【エール】24話ネタバレ!御手洗(古川雄大)の過去ネタバレ

NHK連続テレビ小説「エール」24話のネタバレをしていきたいと思います。

第4週、そして第5週の見どころの一つと言えるのが、御手洗清太郎(古川雄大)の存在だと思います。

第5週の24話では、そんな御手洗の過去に触れる場面があります。

第5週と言えば、文通をしていた裕一(窪田正孝)が音(二階堂ふみ)に会いに豊橋に来て、ひと悶着ある話です。

そこでは、鶴亀寅吉(古舘伊知郎)と出会い、豊橋で演奏会を行う話から、裕一が音にプロポーズする場面まで描かれ、第5週の最終話となる25話では、小山田耕三(志村けん)も若干ながら登場します。

それでは、見どころ満載の第5週の24話のネタバレを紹介していきたいと思います。



「エール」のネタバレ一覧

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレなどを項目ごとに用意しました!

気になる箇所をクリックしてみてくださいませ!

・24話のネタバレはこちらから

・御手洗清太郎(古川雄大)の過去とこれからのネタバレはこちらから

・第5週のネタバレはこちらから

・第6週のネタバレはこちらから

・第1週からの全てのネタバレはこちらから

「エール」24話のネタバレ

三郎(唐沢寿明)は福島に帰っていき、音(二階堂ふみ)は父を題材にした作詞に取り組んでいた。

曲が出来たら裕一との初舞台で歌うつもりだが、亡き安隆(光石研)の魅力をうまく表現することができない。

そこで梅(森七菜)に手伝ってほしいと頼んだが、あっさり断られた。

「あ~、わかった。詩って難しいもんね~書けんのでしょ」

プライドが高い梅の性格をわかったうえでそう言うと、案の定、梅は

「書けます!」

と即答してきた。

一方、裕一(窪田正孝)は御手洗(古川雄大)を訪ね、演奏会用の曲作りに協力してもらうことにした。

まずは裕一の譜面どおりに御手洗にピアノを弾いてもらい、それを聴いてさらにイメージを膨らませていくのだ。

おかげでずいぶんとはかどり、裕一は御手洗に礼を言った。

帰り支度を始めた頃、裕一は気になっていたことを尋ねてみた。

「あの・・・どして、先生って呼ばれっことが嫌いなんですか?」

「私、ほら!・・・こんなんでしょう。」

「学校でね、先生に、男なら男らしくしろ!って殴られたの。」

「泥水を飲まされたこともあった。これが治るってね」

明るい御手洗にそんな過去があったと知って、裕一は驚いた。

「どうしようもないのよ、こうして生まれてきちゃったんだから。」

「幸い両親は認めてくれてね、海外へ早く行かせてくれたの。」

「もちろんあっちでも、東洋人だって差別を受けたわ。」

「だけどあっちはね、結果を出せば認めてくれるの。死に物狂いで頑張ったわ」

「す、すごいです。せ、ミュージックティーチャー」

「私は恵まれてたほう、みんな隠して生きてるの。」

「先生って言葉が嫌いなのは、昔の辛い記憶を思い出しちゃうから、ってわけ」

「音さんにも、言っておぎます」

「やめて、辛気臭いのは嫌いなの。私は音楽と出会って、救われた。」

「自分の存在を認められた。あなたには、私みたいなつらい人たちに力を与える曲を作ってほしいの。」

「どう?トライしてくれる?」

「はい!」

裕一が関内家に戻ると音は不在で、作業場にも居間にも屋根裏部屋にも、誰の姿もなかった。

不思議に思って三姉妹の部屋に行ってみたところ、梅がいた。

「みんなは?」

「吟は東京へ行くための買い物。ほかは、軍に納品しに行った」

「う、梅ちゃんは何してんの?」

「お姉ちゃんから詩を書けって言われました。質問があります。」

「どうやって作曲するんですか?」

「そだね・・・いろいろだけど、大体何かきっかけがあったら、パーンと曲が降ってくるんだ。参考になった?」

「全くならない」

「・・・だ、だ、だって、言いようがないんだ。」

「どうしてそんなごど知りたいの?」

だが、梅は返事をしない。

「僕の質問にも答えでよ。ね?二人だけの秘密にすっから」

すると梅は文芸雑誌を開き、裕一に渡してきた。

小説の新人賞受賞作を掲載しているページだ。

「へぇ~16歳か、すごいね」

「16歳で賞取る子がいるのに、私は一度も最後まで書けないの・・・おもしろくない、ありきたりだ!って気がして。」

「裕一さん、さっきパーンと降ってくるって言っとったでしょ。どんな感じ?」

「だ、だ、大体は、一曲まるまる浮かぶことが多いがな」

「やっぱりそうなんだ。私、だめだ」

梅は本気で小説を書きあげたいのだろう。

だからこそ、苦しんでいるのだと裕一は感じた。

「ものを作るには、何かのきっかけどが、つながりが必要なんだ。」

「う、う、梅ちゃんは自分の中から出そうとしてっけど、書けないなら、外に目を向けてみっとよいがも」

「・・・なるほど・・・参考になった」

固かった梅の表情が和らいでいた。

「しっかりとしてるね、安心した。お姉ちゃんの歌詞書いてみる」

裕一は笑顔で三姉妹の部屋を後にした。

※第24話の続き、第25話のネタバレはこちらからどうぞ
 

御手洗清太郎(古川雄大)の過去のネタバレ

御手洗清太郎は、外見は男であっても女である。

そのことを1930年、昭和5年では受け入れてもらえないのもそのはず。

「学校でね、先生に、男なら男らしくしろ!って殴られたの。」

「泥水を飲まされたこともあった。これが治るってね」

「どうしようもないのよ、こうして生まれてきちゃったんだから。」

御手洗は幼い頃のことをこう語っています。

しかし、御手洗は辛い思いばかりしてきたわけではありません。

両親は理解を示してくれたのです。

「幸い両親は認めてくれてね、海外へ早く行かせてくれたの。」

海外でも辛い経験をしながらも、御手洗は成長していきます。

「もちろんあっちでも、東洋人だって差別を受けたわ。」

「だけどあっちはね、結果を出せば認めてくれるの。死に物狂いで頑張ったわ」

「私は恵まれてたほう、みんな隠して生きてるの。」

こういった辛い思い出があるからこそ、“先生”と呼ばれる事が嫌なのだそうです。

泥水を飲ませてきた教師を思い出してしまうから・・・。

「先生って言葉が嫌いなのは、昔の辛い記憶を思い出しちゃうから、ってわけ」

そんな辛い思いをしてきた御手洗を救ったのは、音楽でした。

「私は音楽と出会って、救われた。」

そして御手洗は、未来への希望を裕一に託すのでした。

「自分の存在を認められた。あなたには、私みたいなつらい人たちに力を与える曲を作ってほしいの。」

「どう?トライしてくれる?」

そんな御手洗の希望を、裕一も快諾する。

御手洗清太郎(古川雄大)のこれからのネタバレ

御手洗先生は、プロの歌手になるために、コロンビアレコードのオーディションに参加する話があります。

この話には、佐藤久志(山崎育三郎)も一緒にオーディションに参加します。

ちなみに、このオーディションで歌手デビューが決まった人には、古山裕一が作曲する曲でデビューすることになっています。

御手洗先生はコロンブスレコードの新人歌手募集に応募するため、最後のチャンスとして豊橋から上京してきます。

そこに偶然、裕一と久志もやってきて、御手洗先生と久志はお互いを「スター御手洗」「プリンス佐藤久志」と名乗り、火花を散らします。

これは第13週「新人歌手は誰だ」での一コマです。

第13週のネタバレはこちらから
 

御手洗清太郎(古川雄大)の活躍はまだまだ続く!

朝ドラって毎回、注目の俳優さんが出てきて本当にすごいですよね。

今回の朝ドラ「エール」ではそれが御手洗清太郎(古川雄大)になりそうです。

それではこれからも朝ドラ「エール」を楽しんでいきましょう!

 
【この記事もおすすめ】

【いいね!光源氏くん】再放送は?ネタバレを最終回結末・原作漫画最新話まで紹介

【鬼滅の刃】203話ネタバレ!次回最終回を迎える根拠と不安

「JIN仁」ネタバレ!原作も面白い?最終回結末をキャスト毎に紹介

【M 愛すべき人がいて】ネタバレ!最終回結末は原作と違って?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。