【VS嵐】最終回スペシャルの無料動画見逃し配信の視聴方法!視聴率15.2%!

フジテレビで放送されている嵐の冠バラエティ番組「VS嵐」最終回スペシャルの無料動画や見逃し配信などについて紹介したいと思います。

嵐によるフジテレビ系バラエティー『VS嵐』の最終回が24日放送され、平均視聴率15.2%(世帯)9.9%(個人)だったことがわかった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

4時間にわたった番組では『VS嵐 最終回4時間生放送SP』をタイトルに生放送とVTRで構成。

『VS嵐』と言えばゲーム対決だが、生放送では3回目、10年ぶりとなるゲーム対決を実施。

『打倒嵐!連合軍』として関ジャニ∞の村上信五、生田斗真、佐藤隆太、妻夫木聡が参加し、接戦を繰り広げたが、嵐にとって約13年の放送のラストゲームは負けで幕を閉じた。

最終回は豪華3本立て。

まずは番組の代名詞、ババ抜き最弱王決定戦「BABA嵐」の“THE FINAL”を実施。

5人のほか、北川景子、田中将大、生瀬勝久、佐藤健、戸田恵梨香、松岡昌宏、北村一輝、波瑠、上戸彩、ヒロミ、吉沢亮、そして最弱王3連覇中の仲間由紀恵らが参加。

白熱・爆笑の試合を展開した。

ちなみに最高視聴率はこの結果“永久最弱王”が決定するタイミングの18.8%(午後8時18分)だった。

そして『VS嵐』としては2014年11月の「ハワイで大野が泣いちゃったSP」以来6年ぶりとなる6年ぶりの“嵐5人だけ”でのロケでは「台場で相葉が泣いちゃったSP」と銘打って、台場のスポッチャを貸し切り、5人が思い出づくり。

最後は、ホテルの一室に向かったメンバーが、24日に38歳の誕生日を迎える相葉のバースデーパーティーをサプライズで開催し、プレゼントや同局に眠る過去映像を見ながら思い出話に花を咲かせた。

相葉雅紀が不安吐露し大粒涙「優しすぎるんだよ・・・」

来年1月3日スタートの後番組「VS魂」(木曜午後7時)で単独MCを務める相葉雅紀はロケ企画で不安を吐露し、涙を流した。

嵐5人のみで行うロケ企画コーナー「台場で相葉が泣いちゃったSP」で、相葉は後番組が自身の単独MCとなることついて

「すげえプレッシャーなの、本当に。嵐の番組をもらうのプレッシャーなの」

と心中を告白。

大野智から「俺たちは見てるよ」、二宮和也から「相葉雅紀の番組だから。君ならできるよ」と励まされると、「優しすぎるんだよ、みんな」と大粒の涙を流した。

企画では放送日に38歳の誕生日を迎える相葉をメンバー全員で祝福する様子も放送。

相葉は、デビュー前日に食べた思い出の焼き肉弁当や自身お気に入りのウイスキーなど、メンバーが選んだ本気の誕生日プレゼントにも感涙。

その様子に二宮がもらい泣きする姿もみられた。

来年からは「VS魂」となるが、相葉はファンの視聴習慣に「変わらないでいただける人がいたらうれしい」。

また「いずれ『VS魂』にも来ていただきたいですよ」とメンバーの番組出演にも期待した。

相葉は「マジでみんなに出会えてよかったな。このメンバーじゃなかったら21年間続かなかったと思う」としみじみ。

「(活動)休止に入るけど、みんなとはこうやって月1回でも飲み会できたらいいな。皆さんこれからもよろしくお願いします」とも語った。

松本潤、嵐の活動休止後は「ちょっとゆっくりします」

土曜お昼だった2008年4月の放送開始から12年半続いてきた番組の最終回は、一部生放送での4時間特番。

メンバー5人だけで開催した相葉雅紀の誕生会では、年明けから芸能活動を休止するリーダーの大野智を除くとメンバーで唯一レギュラー番組がなくなる松本潤の今後についても触れられた。

大野が自分を見たくないという理由で自分の番組は見ないものの、他メンバー出演のドラマなどは視聴していることを明かした流れで、櫻井翔が

「ステイホームの時に思った。木曜7時。何曜何時。テレビってさ、やっぱもう生活のリズムになるじゃん。だからこれが、『VS嵐』っていうのが終わりを迎えた時にさ、視聴者の・・・特に応援してくれてる人のリズムもちょっと変わるんだろうなって想像しちゃうっていう・・・」

としんみりと話した。

そこで、1月からは相葉が一人でMCを務める「VS魂」が後番組としてスタートすることに触れ、櫻井が「それはオレらは対戦相手として参加できるの?」と予想外の展開に。

「来てくれるんですね!?」と相葉が念押しする中、松本の今後の話になった。

「ファンの人、視聴者の人からいったら松本潤のこれからも相当気になるところだろうなー」と櫻井。

これに松本は「ちょっとゆっくりしますから。すいませんね」と声をひそめながら答え、ニヤリ。

「別にオレ、引退するわけじゃないから。今までと比べると出るものも少なくなるだろうし、寂しい思いすることもあると思いますが、自分がやりたいことをちゃんと届けたいなと思うので、しばしお待ちを」

と改めてファンにメッセージを送り「裏方に回りたいからこうするっていうことではない」と続けた。

この「VS嵐」の動画配信なのですが、今のところどこの動画配信サービスでも配信されておりません・・・。

今後動画配信が行われることがあれば、ご紹介していきたいと思います。

「VS嵐」について

「VS嵐」は、フジテレビ系列で2008年4月12日から放送されているゲームバラエティ番組。嵐の冠番組でもある。

嵐がゲストと様々なアトラクションゲームで対決する番組。

『なまあらし LIVESTORM』から続く土曜午後の嵐の冠番組では初めてハイビジョン制作及び、プライム・ゴールデンタイムでの特番が放送された。

放送開始から2009年9月19日までは毎週土曜日 12:59 – 13:30(JST)の『バニラ気分!』第2部にて(地域によってはスペシャルのみ、または単独番組として)放送されていた。同年7月26日の『FNS26時間テレビ』内での生放送スペシャルにて、ゴールデン進出を発表。

2009年10月22日より毎週木曜日 19:00 – 19:57(JST)のゴールデンに進出、全国ネットに昇格した。

同時に、番組ロゴとスタジオやゲームのセットをリニューアル。

2013年9月5日より番組連動データ放送を開始。

2015年5月7日より、番組ロゴとスタジオのセットを2度目のリニューアル。

2019年1月31日放送分の冒頭で、同年1月27日に2020年末での活動休止を発表した嵐5人からの最新コメントが放送された。

2020年3月より新型コロナウイルスの対策として各局が収録の観覧を中止したことを受け、4月9日放送分以降はスタジオの観客席が撤廃され、一部のセットがマイナーチェンジされた。

2020年5月14日放送分以降は新型コロナウィルスの深刻化に伴い、リモート形式で収録を実施。

2020年7月9日放送分以降、芸能事務所に所属する若手芸能人やお笑いタレントがリモート形式で観客として参加。

同日以降、ソーシャルディスタンスを配慮した上で徐々に通常形式での収録が再開されている。

嵐の活動休止に伴う「VS嵐」終了、リニューアル

2020年末をもって嵐の活動休止に伴い、当番組は同年12月に終了する予定。

2021年1月からは、番組名を『VS魂』に改題の上リニューアルを行う(予定)。

MCを相葉が務め、当番組のコンセプトであるゲストとゲームで対決をするというのはそのままに、新たな要素が加えられることが予定されている。

「VS嵐」最終回のみんなの感想

「VS嵐」のゲーム内容について

両チームが各々行うものと、対戦形式で行うものの2種類。

多くは体を使うゲームだが、2016年以降はクイズ形式のゲームや心理テスト形式のゲームも行われている。

参加人数はゲームにより異なる。

挑戦者は事前に決められているが、状況に応じて変更される場合がある。

一部のゲームでは減点対象のハンデが嵐チームに課せられ、得点がマイナスになるケースがある。

土曜時代は時期により行うゲーム順が固定されていた。

木曜移行後は、最終ゲームのみ行うものが限られている。

現在:キッキングスナイパー(2011年10月-)/ボンバーストライカー(2017年3月-)/ダウンヒルシューター(2020年3月-)

過去:ローリングコインタワー(-2012年7月)/ジャイアントクラッシュ(-2011年10月)/バンクボウリング(-2010年4月)/バウンドホッケー(2010年5月-2011年9月)/デュアルカーリング(2011年-2014年7月)/コロコロバイキング(2012年3月-2016年4月、2017年3月)

ローリングコインタワー

2008年4月12日(初回)放送分から実施。

エリアが4分割された円形の自動回転テーブルに各チームが2組に分かれて交互に立ち、1人ずつ指定位置にコインを積んでいく。

積み上げたコインを倒したチームが敗北となる。

1つのエリアにつき、1人が3枚のコインを約5秒間で積む。

2枚以上を同時に置いたり、積まれたコインの位置修正は出来ない。

コインは厚さが3種類あり、置く度に加点される。

得点は薄いものから3(緑)、5(オレンジ)、10(紫)点(エリアごとに各種14枚)。

勝利チームにはボーナス50点が加算。

コインタワーの倒れた位置に問わず、最後に触れたチームが敗北となる。

ゲーム中のBGMは『I’M POPEYE THE SAILOR MAN』のアレンジ版。

スペシャルの決勝ステージでは『TRUST ME』(ターミネーター2サウンドトラック収録)。

プレッシャーストライカー

2019年11月14日放送の特別企画『Mr.VS嵐』の決勝ステージにて初実施された、派生バージョン。

各チームが順番に1本だけ流れる赤ピンを倒す。

1度でも失敗したチームは脱落となる(但し、同じセットで全チームが失敗した場合は、仕切り直しの上で続行)。

決着が付くまで、ゲームはエンドレスで続く。

『Mr.VS嵐』ではチーム全員(3人)が参加。

三つ巴対決では、予選での順位に応じて参加出来る人数が変化する(1位は4人、2位は3人、3位は2人の合計9人が参加)。

2020年9月3日放送分より通常回でも実施。

各チーム全員が参加し、1本倒すごとに100点獲得。

1度でも倒せなかった時点で終了となる。

10周ごとに、ピンの位置が変化する。

スライダースマッシュ

2019年1月3日のスペシャルから実施。

「バウンドホッケー」を対戦形式にアレンジしたゲーム。

斜面半円型の巨大ホッケーリンク上で各チーム3人ずつがパックを打ち合い、相手チームのゴールに入れる。制限時間は90秒。

パックは左右交互に70秒まで10秒毎に1枚、70秒以降5秒に1枚排出される。

制限時間が過ぎても、フィールドにパックが残っている場合は続行する。

フィールド外に出たパックは無効。

通常の赤いパックは1ゴールにつき20点。

途中、得点2倍のブルーパックが2枚排出される。

女性が参加する場合は、ハンデとしてそのポジションを2人で担当する。

ゲーム中のBGMは『天国と地獄』のアレンジ版。

ダウンヒルシューター

2020年3月26日放送分から実施。

レーン上にランダムにせり上がって出現するゴールに向かって、パックをシュートする。全5セット。

赤いノーマルパックは1セットにつき1人1枚投げることができる。

各セット開始時にゴールが上がり、パックが入ったゴールは下がる。

制限時間は、各セット10秒。ゴールは5点、10点、20点の3種類で、得点が高くなるに従ってゴールは小さくなり、遠くなる。

各セットのチャレンジタイムが終わると、レーンの端からもう一方の端に動くボーナスゴールが出現する。

ボーナスはチームの誰か1人が専用の黒いエースパック1枚で1投のみ可能で、ボーナスゴールにエースパックをゴールすると直前のチャレンジタイムで獲得したポイントと同じポイントが追加で加算される。

途中で止まったパックは撤去されずにそのままフィールド上に残され、セットを跨いでゴールに入った場合も有効。

ゲーム中のBGMは『ラデツキー行進曲』のアレンジ版。

「VS嵐」を楽しもう!

今回ご紹介した「VS嵐」の動画配信はまだありませんが、人気の番組ですし、これからも「VS嵐」を楽しんでいきましょう!

 
【この記事もおすすめ】

【金スマ】クリスマススペシャルの無料動画見逃し配信!アンタッチャブル復活の真相

【ぐるナイ】ゴチ見逃し配信・無料動画の視聴方法!クビは何人?そして誰?

【日本レコード大賞2020年(レコ大)】無料動画見逃し配信!優秀作品賞は?

【TOKIOカケル】見逃し配信・無料動画の視聴方法!木村拓哉や浜辺美波の出演回は?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。