【妻、小学生になる(つましょー)】9話の見逃し配信・動画無料視聴方法!これまでのネタバレ

TBSの金曜ドラマ「妻、小学生になる。(つましょー)」の9話のあらすじやネタバレ、キャスト情報や無料動画や見逃し配信の無料視聴方法などについて紹介したいと思います。

漫画原作の実写ドラマ化作品である「妻、小学生になる。」ですが、これは数年前にフジテレビのオトナの土ドラ枠で放送された「パパがも一度恋をした」の成功もあったからかもしれません!?

という事で、先ずはドラマ「妻、小学生になる。」の動画配信や見逃し配信について紹介していきたいと思います。

check

金曜ドラマ「妻、小学生になる。」の無料動画や見逃し配信の視聴方法

先ず、見逃し配信と言えば「TVer」が一般的なのですが、「TVer」では最新のドラマが見逃し配信として一週間しか配信されません。

今回ご紹介するTBSの金曜ドラマ「妻、小学生になる。」も例外ではありません。

では、どうすれば見逃してしまった「妻、小学生になる。」を見ることが出来るのか、またもう一度1話や2話、見逃してしまった4話や5話が見たい場合に、「妻、小学生になる。」をどうすれば見ることができるのか・・・「妻、小学生になる。」の動画配信を見る方法は一つだけあります。

・Paravi
TBSのドラマに強く、TBSの最新ドラマを独占配信しています(オリジナルストーリーも複数あり)。

つまり・・・TBSのドラマを見るならParavi以外の選択肢はありません!

ParaviではTBSのドラマなど以外にも、テレビ東京系のドラマやアニメ、映画、WOWOWのドラマなど多種多様の動画を見ることができます!

ですので、「妻、小学生になる。」をどうしてもご覧になりたい場合は、Paraviがおすすめです。

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

金曜ドラマ「妻、小学生になる。(つましょー)」9話のあらすじ・ネタバレ

貴恵(石田ゆり子)が消えた。
体に憑依していた貴恵が消えたことで、万理華(毎田暖乃)は自分の人格を取り戻し、母・千嘉(吉田羊)との新たな生活が始まる。

一方、出社した圭介(堤真一)は心ここにあらずの状態で、そんな圭介を守屋(森田望智)が心配する。麻衣(蒔田彩珠)は自分の殻にこもる中で、蓮司(杉野遥亮)も心配して訪ねて来る。
友利(神木隆之介)もまた、春から高校生になるという出雲(當真あみ)を応援しながら、自分は心にぽっかりと穴があいたようだった。

新島家の時間は再び止まってしまった…。

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「妻、小学生になる。」以外にParaviで見れる動画

それではここからは、Paraviで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

Paraviで見れるドラマは下記になります。

・半沢直樹
・半沢直樹2
・MIU404
・この恋あたためますか※スピンオフドラマあり
・危険なビーナス※スピンオフドラマあり
・僕はどこから
・アンナチュラル
・あのコの夢を見たんです
・共演NG
・だから私はメイクする
・中学聖日記
・白夜行
・夜行観覧車
・リバース
・キワドい2人-K2-※スピンオフドラマあり
・カルテット
・家政婦のミタ
・Nのために
・逃げるは恥だが役に立つ
・きのう何食べた?
・初めて恋をした日に読む話
・レンタルなんもしない人
・凪のお暇
・陸王
・カンナさーん!
・下町ロケット
・ノーサイドゲーム
・おカネの切れ目が恋の始まり※スピンオフドラマあり
・ブラッディ・マンデイ
・ごくせん
・小さな巨人
・私の家政夫ナギサさん
・恋はつづくよどこまでも※スピンオフドラマあり
・義母と娘のブルース※スピンオフドラマあり
・テセウスの船
・大恋愛

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・夏目友人帳
・浦安鉄筋家族
・おそ松さん
・NARUTO
・BORUTO
・フルーツバスケット
・銀魂
・ダイの大冒険

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・Paraviなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画などを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはParaviならではです!

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

金曜ドラマ「妻、小学生になる。(つましょー)」これまでのあらすじ・ネタバレ

堤真一がTBSドラマに16年ぶりの出演!

妻を亡くしてから10年間・・・失意とともに生きてきた夫が、妻と奇跡の再会!

なんと妻は・・・小学生になっていた!

愛妻家の夫、生まれ変わった妻(外見は小学生)、そして大人になりきれない娘・・・ちょっと変わった3人による心温まる家族再生の物語が始まる!!

TBSでは、2022年1月期の金曜ドラマ枠(毎週金曜よる10時)で、『妻、小学生になる。』を放送することが決定した。原作は芳文社「週刊漫画TIMES」に連載中の村田椰融(むらた・やゆう)による同名漫画。累計発行部数(紙+電子)が130万部を超える話題作だ。

主人公の新島圭介(にいじま・けいすけ)を演じるのは、堤真一。堤がTBSのドラマに出演するのは、2006年に放送した『セーラー服と機関銃』以来16年ぶりとなる。

10年前に愛する妻を失い生きる意味を失った夫とその娘が、思わぬ形で妻(母)と奇跡の再会をするところから物語は始まる。なんと妻(母)は生まれ変わって、10歳の小学生の女の子になっていた! 夫と娘はそんな妻(母)の姿に戸惑いながらも、10年ぶりに彼女に尻を叩かれ叱咤激励される。この物語は、彼らのみならず、一家に関わる周りの人々が「生きること」に再び向き合おうとするちょっと変わったホームドラマだ。

夫婦、家族、それぞれの想いが切なくもなぜかほっこり温まる、1月スタートの『妻、小学生になる。』にぜひご期待ください!

金曜ドラマ「妻、小学生になる。」1話のあらすじ・ネタバレ

新島圭介(堤真一)は、10年前に最愛の妻・貴恵(石田ゆり子)を亡くしてから、妻のいない残りの人生を“余生”だと思って生きている元愛妻家。全く生気が感じられないため、周囲からは陰鬱な男に見られている。たった一人の家族である一人娘の麻衣(蒔田彩珠)の幸せを誰よりも願っているものの、生活費を稼ぐ以外何もしてやれていないことが心苦しく、コミュニケーションすらうまく取れていない。

二人の時間は、10年間止まってしまっていたのだ。同じ家に住みながらもバラバラな父と娘。

そんなある日、ランドセルを背負った見知らぬ女の子(毎田暖乃)がこの親子を訪れる。

「わたしは10年前に他界したあなたの妻よ」
―まだ信じられないが、妻のようだ。
突然の別れから10年。
妻はこの世に生まれ変わっていた。
止まったままの家族の時間が、再び動き出す―
しかし・・・愛する妻はいま、小学生の姿! 同居することもできず門限は夕方6時!! 一緒にいると怪しまれ、喜び余って抱きしめたら警察を呼ばれる始末・・・。

突然の別れから10年。元愛妻家の男と、妻(外見は小学生)、そして大人になりきれない娘の、ちょっと変わった3人による家族再生の物語が始まる!

金曜ドラマ「妻、小学生になる。」1話のネタバレ・感想

最愛の妻・貴恵(石田ゆり子)を突然の交通事故で亡くして10年。以来、ゾンビのようになってしまった夫の圭介(堤真一)と娘の麻衣(蒔田彩珠)のもとに、貴恵が帰ってきた。ただし、小学生の姿で――。

このあらすじだけを見たら、突拍子もないトンデモ設定に聞こえるだろう。亡くなった家族が戻ってくる? しかも、小学生になって? ちなみに筆者は麻衣と同じく、10歳のときに親を亡くした経験がある。そんな個人的な事情もあって、大変失礼な話だが正直大きな期待はしていなかった。家族を失った悲しみと喪失感は、たとえ10年という時薬が効いたとしても、そんな魔法のようには埋まるわけがないリアルを知っているからだ。

しかし、第1話を見ながら、そんなリアルを抜きに物語を楽しんでいる自分に気づかされたのだ。堤自身も今回演じている圭介の役柄について「共感できるところはないかも(苦笑)」と話していたが、それでいいのだと思う。現実とは切り離して、笑顔になる時間を作り上げることができるのもエンタメの魔法なのだから。

不条理な現実を生きる私たちの苦しみを共に見つめ、考えていくヒントになる作品もあれば、それを見ている時間だけは「こんな奇跡があったらいいな」と心を無重力にしてくれるような作品もある。本作は、まさに貴恵が圭介の頬を両手で包み込むように、視聴者の口角をグッと持ち上げてくれるドラマなのだ。

このドラマを成立させているのは、紛れもなく帰ってきた貴恵を演じる子役・毎田暖乃の演技力によるところが大きい。彼女が見せてくれるのは、単に“大人びた素振りをしてみせる小学生”という振る舞いではない。毎田が繰り出す貴恵の仕草や口調、表情……の奥には、石田の演じる貴恵が透けて見えるのだ。まさに憑依的。

このハッとさせられるような演技は、石田が自身の撮影シーンがないときにも現場に来ていることが功を奏しているのかもしれない。堤が「小学生の暖乃ちゃんに対して“貴恵さん”として話しかける時に、ゆり子さんと会ったばかりだと脳裏にイメージが浮かびやすいんですよ。ゆり子さんは“暖乃ちゃんが心配だから”と彼女のために来ているけど、僕が一番助かっています」と話すように、その余韻は視聴者にもしっかりと残る。

多くの視聴者も圭介や麻衣と同じように「そんなバカな」という気持ちだったにちがいない。だが、なかなか信じてもらえなくても、貴恵は熱心に語りかける。荒れ果てた畑にも太陽が燦々と降り注ぐように。「いつもの場所」「あの味」「あの仕草」「あの光景」……生きているけど生きていない、そんな毎日を過ごしていた圭介と麻衣の中に、再び貴恵がいたときのような光が差し込んでくる。堤と蒔田が、石田と毎田扮する貴恵の明るさに共鳴して、心境を変化させていく演技もまた見事だ。

そして視聴者も、徐々に毎田の演じる貴恵のペースに引き込まれていく。気づけば、トンデモと思っていた奇跡の物語をすんなりと受け入れていく心持ちになっているから不思議だ。そこにあるのは「わかる」「あるある」という共感でも、「自分にも起こりそう」というリアリティでもない。いわば「こんなことがあってもいいよね」という、ほんのささやかな希望なのかもしれない。

だが、圭介! 小学生に「君が18歳になったら結婚しよう」は、ちょっと早まりすぎだ。この奇跡を知らない周囲の人間から見れば、小学生にプロポーズをする圭介こそがトンデモおじさんだと思われても仕方がないのだから。そこは慎重に、大人として落ち着いて行動してほしいもの。だが、その圭介の不安定さも、貴恵が奇跡的に帰ってくることができた理由なのかもしれない。

「私がいなくても進んでいけるっていう姿勢を見せてよ」
「余生じゃなくて、今があんたの人生なの! もったいない生き方してないで、しっかりしっかり、生きなさい! そうじゃなきゃ安心して、小学生でいられないじゃない!」

そんなセリフが意味深に響くのは筆者だけだろうか。もしかしたら安心できるほど圭介がしっかりしたら貴恵は……そんな予感が少しだけよぎったがひとまず振り払っておこう。さらに、貴恵の心を持った小学生の万理華にも、家庭の事情や小学生らしい学校生活もある。なかなか一筋縄にはいかない事態が続きそうだ。

だが今はもう少しだけ、世知辛く混乱の多い日常を忘れて、浮かれる圭介と一緒になってムフフとしていたい気持ちだ。悲しみで止まっていた時間が動き出す、その奇跡を微笑ましく眺めながら。

金曜ドラマ「妻、小学生になる。(つましょー)」2話のあらすじ・ネタバレ

貴恵(石田ゆり子)を亡くしてから止まっていた新島家の時間が、再び動き始めた。圭介(堤真一)は、小学4年生の万理華(毎田暖乃)が貴恵の生まれ変わりであると確信。人生に張り合いが生まれ、職場でもついニヤニヤしてしまう。そんな圭介を周囲は怪訝に思うが、異動してきたばかりの上司・守屋(森田望智)は、親切で誰にでも分け隔てなく接する圭介に好感をもつ。ただ、圭介のスマホの待ち受け画像が小学生の女の子だったことが気にかかる。

「18歳になったら結婚しよう」と万理華にプロポーズした圭介は、その日の会社帰りに彼女が同級生のタケル(川口和空)から告白されているところに遭遇し、動揺する。そして、圭介がプロポーズしている姿をある男に目撃されていて…。

そんな中、圭介の娘・麻衣(蒔田彩珠)は就職活動を始める。さらに、幼馴染の弥子(小椋梨央)に誘われて人生初の合コンに参加することに…。圭介と万理華は麻衣の就職祝いを買いに出かけるが、街で守屋とばったり会い、2人の関係を聞かれ…。

金曜ドラマ「妻、小学生になる。(つましょー)」2話のネタバレ・感想

10年前に急逝した妻が、生まれ変わって帰ってきた――。最愛の伴侶に、そして頼れる母に先立たれ、残りの人生を「余生」とゾンビのように生きていた家族が、この生まれ変わりの奇跡をきっかけに再生する物語。

そんなフィクションならではの温かな時間が流れるのだが、もちろん世間が奇跡をすぐに受け入れられるわけもなく……。第2話では、生まれ変わった妻の弟・友利(神木隆之介)をはじめ、家族を取り巻く人々がざわつき始める。

妻・貴恵(石田ゆり子)の生まれ変わりとして戻ってきた万理華(毎田暖乃)の存在が、再び人生の活力となった圭介(堤真一)。引きこもりがちだった娘の麻衣(蒔田彩珠)も就職活動をスタートさせるなど、再び動き出した家族の時間。

ところが、このわかりやすい父娘の変化に周囲が気づかないわけがない。圭介に至っては、万理華の写真を待ち受けにしたスマホを見てはニヤニヤする始末。40代の男性が娘でもない女子小学生の写真を眺めて頬を緩ませる様子に、万理華こと貴恵は「やばい人だと思われる」と頭を抱えるのだが、舞い上がっている圭介にはその危機感がまるでないから困ったものだ。

生まれ変わってもこの人と結婚したい。そんな夢のような話が、現実になった圭介にとって、万理華が18歳になったら結婚したいというのは心から出た本音。それは相思相愛の父と母を見つめてきた麻衣にとっても、素直に受け入れられるプロポーズだった。

しかし、真実を知らない人からしたら、やはりいきなり現れた小学生を「妻」と言い張る家族は、どうにかなってしまったと思われても仕方がない状況だ。現に貴恵の弟である友利は、圭介のプロポーズを目撃して心配になって駆けつけた1人。父と娘が揃って「妻なんだ」「ママなの」とにこやかに万理華を囲む姿に、すべてを見届けてきた視聴者であっても友利に同情したくなる奇妙な光景だった。

そして、圭介とランチタイムに並んで持参したお弁当を食べる「お弁当友達」になった上司の守屋(森田望智)も、休日にデートをする圭介と万理華を見かけて、その関係が気になって仕方がない。なんとか貴恵が機転を効かせて「親戚のおじちゃん」という設定にするも、やっぱり怪しさが拭いきれない。

今は、純粋に再会できた喜びに浸りたい圭介と麻衣と貴恵。対して、小学生と中年男性の理解し難い関係性を不審に思う周囲と、ヒヤヒヤする場面が今後も続きそうだ。もし現実に、その光景を目にしたら親戚として圭介や麻衣の精神状態を心配すべきだし、大人として万理華を守るべきだと思うが、これはフィクションのドラマだ。そのヒヤヒヤを家族で協力して乗り切り、結束を深めていく様子を楽しみたい。

とはいえ、第2話では気になるシーンもいくつかあった。貴恵の中身を持つ万理華だが、ふと年相応の一面が垣間見える瞬間が見受けられたのだ。女児向けのアニメ映画に夢中になって思わずポップコーンをこぼしてしまったり、母親の千嘉(吉田羊)とのコミュニケーションに戸惑ったり……。もしかしたら、同級生のタケルから告白され胸をときめかせたのも、久しぶりに直球のアプローチを受けたからというだけではないかもしれない。

もともと少女のような無邪気さと天真爛漫さを持つ貴恵だが、大人の状態であればそれほどアニメ映画に興奮することもないように思うし、千嘉に対してももう少しうまく立ち回れるようにも思う。しかし、それができない瞬間があるというのは、貴恵の記憶が戻ったとしてもやはり万理華の中にはもとの万理華がいるのではないだろうか。

「最近、キャラが変わった」とクラスメートから噂されるように、もとの万理華と貴恵は全く違う性格だったのではないかと思うと、そのギャップをどのように調整していくのかが課題になりそうだ。そんな万理華のことを何やらジッと見つめる女子小学生の姿もあった。また予告には、新たな生まれ変わりの存在を示唆する映像もあって、気になるところ。

人生の喜びも悲しみも、多くは前触れもなくやってくるもの。残念ながら自分たちの力で操作することができない。だからこそ、私たちはそこに理由や意味を見出したくなる。なぜ、こんな悲劇に耐えなければならないのか。どうして、こんな奇跡のようなことが起こったのかと。

それは、この説明のできない現象のど真ん中にいる貴恵&万理華が、一番直面して考えていくことになるのではないだろうか。自分はなぜ生まれ変わったのか。その器としてなぜ自分が選ばれたのか。この生まれ変わりは、圭介や麻衣と貴恵という家族だけでなく、そして千嘉と万理華という家族にとっても再生のチャンスなのではないか。

そして同時に、その葛藤は生まれ変わりを経験しない誰もが考えることであると気付かされる。私たちはなぜ今の人生を生きているのか。悔いなく自分自身を生きるとはどういうことなのか。ただ、生まれ変わって帰ってきた妻と家族が再会して嬉しい、というだけではこの物語では落ち着きそうもない。

金曜ドラマ「妻、小学生になる。(つましょー)」3話のあらすじ・ネタバレ

圭介(堤真一)はスマホのメッセージに反応がない万理華(毎田暖乃)のことが気になり、仕事が手につかない。昼休み、圭介の様子を心配した守屋(森田望智)が声をかけるが、心ここにあらずだ。お弁当も持っていない圭介に、守屋は自分の玉子焼きを分けてあげる。

ホームページ制作会社に就職した麻衣(蒔田彩珠)は、先輩社員について初めて取引先の元へ。小さな工務店を営む社長の息子・蓮司(杉野遥亮)にパソコン操作を説明することになるも、緊張のあまりうまくできない。しかし、一生懸命な麻衣に蓮司は好感を持つ。

圭介はようやく万理華と連絡がついて安心したものの、彼女にも家庭の事情がある様子。万理華の両親のことを思い、圭介と麻衣は複雑な心境に…。

一方、万理華は友利(神木隆之介)のことが気になっていた。友利のアパートを訪ねると、10年前と変わらない怠惰な生活ぶり。万理華は“姉”として友利の尻を叩く。

そんな中、圭介は家族3人での日帰り旅行を提案。貴恵(石田ゆり子)と麻衣との思い出の水族館へ行くことになり…。

金曜ドラマ「妻、小学生になる。(つましょー)」3話のネタバレ・感想

麻衣はホームページ制作会社に就職。先輩社員について初めて取引先へ営業に向かう。営業先は愛川工務店で、麻衣は社長の息子・蓮司にパソコンの操作を説明するが、緊張で上手くできない。だが、マニュアルを読みながらたどたどしい説明しかできないが、一生懸命な麻衣に蓮司は好感を持つ。そして帰りのバスを待つ麻衣を蓮司は食事に誘う。

一生懸命説明する麻衣を見て、ほんのりと微笑む蓮司…その表情に「無骨な感じだけどこの笑顔で優しいとか…もう恋に落ちるしかない」「恋が始まるときって、こんな感じなんだろうなー。そんな風に思えた出会いのシーンだった」などの声が上がったほか、その後の食事のシーンでみせた上目遣いには「だからその上目遣い反則なんだって!」といった反応も。

万理華になった貴恵との再会に浮かれる圭介は、万理華の親に挨拶をしたいと言い出す。しかし万理華は話を勝手に進めないでと怒る。そんな折、万理華をタクシーで送り届けた圭介と麻衣を千嘉が目撃。2人が乗り込んだタクシーの前に立ちはだかり、停車させると窓ガラスをたたいて…。

千嘉の気迫に「吉田羊さんの無表情のあの迫力ある演技にドキドキ」「最後も吉田羊さん怖かったんですけどおおお」「最後の吉田羊さん怖かった…」などの反応が続出中だ。

金曜ドラマ「妻、小学生になる。(つましょー)」4話のあらすじ・ネタバレ

圭介(堤真一)と麻衣(蒔田彩珠)は、貴恵(石田ゆり子)の生まれ変わりである万理華(毎田暖乃)の母親の千嘉(吉田羊)と偶然会ってしまう。
想像と違い、圭介たちは「娘」としての今の家族のことが気にかかる。

翌日、圭介は万理華の小学校で球技大会があることを知り、千嘉も応援に行くに違いないと考えた圭介は、彼女と一度ゆっくり話をしようと、自分も球技大会へ行くことに。「お弁当友達」である守屋(森田望智)に弁当作りを手伝ってもらう約束をする。

一方、万理華は同級生のヒマリ(飯田晴音)から漫画の交換ノートをしていたことを知るも、“以前の”万理華のように漫画が描けなくなっていることに気づき、弟の友利(神木隆之介)に相談するが…。

そして、球技大会当日。突然やって来た圭介と麻衣に驚きながらもうれしそうな万理華。しかし、圭介が待っていた千嘉の姿は…。

金曜ドラマ「妻、小学生になる。(つましょー)」4話のネタバレ・感想

圭介と麻衣は万理華をタクシーで送ったところ、千嘉と出くわす。彼女から問い詰められるが万理華が「友達の父」とその場を上手く取り繕う。千嘉の様子を見た圭介は、万理華の今の家族のことが気にかかる。

翌日、圭介は万理華の小学校で球技大会があることを知る。千嘉も応援に行くと考えた圭介は、彼女と話すため自分も球技大会へ行こうとする。また千嘉も万理華に対し、球技大会に弁当を作っていくと話す。その言葉に嬉しそうな表情をみせる万理華だが、千嘉は男性に誘われデートへ。結局球技大会に顔は見せず、帰り道で立ち聞きした保護者たちの会話から圭介は、万理華がDVを受けているのではと危惧する…というのが今回のストーリー。

ラストで万理華は圭介と通話しているところを千嘉に見つかってしまう。付き合っていた男性に妻子がいることが発覚、ショックを受け帰宅した千嘉は万理華に手を上げようとするが、そこに現れた圭介が千嘉を止め「あなたが彼女を大事にしないなら、僕が彼女を引き取ります!」と宣言する…というラストだった。

「子供の用事をすっぽかして男と会うとかまじで意味不明…」「仕事もたいへんだったり、今彼が妻子持ちだったり、色々あるのかもしれないけどこれはだめだよ…」など身勝手で衝動的な千嘉の行動に視聴者からも怒りの声が上がるとともに、「吉田羊さんが毒親を物凄く生々しく演じてて魅入った」「最後感情が爆発するの怖くて凍りつきそうになった」「吉田羊さんは演技力あるから暗い役柄は半端なく暗くなる」など、前回に続き今回も吉田さんの演技力に多くの注目が集まる。

一方、万理華はクラスメートから“交換マンガ”の続きを書いて欲しいと言われる。貴恵の記憶が蘇る前の万理華は彼女とマンガを描きあっていたらしいが、当時のことを思い出そうとしてもぼんやりとした記憶しか浮かばず…というシーンも。

「生まれ変わりである万理華として生きてきた記憶を忘れかけている」「万理華ちゃんの記憶が抜けちゃてるのか…」「貴恵が乗っ取っていってる」など、“貴恵”となった万理華が、それまでの記憶を失いはじめていることに心配の声も。

また「万理華ちゃん、貴恵の記憶が蘇るまではビクビク生きていたんだろうな」「つらくて、消えたかったから、前世の記憶が蘇って万理華ちゃんの人格がなくなってしまったのかな」など、貴恵の記憶が蘇る前の万理華のことを想像する声や、「段々白石万理華としての記憶がなくなっていったら母親と暮らすのシンドくなるな」と、今後の生活に思いを寄せたコメントも投稿されている。

金曜ドラマ「妻、小学生になる。(つましょー)」5話のあらすじ・ネタバレ

ついに小学生妻の母親である千嘉(吉田羊)と対立してしまった圭介(堤真一)は、万理華(毎田暖乃)を助けようと二人の間に割って入るが、さらに千嘉の怒りを買う結果に。家から追い出されてしまう万理華は孤立してしまうが…。

翌日、麻衣(蒔田彩珠)のもとに愛川工務店の蓮司(杉野遥亮)から連絡があり、パソコンを買うので付き合ってほしいと頼まれる。寺カフェには守屋(森田望智)と詩織(水谷果穂)が来て、ひょんなことから麻衣と守屋は、互いに圭介の娘と会社の人間であることを知る。

一方、千嘉のことで悩んでいた万理華は、きちんと話がしたいと千嘉に伝えるために圭介に相談する。

金曜ドラマ「妻、小学生になる。(つましょー)」5話のネタバレ・感想

第5話は、なぜ生まれ変わりが起きたのかという理由が少しだけ垣間見えた回だった。10年前に他界した新島貴恵(石田ゆり子)と、その記憶を持つ小学生の白石万理華(毎田暖乃)。2人の魂は1人の身体に同時に存在しているのとは少し違うようだ。貴恵としての記憶が鮮明な今、万理華としての日々が思い出せないのだと明かされる。

もう隠しきれない。そう考えた貴恵と圭介(堤真一)は、万理華の母・千嘉(吉田羊)に現状を説明するも、もちろんすぐには信じてもらえない。だが、呼び方が「ママ」ではなく「お母さん」になっていること、顔色をうかがうように覗き込んでいた視線からまっすぐに見つめる眼差しに変わっていること、できるはずのないオムライスがおいしく作られていたこと……。

どんなに言葉を積み上げても伝わりそうになかった状況も、母として娘を改めて向き合えば、今の万理華がかつての万理華とは別人であることはこんなにも明らかだった。「万理華に会いたい! 万理華を返して!」と掴みかかる千嘉に、圭介は「家族ぐるみの付き合い」を申し出る。

「あなたの娘さんも、僕の妻も、1人しかいませんけど。1人しかいないから見つけたいんです。白石家も新島家も幸せに暮らせる方法を。白石万理華さんも新島貴恵もあなたも平和ボケの鳩でいられるように」

「平和ボケの鳩」とは、貴恵が家族の悩みを持たずに育った圭介を揶揄したものだ。のほほんと何も背負わずにいられることの幸せを、貴恵は誰よりも知っていた。貴恵が生まれ変わった理由には「白石家も新島家も幸せに暮らせる方法」が大きく関わっているのではないだろうか。

千嘉から「消えてくれないかな」などと暴言を吐かれてきた万理華に、かつての母と自分自身を重ねずにはいられなかった貴恵。幸せにしてくれない周囲に怒り、情緒のコントロールが苦手だったという母に、貴恵はよくオムライスを作っていたと弟の友利(神木隆之介)が語っていた。

それは貴恵が人生で得た、母とうまく付き合うための知恵とも言える。万理華となった今も、母である千嘉を攻めるのではなく、その知恵を絞って元気づけようとする健気な姿勢に胸が痛くなる。

家族が幸せに暮らすためにはどうしたらいいのか。それを一番に考えて生きてきた貴恵にとって、自分の死がきっかけでどこにも進めなくなってしまった新島家は見ていられなかったのかもしれない。そして、同じように母娘関係で悩む万理華のことも一緒になって考えていきたい。それが生まれ変わりという現象へと繋がったのではないだろうか。

だとすれば、この2つの家族が幸せに暮らす方法が見つかったとき、貴恵の魂はどうなってしまうのだろう、という不安がよぎる。娘の麻衣(蒔田彩珠)の恋を応援し、一緒にゲームをして、川の字で寝る。一つずつ、失われた時間を取り戻すかのように、紡がれる新島家の思い出。それも、いつか万理華の記憶と引き換えに抜け出てしまうものなのだろうか。

貴恵が満足してしまったらその魂が抜け出てしまうのだとしたら、まだまだ安心してもらっては困る。万理華の心を守り、千嘉とぶつかり、麻衣を励まし、圭介を奮い立たせ、友利を叱咤し……彼らには、まだまだ頼れる貴恵が必要に見えるからだ。

とはいえ、いつまでも貴恵に頼っていることが本当に家族が幸せになる方法なのか、というのもまた考えさせられるところだ。人生を進めるというのはある意味で寂しさの連続だ。「このまま時が止まってくれればいいのに」と願うほど幸せなひとときを過ごしたとしても、時間は無情に流れていく。

自分自身は老いていくし、子どもはいずれ巣立っていく。周囲の人間関係も水の流れのごとく絶えず移っていき、その変化に常に対応していく必要がある。だからこそ、迷い続けなければならない。自分らしい答えを出すまで、決してあきらめることなく。

ただ、1人ではなかなか見つけ出すことは難しい。だから、貴恵は白石家と新島家を巻き込み、生まれ変わったのかもしれない。それぞれ中で抱え込んできた思いを無理なく解き放ち、気持ちよく迷い生きていくために。

「家族ぐるみの付き合い」を、貴恵ではなく圭介が提案したところにもまた大きな意味を感じた。圭介自身が貴恵に頼らずに新しい答えを導き出そうとしているように見えるからだ。千嘉との新しい関係に加えて、上司の守屋(森田望智)の想いや、麻衣と蓮司(杉野遥亮)との淡い恋など、同時に多くの変化が起こる。それもまた人生。悔いのないように、圭介たちには思いきり迷ってほしいものだ。

金曜ドラマ「妻、小学生になる。(つましょー)」6話のあらすじ・ネタバレ

千嘉(吉田羊)は今の万理華(毎田暖乃)が娘の万理華ではないと受け入れる一方で、一つ屋根の下で暮らしながら、どう接していいかわからない。万理華自身も、貴恵(石田ゆり子)としての記憶を思い出した反動で万理華の記憶が薄れていることが心苦しい。圭介(堤真一)もなんとか千嘉の力になりたいが、いい解決策は見つからないでいた。

一方、圭介の会社では、守屋(森田望智)が企画した新商品のPRイベントが大成功。ところが、発売前のトマト缶の商品画像がイベント参加者によってSNS上にフライング投稿されてしまい、計画していたプロモーションが台無しになり…。

さらに、麻衣(蒔田彩珠)が恋をしていると万理華から聞かされた圭介は複雑な心境に。問題山積で弱音を吐く圭介に、万理華はバーベキュー大会を開いて、みんなで気晴らししてはどうかと提案し…。

金曜ドラマ「妻、小学生になる。(つましょー)」7話のあらすじ・ネタバレ

圭介(堤真一)と麻衣(蒔田彩珠)は、友利(神木隆之介)から一緒に実家に帰ってほしいと頼まれる。家族の入院で一人になってしまった母親の面倒を見るためだ。圭介はそのことを万理華(毎田暖乃)にも伝え、万理華を圭介の親戚の子ということにして4人で実家に向かう。

出迎えてくれたのは、貴恵(石田ゆり子)と友利の従姉妹たち。仲良しだった貴恵の思い出話をする萌子に、万理華は複雑な心境だ。そこに母・礼子がデイサービスから戻ってきて、万理華は久しぶりに母に会う。

一方、麻衣のもとに蓮司(杉野遥亮)から連絡があり…。

金曜ドラマ「妻、小学生になる。(つましょー)」8話のあらすじ・ネタバレ

大みそかの夜に突然倒れた万理華(毎田暖乃)は貴恵(石田ゆり子)としての記憶を失くしそのまま意識を失った。圭介(堤真一)と麻衣(蒔田彩珠)、千嘉(吉田羊)は、圭介や麻衣の記憶を失くしたことに誰もが不安を感じていた。

万理華の身に起きた異変を聞いた友利(神木隆之介)は、生まれ変わりの小説「君と再び」を書いている出雲(當真あみ)なら何かわかるかもしれないと考える。

圭介が会社の休憩室で「君と再び」を読んでいると、守屋(森田望智)が圭介の本を見て、週末に最終巻が発売されることを伝える。
圭介は、最終巻の発売記念イベントで出雲のサイン会があると知り、万理華たちと行ってみることに。そして、彼女の口から衝撃の事実を聞く…。

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

Paraviでドラマ「妻、小学生になる。」を楽しもう!

今回ご紹介したドラマ「妻、小学生になる。」の動画ももちろんのこと、Paraviなら

・TBSのドラマ
・TBSのバラエティ番組
・人気アニメ
・人気映画
・人気ドラマ

全てを見ることができます!

それでは是非無料期間だけでも、Paraviを試してみてくださいね。

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 
【この記事もおすすめ】

【あせとせっけん】7話の見逃し配信・動画無料視聴方法!これまでのネタバレ

【真夜中にハロー!】最終回の見逃し配信・動画無料視聴方法!これまでのネタバレ

【あり職2期】10話最新話の見逃し配信・動画無料視聴方法!これまでのネタバレ

【アメトーーク】の見逃し配信・動画無料視聴方法!第七世代、その後



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA