【オーマイボス恋は別冊で(ボス恋)】5話6話7話のネタバレと感想!五角関係がどう展開するのか!

TBSの火曜ドラマ「オーマイボス恋は別冊で(ボス恋)」の5話、6話、7話のあらすじやネタバレ、感想や無料動画や見逃し配信などについて紹介したいと思います。

このドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)」は視聴率も好調で、TBSのドラマの強さを見せてくれています。

物語も後半へ突入し、これからどのような結末へと進んでいくのか目が離せません!!

ということで、先ずは火曜ドラマ「オーマイボス恋は別冊で(ボス恋)」の見逃し配信や動画配信について紹介していきたいと思います。

火曜ドラマ「オーマイボス恋は別冊で(ボス恋)」の5話6話7話の無料動画や見逃し配信の視聴方法

先ず、見逃し配信と言えば「TVer」が一般的なのですが、「TVer」では最新のドラマが見逃し配信として一週間しか配信されません。

今回ご紹介するTBSの火曜ドラマ「オーマイボス恋は別冊で(ボス恋)」も例外ではありません。

では、どうすれば見逃してしまった「オーマイボス恋は別冊で(ボス恋)」を見ることが出来るのか、またもう一度1話や2話、見逃してしまった4話や5話が見たい場合に、「オーマイボス恋は別冊で(ボス恋)」をどうすれば見ることができるのか・・・「オーマイボス恋は別冊で(ボス恋)」の動画配信を見る方法は一つだけあります。

・Paravi
TBSのドラマに強く、TBSの最新ドラマを独占配信しています(オリジナルストーリーも複数あり)。

つまり・・・TBSのドラマを見るならParavi以外の選択肢はありません!

ParaviではTBSのドラマなど以外にも、テレビ東京系のドラマやアニメ、映画、WOWOWのドラマなど多種多様の動画を見ることができます!

ですので、「この恋あたためますか(恋あた)」をどうしてもご覧になりたい場合は、Paraviがおすすめです。

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「オーマイボス恋は別冊で(ボス恋)」以外にParaviで見れる動画

それではここからは、Paraviで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

Paraviで見れるドラマは下記になります。

・半沢直樹
・半沢直樹2
・MIU404
・この恋あたためますか※スピンオフドラマあり
・危険なビーナス※スピンオフドラマあり
・僕はどこから
・アンナチュラル
・あのコの夢を見たんです
・共演NG
・だから私はメイクする
・中学聖日記
・白夜行
・夜行観覧車
・リバース
・キワドい2人-K2-※スピンオフドラマあり
・カルテット
・家政婦のミタ
・Nのために
・逃げるは恥だが役に立つ
・きのう何食べた?
・初めて恋をした日に読む話
・レンタルなんもしない人
・凪のお暇
・陸王
・カンナさーん!
・下町ロケット
・ノーサイドゲーム
・おカネの切れ目が恋の始まり※スピンオフドラマあり
・ブラッディ・マンデイ
・ごくせん
・小さな巨人
・私の家政夫ナギサさん
・恋はつづくよどこまでも※スピンオフドラマあり
・義母と娘のブルース※スピンオフドラマあり
・テセウスの船
・大恋愛

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・夏目友人帳
・浦安鉄筋家族
・おそ松さん
・NARUTO
・BORUTO
・フルーツバスケット
・銀魂
・ダイの大冒険

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・Paraviなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画などを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはParaviならではです!

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

それでは火曜ドラマ「オーマイボス恋は別冊で(ボス恋)」の4話のネタバレや感想から紹介したいと思います。

火曜ドラマ「オーマイボス恋は別冊で(ボス恋)」4話のネタバレ・感想

第4話は、主人公の鈴木奈未(上白石萌音)が仕事でも恋愛でも抱えていたモヤモヤを吹っ切った回となった。

また、周囲の人間の様々な恋模様も垣間見えた。

まず仕事面から。『MIYAVI』の次号の特集を担当してもらうファッション業界の重鎮でクリエイティブディレクターのウエクサジンコ(高岡早紀)に、企画のアシスタントをやってみないかと声をかけられ舞い上がる。

一見したところアシスタントにもきちんと意見を乞うジンコの姿に、自身のボスである編集長の宝来麗子(菜々緒)と比較して羨ましく思う奈未。

しかし蓋を開けてみれば、ジンコはそのようなテイをとっているだけで、最終的には誰のことも信用しておらず、他の誰の意見にも耳を傾けてはいないことがわかる。

それに対して、編集長の麗子は言葉数こそ少ないが、耳障りの良いその場限りの言葉は絶対に言わず、相手がアシスタントだろうが誰だろうが“より良い”と思った方を潔く取り入れられる柔軟さを実は持ち合わせている。

奈未は、そんなおべっかを言わない編集長だからこそ彼女に認められたいと思っており、少しでも自身の意見を取り入れてもらえると、どうしようもなくニヤけてしまうほど喜んでいる自分がいることに気づくのだった。

そして、実は副社長の宇賀神(ユースケ・サンタマリア)はジンコのかつての夫で、麗子がジンコのアシスタントをしている時に2人は紹介されていた。

麗子が宇賀神の前で冷静さを欠くのは、仕事上での立場だけでなく、どうやらここにも恋の匂いが立ち込めているようだ。

同時に、音羽堂出版はあと半年間で売り上げを立て直さなければ吸収合併されてしまうようで、その危機を救うための起爆剤として期待されているのが今回のファッション誌『MIYAVI』であり、その大役を任されたのが編集長の麗子だったことも明かされた。

続いて、恋愛面。

引き続き“子犬系男子”ことカメラマンの潤之介(玉森裕太)の一挙手一投足に振り回され、これまでの経験則から彼の言動や、さらに細かな言葉尻までとらまえて勝手に潤之介の気持ちをああでもないこうでもないと憶測する奈未。

しかし、相変わらず無邪気で、それでいて奈未の些細な言いつけまで覚えていて忠実にそれを守ろうとする彼の様子に「なんかもう色々難しく考えなくていいのかな」と、目の前にいる潤之介と、今自分が感じている気持ちに素直に行動しようと吹っ切れる。

そんな中、せっかく星を見に行く約束をしていた当日は雨だし、さらにタイミング悪くたまたま耳にした潤之介にとっての大切な初恋の人の存在に奈未はショックを隠せず待ち合わせ場所に行くことをためらう。

また自分だけ空回りしてぬか喜びするのはバカバカしいと自身の気持ちにブレーキをかけていたはずだったのに、駆け出した先にあんな雨空の下、フードをかぶってずっと一心に自分のことを待ち侘びてくれる存在がいて、遅れたことを咎めるでもなく「来てくれてありがとう」なんて言われたらそりゃあもう・・・。

これまでの定説“ラストに急に距離を縮める潤之介の言動が待ち受けている”を覆して、今回は奈未から一気に急接近。

さて、次話では潤之介の初恋の相手でもあるヴァイオリニスト・蓮見理緒(倉科カナ)と奈未が対面を果たすようだ。

幼なじみの健ちゃん(犬飼貴丈)に奈未のことを「俺の1番を2番にするとかあり得ないから」と言い放った潤之介、今度は自分にとって大切な存在の2人に囲まれどうなってしまうのか。

今後の展開も固唾を飲んで見守りたい。

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

火曜ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)」5話のあらすじ・ネタバレ

雨の中、待ち合わせ場所でうずくまっていた潤之介 (玉森裕太) に思わずキスをした奈未 (上白石萌音) は、ずぶ濡れの潤之介を自分のアパートへ連れて帰ることに。

しかし、潤之介が思いを寄せている幼馴染みの存在が気になってしまい・・・。

一方、編集部では音羽堂出版の社内報に載せる「MIYAVI」の紹介記事作成をどのスタッフに担当させるか、半田 (なだぎ武) が頭を悩ませていた。

麗子 (菜々緒) は遥 (久保田紗友) に任せようとするが、優秀すぎるが故に方々から振られたアシスタント業務で手一杯。

その話を聞いていた奈未は、麗子からの評価が高い遥のようになれば、麗子に潤之介との関係を認めてもらえるのではと思い、社内報作りに立候補する。

さらに、奈未は遥に代わり、中沢 (間宮祥太朗) が担当する対談企画で使う、ヴァイオリニスト・蓮見理緒 (倉科カナ) のドレスを届けることに。

社内報も、対談の段取りもこなして、麗子からの評価を上げようと奔走するのだが・・・。

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)」5話のネタバレ・感想

第5話のテーマは、主人公の鈴木奈未(上白石萌音)の「仕事と恋の両立」。

“子犬系男子”ことカメラマンの潤之介(玉森裕太)と相思相愛かに思われたが、はっきりとした告白や言葉がない関係にモヤモヤする奈未。

編集長の宝来麗子(菜々緒)に潤之介との恋愛を認めてもらいたい一心で、仕事での評価を上げようと社内報に載せる『MIYAVI』の紹介記事の作成担当に自ら名乗りを上げる。

「恋にうつつを抜かして仕事が疎かになるくらいなら今すぐ辞めなさい」とまた辛辣な言葉を放つ麗子だが、実は麗子自身がそのタイプなのではないだろうか。

そして麗子は実際には奈未に自分自身と似ている部分を見ているのかもしれない。

だからこそ、誰よりも奈未に対してストレートな助言を投げかけずにはいられないのだろう。

案の定、これまでの雑用業務で致命的なミスをしでかしてしまう奈未だったが、麗子の粋な計らいで九死に一生を得る。

「それぞれ抱えられる量が決まってるから、どれを持ってどれを持たないか決めるしかない。あとは持ち方を工夫するか」

これは副編集長の半田 (なだぎ武)の言葉だが、奈未が彼女なりの「持ち方の工夫」を掴み始めた回でもあった。

自分の頭の中でだけ構想を練って社内報の記事作成にあたろうとしていた奈未だったが、趣向を変えて編集部員に社内アンケートをとって、制作の舞台裏や編集長にフォーカスを当てた紹介記事に上手くまとめ上げた。

原稿を届けると編集長に快諾はもらえなかったものの、「ダメだったけどやり切った、不思議と落ち込んでいない」と疲労感の中にも確かな達成感と清々した表情が滲む。

また、中沢(間宮祥太朗)の「雑誌の編集ってクリエイティブな作業って言われてるけど、華やかな部分は2、3割で、それ以外のほとんどは事務作業。それが大事なんだ」という言葉から、奈未の中で日頃の雑用業務への意味づけも変わったように思える。

仕事が佳境を迎える中、恋への向き合い方にも奈未の中で「工夫」が見られた。

全てを投げ出してすっ飛んで行くのではなく、“今日はここまで”と心の中で制限を設けた上で隙間時間を使ってめいっぱい大切な人との時間も大事にする。

そうすることでプライベートでの充実が仕事の励みになり、「恋か仕事か」とどちらか一方を選ばねばならぬような二項対立ではなくなる。

相互に補完し合って良い影響を及ぼし合える潤滑油にもなり得るのだ。

職場近くまで手作りのおにぎりと味噌汁を持ってきてくれて、バイバイしたかと思いきや、後ろから呼び止められて抱き寄せられ「充電」なんてことができてしまう潤之介の姿に、思わず疲れも吹っ飛ばされた視聴者も少なくなかっただろう。

と、仕事も恋も上向きな奈未の前に現れた強敵が、潤之介の初恋の相手でヴァイオリニストの蓮見理緒(倉科カナ)だ。

潤之介と理緒は幼なじみという設定だが、倉科カナのいつまでも変わらぬ可憐さがあるからこそ成立している役どころだ。

倉科と言えば『奪い愛、冬』(テレビ朝日系)で様々な災難に巻き込まれながらもめげずに自分の想いを貫き通す主人公を熱演したが、本作での役どころも「夢を夢のままで終わらせたくなかった」とヨーロッパにヴァイオリン修行に旅立ったとても意志の強い女性。

自立した女性、だけれども周囲が放って置けないようなギャップのあるひたむきな女性を演じるのが得意な倉科扮する理緒に、奈未は太刀打ちできるのだろうか。

サイドストーリー的に進む編集長と副社長・宇賀神(ユースケ・サンタマリア)との恋模様にも注目しながら、次週ますます加速する恋の五角関係を堪能したい。

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

火曜ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)」6話のあらすじ・ネタバレ

奈未 (上白石萌音) は麗子 (菜々緒) に付き添い、とあるパーティに出席していた。

するとそこには、潤之介 (玉森裕太) の幼馴染み・理緒 (倉科カナ) の姿が。

しかし、潤之介がかつて想いを寄せていた相手だと知ってしまった奈未は、理緒と顔を合わせることができずに人影に隠れてしまう。

理緒に気づかれぬよう麗子とパーティ会場を後にしようとする奈未だったが、偶然麗子の父・宝来勝之介 (宇梶剛士) と遭遇し挨拶をかわす。

さらに勝之介は麗子に新谷 (細田善彦) という若手実業家の男を紹介するのだった。

すると後日、麗子の元に新谷から、ある相談が持ちかけられ・・・。

そんな中、パーティから帰宅した奈未のアパートの前には潤之介が待っていた。

電話もメールも返事がなく、避けられていると感じた潤之介は、「理由を教えてくれるまで帰らない」とその場に座り込んでしまい・・・。

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)」6話のネタバレ・感想

第6話は、主人公の鈴木奈未(上白石萌音)の“夢がないこと”コンプレックスが炸裂する回となった。

奈未は、“子犬系男子”ことカメラマンの潤之介(玉森裕太)が自分のことを彼女だと公言してくれて幸せを噛み締めたのも束の間、その潤之介と蓮見理緒(倉科カナ)が抱き合っている現場に遭遇してしまう。

これには訳があって、実は理緒は音楽家ジストニアの診断を受け、薄々それに気づき気分転換にと食事に誘い出した潤之介に肩を貸してもらっていたのだった。

事情を知らない奈未はショックを受けてしまうが、自分に隠れて元カノと会っていたということより何より傷ついてしまったのが、夢に向かってまっしぐらに進む理緒に、夢も目標も持たない自分では太刀打ちできるはずもない、自分では無理だと思ってしまったこと。

出会ったばかりの頃、

「別に夢なくたって良いんじゃないかな」

と言ってくれた潤之介の言葉を励みに、“何も持たない自分”をなんとか乗りこなしてきた奈未にとっては、“夢を追う人こそ素敵”“やっぱり自分じゃ無理だ”と思い知らされたかのようで自身のことが不甲斐なく二重の意味で辛かったのだろう。

出版社、ことファッション雑誌部門ともなれば、昔から絶対に雑誌づくりに携わりたいという強い意志を持った猛者たちが、学生時代にインターンやバイトから編集部に潜り込んでのし上がっていくケースが珍しくない部署。

そこにたまたま配属された奈未からすれば、皆が野望や野心を持って目標に向かっている姿は衝撃と同時に凄まじく眩しくて仕方なかったことだろう。

と同時に、何も夢のない自分に焦りを覚える日々の連続なのだろう。

そんな中、中沢(間宮祥太朗)から

「仕事に意味つけてどうなる? 色んな考えがあって色んなスタイルがあって、総じて“仕事”で良いんじゃねぇの?」

と、奈未の心の葛藤を見透かしたかのような発言。

最初は目標のない奈未をバカにしていたが、自分のことには無頓着ながら他人の気持ちが踏みにじられることは許せず、文句を言いながらも咄嗟に動ける奈未の成長を間近で見てきた中沢の一言は、彼女の心の支えになっただろう。

中沢はついに潤之介に「あんたがそんなんなら俺、遠慮しないから」と宣戦布告。

さらに奈未にも「鈴木、俺お前のこと好きだわ。俺ならお前のこと泣かせない」とストレートに想いを伝える。

前話、渡せずにしまい込んだおにぎりの分まで、これまでの秘めたる想いを込めて。

自分に好意を寄せているだなんて露ほども思っていない奈未に「またまた中沢さんったら~」なんてはぐらかすことを一切許さない、“真意”“本音”しかそこにない見事な告白だった。

普段から口数も多くない中沢というキャラクターに本気モードのオンオフの強弱をつけるのはかなり至難の業だと思うが、演じる間宮祥太朗は、それを表情、こと目の動きや、佇まい、間合いで、“ただならぬ”事態感を全面に押し出していた。

非常に端正な顔立ちとさらにユーモアまで持ち合わせているからか、これまで個性的な役どころへの抜擢が目立った間宮にとって、正統派恋愛作品への出演は本作が初めてと言えるかもしれない。

『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』(日本テレビ系)で演じた“ごもちゃん”こと五文字順太郎役もなんだか憎めない、一生懸命で変化球な役どころだったが、『ボス恋』で見せてくれている王道感も上手くハマっていて、本作での中沢のターンを待ち望んでいたファンも多かったことだろう。

今話では、「夢」を追うことの葛藤も描かれていた。

現時点で明確な夢を持たない奈未にとっては「夢」があるというだけで輝いて見える羨ましい存在だろうが、実は夢を持つ者にもそれぞれの苦悩があるのだ。

音楽家ジストニアにより思うように演奏ができない理緒、コンテストに落選し父親から夢を追う期間を定められている潤之介、『MIYAVI』の販売部数の維持ができずに雑誌の存続を守ることとこれまで大事にしてきた自身のポリシーの間で揺れ動く編集長の宝来麗子(菜々緒)。

皆、それぞれに叶えたい夢があるがゆえにそれに届かない状況が歯痒く、傷つき自己嫌悪に陥ったり自暴自棄になったりもする。

また様々な“選択”を迫られて悩み苦心したり、何かにすがりたくなったり、肩入れしすぎたりしてしまう。

今回珍しく自身の選択に揺らいだ麗子に対して、フラットな意見を伝えられたのは、今まさに“自分のやりたいこと”を模索中でまだ何にも固執していない奈未だったからこそとも言える。

次週、五角関係がどう展開するのか、また『MIYAVI』の存続がどうなるか必見である。

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

火曜ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)」7話のあらすじ・ネタバレ

MIYAVI廃刊の危機を迎え、麗子 (菜々緒) は奈未 (上白石萌音) と共にスポンサー探しに奔走するが難航していた。

そんな中、奈未の家族が上京し、アパートにやってくるが、そこに潤之介 (玉森裕太) もやってきて鉢合わせに。

理緒 (倉科カナ) と抱き合っているのを見てしまった奈未は潤之介と話すことを拒否し、母の真未 (宮崎美子) も娘をたぶらかそうとしている悪い男と勘違いし、追い返してしまう。

一方、中沢 (間宮祥太朗) や遥 (久保田紗友) ら編集部メンバーは長野のコテージへ取材に行くことに。

偶然、奈未と麗子もある化粧品会社の磯辺社長 (近藤芳正) を訪ねるため、同じ場所に行くことになり・・・。

再び潤之介は誤解を解こうと奈未のアパートを訪れると、困っている奈未の父・義郎 (橋爪淳) と遭遇し・・・。

火曜ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)」の最終回結末は?

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)」は火曜ドラマということもあり、そして上白石萌音さんも出演するということもあり、どうしても「恋つづ」が思い浮かんでしまいます。

なので、「恋つづ」の最終回のように、ただただ甘い時間を過ごす恋人たちのような内容になるのか!?

どのような結末を迎えるのか、ソワソワしておきましょう!

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

火曜ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)」のネタバレ一覧

ここから気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレなどを項目ごとに用意しました!

気になる箇所をクリックしてみてくださいませ!

・全話のあらすじネタバレはこちらから

・最終回結末についてはこちらから

・キャスト情報はこちらから

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

Paraviでドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)」を楽しもう!

今回ご紹介したドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)」の動画ももちろんのこと、Paraviなら

・TBSのドラマ
・TBSのバラエティ番組
・人気アニメ
・人気映画
・人気ドラマ

全てを見ることができます!

それでは是非無料期間だけでも、Paraviを試してみてくださいね。

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 
【この記事もおすすめ】

【ワンピース】1004話のネタバレ感想と1005話考察!ニコ・ロビンをナメんなよ

【君と世界が終わる日に(きみセカ)】5話6話7話のネタバレと感想・考察!終末世界の真相とは

【監察医朝顔2】14話15話のネタバレと感想!平のアルツハイマー型認知症

【天国と地獄サイコな2人】5話6話のネタバレと感想!黒幕真犯人と暗闇の清掃人の正体



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。