【ターミネーター4】の見逃し配信・動画無料視聴方法!ネタバレ

テレビ東京の午後のロードショーで放送された2009年のアメリカ映画「ターミネーター4(Terminator Salvation)」のあらすじやネタバレ、キャスト・原作情報や無料動画や見逃し配信のノーカット無料視聴方法や再放送のことなどについて紹介したいと思います。

気になる番組は何回も見たいし、TVer(ティーバー)やGYAO!(ギャオ)、加入者の多いHulu(フールー)やNetflix(ネットフリックス)など、どういったサービスで観れるんだろう?って気になりますよね?

この「ターミネーター4」の動画配信なのですが、動画配信サービスU-NEXTで配信されています。

U-NEXTは、ドラマだけでなくアニメや映画、漫画などもたくさん配信されており、NHKオンデマンドまで観ることもできる人気の動画配信サービスです!

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

映画「ターミネーター4」のあらすじ・ネタバレ

ロサンゼルスの刑務所で死刑囚マーカス(サム・ワーシントン)は、医師セレーナに説得され臓器提供の書類にサインする。処刑の時が訪れ、薬物によってマーカスの死刑が執行されたー。時は経ち2018年。世界は“審判の日”と呼ばれる機械からの核攻撃によって破滅に瀕していた。意識を持ったコンピューター“スカイネット”は、人間を自分達にとっての脅威と認識し、人類を滅ぼそうとしていた。人間は地下に潜り、抵抗軍を組織してマシーンとの戦争を続けていた。抵抗軍のメンバー、ジョン・コナー(クリスチャン・ベイル)は、将来彼の父親となる運命を持つカイル・リースという少年を探していた。一方、ロサンゼルスでは、死刑になったはずのマーカスが廃墟と化した街に現れた。そこでマーカスは、少年カイル(アントン・イェルチン)と少女スターに出会う。そして、カイルからマシーンとの戦争が始まっているという話を聞いたマーカスは2人を連れて街を出ることに。ところが立ち寄ったガソリンスタンドで、3人はマシーンに襲われカイルとスターは捕らえられてしまう…。マーカスは、救助に駆けつけた抵抗軍のブレア(ムーン・ブラッドグッド)に助けられ、彼と共に抵抗軍の基地へと向かう。そこで爆破で傷ついたマーカスを治療しようとしたブレアは、彼の身体が機械であることに気づく。そして、自分の正体がマシーンだと知ったマーカスはショックを受けるが…。

クリスチャン・ベイル(ジョン・コナー)[声]:檀臣幸
サム・ワーシントン(マーカス・ライト)[声]:東地宏樹
アントン・イェルチン(カイル・リース)[声]:内山昂輝
ムーン・ブラッドグッド(ブレア・ウィリアムズ)[声]:朴ロ美

映画「ターミネーター4」のネタバレ

2018年。地球上のあらゆる都市が、人類に反旗を翻した超高性能コンピューターネットワーク「スカイネット」による核攻撃を受けた「審判の日(ジャッジメント・デイ)」後の荒廃した世界。スカイネット率いる機械軍は、いよいよ人類に対する最後の総攻撃を仕掛けようとしていた。

「審判の日」を生き延び、レジスタンスの部隊長となったジョン・コナーはスカイネット研究所での機械軍との抗戦のさなか、スカイネットが人々を生け捕りにし、生体細胞を複製しようとしている事実を掴む。スカイネットはついに、民間潜入型ターミネーター「T-800」の開発に着手していたのだ。同じ頃レジスタンス本部では、アシュダウン将軍ら司令部がスカイネット総攻撃の計画を企てていた。ジョンはその目的がスカイネットが秘密裏に遂行しようとしている「暗殺リスト」の阻止にあると知るが、そのリストには自分の名前だけではなく、最重要ターゲットとして「カイル・リース」の名前があったのだった。

一方、ロサンゼルス郊外の荒れ野原でひとりの男が目を覚ました。男の名はマーカス・ライト。目を覚ます前の記憶を一切を失っていたマーカスは荒れ果てた光景に驚きを隠せない。間もなく汎用殺人型ターミネーター「T-600」に遭遇。マーカスは窮地に陥るがその場に居合わせた孤児の少年に命を救われる。同じく孤児で口が利けない少女スターと共に戦禍を生き延びてきたその少年だが、彼自身がスカイネットの最重要ターゲットにして、後にジョンの父となるカイル・リースだった。

彼らと行動を共にすることになったマーカスは、ある晩短波ラジオでレジスタンスの決起放送を耳にする。「君たちは決して孤独ではない」。そう呼びかけているのは、密かに人々の間で「救世主」として伝説となっているジョンの声だった。カイルに抵抗軍のことを聞いたマーカスは、カイルとスターを連れてジョンの元へと急ぐ。

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「ターミネーター4」以外にU-NEXTで見れる動画

それではここからは、U-NEXTで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

U-NEXTで見れるドラマは下記になります。

・一億円のさようなら
・記憶捜査2
・先生を消す方程式
・マリーミー!
・アンフェア
・僕はどこから
・アンナチュラル
・おっさんずラブ
・この男は人生最大の過ちです
・トリック
・中学聖日記
・白夜行
・おじさんはカワイイものがお好き。
・君と会えた10+3回
・竜の道
・カルテット
・科捜研の女
・Nのために
・アリバイ崩し承ります
・きのう何食べた?
・初めて恋をした日に読む話
・文学処女
・凪のお暇
・ハケン占い師アタル
・カンナさーん!
・ケイジとケンジ
・ホームルーム
・ねぇ先生、知らないの?
・未解決の女
・相棒
・小さな巨人
・エール
・半分、青い
・なつぞら
・まんぷく
・いいね!光源氏くん

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・ハイキュー
・犬夜叉
・おそ松さん
・TIGER&BUNNY
・ドラゴンボール超
・NARUTO
・BORUTO
・僕のヒーローアカデミア
・銀魂
・無限の住人
・弱虫ペダル
・炎炎ノ消防隊
・映像研には手を出すな!
・ダイの大冒険
・あやつり左近
・ゆるキャン△
・行け!稲中卓球部
・パタリロ!
・ブラッククローバー
・進撃の巨人
・ワンパンマン
・幽遊白書
・レベルE
・ハンターハンター
・Re:ゼロ
・メアリと魔女の花
・魔法陣グルグル
・るろうに剣心
・約束のネバーランド

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・U-NEXTなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画、音楽ライブなどを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはU-NEXTならではです!

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

映画「ターミネーター4」について

「ターミネーター4」は、2009年のアメリカのミリタリーSFアクション映画。監督はマックG、脚本はジョン・ブランケートとマイケル・フェリスが務めた。「ターミネーター」シリーズの第4作目で、『ターミネーター3』(2003年)の続編であると同時に、『ターミネーター』(1984年)の前日譚でもある。主演はクリスチャン・ベールとサム・ワーシントンで、アントン・イェルチン、ムーン・ブラッドグッド、ブライス・ダラス・ハワード、コモン、マイケル・アイアンサイド、ヘレナ・ボナム=カーターらが出演している。これまでの作品とは異なり、本作は2018年を舞台にした終末論的映画である。ベールはレジスタンスの戦士で中心人物であるジョン・コナーを、ワーシントンはサイボーグのマーカス・ライトを演じる。イェルチンは『ターミネーター』で初登場した若き日のカイル・リースを演じ、T-800ターミネーターの起源を描いている。

ハルシオン・カンパニーがアンドリュー・G・ヴァイナとマリオ・カサールから権利を獲得し製作され、2009年5月21日、北米ではワーナー・ブラザース・ピクチャーズから公開された。全世界で3億7,100万ドル以上の興行収入を記録し、賛否両論の評価を受けた。『ターミネーター4』は、「ターミネーター」2度目の3部作の第1作目となる予定だったが、ハルシオン・カンパニーが破産を申請したため、続編の製作は中止となった。2012年にフランチャイズ権が売却され、その結果、予定されていた新たな映画3部作の第1弾としてリブート作品の『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(2015年)が製作された。

製作
シリーズを通じてターミネーター(T-800・T-850)役を演じてきたシュワルツェネッガーは、2003年のT3公開直後、カリフォルニア州知事に就任して俳優業を休業した。タイトルロールを失ったシリーズは続行不可能とされていたが、T3製作総指揮のモリッツ・ボーマンがハルシオン・カンパニーと提携し、2007年にシリーズの権利を獲得した。

2007年当時はT3のジョナサン・モストウ監督、および知事職が2期目に入ったシュワルツェネッガーも作品への関与に肯定的だったが、ロケ地をめぐる意見の相違により両方が降板。『チャーリーズ・エンジェル』シリーズのマックGがモストウの後を継いで監督に抜擢された。

シュワルツェネッガー
シュワルツェネッガーがハルシオン・カンパニーに自身の肖像権の使用を許可している事実や、インタビューでMcGがシュワルツェネッガー出演の可能性をほのめかしたことから、キッキンガーとは別にシュワルツェネッガーもターミネーター役で登場するのではないかと噂された。後に、監督のMcGからシュワルツェネッガーの出演が発表され、サンフランシスコのILMで若いシュワルツェネッガーの映像を再構築していることが明かされた。劇場公開直前には、シュワルツェネッガーの登場場面の詳細が明かされた。

その他の配役
ジョン・コナー役は前作のニック・スタールからクリスチャン・ベールに変更された。本作のキーパーソンとなるマーカス・ライト役にサム・ワーシントン、カイル・リース役にアントン・イェルチンが決定。2008年5月にクランクインし、本格的に製作が開始された。

ジョンと共に「審判の日」を生き残ったケイト・コナー(T3ではケイト・ブリュースター)役は、前作のクレア・デインズから交代し、シャルロット・ゲンズブールが演じる予定だったが間もなく降板。代役としてブライス・ダラス・ハワードがキャスティングされた。

シュワルツェネッガーに続く注目のターミネーター(T-800)役は、奇しくもシュワルツェネッガーと同じオーストリア生まれで同じくボディビルダー出身のローランド・キッキンガーに決定した。しかし最終的には顔がデジタル合成で若い頃のシュワルツェネッガーに差し替えられている。

作品解説
本作に関して、ジェームズ・キャメロンがアドバイスを与えたという報道が一部にあったが、キャメロン本人はこの報道を否定している。ただし、McGは完全に非公式な物と断った上で、キャメロンに個人的に相談をしてアドバイスを貰ったことと、サム・ワーシントンの起用は既に『アバター』の主演に抜擢していたキャメロンの推薦による物だったことを明かしている。

第1作からシリーズ全作で特殊メイクを担当したスタン・ウィンストンは撮影中の2008年6月15日に他界したため、ウィンストンの遺作となった。マックG監督はエンドクレジットで本作品をスタン・ウィンストンに捧げている。

T-800の試作品
シュワルツェネッガーとキッキンガーが今回、CGにて演じたT-800は試作品であり、T1、T2で登場するT-800とは異なる。試作品といってもT-600などの旧式のターミネーターとは違って動きが非常に人間的であり、暴走するT-600を素手で破壊するほどの攻撃力を保有している、変声装置を使って標的をおびき寄せる等の知能を持ち、作品の舞台となる2018年では最新鋭の高性能ターミネーターである。

このT-800は2018年にはこのたった一体のプロトタイプしか製造されておらず、劇中で見られた生産ラインで製造されていたのはその前身であるT-700である。本作でジョン・コナーの手によってターミネーターの生産工場が爆破されたため、T-800量産計画が8年も遅延することになった。これに関連して、劇中でジョンがT-800の開発時期について「予想以上(サラから聞いていたよりも早い)」と呟くシーンがあるが、これは歴史が変わったわけではない。前述の生産工場爆破によってT-800量産化が遅れたという歴史を、カイルが「2026年に量産化された」とだけサラに伝えたことによって生じた誤解であった。

なお、「T3」にてジョンはT-800の顔に愛着があるということが判明しているが、今作ではT-800には躊躇なく銃撃をしている。これは、「T3」でT-850から「ジョンはT-800の顔に愛着があり、彼の暗殺には(T-800の顔と酷似した顔をした)私が選ばれた」と聞かされていたため、ジョンがT-800に動揺しなくなったためとされる。なお、シュワルツェネッガーが演じたT-800が、敵として登場するのはT1以来となる。

T3との関連性
本作は公開までT3とは無関係であると一部メディアで報じられてきたが、ジョンの妻が前作に登場したケイトである点、ケイトが前作で獣医だった経験を活かして本作でも医療関係の仕事で抵抗軍をサポートしていること。最後にまたケイトがジョンとの子供を産むことになると前作でターミネーターが語っていたが、本作でのケイトは妊娠していること等から、本作は事実上『T3』の続編といえる。 ジョンが『ターミネーターの動力源に誘爆性があること』を知っている点、前作に登場したT-1の登場、また本作品のプロローグが2003年(T3における「審判の日」の前年)から始まることも共通している。また、公式サイト(日本)においては本作の舞台は”「審判の日」から10年後”の2018年であるとされていて『T3』の設定(「審判の日」は2004年)とは矛盾が存在するが、公式サイト(米国)においては10年後という記述は無く、更に”Skynetは14年前に自我に目覚めた”との明示的な記載もあることから、「審判の日」に関するT3との整合性は一致している。ただし映画本編においては、「審判の日が何年に起きたか」という具体的な説明は無い。

スカイネットセントラルにおけるT-800との交戦で、ジョン・コナーが溶けた鉄を浴びて灼熱化したT-800に頬を引っかかれて火傷を負うシーンがある。この負傷による傷跡はT2、T3においてわずかに描写された、未来のジョン・コナーの容姿へリンクしている。

『サラ・コナー クロニクルズ』との関連性
本作撮影前にターミネーター2の後日譚という設定でTVシリーズのターミネーターサラ・コナークロニクルズの製作が発表されたが、McG監督が示唆するに、このTVシリーズと『T4』とは無関係である。

日本での特番放送
2009年6月7日テレビ朝日で『ターミネーター4メイキング特番×ターミネーター3今夜9時放送をさらに楽しむ!』という特番が放送された。ちなみにナレーション役はT-800(声: 玄田哲章)という設定であった。

また『ドラえもん』とのコラボレーション企画として、2009年6月26日放映の『ドラえもん1時間お26(ふろ)スペシャル!』でのエピソード「のび太を愛した美少女」で共演が実現した。ただしアニメで登場するロボットは姿こそ似ているものの「ターリネーナー」というターミネーターとは無関係の変形ロボットで、内容的にもほんのわずかな登場シーンしかなかった。

興行収入
本作の制作費はシリーズ最高の製作費約2億ドル(280億円)と推定されており、これは前作『ターミネーター3』の製作費とほぼ同等である。しかし、全米では『ナイト ミュージアム2』に1位を奪われ、初登場2位に留まった。北米での興行収入はおよそ1億2500万ドルで、国内で製作費を回収することができず、前作『ターミネーター3』の1億5000万ドルを下回る結果となってしまった。全世界興行成績はおよそ3億7000万ドルとあまり振るわぬ結果となった。後に制作会社は破産し、ターミネーターの制作権は宙に浮いたが後に競売にかけられヘッジファンドが落札した。

日本では興行チェーンが前3作の東宝洋画系から丸の内ピカデリーを筆頭とした松竹・東急系へと変更され、2009年6月5日から3日間先行上映を行った後、6月13日から公開が始まり、オープニング5日間で興行収入10億2000万円を稼ぎ、初登場1位を飾った。しかし日本での総興行成績は33.1億円に留まり、これは『ターミネーター3』の82億円の半分にも及ばず、大幅に下回る結果となっている。

反響
シュワルツェネッガーは、一家で鑑賞後、自身の子供達から「シリーズ最高の出来」と言われ、同作に出演していないことから深く傷付き、後にインタビューで本作品を批判している。

2019年現在、シリーズのこれまでの映画作品およびTVドラマ作品の中で、唯一劇中にタイムスリップの描写がない作品である。また、ターミネーターを含む本作の登場キャラクターの誰もが、劇中ではまだタイムスリップを経験していない。
カイルがマーカスからショットガンに紐をくくりつけ、相手に銃を奪われないようにする『手品』を教えられるシーンがあるが、これは『T1』でパトカーから奪ったショットガンのストックを切り落とした後、紐をくくりつけるシーンへのリンクである。
マーカスとカイルとスターが車を取りにグリフィス天文台へ向かうが、そこは「T-1」でT-800がタイムトラベルした場所である。
シリーズ通しての名言「生きたいなら付いてこい(「死にたくなければ付いてこい」)(Come with me, If you want to live)」、「また来る、(必ず戻ってくる)(I’ll be Back)」が今作でも使用されている。
一部アクションシーンでカイルの声真似をしてジョンをおびき出すT-800など、前作のオマージュとも取れる演出が為されている。
オープニングクレジットの演出は1作目のオマージュである。また、オープニングクレジットで本作のタイトルが2回出る。またジョンがモトターミネーターを捕獲する際に流した曲は「T2」の主題歌であるガンズ・アンド・ローゼズの「ユー・クッド・ビー・マイン」である。
アメリカでの公開日は5月21日であり、本編冒頭での戦闘も2018年5月21日となっている。誘導ミサイルディスプレイの右下に日付が表示されている。
劇中でジョンが使用しているモバイルPCはソニーのVAIO-Uである。
T-800役には当初ローランド・キッキンガーがそのままの姿で登場する予定だったが、編集段階で急遽顔のみシュワルツェネッガーに差し替えられることになった。また、メイキング映像に登場するキッキンガーの顔は映らないように構成されている。

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

映画「ターミネーター」の主な登場人物

T-800
演:アーノルド・シュワルツェネッガー
『ターミネーター』(以下『T1』と表記)の時間軸では、スカイネットによって2018年に試作され、2026年に量産が開始された人間抹殺用のアンドロイドである。正確には「サイバーダインシステムズ・モデル101シリーズ800」という型番があり、スカイネットでは「T-800 モデル101 サイバネティック生命体」としてデータベースに登録されている。T-800以前の機種であるT-600シリーズはゴム製の外皮で被覆されていたうえ、人間としてはあまりにも大き過ぎる体格(身長約2メートル近く)の外見ゆえに至近距離では容易に識別可能であったのに対し、T-800シリーズは工業的に培養された生体細胞(筋肉、皮膚、毛髪、血液など)が人間の生体細胞と同様にチタン合金(特殊合金)の金属骨格を覆っており、本物の人間との識別は非常に難しくなった。体格に関してもT-600に比べ、より人間に近い身長(約190センチメートル近く)に改められて、骨格の耐久性も向上している。なお、体重は擬装用生体組織を含め180㎏とされる。

2018年の試作段階では、潜入兵器としては未完成ゆえ、人間への擬態能力以外に特筆すべき点はなく、会話能力も持たず(声帯模写機能は搭載されているが、実用レベルには到達していない)、表情も非常にぎこちなかった。戦闘時も、基本的な格闘術がプログラムされていないためか、殴打または放擲ほうてきするくらいの単純な攻撃パターンのみであった。『ターミネーター4』(以下『T4』と表記)の時間軸では、生産拠点であるスカイネットセントラルが抵抗軍の攻撃により破壊されたために、大量生産に支障をきたして予定が大幅に遅れ、T-800は8年後の2026年に量産体制を含めて完成することとなった。

上記の通り、人間には区別が非常に困難だが、犬は臭いなどからT-800と人間を的確に区別できる。犬に見破られる点は、後継機にあたるT-1000やT-X、TOK715も同じであるが、『ターミネーター2』(以下『T2』と表記)とその続編『ターミネーター:ニュー・フェイト』に登場したT-800はそれらの例とは異なり、前者は機械特有の不自然な所が少なくなっていたのか劇中中盤にて逃亡先のエンリケの家では犬に吠えられておらず、後者は人間として暮らす間に人間について学習を積んだためか犬に懐かれている。

『T2』での説明によれば、動力源であるパワーセルの寿命は約120年であり、予備電源も内蔵している。

『T2』以後は未来世界においてすでに旧式化しているとされているが、それを踏まえても21世紀初頭における科学技術から見れば、二足歩行ヒト型ロボットとしてはオーバーテクノロジーの産物である。特殊なチタン合金製のボディは、人間が素手で扱える程度の銃火器による銃撃では破壊はおろかダメージを与えることすら不可能であり、『ターミネーター3』(以下『T3』と表記)に登場したT-850の場合はT-Xのプラズマ砲の直撃で吹き飛ばされても機能が一時停止しただけですぐに復帰したり、クレーン車で振り回されて車にぶつけられても、車を転倒させたり弾いたりさせるだけで、問題なく稼働していたりと非常に堅牢なものとなっている。破壊ないしダメージを与えるためには対物ライフルやダイナマイトなどの対物用兵器を使用するか、それら以外では下記にあるように非常に強い圧力や衝撃を与える必要がある。ボディは耐熱性にも優れており、冷却されても稼動できる。ただし、『ジェニシス』に登場したT-800(守護者)は、長期間の戦闘によって手の動作に支障をきたし始めていたことから、あまりにも長く稼働し続けた場合には磨耗まもうや劣化が発生する描写が見られる。

ボディの胸部周辺にはケーブルがいくつも露出しているが、それらの耐久性もかなり高い様子である。また、『T3』ではケイトに銃撃された口腔内から銃弾を吐き出していることから口腔内も頑丈に設計されていることがうかがえるが、この時は「二度とするな」とケイトに警告している。

当然のことながら、衝撃がボディの耐久度を上回った際には破損して大ダメージを負うことが、各作品で描かれている

擬装用生体組織
T-800のボディを生体組織でカバーリングする工程は、専用の大型機械にかけて加工処理される。『T2』予告編では、金属骨格の両脇から、人の形を成した金型状の機械で全身を挟み込み、機械内部で生体組織でカバーされる描写がある。機械内部では、どのような手順で生体組織が形成されるのかは不明だが、劇中にてジョンが発見したT-800に関するデータには、ボディ全体を生体細胞で完全に被覆するには約数十日を要するらしいことが記されている。この事があってか、『ジェニシス』での冒頭シーンにて、生体細胞に被覆された状態のT-800が多数収容されている保管庫が登場している。なお、この生体組織は基本的な生理機能が人間とほぼ同じであり、時間の経過に伴い老化する。この生体組織の被覆は全てのT-800ではなく、あくまでも『潜入』『暗殺』という任務を与えられた特定の機体にしか施されていないため、地上戦にて実戦投入されている個体は全て金属骨格(エンドスケルトン)の状態のままである。

ただ、この生体組織はあくまでもロボットである事を秘匿するために被せられているに過ぎないため、仮に損傷しても本体の動作にはほとんど影響しない。むしろ損傷箇所が邪魔になった場合や、正体を明かすために必要と判断した場合、あるいは損傷箇所の修繕を行なう場合などには、自ら切開したり、剥がし取ることもある。ただし、この生体組織は、ボディの可動部品の動作音を(少なくとも人の耳に入らない程度に)抑える防音効果も兼ねているため、剥落して喪失した場合にはその効果が失われ、小型モーターのような機械音を漏洩させてしまう。その部分を改めて衣服や手袋、サングラスや包帯などでカモフラージュすれば、ある程度カバー出来るようにはなるが、機械部分の損傷が激しい場合はその限りではない。

また、この生体組織には非常に高度な再生能力が備わっており、適切な処置を施せば切創や銃創などのターミネーターにとっては小規模な破損個所であれば数日から数週間、広範囲に欠損した箇所でさえ数年で再生し、傷跡が残ることすらない。だがその半面、放置すれば組織が腐敗し壊疽えそを起こしてしまい、仮に応急処置を施して腐敗を防いでも、完全に再生し切るまでにはある程度の時間を要する。このため、組織を著しく損傷し、喪失した箇所によってはその間ボディを十分に隠しきれず、擬態が成り立たなくなる事もしばしばある。

なお、生物としての痛覚は備えていないため、仮に生体組織へ著しく損傷を受けても行動には全く支障をきたさない。ただし、機能としての痛覚はプログラムされているようで、「痛み」のデータとして記録蓄積されている。また、この生体組織が人間のそれと大きく異なる点は、水分や栄養分などの補給を一切必要とせず、生命活動を完全自力で行っていることである。このため、生体組織を有するT-800であっても、人間のように食事から養分や水分などを摂取する必要はなく、食物を消化して栄養分を吸収する機能も搭載されていない。これら生体組織の新陳代謝がどのように行われているかは、詳しく説明されていないため不明であるが、寿命はあると見られ、先述の通り人間同様に年月の経過で徐々に老化が進む。上位型のT-888は食物を摂取してエネルギーに変換することが可能である。

スカイネットが潜入型ターミネーターの開発に着手し始めた2018年時点では、2029年時点で送り込まれた機種とは事情が異なる。『T4』劇中でジョンが交戦したT-800の生体組織は見た目こそ人間のそれと同一ながら、ジョンに銃撃されて損傷しても特に出血した様子が無く、血液や血管などについては人間のそれを模倣するには至っていない模様。

ゲーム『ターミネーター:レジスタンス』では、人類抵抗軍のパシフィック師団を襲撃したT-850が、抵抗軍が初めて遭遇した、生体組織で人間に擬態したターミネーターとされている。また、抵抗軍の南師団に所属する科学者のアルヴィン・スコットが撃破に成功した先述のT-850を分析して、皮膚は顕微鏡で調べても人間のそれと見た目が同じで、毛穴や汗腺も機能しており、末端神経も人間と同じ量が存在し、血液に関しては有機的な心臓が存在しないため血管自体が循環システムを構成し、血液をフィルタリングして浄化する機能も備えているという見解を示している。

知覚能力
視覚情報をイメージ処理する動作画面は、赤色の濃淡色で作中では表現されている。同型のターミネーターモデルを識別できるほか、あらゆる武器がデータベースに登録されており、敵が携行している武器を瞬時に認識できる。また、一度聞き取った人間の肉声であれば完全に模倣もほうする機能も搭載している。劇中にてT-800は、電話の通話において相手の声を再現して本人になりすまし、情報収集や標的を誘い出す(『T1』、『T4』)、または敵側の詮索をかわすために応対するなどの目的に利用している(『T2』)。

これらの機能はボディに搭載された各種センサー類が担当する。擬態用の生体部分は単なる内部機構のカバーであるため、視覚センサーを自己修理するために眼球のカバーをT-800が自ら外すシーンが『ターミネーター』(以下『T1』と表記)で見られる。以後の作品でも生体組織が剥がれ、赤く光る視覚センサーがむき出しになるシーンがある。また、中枢部を破壊されるなどして機能を停止した場合、視覚センサーの赤い光は消える。こちらのシーンも同様に以後の作品で登場する。

出力
油圧システム(『T4』ではT-850と同様の水素電池)によって供給される出力は非常に強力である。大柄の成人男性を片腕で投げ飛ばす、分厚いコンクリートの壁を突き破る、総計600kg近い重さの重火器類をまとめて装備、もしくは一気に持ち上げる、頑丈な金属棒をねじ曲げるなど、人間には到底できないような荒技を軽々とやってのける。『T4』では全身に溶鉱を浴び、それが凝固して身動きが取れなくなるが、出力によって関節部の凝固した金属を破砕している。一方、力加減は苦手で『T2』でジョンを引き寄せた際には「乱暴だ」と言われ、ローファイヴも痛がられていたが、データによる創傷の縫合は可能で、握手、抱擁などの人間の繊細な動作や力加減なども、学習によって補えるようになる。

銃を撃つ場合にも反動を完全に抑えることができるため、片手で撃っても精度の高い射撃を行うことが可能である。

ただし、走行性能はあまり高くなく、常人よりやや速い程度の速度しか出せない。

コンピューター
課されたミッションが何であろうと、またどんな命令であろうと必ず遂行するようにプログラムされる。プログラムを書き換えることで、人間側の味方にすることもできる。また、特定の人物の指示に必ず従うようにすることも出来るが、状況と事情によっては、例え必ず従うようにプログラミングされていた人物による指示であっても従わないことがある。『T1』に登場したT-800は終始無表情であり、およそ人間的な感情を見せることはなかったが、『T2』に登場した、人間側に捕獲されプログラムを書き換えられたT-800は、いくらか感情らしきものを見せることがあり『T2』では、ジョンに教わって笑顔を作ったり、ジョンと武器の調達をした際、互いに使えそうな武器を見つけ、ジョンに笑顔を見せたりもしている。更に『ジェニシス』でも、ぎこちないながらも笑顔を見せたりしている。これについては搭載されたコンピューターの以下の特徴が要因となっている。

本来、T-800のコンピューターの学習能力は高く、様々な抽象的概念までも理解できる。それは、人間社会の中で実生活を送る事でより人間らしい行動を取れるよう設計されており、ジョークも理解できるようになるほどのものである。実際、『ジェニシス』にてT-800がジョークを言い、カイルが「ジョークが言えるのか?」と驚くシーンがあり、戦闘用アンドロイドの思考能力としては過剰性能だとも言えるが、「潜入型」であるT-800に人間への擬態を完全なものとさせる能力が持たされているのは必定である。劇中ではサラの母親やジョンの声色や話し方を完璧にコピーして電話で会話する場面もあり、前者は娘のサラですら偽者と見抜けなかった。

しかし初期状態では基本的な人格は極めて未発達であるため、人間と比較して表情が乏しく、常識的な行動が取れず、行動は「ロボット」らしい無機質なものである。

思考様式は極めて論理的で、視覚を含む五感によって周囲の状況を適切に判断する。敵の足場を破壊して体勢を崩したり、持ち前のパワーで鉄パイプを引きちぎって即席の武器として利用する、嘘を付いて相手を油断させたり、情報を聞き出そうとしたりなど、その判断力は極めて高い。この思考回路を支える知能回路は極めてコンパクトなモジュールに収められており、並列処理とニューラルネットワークによって高い処理能力と学習機能とを兼ね備えた電子回路である。だがこのモジュールはT-800が単体で送り出される時には、自発的な思考能力を抑制するよう学習機能に制限が設けられており、基本的には「読み出しのみ」に設定されている。

すなわちT-800は、「読み出しのみ」にセットされた状態の個体は感情を持たない無慈悲な戦闘マシーンであるが、学習機能への制限を取り払われた個体は人間の感情をも理解出来るようになる。ただし、機械であるため、感情を理解できても基本的には自身では持たないため、『T2』や『T3』で自らが破壊される事が分かっていても、恐怖で躊躇する様子は見られない。この他、『T1』では必要な場合のみを除いて一切言葉を発する事はなかったが、『T2』以降、人間の味方になった個体は人間に関わる事が多いため必然的に話す機会が多くなっており、状況によっては大声を張ったり、敵のターミネーターに対しても決め台詞を飛ばしたりする事もある。また、自らの力で自壊させることは出来ないようであり、そうすることが必要となった際は、他の人間に破壊するよう頼んでいる。『T3』では、ケイトを保護したT-850が「死んでしまえ!」と罵倒された際は、ケイトの命令に必ず従うようプログラミングされていたが、「その命令には従えない。」と返している。

思考モジュールは形状的に「(銀色の)二廻り程小さな板チョコ」に良く似ており、表面には四角い突起が整列している。1作目のみ、68系CPU特有のアセンブリ言語「LDA」「STA」が動作画面に表示されている。なお、この思考モジュールは稼働から長時間が経過してもボディーと比較しても経年劣化が起こりにくいようで、『ジェニシス』に登場したT-800(守護者)はボディーの動作に問題は生じても、視覚センサーなどから得た情報の処理速度は決して遅くなったりはせず、多くの車が通る車道においても車の流れを素早く判断して高速で走り抜けたりしていた。

OSはLinuxを使用しており、カーネルのバージョンは「4.1.15-1.1381_SKYN12nnmp」であることが確認できる。一方『TG』に登場する個体(後述する刺客)のOSは「SKYSOFT KERNEL 4.92.384.42」であることが、再起動時の動作画面から確認できる。

耐久性能
耐久性は大変高く、『T1』劇中にて、T-800の説明をするカイル・リースがその強度を「装甲車なみ」とサラ・コナーに語っている。小説『新ターミネーター2』では、グレネードランチャーやRPGをストライクさせれば一撃で破壊可能と言われていたが、『T4』のプロトタイプが量産型より耐久性が高かったとはいえ、グレネードランチャーをまともに何発も受けても無傷だったことから、一撃では倒せないと思われる。爆発耐性も高く、先述の通りグレネードランチャーにも耐えることが出来る。しかし、関節部分は他と比べて耐久性が低いので、『T1』でカイルリースが腰の部分に爆弾を入れたときは見事に下半身と上半身が分かれている。また、首の部分は特に弱いのか、T-8XX系統のほとんどは首を切断されて破壊されている。『T2:3D』のT-800(ボブおじさん)の大学のルームメイトであるT-800(やかん頭?)、『T3』のT-850、『TSCC』のT-888(クロマティ)、『T4』のT-800(プロトタイプ)、『TG』のT-800(刺客)などと例をあげたらきりがない。対物ライフルなどの爆発系以外の対物兵器には弱く、『TG』ではT-800(刺客)がサラ・コナーとT-800(守護者)が改造して威力を上げたバレットM82A1でパワーセルや予備電池などの重要機関を貫かれて機能を停止している。また、『T1』ではプレス機の圧に耐えられずに潰されているので、常に圧がかかるのは苦手なようである。

耐電性も非常に高く、カイル・リースが切断された配電線を押し当てても、エンドスケルトン状態だったにもかかわらず少し痺れた程度で自力で引きはがし、即座に追跡を再開している(『TG』)。

その他
本来、人間の殺害目的で生み出されたため、人体の構造についても詳細にプログラムされている。この事は『T2』劇中で、T-1000の攻撃により負傷したサラ・コナーの切創を縫合する際に、彼女との会話中で語られる。また『T4』ではマーカス・ライトの弱点が心臓であることを見抜いて攻撃している。当然ながら標的の生命反応の有無を確認するセンサーも搭載されている(『T4』、『ニューフェイト』)。

『T1』では躊躇なく人間を殺害しているが、『T2』では人間を負傷させる事はあっても殺害はしていない。ジョンから人間を殺害しないよう命じられて以降、精神病院の看守やSWAT等との戦闘時には死者を出さない程度に、怪我をしないように投げ飛ばしたり、気絶させる程度の強さで壁に打ち付けたり、足を狙った銃撃などの加減した攻撃を行っている。また、ジョンからの命令を受ける以前にも、バーで襲いかかってきた男の一人を放擲したり、別の男の肩にナイフを刺すなどの攻撃を加えているが、いずれも急所を外して攻撃をしており、致命傷は与えていない。しかしこうした判断には融通が利かないところもあるようで、命令された直後にサラのいる病院の正面ゲートの警備員の脚を撃ち、その事でジョンに責められても「死にはしない」と返している。更には『T3』にて登場したT-800の改良型、T-850は、負傷すらさせる事なく、簡単に人間をいなしてやり過ごしたりする動作を見せている。

あらゆる銃火器や乗り物などの扱いにも精通し、未来世界のフェイズドプラズマライフルから現代の小火器や対物兵器まで、何でも使いこなせる。また『ターミネーターシリーズ』の複数作品の劇中にて、車をキー無しで動かす(いわゆるホットワイヤーによる車泥棒)様子を見せている。これは改良型のT-850も含め、以降に開発されたターミネーター全てに共通している。

生体組織をまとうT-800の外見は人間と変わらぬ姿に擬態しているが、タイムマシンの関係で過去へタイムトラベルした機体は全裸であり、目立たないよう行動するには現地で自分の体格に合う衣服を確保する必要がある。そのため、『T2』以降ではタイムトラベルした直後に遭遇した人間に対して体格測定(SIZE ASSESSMENT)を行い、体格一致(MATCH)した相手の服を奪っている。

閃光弾など、強烈な光線を発する兵器を使用されると情報処理機能に一時的な不具合が生じる。また『T1』でカイル・リースにショットガンで近距離からボディを撃たれたり、『T2』でT-1000に投げ飛ばされた時などに見られるように、ボディに大きな衝撃を受けたり、小さな衝撃でも断続的に受けることで短時間ながら転倒したままの状態となる。小説『新ターミネーター2 最終戦争(上)』においても、ジョンがショットガンでT-800を一時的に機能不全にした後、プラズマライフルを鹵獲して止めを刺す描写がある。5作目になる『ジェニシス』では対物ライフル”Barrett M82A1”の狙撃を胸部に受けて機能を停止し、T-1000によってシステムを復旧されてからも同対物ライフルで首を撃たれて切断に至った結果、CPUのある頭部と動力源のある胴体の接続を絶たれて完全に機能を停止した。

人間側に捕獲されプログラムを書き換えられた個体でも、データベースに記録された情報についてはプログラムを書き換えられていない、スカイネットの指揮下にある個体と同様の様で、『T2』でジョンを守るべくプログラムを書き換えられて1994年に送り込まれた個体はジョンを発見した際、動作画面にデータベースに記録された情報として「NETFILE 342-589 MISSION PROFILE CONNER. JOHN」と表示されているが、『ニューフェイト』の冒頭でジョンを抹殺するべく送り込まれた個体は1998年にジョンを殺害した際に動作画面に同じ内容の情報が表示されていた。

サラ・コナー(Sarah Connor)
演:リンダ・ハミルトン(T1、T2、TDF、T4「音声のみ」)、レナ・ヘディ(TSCC)、エミリア・クラーク(TG)
ジョンの母であり、「審判の日」を阻止するために戦う女戦士。

T1
設定年齢は19歳(1964〜65年生まれ)。カイルが現れる前までは友人と暮らし、地元のハンバーガーショップでアルバイトするごく普通の女子大生だった。しかし未来の世界では、抵抗軍のリーダーを産む母としてスカイネットに認識されており、送り込まれたT-800に命を狙われる。救助に志願して未来から来たカイルに命を救われるも彼の話を信じず最初は逃げようとしていたが、度重なる襲撃を共に切り抜ける内に好意を持つようになる。T-800との壮絶な戦いの末にカイルは死亡するが、闘志に目覚めはじめたサラは自身も負傷しながらも、カイルとの戦いで上半身のみとなったT-800をプレス機で葬り去る。その後、自身の胎内に宿ったカイルの息子・ジョンを、未来の人類を救うために守り育てることを決心する。ジョンに向けて録音メッセージを残しており、これを含めて、特に『T2』と『TSCC』では劇中に彼女の独白が多く、シリーズの語り部的存在とも言える。ラスト付近で撮影された写真は後々ジョンからカイルに贈られるが、焼失する。

T2
設定年齢は29歳。自らを鍛え上げて戦士となり、スカイネット誕生を阻止するためにサイバーダイン社の爆破を試みるが失敗し、妄想患者と見なされてペスカデロ警察病院へ収容されていた。未来のことについて誰からも信じてもらえず、孤独な戦いを続けているため、猜疑心が強く激情的な振る舞いが目立ち、幼い息子からたしなめられることもしばしば。物語の半年前、自身の言っていたことを妄想であると認めて治療が進んだと思わせジョンと話せる監視のゆるい病棟に移れるよう、シルバーマンと約束していた。しかし、その策は嘘を見抜かれて失敗し、虚脱状態を装って隙を伺い、脱獄の機会を待つ。その最中、新たに出現したT-800について過去の事件と関連付けて聴取しに来た刑事たちから聞かされ、ジョンを守るため脱獄を決行。途中で現れたT-800に恐怖で錯乱しながらも、ジョンの仲介で理性を取り戻しT-1000を振り切って脱走に成功する。最初はT-800を信じず破壊しようとするが、ジョンの懇願を聞き入れたのと、共に行動する中でジョンとT-800との掛け合いや交流を見るうちに次第に自分を襲った個体とは違い、自らとジョンの味方であることとジョンの保護者に相応しい存在であることを認識し、考えを改めていく。その後、国境近くの友人のもとで隠れていたが、核戦争の悪夢を見て未来を変える決心を新たにし、衝動的にスカイネット開発者のダイソン暗殺に向かう。しかし、妻子に庇われ、家族は助けてほしいと懇願するダイソンに向かって引き金を引けず、駆けつけたジョンに制止される。ダイソンを説得して同行させ、ジョンやT-800と共にサイバーダイン社に乗り込んで爆破に成功し、再び襲来したT-1000を負傷しながらもT-800と共に破壊する。最後には、自滅を望んだT-800から自身を溶鉱炉に沈めるよう頼まれる。ジョンを保護し、身を呈して守り抜いてくれたことに感謝の握手を交わした後、溶鉱炉へ没するT-800をジョンと共に見送った。
カットされた別バージョンのエンディングでは、平和となった2029年でジョンの子供(すなわち孫)を持つ老女となっている。

T3
作中では故人であるため名前のみ登場。ジョンによると『T2』の直後に白血病を発症し、余命半年と宣告されていたが、3年も持ちこたえて1997年に審判の日が訪れないことを見届けて死去したという。しかし、ジョンにも伏せていたが審判の日が本当に訪れないか疑問を抱き、起こるかもしれない戦いに備えて、自分の棺には遺体に代えて大量の武器弾薬を隠させていた。この武器を利用したT-850によると遺体はメキシコで荼毘に付され、遺灰は同志の手で海に散骨されたとのこと。墓標から1959年生まれであることがわかるが、前述の理由から偽っていた可能性もある。

T4
既に亡くなっているため、録音された声と写真のみが登場する。小説版では、『T2』でペスカデロに収監されていた件について、ジョンとアッシュダウンなどが語るシーンがある。

TG
1973年にT-1000の襲撃で両親を失い、T-800(守護者)の庇護の下で戦士としての訓練を積んでいた。そのため自分を守るために来たカイルには「守られる必要なんてない」と突き放した態度をとるが、これは本来自分が辿るはずだった未来(カイルと結ばれジョンを授かること、カイルが自分を守って死ぬこと)のことを守護者から聞かされていたためであり、「もう自分のせいで誰かに死んでほしくない」という彼女なりの配慮だった。

TDF
審判の日を防ぎ、1998年にジョンと共にグアテマラで平穏なひと時を過ごしていたが、目の前でジョンをT-800に殺害される。息子を守れなかった後悔から酒浸りの日々を送っていたが、ターミネーターの襲来予測日時と場所を何者かから匿名で送られてくるメールによって教えられ、独りでターミネーター狩りを続けていた。
サイバーダインを爆破した凶悪犯として、アメリカ国内のうち50州で指名手配されている。そして2020年、メールの情報で新しいターミネーターの出現を知り、赴いた先のメキシコでRev-9に狙われるダニーと出会う。ダニーを守るために未来から来たグレースより、人類が新たに作り出したAI「リージョン」によって抹殺の対象となる未来を聞いて、一度は完全に絶った可能性を繰り返そうとする人類の業に呆れ返るも、自らと同じ運命を背負うことになったダニーを守るために、新たな戦いへ身を投じる。

TSCC
同作では主人公。設定年齢は33歳(1965〜66年生まれ)。『T2』でサイバーダイン社を爆破した際、ダイソンを殺害したとして指名手配されている。このため、知人から複数回にわたり偽のIDを入手し、各地を転々としながら生活している。しかし、偽名は一貫して「サラ・リース」であることをキャメロンに指摘される。『T3』の設定とは異なり、2005年にガンで死亡すると設定されている。

新T2
サイバーダイン社爆破及びダイソン殺害容疑で、FBIに指名手配されている。「スーザン・クリーガー」という偽名を使い、逃亡先のパラグアイで運送会社を経営している。ジョンと共にスカイネットの復活を阻止すべく、再び立ち上がる。

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

U-NEXTで「ターミネーター4」を楽しもう!

今回ご紹介した「ターミネーター4」の動画ももちろんのこと、U-NEXTなら

・カンテレ制作のドラマ
・NHKのドラマ
・このミステリーがすごいシリーズ
・人気漫画
・人気アニメ
・人気映画
・人気ドラマ

全てを見ることができます!

動画だけでなく電子書籍まで読めてしまうのがU-NEXTのメリットです!

それでは是非無料期間だけでも、U-NEXTを試してみてくださいね。

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 
【この記事もおすすめ】

【先輩、断じて恋では】7話の見逃し配信・動画無料視聴方法!全話ネタバレ

【アメトーーク】見逃し配信・動画無料視聴方法!グルメ漫画サミット

【トークィーンズ】見逃し配信・動画無料視聴方法!那須川天心登場

【ダウンタウンDX】見逃し配信・動画無料視聴方法!ポジティブ芸能人集合



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA