【ムチャブリ!】最終回の見逃し配信・動画無料視聴方法!これまでのネタバレ!

日本テレビの水曜ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」の最終回のあらすじやネタバレ、キャスト情報や無料動画や見逃し配信の無料視聴方法などについて紹介したいと思います。

このドラマは渡邉真子さんのオリジナル脚本で、主演を演じる高畑充希さんは日テレ水曜ドラマ枠の中で「過保護のカホコ」、「同期のサクラ」と演じてきましたし、どのように物語が進んでいくのか、結末がどのようになるのかなど注目です!

という事で、先ずはドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」の動画配信や見逃し配信について紹介していきたいと思います。

check

水曜ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」の無料動画や見逃し配信の視聴方法

先ず、見逃し配信と言えば「TVer」が一般的なのですが、「TVer」では最新のドラマが見逃し配信として一週間しか配信されません。

今回ご紹介する日本テレビの水曜ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」も例外ではありません。

では、どうすれば見逃してしまった「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」を見ることが出来るのか、またもう一度1話や2話が見たい場合に、「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」をどうすれば見ることができるのか・・・「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」の動画配信を見る方法は一つだけあります。

・Hulu
「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」は日本テレビのドラマなので、Huluで全て見ることができるし、他にもアニメやドラマ、映画などが豊富に見れます。

つまり・・・Huluを利用することが、「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」を見る唯一の方法なのです!

HuluではNHKの日本テレビのドラマやバラエティ以外にも、人気ドラマやアニメ、映画、ライブなど多種多様の動画を見ることが出来ます!

ですので、「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」をどうしてもご覧になりたい場合は、Huluがおすすめです。

登録無料!Hulu公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

水曜ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」最終回のあらすじ・ネタバレ

「リレーション・フーズ」の解散が言い渡され、自分の無力さに打ちひしがれる雛子(高畑充希)。

家を出て行った浅海(松田翔太)からの連絡も途絶え、大牙(志尊淳)からも「僕は終わりにする」と言われてしまった雛子は、自分の“幸せ”がどこにあるのかわからなくなってしまう。

自分のことはさておき、社員の幸せな未来のために奔走する雛子が会社を辞める覚悟だと察した大牙は、「リレーション・フーズ」を本社から買い取ろうと決意。宮内(荒川良々)をはじめとする社員たちは張り切るが、そう簡単に買収に必要な金額が集まるはずもなく…。

そんな中、柚(片山友希)に連れられて、野上(笠松将)が現れた。「野上フーズ」を辞めた彼は、雛子の熱意に敬意を表し、銀行や投資家を紹介すると申し出る。雛子たちは盛り上がるが、葛原(坪倉由幸)は既に「リレーション・フーズ」の売却先を決定済で…。万事休すの雛子たちは会社の解散を覚悟するが、そこに思いがけない人物から連絡が入る!

登録無料!Hulu公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」以外にHuluで見れる動画

それではここからは、Huluで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

Huluで見れるドラマは下記になります。

・未満警察ミッドナイトランナー
・極主夫道
・ギルティ
・逃げるは恥だが役に立つ
・バベル九朔
・ハケンの品格
・35歳の少女
・おっさんずラブ
・この男は人生最大の過ちです
・トリック
・中学聖日記
・白夜行
・おじさんはカワイイものがお好き。
・カルテット
・Nのために
・MOZU
・きのう何食べた?
・凪のお暇
・あなたの番です
・シロでもクロでもない世界でパンダは笑う
・親バカ青春白書

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・ハイキュー
・呪術廻戦
・犬夜叉
・TIGER&BUNNY
・おそ松さん
・ひぐらしのなく頃に
・NARUTO
・BORUTO
・僕のヒーローアカデミア
・銀魂
・無限の住人
・弱虫ペダル
・炎炎ノ消防隊
・Re:ゼロ
・ホイッスル!
・バケモノの子
・ピアノの森
・君に届け
・境界のRINNE
・蟲師
・進撃の巨人
・ワンパンマン
・幽遊白書
・金田一少年の事件簿
・ぼくらの
・ゆるキャン△
・涼宮ハルヒの憂鬱
・約束のネバーランド

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・Huluなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画、音楽ライブなどを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはHuluならではです!

登録無料!Hulu公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

水曜ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」これまでのあらすじ・ネタバレ

出世欲ナシ!争いごとキライ! 目立たず、仕事はほどほどに。
そんなイチ社員だった彼女を襲った悲劇は── 「私が社長に!? 」

いきなり子会社の社長に大抜擢!
従業員との衝突、売り上げ不振、ライバル社との戦い!
どうして私がこんな目に…!?
こうなったら…
そのムチャブリ、チャンスにさせていただきます!!

さらに、全くタイプの違うオトコたちに板挟み!?
カリスマ上司とナマイキ部下、どっちも難アリ!! 果たして恋には発展するのか!?
雛子の明日はどっちだ?

一歩ずつだけど着実に前に進むさとり?ゆとり?
そんな言葉では縛られない! 等身大ヒロイン登場!

人生は夢中になるから面白くなる!

仕事も恋も無理難題(ムチャブリ)の嵐を突き進め!

爽快!お仕事エンターテインメント!!

水曜ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」1話のあらすじ・ネタバレ

高梨雛子(高畑充希)は、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長し続けるベンチャー企業「リレーション・ゲート」の社長秘書。社長の浅海(松田翔太)はカリスマ性のある男だが、直感で動く彼の“ムチャブリ”に、雛子は振り回されてばかり。おかげで6年間彼氏ナシのまま、30歳を迎えてしまった。

そんな雛子にクリスマスイブの夜、いつものように浅海から突然の電話が入る。社内で募っていた新規事業の企画に雛子も応募しろというのだ。いつものムチャブリに雛子はヤケクソで、数年前に出した企画書の年号を平成から令和に書き換えただけで提出する。すると困ったことに企画は採用され、雛子は前ふりもなく、子会社設立の記者会見の場で、突然社長に任命されてしまう!

右も左もわからないまま、浅海が買い取った創業50年の老舗フレンチレストランを、1ヵ月でリニューアルオープンするよう命じられる。部下として配属された野心家でナマイキな若手社員・大牙(志尊淳)は、自分の新規事業の企画が雛子に負けたことを納得していない様子。

そんな大牙たちと共にレストランへ向かった雛子だったが、店が買い取られたことを知らされていなかったシェフの古賀(神保悟志)たちは猛反発!社長就任早々、大ピンチに陥った雛子の運命は…!?

ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」1話のネタバレ・感想

突然の子会社社長抜擢、しかもその通達は社外向けの新事業発表会。全くの異業種である外食産業に新規参入するために、老舗フレンチレストランの買収の話までもうまとめられており、1カ月後にはそのリニューアルオープン、さらに将来的には全国展開に乗り出すという怒涛の無茶振りの連続が描かれた第1話。

無茶振りを仕掛けたのは、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長し続けるベンチャー企業「リレーション・ゲート」のカリスマ社長・浅海寛人(松田翔太)、仕掛けられたのはその秘書を務める高梨雛子(高畑充希)だ。寝耳に水とは言え、捉え方を変えれば、“選ばれし者”、“エリートコース”にも思えるが、出世欲がなく現状維持派の雛子にとっては青天の霹靂のようだ。

これまではとにかく浅海の指示通り目の前の仕事をこなし、調整役ばかり担ってきた“社長の伝書鳩”こと雛子が、いきなり人を束ね、進むべき未来や“ありたい姿”を示し共有する必要がある社長というポジションを任されるとは……。

雛子も勤続年数8年、30歳を迎え、もちろんひらめき型の浅海を日々サポートする秘書業務はさぞかし大変だろうが、そんなに真新しい変化もなければ、大体のことは過去の経験値に則り何とか自分で対処できるだろう。目下の仕事に精を出し忙しくしていれば、たまに頭をもたげる“私、このままでいいのかな?”“私の本当にやりたいことってこれだっけ?”という疑問も直視せずに済む。“仕事も恋も頑張りたい”と目を輝かせていた入社当初の自分はどこへやら、“現実はこんなもん”、“自分はこの程度”と物分かりの良い振りをして、「変われない自分」をやり過ごすことばかり上手くなってしまう。他の誰でもない自分が自分自身に期待できず、その可能性を見切ってしまう。

浅海いわく「社長の仕事は決断」とのことだが、「決める」ためには「取捨選択」が伴い、そのためには様々な選択肢、可能性とリスクに向き合い、メリットとデメリットを天秤にかけて都度ジャッジする必要がある。“人生停滞気味”という雛子にとっては、これまで放棄し続けてきた作業の連続になるのだろう。

でも、そんな雛子だからこそ、動かせる人の心、アプローチがあったのだ。「今さら変われねぇんだよ」とリニューアルに反発する老舗フレンチシェフの古賀(神保悟志)の言葉は、優秀で合理的な野心家の若手部下・大牙涼(志尊淳)に思わずこぼした彼女の「わかってるんだよ。わかっててもどうしたら良いかわからない」という本音と重なる。

正論と事実をデータで示し「そんな考えだから店が潰れるんですよ!」と真っ向勝負しかできない大牙の言動は、ある意味若さゆえ、まだまだチャレンジも失敗も許される年齢ゆえに言える強気な言葉として古賀には聞こえてしまったかもしれない。

“今さら”だと現状を見て見ぬ振りし、自ら「変わるチャンス」を手放し続けてしまったことへの後悔、自分でハードルを高くしてしまったがゆえにそれを今さら認めることへの怖さ、“ここで認めたら負け”というような妙な敗北感と隣り合わせの歪なプライドを共有し合えるのが古賀にとっては雛子だったのだろう。

なかなか現実には起こり得ない本作の突拍子もない話の展開とは裏腹に、なぜか雛子の存在はどこか近くに感じられる。それはやはり高畑演じる雛子の“本音と建前”の使い分け、“オンとオフのギャップ”などがやけにリアルで、観る者が思わず職場の誰かや仕事上でのワンシーンと重ね合わせてしまうところがあるからではないだろうか。

「役が人を作る」「役が人を育てる」という言葉があるが、与えられた役回りによって人はその役職にふさわしい立ち振る舞いをするようになり、結果役職に見合った人材に育つという考え方だ。その一端が早くも第1話の雛子の姿から垣間見えたようにも思える。いくら直感型の浅海とはいえ、切れ者でやり手社長の彼のことに、雛子を今回のポストに大抜擢したのには何か思惑があるのだろう。

浅海の新メニュー試食会もクリアし、シェフの古賀と雛子たちの間に連帯感も芽生えたようだが、無事リニューアルオープンを迎えられるのか。浅海が最初に描いた計画通りに事は進むのか。このドタバタ劇の続きが気になる。

水曜ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」2話のあらすじ・ネタバレ

ベンチャー企業、リレーション・ゲートの社長・浅海(松田翔太)から子会社の社長を“ムチャブリ”され、老舗フレンチレストランのリニューアルに挑むことになった雛子(高畑充希)。周囲は盛り上がるが、レストランのオープンに向けて決断しなければならないことが多すぎて、雛子はキャパオーバー寸前。そんな状態を部下の大牙(志尊淳)から鼻で笑われた雛子は腹を立てるが、結局は戦略的で決断力のある彼にオープンの準備を任せることに。

そして迎えた、新装開店の当日。雛子は緊張しながら店のドアを開けるが、客はおらず…。知美(夏帆)から近所に話題のイタリア料理店が出店したと聞かされ、焦る雛子と大牙。そんな2人の前に、大手外食企業「野上フーズホールディングス」の御曹司・野上(笠松将)が現れる!

野上が手掛けたイタリアン「リストランテベーネ」に、すっかり先手を打たれる形になってしまった雛子。雛子と大牙は、「プチボナール」に客を呼び込むための起死回生の一手を打つことができるのか…!?

さらに、雛子の前に謎の女性・桧山凛々子(優香)も現れ…

水曜ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」2話のネタバレ・感想

子会社社長に就任した高梨雛子(高畑充希)が無事カジュアルフレンチ「プチボナール」オープンに漕ぎ着くまでの奮闘が描かれた第2話。

親会社「リレーション・ゲート」のカリスマ社長・浅海寛人(松田翔太)が「社長の仕事は決断すること」と話していた通り、オープン前から雛子の目の前には“選択と決断”を迫る問題が山積みだ。店名に始まりホームページにチラシのレイアウト、店内リニューアルのための内装、提供するナッツにワインの指定まで……当然のことだが、“決める”ということはかなりのストレスを伴う。多数の選択肢の中からターゲットや目的に合わせて最適な選択肢をチョイスしていく必要があるのはもちろん、そこに“正解”はなく、“決断”にはいつだって“責任”がついてまわる。浅海社長のムチャブリに振り回されていたとはいえ、指示通りに動いていれば良かったかつての秘書時代の自分と比較して、今は全く違う種類の苦悩を噛み締める雛子の様子が映し出された。

そこでなかなか決め切れない雛子の様子を見かねた野心家で優秀な若手部下・大牙涼(志尊淳)が、代わりにオープン準備の指揮を執ることに名乗り出る。ここでもまた一人で抱え込みがちな大牙の習性が出てしまうのだった。責任感の強さゆえ追い込まれると視野が狭くなってしまうところ、真面目さや誠実さも相まってデータや数字の試算を優先し定量的観点が強くなるところは、彼の強みの裏返しとも言えるだろう。

オープン初日を迎えるも、大手外食チェーン「野上フーズホールディングス」の野上(笠松将)が手掛けた人気のイタリアンレストランが駅の反対側にオープンし、話題性もお客様もごっそり持っていかれてしまい、目標金額には大きく届かず……。しかし、そんな八方塞がりな状況を打開したのは、雛子の“お客様の笑顔が見たい”という初心だった。ただでさえ敷居の高さがあるフレンチレストランに子連れでも来てもらいやすいようにと「ファミリーデー」を設け、10歳以下の子どもを対象に無料にすることを思いつく。

入社研修の企画書にも書いていた通り、そもそも雛子はこのレストラン事業を「全ての人を笑顔にするプロジェクト」と位置付けており、それは店名“プチボナール=小さな幸せ”にも込められている。“レストランに来てくれるお客様も、働く人もみんなで幸せになれるレストランにしたい”という想いは、実は新入社員時代からずっと消えずに彼女の中で変わらずあり続けた想いだったのだ。雛子の想いや定性観点、大牙の分析力に定量観点が合わされば、“水と油”がむしろ“鬼に金棒”となりとても良いコンビネーションを発揮し始める。

大牙役の志尊淳は、これまで人懐っこく調整役となるようなポジション、同じ“年下役”でも“可愛い弟キャラ”を演じることが多かったように思うが、本作ではポーカーフェイスで少しトゲがあり一匹狼のような側面もあるクールなキャラクターを見事好演し、これまでとはまた違う表情を見せている。大牙が雛子と触れ合う中で、どんなふうに変化していくのかも見どころだろう。

そして早くも雛子の恋の予感を感じさせるシーンがラストに待ち受けていた。“こいつ嫌い”だと心の中で何度も繰り返し唱えていたはずの浅海が、経営コンサルタントの桧山凛々子(優香)と親しそうな様子を見ると、自分の心の中がざわめくのを初めて自覚する。「ビビッと来たんだよ。君にね」と言って、去り際に雛子の頭にポンと手を乗せた浅海の本心も気になるところだ。今後、雛子と凛々子は仕事上でも関わりが出てきそうだが、どんな2人の掛け合いが見られるのか楽しみだ。さらに次週、雛子が学生時代に気になっていた同級生役として浅香航大の出演も控えているようで、雛子を取り巻く周囲が仕事だけでなく一気に騒がしくなりそうだ。

水曜ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」3話のあらすじ・ネタバレ

レストラン「プチボナール」で、雛子(高畑充希)の高校時代の同窓会が開催された。6年間も恋から遠ざかっていることを友達にたしなめられた雛子は、学生時代に気になっていた同級生の加賀美(浅香航大)と連絡先を交換。久しぶりの恋のはじまりに、雛子は浮かれ気分だ。

そんな中、浅海(松田翔太)からレストランのチェーン展開に備えて準備するよう言われた雛子は、浅海と親しいコンサルタントの凛々子(優香)に相談。凛々子のアドバイスを受けて、「プチボナール」でしか食べられない目玉商品を作り出すことになる。話を聞いた大牙(志尊淳)は、話題作りのためにスイーツコンテストに出品してはどうかと提案。雛子は、パティシエ志望の萩尾(松岡広大)に新作スイーツの開発を託すことを決める。

加賀美とのデートはトントン拍子に進み、仕事と恋の両立を楽しみ始めた雛子。しかし、萩尾の新作スイーツ作りが思いがけない壁にぶち当たり…!

雛子は、膨大な仕事量と加賀美との恋愛を両立することができるのか!?

水曜ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」3話のネタバレ・感想

子会社社長・高梨雛子(高畑充希)が仕事と恋の両立に四苦八苦する姿が描かれた第3話。

親会社「リレーション・ゲート」のカリスマ社長・浅海寛人(松田翔太)に続き、雛子に恋の予感をもたらしたのは、高校の同窓会で再会を果たした同級生の加賀美(浅香航大)だ。

「仕事頑張ってる女性が好き」だと口では言いながらも、実際には“ほどほどに”頑張っている女性が好きなだけの加賀美には既視感を覚える人も少なくないのではないだろうか。高頻度な連絡に、突拍子もない話の飛躍ぶり、なんだかんだ自分に従順な女性を好む加賀美は、まさに今仕事で踏ん張りどきの雛子には最も不向きな相手だろう。そもそも「仕事か俺か選んで」なんて、何事も二項対立で選択を迫ってくるような相手は危険すぎる……。さらに一見したところ、コミュニケーション能力も高く、紳士的な振る舞いで外面が良く、真っ当なことを言っているかのように聞こえてしまうからこそ恐ろしい。落とし穴的存在で、手に負えないモラハラ予備軍だ。

この初見ではわからぬ“危うさ”や“偏り”をはらむ加賀美役を見事演じる浅香は、『コントが始まる』(日本テレビ系)では、マクベスメンバーの高校時代の同級生でバスケ部エース、成績優秀なスーパースター、かつ現在は若手起業家という眩しいまでの好青年役を好演していた。ただ、浅香はこれまではどちらかと言うと陰な部分を持ち合わせたキャラクターを演じることが多かったように思える。『あなたの番です』(日本テレビ系)での刑事・神谷将人役のような合理的でポーカーフェイスな役どころや、映画『チア男子!!』での理屈っぽく友達もいなかった溝口渉役などが印象深い。一方で、映画『犬部!』では動物想いでとても実直な獣医学生・秋田智彦役を熱演していたのも記憶に新しい。

自分が無理ばかりしており、そもそも加賀美のことが好きかどうかさえわからぬことに気づいた雛子は、強引な彼の申し出を断るも引き下がってはくれず、途中で仲裁に入ってくれた野心家で優秀な若手部下・大牙涼(志尊淳)のおかげで何とか事なきを得られた。今回の一件で無理やり取り組もうとする恋愛よりも、仕事を通して一緒に働くスタッフそれぞれの成長や自己実現を近くで見られることが、今は何よりの喜びだと雛子は心底思い知らされたようだ。スイーツコンテストに挑戦し見事3位に選ばれたパティシエ志望の萩尾(松岡広大)の美しい新作スイーツと彼の笑顔が眩しかった。「美味い、美味すぎる」と言って目をキラキラさせながら彼の自信作を頬張る雛子の姿もとても魅力的で頼もしく、いつの間にやらすっかり社長然としてきたものだ。

そういえば、浅海社長は雛子の社長抜擢理由を「高梨はビジネスに向いてないから」と言っていたが、彼は雛子に何を託し、どんな展開を期待しているのだろうか。前話の「ビビッと来たんだよ。君にね」に続き、「俺が君を選んだじゃない?」とは浅海社長が雛子に投げかけた言葉だが、これは仕事上でだけの話だろうか。それとも恋愛的な意味合いも含むのだろうか。

大手外食チェーン「野上フーズホールディングス」の野上(笠松将)のやけに浅海社長のことをライバル視しているかのような言動も気になるところだ。

雛子の秘書時代の後輩である柚(片山友希)をデートに誘っていた大牙だが、彼の恋の行方もどうなるのか。カジュアルフレンチ「プチボナール」のチェーン展開とともに、雛子や周囲の恋模様から目が離せそうにない。

水曜ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」4話のあらすじ・ネタバレ

「俺が君を選んだ」。浅海(松田翔太)のひと言が気になって仕方ない雛子(高畑充希)は、チェーン店5店舗を1ヵ月後にオープンさせるという浅海の“ムチャブリ”をうっかり引き受けてしまった。急すぎる進行に社員たちも後ろ向きな態度。さらに大牙(志尊淳)も、柚(片山友希)とのデートでは会話が弾まず、同期が先に出世した焦りもあって、雛子への不満を隠さない。
そんな中、「プチボナール」の仕入れ先が、突然、ワインの取り引き停止を宣告してきた。野上フーズと専属契約を結ぶことになったのだという。仕事が増えて不満が高まる社員たちの手前、雛子は新しいワインの仕入れ先は自分で探すと宣言。

凛々子(優香)にも協力してもらいリサーチを進める中、知美(夏帆)から山梨の個人ワイナリーが作った「伝説のワイン」の存在を知らされる。
社員たちもうなるクオリティーの「伝説のワイン」。何としても仕入れようと、大牙と共に醸造元のワイナリーを営む春乃(南野陽子)の元を訪れる雛子。

しかし夫が亡くなってから春乃は新規にワインを作っておらず、貯蔵しているワインも売りたくないと、取り付くシマもない様子。雛子と大牙は、あの手この手で春乃を説得しようとするが…。

水曜ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」4話のネタバレ・感想

「俺……あなたのことすっげぇ嫌いなのに」

子会社社長・高梨雛子(高畑充希)に野心家で優秀な若手部下・大牙涼(志尊淳)が何か自身でも消化し切れない想いを伝えかけたところに、親会社「リレーション・ゲート」のカリスマ社長・浅海寛人(松田翔太)が現れたところで幕を下ろした第4話。

浅海からの「1カ月後にレストランチェーン5店舗オープン」の“ムチャブリ”に加え、「プチボナール」のワイン仕入れ元から突然取引停止の宣告受けた雛子。どうやら野上フーズと専属契約を結ぶことになったようで、御曹司の野上(笠松将)が裏で糸を引いているのだろう。浅海に異様な執着を見せていた彼が、浅海の秘書・柚(片山友希)に接近する不穏な動きも見られた。

ワインの仕入れ先候補として現在プレミア価格で取引されている「伝説のワイン」を作る山梨の個人ワイナリーに雛子と大牙で商談に向かうも、オーナーの春乃(南野陽子)には何を言っても暖簾に腕押し。亡くなった夫が作った「伝説のワイン」は現在製造も販売も中止しており、ストック分しか残っていないと聞いた大牙は、時間の無駄になるからと早々に切り上げ他を当たろうと提案する。

柚との恐竜展デートの前には恐竜について熱心に下調べをして臨むもいまいち盛り上がらず、仕事でも本社勤務の同期は大型受注を上げ社長賞をもらったと聞き焦りを募らせている大牙からすれば、行き当たりばったりで策なしなのに、なんだかんだ相手の心を動かし、結果自分の思う方に話を進められている雛子といると、自分の報われなさが際立ち苛立ちが募るのだろう。雛子の仕事の進め方を「生産性がなさすぎる」とした上で、「いっつもいっつも小さなせせこましいトラブルであたふたしている会社にもあなたにも、もう全部にイライラしているんです。そもそも俺はこんな子会社でくすぶっているタマじゃないんです。本社でもっと大きな、やりがいのある仕事がやりたいのに」と一気に不満をぶちまけてしまう。しかしこの不満は全て彼自身に向けられているようにも聞こえた。

今回の春乃の説得も、結局策なしかに見えた雛子の粘り勝ちとなる。ブドウの剪定作業などの農作業を手伝い、ワインボトルに込められた亡き夫から妻へのメッセージを大牙と共にたまたま見つけ出し、時間をかけとことん向き合った上で「このワインは諦めます。こんなに大切なものを“戴きたい”だなんてとんでもないことを言ってしまってごめんなさい」と、一気にこれまでのこだわりも投下した時間や労力も潔く投げ捨て引き下がる。結果、春乃は雛子のために新しいワインを作ってくれることになったのだ。効率を重視し、緻密にシナリオ設計しシミュレーションを練った上で物事を進めたい大牙には成し得なかったことだろう。

「結局ひっくり返してゴールを決めるのはいっつもあなた」だと雛子に言う大牙も、悔しいけれど雛子の仕事の進め方だからこそ切り崩せる山があることを感じたのだろうし、それにどこかできっと文句を言いながらも、雛子と一緒に仕事をすることに喜びや楽しみを感じ始めている自分もいるのだろう。それに自分とは違って「大牙くんのお手柄」だとこともなげに言えてしまう雛子のこともまた腹立たしい一方で、どこか嬉しさもあるのだろうが、それをまだ自分では認めてしまいたくはないのだろう。

春乃が亡き夫に言う「あんなに不器用で素直じゃない人、大嫌いよ」という最大の愛情表現を聞いて、雛子は自分の中に芽生えた浅海への気持ちを再確認したのだろうか。浅海の元恋人だった凛々子(優香)は初めて雛子を見た時に「あの子、あなたをこんなふうに笑わせるのね」とこぼしていた。自分と付き合っていた時には本当の笑顔が見られなかったと言う凛々子が気づいた浅海の変化は信憑性も高いのではないだろうか。

旅館に合流した浅海と雛子、大牙の三角関係がいよいよ動きを見せそうだ。

水曜ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」5話のあらすじ・ネタバレ

出張中の雛子(高畑充希)と大牙(志尊淳)の前に、浅海(松田翔太)が突然現れた。ワインの契約の件で浅海から褒められた雛子は、「もっといい社長になる」と宣言。大牙は、2人の親密そうな様子がなぜか気にかかる。

知美(夏帆)が雛子の会社の短期契約社員として働き始める一方、凛々子(優香)はレストランのチェーン展開のためには1号店で“圧倒的体験”を与えることが必要だと雛子に助言する。それを受けて、47都道府県の名産品を使った「日本列島フレンチフェア」を思いつき、浅海のようなリーダーシップで社員を牽引しようと張り切る雛子。大牙は、雛子が無茶をするのではないかと心配するが…。

そんな中、宮内(荒川良々)が気がかりな情報を仕入れてきた。野上フーズが、国産食材を使ったイタリアンフェアを計画しているというのだ。野上フーズに対抗するため、雛子はフェアの日程の前倒しを指示するが、大牙をはじめとする社員たちは猛反発。

雛子は浅海に「社長のようになりたかっただけなのに」と弱音を漏らす。しかし浅海は社長として、雛子が想像する以上の孤独を抱えていて…。

水曜ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」5話のネタバレ・感想

浅海からワイン契約の件を褒められた雛子はもっと「いい社長」になろうと決意。凛々子からプチボナールをチェーン展開するにあたり、1号店で“圧倒的体験”を与えることが必要だと助言されると、47都道府県の名産品を使った「日本列島フレンチフェア」を思いつく。浅海のようなリーダーシップをみせようと張り切る雛子だが、それが行き過ぎて社員たちと対立、孤立する…というのが5話の展開。

柚から浅海の誕生日をどう祝うかについて相談された話の流れで、大牙の話題になるものの、柚は「ボールペンを拾ってくれた人とデートがしたい」と話す…そこでボールペンを拾った野上が柚に「彼氏いるの?いないなら俺が立候補しようかな」と話したことが判明。視聴者から「それ野上だから!!!罠だから!!!!」「その相手は野上だな……?????ほんとあいつ……」など怒りの声が上がる。

その後、浅海から飲みに誘われた雛子は、葛原が野上と会っている現場を目撃する…その際、浅海は「葛原さんが裏切っていてもなんも思わない」と口にし、盟友である葛原が浅海を裏切るはずがないという雛子に「誰のことも信じなければいいだけ」と口にする…。

このセリフに「誰の事も信じないってある意味真理なんだよな」と共感や、「雛子を社長に任命して、失敗したとしてもまぁあの子のことは信じてなかったから…って逃げられるじゃん」と責任逃れの言葉だとする反応など様々な声が寄せられるなか、「この台詞、神崎直と出会う前の秋山だ」「ここはライアーゲーム……???」「あなた秋山さんですか?」などと、かつて松田さんが「ライアーゲーム」で演じた秋山深一を思い出す視聴者も続出している模様だ。

水曜ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」6話のあらすじ・ネタバレ

勢いで浅海(松田翔太)を抱きしめてしまった雛子(高畑充希)は、激しく自己嫌悪。「プチボナール」の新店舗5店舗オープンに向けて、大牙(志尊淳)の計画に沿って店の物件やシェフの選考を進めることになるが、身が入らない。
そんな中、雛子の母・令子(草刈民代)が突然現れた。

きちんとした性格で、計画通りに物事を進めなければ気がすまない令子は、起床時間からお弁当作りなど1日の過ごし方の完璧な計画を立て、雛子は仕事でも自宅でも追い詰められるハメに。
しかも、ようやくやってきた休日。令子が外出した隙に、雛子がゲーム&ビールのダラけた休日を満喫していると、令子が大牙を連れて帰ってきた!

外出先で大牙と偶然知り合った令子は、彼とすっかり意気投合してしまったのだ。

その後、会社にまで押しかけてきた令子と、浅海、大牙の4人で食事をすることになった雛子は生きた心地がしないが、新店舗の準備でも思いがけないピンチが発生し…!

水曜ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」6話のネタバレ・感想

雛子の母・令子(草刈民代)が突然家に押しかけ、当分泊まると言い出す。「プチボナール」新規5店舗オープンが迫り多忙を極める雛子だが、計画通りに物事を進めなければ気がすまない令子のせいで、雛子は仕事でも自宅でも追い詰められる。さらに令子は大牙と出会い意気投合、自宅に招いてしまう…というのが…というのが6話の展開。

浅海は雛子に対し、令子を「プチボナール」に連れていったらどうかと提案する。すると令子は浅海と食事ができると“勘違い”。その後「プチボナール」に大牙も現れ、雛子を含め4人でディナーすることに。その後浅海は大牙を誘い飲みに。大牙は行きつけの店に連れていくのだが、そこで浅海はホッピーを初めて知る…。

その際の浅海のホッピーの“読み方”に「ホッピーのアクセントかわいい(笑)」「ホッピーをホッケみたいに言わんでwww」「ホッピーのイントネーション(笑)」など視聴者からのツッコミが殺到。

終盤では社長室で抱き合う浅海と凛々子の姿を見てショックを受けた雛子が帰宅すると、家の前で待っている大牙と遭遇。雛子の様子を察し「なんで泣いてるんですか」と問いかける大牙に「泣いてないよ」と返す雛子。そんな雛子を大牙は抱きしめ「泣いてるよ」とつぶやく…。

大牙のハグに「きゃーーー!大牙くんが本気出てきたーーーーーーー!!」「タイミングばっちりやな、ハグの仕方も素敵やな」「雛子ちゃんが社長に揺れてるの大牙くんは気づいているのか……?だから攻めの体制に……?」などの反応が続出している。

水曜ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」7話のあらすじ・ネタバレ

浅海(松田翔太)と凛々子(優香)が寄り添っているところを目撃してしまった雛子(高畑充希)は、大ショック。

大牙(志尊淳)は傷ついた雛子を抱きしめ「あなたを嫌いなわけじゃない」と不器用に思いを伝えるが、雛子は慰められただけだと大牙の行動をスルーし、誤解を解こうとする浅海の弁明も聞こうとしない。
短期の雇用期間を満了した知美(夏帆)は、雛子の会社の正社員になることが決定。家庭でも職場でも完璧主義者の知美を雛子は心配するが、知美はやる気満々だ。

一方、「プチボナール」のテイクアウト専門店で出している弁当を、総合スーパーで全国展開するという仕事を大牙が請け負ってきた。事業拡大のチャンスと意気込む大牙は、宮内(荒川良々)たちから「好きな人にも積極的にアプローチするべきだ」とけしかけられる。
休日に突然押しかけてきて、ゲームをしたり食事を作ったりする大牙に、困惑する雛子。

凛々子から雛子への思いを指摘され、「恋は自分の人生に必要ない」と雛子と距離を置くことを決意する浅海。そんな中、雛子の会社はスーパーに弁当を出すための調整でますます忙しくなり、家庭と仕事の両立で追い詰められた知美は、夫と口論になってしまう…!

水曜ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」7話のネタバレ・感想

浅海と凛々子が寄り添っているところを目撃、ショックを受けた雛子を大牙が抱きしめ「俺、あなたのこと嫌いってわけじゃないです」と思い伝えるが、雛子は慰められただけだと思い、大牙の行動をスルーして浅海の弁明も聞こうとしない。

そんななか「プチボナール」のテイクアウト専門店で出している弁当を、総合スーパーで全国展開するという仕事を大牙が請け負ってきた。さらに居酒屋で出くわした宮内たちから「好きな人にも積極的にアプローチするべきだ」とけしかけられ、休日に雛子の家に突然押しかけ、ゲームをしたり食事を作ったりする…というのが7話の展開。

雛子に「今日、会えませんか?」とメッセージを送り、雛子が「いいよ」と返信すると即既読、即雛子の家の呼び鈴を鳴らす…そんな大牙に「家の前スタンバイは怖すぎwww」「大牙くん攻めすぎてストーカーやん」「大牙くんさすがに家凸は積極的すぎるwwww」などの声が続出。

雛子は大牙が自分と会いたがったり飲みに行こうとするのは、柚にフラれたせいだと考え「大牙君に会う人が絶対見つかると思うよ」と彼を励ますのだが、そんな雛子に対し大牙はテーブルごしにキス…「テーブル越しのチューにビックリしたぞ」「今回いろいろあったのに最後のちゅーで全部持ってかれたよね」などの反応が巻き起こるとともに、「キスしてるときの手ぇぇ」「優しいのよ手の添え方が」と、キスする際の手に注目したコメントも多数投稿されている。

水曜ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」8話のあらすじ・ネタバレ

大牙(志尊淳)から突然キスされた雛子(高畑充希)。

大牙の真意がわからず仕事も上の空だが、そこに浅海(松田翔太)がやって来た。浅海に言われるままに、「プチボナール」の弁当の総合スーパーでの展開を仲介している会社に連絡した宮内(荒川良々)は、担当者が退社したと言われて絶句。このままでは、「プチボナール」のソースのレシピが盗まれ、本店もテイクアウトの店も大打撃を受ける…!背後で「野上フーズ」が動いていると確信した社員たちは、社内にスパイがいるのではないかと疑心暗鬼に。

そして様子のおかしい大牙がいて…。
雛子は大牙を飲みに誘うが、ついキスのことを思い出してしまい…。そんな中、葛原(坪倉由幸)と野上(笠松将)は浅海を社長から引きずり下ろすために画策。浅海はそれに気付いているようで…?

そして、姿を消してしまった大牙を心配した雛子は、彼の自宅へ向かうが…!?

水曜ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」9話のあらすじ・ネタバレ

大牙(志尊淳)に抱きしめられ、彼を抱きしめ返した雛子(高畑充希)。

しかし自分の本当の気持ちがわからず、大牙を全身で受け止めることはできない。一方、葛原(坪倉由幸)の裏工作により社長退任に追い込まれた浅海(松田翔太)は、野上(笠松将)が開発したIT特許技術を盗んだ行為について葛原を諭すが、葛原は聞く耳を持とうとしない。
浅海の退任の一因が自分の会社の業績悪化にあると知った雛子は、姿を消してしまった浅海と連絡を取ろうと右往左往。するとそこに、浅海から連絡が入った。マスコミを避けるために公園にいた浅海を、雛子は自宅に連れ帰ることに。

同じ頃、大牙は葛原に訣別を言い渡し、雛子が提案したショッピングモールのフードコートへの出店に向かって尽力し始める。
浅海と一緒にカレーを作ったり、休日を過ごしたりする中で、彼の本当の姿に触れる雛子。

浅海はそんな雛子に、自分よりいい社長になれるとエールを送るが、そんな中、出張帰りの大牙が雛子の家にやってきた!浅海と大牙の間で、雛子の気持ちは大きく揺れ動くが…!?

登録無料!Hulu公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

Huluで「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」を楽しもう!

今回ご紹介した「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」の動画ももちろんのこと、Huluなら

・日本テレビのドラマ
・読売テレビ制作のドラマ
・人気漫画
・人気アニメ
・人気映画
・人気ドラマ

全てを見ることができます!

それでは是非無料期間だけでも、Huluを試してみてくださいね。

登録無料!Hulu公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 
【この記事もおすすめ】

【じゅん散歩】の見逃し配信・動画無料視聴方法!

【liar(ライアー)】5話の見逃し配信・動画無料視聴方法!これまでのネタバレ

【ファ美肉おじさん】アニメ10話の見逃し配信・動画無料視聴方法!これまでのネタバレ

【ファイトソング】最終回の見逃し配信・動画の無料視聴方法!全話のネタバレ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA