【エール】第7週のネタバレ!佐藤久志との再会と作曲の悩み

朝ドラ「エール」の第7週のあらすじと、ネタバレ、感想を紹介していきたいと思います。

「エール」の第6週では、裕一(窪田正孝)は留学と結婚の事で胸を躍らせて実家の福島に帰りました。

しかし、留学はまだしも、結婚の事を誰も良く思っていませんでした。

三郎(唐沢寿明)が全てうまくいってると言っていたのはでまかせでした。

そこで裕一は、藤堂先生(森山直太朗)に相談すると、

「何かを得たいなら、何かを捨てなければいけない」

と諭され、音との決別を決意し、その旨を手紙にしたためる。

しかしその後、世界的不況から留学の話が取り消しになってしまい、留学の道も音との関係も終わってしまった裕一は塞ぎ込み、権藤家の養子になる事を決意する。

その頃音は、三郎から裕一の様子を聞き、何とかせねば・・・と駆けずり回り、姉の吟(松井玲奈)の見合い相手の叔父がコロンブスレコードの人間だと聞き、コロンブスレコードの廿日市(古田新太)に裕一の契約話を持ち掛ける。

一度は断られた契約だが、再びコロンブスレコードに出向くと、契約の承諾を得た。

音はコロンブスレコードの契約書を持って裕一のもとへ会いに行くが、裕一は「これ以上傷つきたくない・・・」という様子で塞ぎ込んでいる。

権藤家の養子になる事を決めていたが、茂兵衛(風間杜夫)が「裕一は繋ぎであって、本当の跡取りを早く用意せねば・・・」と話しているのを聞いてしまい、裕一は音楽の道を進むことを決意するのであった・・・。

それでは、「エール」の第7週のネタバレを紹介していきたいと思います。



朝ドラ「エール」第7週ネタバレ「新生活」

裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)は東京で新婚生活を始めた。

音の学校の近くの喫茶店「バンブー」裏の借家が夫婦の新居となった。

コロンブスレコードとは年に3500円という大金で専属契約を交わしている裕一。

最低でも月に2曲は作曲する契約だったが、廿日市がことごとくボツにするため、半年後には21曲連続不採用となってしまった。

裕一と同期の作曲家・木枯正人(野田洋次郎)も似た状況でだった。

春になり、音の東京帝国音楽学校が始る。

学校には女生徒が「プリンス」と呼んで憧れる3年生の男子学生(山崎育三郎)おり、彼は学園のスター的存在だった。

ある日、プリンスが1年生の夏目千鶴子(小南満佑子)を相手に、皆の前で歌を披露。

千鶴子は最年少で帝国コンクール金賞に選ばれた実力の持ち主。

皆は学校の創立記念日に開催される公演『椿姫』の主役は、この2人で決まりだろうと噂していた。

しばらくして、木枯の曲がレコード化され、裕一は先を越されながらも木枯を祝福する。

夜、木枯の誘いで華やかな女給がいる社交場のカフェーに行く2人。

木枯としては曲作りのための人間観察だったが、帰宅した裕一が音にカフェーのことを隠していると、音にバレて喧嘩になってしまう。

翌日、喫茶店「バンブー」には音とプリンスが居た。

音が浮かない顔をしていたのでプリンスが声を掛けたのだった。

そこへ裕一が入ってくる。

プリンスはハッとして

「古山か!僕だよ。佐藤久志」

と声を掛ける。

プリンスの正体は、裕一の小学校時代のクラスメイト・佐藤久志だった!

久志から作曲活動を励まされた裕一。

しかし、さらに半年過ぎても裕一の曲は採用されず、廿日市から2年目の契約金は半額だと言い渡されてしまう。

それに納得できない音は、廿日市に直談判に行き、前年通りの契約金にすることを了承させるのだった。

数日後、裕一はコロンブスレコードのサロンで憧れの小山田耕三(志村けん)に出会う。

音が廿日市に直談判したとき、実は裕一がコロンブスレコードの専属になれたのは、小山田の推薦があったからだった事が明かされた。

小山田先生の顔に泥は塗れない!と、作曲に勢力を出す裕一だった。

音は久志の勧めもあり、記念公演『椿姫』の主役選考会に応募する。

しかし、一次審査当日、心労で倒れた裕一を介抱したため、開始時刻ギリギリの到着になってしまった音。

教官からは失効と言われてしまうが、ライバルの千鶴子が「まだ1分前」と助け船を出してくれたおかげで、音は一次審査を通過することができたのだった。

朝ドラ「エール」第7週「新生活」の感想・今後のネタバレ

この第7週では、上記で紹介した内容の他、小山田耕三(志村けん)と裕一が初めて顔を合わせて話す機会がありました。

そこでの小山田耕三の塩対応が話題になり、これは、同じ作曲家であっても、まだまだ小山田耕三と裕一では格が違う・・・それを小山田耕三が示したのではないか・・・と言われていましたが、私はこれは違うと思います。

小山田耕三は青レーベルの重鎮です。

そして、古山裕一も青レーベルの作曲家になりたいのですが、求められているのは赤レーベルです。

なので、先ず赤レーベルで結果を出してから、青レーベルに来なさい・・・という意味も含めて、小山田耕三は

「古山君・・・赤レーベルではどんな曲を出したのかね?」

と聞いたのではないか・・・と私は思っております。

自分が赤レーベルの作曲家なんだということを自覚させて、先ずはそこで頑張れという意味だったんじゃないか・・・と感じました。

そしてこれから、第8週では裕一の作曲家としての成長が観れる事になります。

ここからの新しい展開がまた楽しみですね!

 
【第8週のネタバレはこちら】

【エール】第8週のネタバレ!裕一の成長と「紺碧の空」

 
【第6週のネタバレはこちら】

【エール】第6週のネタバレ!音との別れと留学・コロンブスレコード

 
【全週のネタバレはこちら】

【エール】ネタバレ!朝ドラは不評?最終週最終回まで公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。