」

「肩越しにリーダーが前方と上方を警戒」

「通信兵が左右を警戒、後方の警戒」

「全メンバーが乱れなく一定間隔を保った進軍」

「みじんも隙が無い」

と感じていると、司が

「うん、敵は21世紀の戦闘のプロだからね」

と、氷月が

「コハク君が飛び出した時は脳が解けたのかと思いましたよ。眼前で敵の力量を見極め突入しなかったのは、さすがにちゃんとしてますが」

と現れる。

司が

「彼らはあらゆる状況への訓練と準備をしている」

「まともに闘っては勝ち目が無いよ」

と言うと、氷月は

「私たちも準備をしないと」

と伝えていく。

司がクロムが罠のつもりで作っていた手動リモコンのレコードを起動させていく。

リモコンレコードの音を聞いて羽京が

「銃声にしては音が軽い気がするね」

と言い放つ。

クロムが

「何でだよ、マジの銃の音だぞ」

と言うが、羽京は

「本物が一番それらしいとは限らないんだ」

「映画の効果音とかでも例えば、実際の波より砂を流した音を録った方が本物らしかったりしてね」

と伝えていく。

千空が

「あー、プラスチックの容器ブッ叩くとかどうだ?」

と試すと、羽京は

「いいかもしれない」

と納得していく。

羽京はプラスチックの音を一度録音して、レコードの回転数を下げて再生。

その音を何重にも重ね合わせた音を録り、銃声と思わせる音を今起動させていく。

スタンリーの部隊は銃で反撃。

コハクが

「銃声に伏せた先頭を放置し、別働隊が回り込んで来るぞ」

「見つかったのか!?」

と言うと、司は

「いや、彼らはプロだ」

「今鳴っている銃声自体はすぐ偽物だと察するだろう」

「なら安全だと油断してくれるほど甘くはない」

「奇襲に対するセオリー通りに対処してくるはずだ」

と伝えていく。

コハクが

「ならばこの隙に、スイカたち皆を奪還するぞ」

と言うが、司が

「難しいね、側にスタンリーがいる」

「乱戦にあんれば人質が死ぬよ」

と止める。氷月は

「それよりも、彼らの通信機を破壊しましょう」

「今なら乱戦の中可能かもしれません、千載一遇です」

と言うと、コハクが

「なるほど、私も学んで知っているぞ、通信こそが近代戦の要だと」

と言い、氷月は

「いえそれどころか、この戦い、通信ネットワークさえ独占すれば、その時点で私たちの勝ちなのですよ」

と言い放つ。

コハクが

「どういうことだ!?」

と驚くと、氷月は

「考えてみてください」

「人質であるゼノ君の喉元に刃を当て、スタンリー君たちに降伏を迫る」

「そんな簡単なカードを私たちが出せない理由はなんですか?」

と聞き、司が

「敵の本土にニッキーたち何十人もの仲間が人質として残されているからだね」

「人質の持ち合いが均衡を生んでいる」

と説明していく。

コハクが

「ああ、私たちがゼノを傷つけたりすれば、たちまち北米のコーンシティに連絡され、皆に危険が」

と言うと氷月の狙いに気づき、氷月は

「そう、彼らが連絡をとれなくなり、本土の人質は意味をなさないのです」

「あとはゼノ君の指でも足でも一本ずつ一本ずつ切り落としていけば、スタンリー君たちを降伏させられますよ」

と伝えていく。

コハクが

「いや、不可能だろう、そんなことは」

「そもそも人質なら今、スイカたち4人も捕らわれているのだぞ!?」

と返すが、氷月は

「全員の命がかかっているのです」

「わずか4人を見捨てて勝てるのなら、一つの選択肢としてあり得るということです」

と伝えていく。

コハクが

「ハ、そんな策を私たちが許すとでも思ったか!?」

と言うと、司は

「うん、それを実際に実行するかはともかく、選択肢としてある以上、スタンリーたち目線で見れば、通信機を破壊された場合、早急に修理せざるを得ないわけだ」

「莫大なタイムロスを与えられるね」

と言い、コハクも

「ああ、その目的だけならば私も賛成だ」

と賛同していく。

マヤが気配を察知し、

「全米女子格闘チャンピオンの勘~?」

「見ぃつけたぁ」

とコハクたちに気づいていく。

発見された氷月が

「まあ、死は確実な状況ですが」

と言い、司は

「うん、ただ黙って撃ち殺されるわけにもいかないかな」

と言い、コハクは

「最期に、通信機だけは破壊するぞ」

と言う。

コハクが

「ハ、まさかこの3人でトリオを組んで戦える時が来るとはな」
とトリオを組んで、マヤたちに挑んでいく。

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「ドクターストーンDr.STONE」以外にU-NEXTで見れる動画

それではここからは、U-NEXTで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

U-NEXTで見れるドラマは下記になります。

・一億円のさようなら
・記憶捜査2
・先生を消す方程式
・マリーミー!
・アンフェア
・僕はどこから
・アンナチュラル
・おっさんずラブ
・この男は人生最大の過ちです
・トリック
・中学聖日記
・白夜行
・おじさんはカワイイものがお好き。
・君と会えた10+3回
・竜の道
・カルテット
・科捜研の女
・Nのために
・アリバイ崩し承ります
・きのう何食べた?
・初めて恋をした日に読む話
・文学処女
・凪のお暇
・ハケン占い師アタル
・カンナさーん!
・ケイジとケンジ
・ホームルーム
・ねぇ先生、知らないの?
・未解決の女
・相棒
・小さな巨人
・エール
・半分、青い
・なつぞら
・まんぷく
・いいね!光源氏くん

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・ハイキュー
・犬夜叉
・おそ松さん
・TIGER&BUNNY
・ドラゴンボール超
・NARUTO
・BORUTO
・僕のヒーローアカデミア
・銀魂
・無限の住人
・弱虫ペダル
・炎炎ノ消防隊
・映像研には手を出すな!
・ダイの大冒険
・あやつり左近
・ゆるキャン△
・行け!稲中卓球部
・パタリロ!
・ブラッククローバー
・進撃の巨人
・ワンパンマン
・幽遊白書
・レベルE
・ハンターハンター
・Re:ゼロ
・メアリと魔女の花
・魔法陣グルグル
・るろうに剣心
・約束のネバーランド

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・U-NEXTなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画、音楽ライブなどを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはU-NEXTならではです!

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

U-NEXTで「ドクターストーンDr.STONE」のアニメも漫画も楽しもう!

今回ご紹介した「ドクターストーンDr.STONE」の動画ももちろんのこと、U-NEXTなら

・カンテレ制作のドラマ
・NHKのドラマ
・このミステリーがすごいシリーズ
・人気漫画
・人気アニメ
・人気映画
・人気ドラマ

全てを見ることができます!

動画だけでなく電子書籍まで読めてしまうのがU-NEXTのメリットです!

それでは是非無料期間だけでも、U-NEXTを試してみてくださいね。

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 
【この記事もおすすめ】

【ドクターストーンDr.STONE】20巻のネタバレ!アニメ無料動画と無料漫画まとめ

【ドクターストーンDr.STONE】184話185話のネタバレ!アニメ無料動画と無料漫画まとめ

【ワンピース】99巻ネタバレ!アニメ無料動画と無料漫画まとめ

【監察医朝顔2】13話14話のネタバレと見逃し配信無料動画の視聴方法まとめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。