【カンパニー】あらすじネタバレ!最終回結末は?井ノ原快彦主演プレミアムドラマ!

NHK・BSプレミアムドラマ「カンパニー」の1話から最終回、最終話・結末のあらすじやネタバレ、キャスト情報や視聴率、動画配信や感想について紹介していきたいと思います。

このドラマはV6の井ノ原快彦さんが主演のドラマなのですが、原作は伊吹有喜さんの同名小説です。

NHKでビジネス系ドラマというとこれまでもいくつか放送されてきましたが、この作品「カンパニー」はどのような物語になるのでしょうか。

プレミアムドラマ「カンパニー」について紹介していきたいと思います。



プレミアムドラマ「カンパニー」のネタバレ一覧

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレなどを項目ごとに用意しました!

気になる箇所をクリックしてみてくださいませ!

・キャスト情報はこちらから

・全話のあらすじネタバレはこちらから

・原作のネタバレについてはこちらから

プレミアムドラマ「カンパニー」の基本情報

生徒数約40万!日本のバレエ人口は世界一!

『嫉妬や挫折が交錯するバレエ界』×『打算と愛憎が交錯する企業社会』

組織に挟まれ翻弄される弱小サラリーマンの運命は?

バレエ監修は熊川哲也さん!コミカルで爽快なビジネスエンターテインメントドラマ!!

価値観が多様化し、企業は生き残りをかけて新しい価値を創造する力を求められる現代。

総務一筋で生きてきたにもかかわらず、全く無縁なバレエの世界に、ある日突然身を置くことを余儀なくされた“不運な”中年サラリーマンが、【企業の論理】や【芸術】といった価値観の対立に直面しながら「カンパニー」=「仲間」の力で、存亡の危機に瀕した老舗バレエ団の再生をめざす、涙と笑いの奮闘物語。

原作は、『四十九日のレシピ』『雲を紡ぐ』など、家族のつながりや人生の機微をこまやかにすくい上げる作家・伊吹有喜さんの長編小説。

バレエの幻想的な世界感と、企業社会の現実的な世界感が交錯する、コミカルで爽快なビジネスエンターテインメントドラマです。

【放送予定】
2021年1月10日(日)スタート
BSプレミアム・BS4K 毎週日曜 よる10時から10時49分(全8回)

【原作】
伊吹有喜『カンパニー』

【バレエ監修】
熊川哲也・Kバレエカンパニー

【制作統括】
樋口俊一(NHK) 加藤章一(TBSスパークル)

【プロデューサー】
宮武由衣(TBSスパークル)

【演出】
松田礼人(TBSスパークル)

【配信】
NHKオンデマンド※U-NEXTの利用がお得です

URL:https://video.unext.jp/

プレミアムドラマ「カンパニー」のキャスト

青柳誠一 演:井ノ原快彦

有明製薬社員。

有明製薬が資金援助しているバレエ団の年末公演『白鳥の湖』の興行を成功させるミッションを与えられる。

※コメントはこちらから

瀬川由衣 演:倉科カナ

不屈の敏腕スポーツトレーナー

高野悠 演:宮尾俊太郎

孤高の世界的バレエダンサー

高崎美波 演:織田梨沙

翼を畳んだ幻の白鳥

水上那由多 演:古川雄大

招かれざるポップダンサー

有明紗良 演:小林美奈

不敵な令嬢プリンシパル

桐ケ谷リョウ 演:松尾龍

王子を夢見る若き才能

清水りさ子 演:尾花貴絵

実力豊かな努力家バレリーナ

原田優希 演:大谷玲凪

人生を愉しむあざと系舞姫

井上真帆 演:藤谷理子

関西から来た小動物系バレリーナ

長谷山蒼太 演:栗山廉

カンパニーを担う男性トップダンサー

青柳佳奈 演:田畑志真

両親の復縁を密かに祈る一人娘

有明清治郎 演:岩松了

娘を溺愛する創業家社長

田中乃亜 演:坂井真紀

カンパニーを支える冷静なる参謀

青柳悦子 演:小西真奈美

バレエに恋い焦がれる専業主婦

脇坂英一 演:西村まさ彦

機敏にして狡猾な曲者上司

敷島瑞穂 演:黒木瞳

亡き夫が遺したバレエ団の主宰

プレミアムドラマ「カンパニー」のあらすじ・ネタバレ

ある日、勤め先の有明製薬の合併を機に、リストラ候補へ一気に転落してしまう青柳誠一。

一方、妻と娘には突如、家を出て行かれてしまう。

真面目に誠実に生きてきたはずなのに、一体何がいけなかったのか・・・?

会社で起死回生のチャンスとして上司から与えられたミッションは、有明製薬が資金援助しているバレエ団の年末公演『白鳥の湖』の興行を成功させることだった・・・。

不可能に近い挑戦を成功させるべく青柳は、妻の残した『バレエ日記』を唯一の手がかりにして未知のバレエの世界に立ち向かっていく。

プレミアムドラマ「カンパニー」1話のあらすじ・ネタバレ

「人生最悪の日」

入社以来総務一筋の勤勉なサラリーマン青柳(井ノ原快彦)はある日突然、“リストラ待合室”と呼ばれる部署への左遷を告げられる。

しかも与えられた社命は資金援助先のバレエ団を再生せよとの無理難題。

さらに追い打ちをかけるように同じ日になぜか妻子も家を出ていきマイホームはもぬけの殻に。

翌日、左遷先へ出勤した青柳は、そこで同じ社命を受けたもう一人のリストラ候補者・由衣(倉科カナ)と出会い無謀な挑戦が幕を開ける。

プレミアムドラマ「カンパニー」2話のあらすじ・ネタバレ

「招かれざる客演」

苦心の末、ようやく高野(宮尾俊太郎)の客演同意を取り付けた青柳(井ノ原快彦)と由衣(倉科カナ)。

ところが、瑞穂(黒木瞳)の頑なな反対で、客演は白紙撤回されてしまい、高野の信頼も失ってしまう。

青柳たちは社長(岩松了)や上司の脇坂(西村まさ彦)から激怒され窮地に追い込まれる。

なすすべなく落ち込みながらも奮起してバレエへの理解を深めようと努める青柳だったが、偶然、ある物を見つけて高野のもとへ走る。

原作「カンパニー」のあらすじ

【カンパニー】あらすじネタバレ!最終回結末は?井ノ原快彦主演プレミアムドラマ!

「君、バレエ団に出向しない?」

人生の第二幕は、戦力外通告とともに始まった。

妻子に逃げられた47歳総務課長。

選手に電撃引退された女性トレーナー。

製薬会社のリストラ候補二人に課された使命は、世界的プリンシパルの高野が踊る冠公演「白鳥の湖」を成功させること。

しかし、高野の故障、配役変更、チケットの売れ行き不振と続々問題が。

本当に幕は開くのか!?

仕事と人生に情熱を取り戻す傑作長編。

原作「カンパニー」のネタバレ感想

クラシック・バレエ の劇団事務所(カンパニー)に総務畑をあるいてきたリストラ候補くわえて妻に突然離婚を迫られるという。

誠に気の毒なサラリーマンの青柳が「世界の王子様」と賞されるプリンシパルとかかわるうちに華やかなでありながらあまり馴染みの無い日本バレエ界の深刻な事情がみえてきて興味深く一気に読めました。

何よりストイックに鍛え上げられたバレエダンサーの強靭かつ繊細な肉体とその動きが細やかに描かれ「形」を徹底的に身体に叩きこむ日本芸能の歌舞伎、狂言の世界にも通じる修練と努力の世界が見てとれて作品をキリッとしたものにしています。

自分のキャリアに行き詰まった青柳と瀬川が協力し、会社のプロモーションであるバレエ公演を進めていきます。

この公演が失敗したら会社内での居場所がなくなる。

青柳は家庭も仕事も行き詰まっていたが、仕事の仕方自体はプロ。

庶務の仕事の地味ながら大切な役割をバレエ団で発揮していく。

瀬川の真っ直ぐさが、世界的バレエダンサーの高野に伝わったときは読者である自分も救われた気がしました。

約一年の時間の中で、青柳と瀬川だけでなくその周囲の人々の状況や考え方の変遷が印象的。

美波と青柳の展開は出来すぎだけど、最後は一気読みでした。

プレミアムドラマ「カンパニー」キャスト・スタッフのコメント一覧

【カンパニー】あらすじネタバレ!最終回結末は?井ノ原快彦主演プレミアムドラマ!

井ノ原快彦のコメント

小説を拝読し、是非演じてみたいと強く思った役です。

妻と娘に出て行かれた中年サラリーマンが繰り広げる人間くさくも華やかな物語。

今回、撮影に全面協力をしてくださることになった熊川哲也さん監修のバレエシーンは圧巻でしょうし、Kバレエカンパニーのみなさんのダンスを間近で拝見できることも幸せです。

「私は輝かなくてもいい、あなたに輝いてほしい」何も知らないバレエの世界でスタッフとして奮闘する主人公を、是非応援してください。

 
【この記事もおすすめ】

【さんかく窓の外側は夜】7巻ネタバレ!完結も近い?絶賛の声続々

【私たちはどうかしている】椿(横浜流星)の本当の父親のネタバレ!原作とドラマは同じか!?

【セイレーンの懺悔】原作ネタバレ!実写ドラマのあらすじ・キャスト最終回結末はどうなる?

【ワンピース】989話ネタバレと990話考察!いよいよカイドウとのバトルが!?


1 Comment

井ノ原福谷西浦菜穂

イノツチlove大好き♥❤再結婚将来引き受けてくれてくださいね新年あけましておめでとうございます今年もよろしくお願いいたします❤

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。