【最強スポーツ男子頂上決戦2022】スポダンの見逃し配信・動画無料視聴方法!

TBSで放送されているスポーツバラエティ番組「最強スポーツ男子頂上決戦2022(スポダン)」の無料動画や見逃し配信などの無料視聴方法について紹介したいと思います。

この「最強スポーツ男子頂上決戦2022(スポダン)」の動画配信なのですが、今のところどこの動画配信サービスでも配信されておりません・・・。

しかし、TBSが放送しているということもあり、今後「最強スポーツ男子頂上決戦2022(スポダン)」の見逃し配信や動画配信が行われるとしたら、それは動画配信サービスParaviパラビになると思われます。

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「最強スポーツ男子頂上決戦(スポダン)」以外にParaviで見れる動画

それではここからは、Paraviで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

Paraviで見れるドラマは下記になります。

・半沢直樹
・半沢直樹2
・MIU404
・この恋あたためますか※スピンオフドラマあり
・危険なビーナス※スピンオフドラマあり
・僕はどこから
・アンナチュラル
・あのコの夢を見たんです
・共演NG
・だから私はメイクする
・中学聖日記
・白夜行
・夜行観覧車
・リバース
・キワドい2人-K2-※スピンオフドラマあり
・カルテット
・家政婦のミタ
・Nのために
・逃げるは恥だが役に立つ
・きのう何食べた?
・初めて恋をした日に読む話
・レンタルなんもしない人
・凪のお暇
・陸王
・カンナさーん!
・下町ロケット
・ノーサイドゲーム
・おカネの切れ目が恋の始まり※スピンオフドラマあり
・ブラッディ・マンデイ
・ごくせん
・小さな巨人
・私の家政夫ナギサさん
・恋はつづくよどこまでも※スピンオフドラマあり
・義母と娘のブルース※スピンオフドラマあり
・テセウスの船
・大恋愛

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・夏目友人帳
・浦安鉄筋家族
・おそ松さん
・NARUTO
・BORUTO
・フルーツバスケット
・銀魂
・ダイの大冒険

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・Paraviなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画などを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはParaviならではです!

※現在「最強スポーツ男子頂上決戦(スポダン)」はParaviなどの動画配信サービスでは配信されておりません。

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「最強スポーツ男子頂上決戦(スポダン)2022」

レジェンド!ケイン・コスギが18年ぶりにコロッセオに凱旋!スポダン王者佐野岳に新世代が挑む!モンスターボックスに驚異の新星!ウルトラマンライダー特撮ヒーロー集結

より美しく…より逞しく…主宰 観月ありさがイケメン筋肉男子をコロッセオに招集!
レジェンド ケイン・コスギが18年ぶりにコロッセオで雄叫びをあげる!47歳驚異の肉体!ミスターモンスターボックス池谷直樹!スポダン3度優勝佐野岳が新世代を迎え撃つ!THE RAMPAGEからメンディー超えの新パワーモンスター武知海青&浦川翔平参戦!サーフィン五輪候補・ゼンカイジャー・キラメイジャー…勝つのは誰だ!?

「最強スポーツ男子頂上決戦(スポダン)2022」の出演者

【主宰】観月ありさ
【出場者】ケイン・コスギ、池谷直樹、佐野岳、森渉、コージ・トクダ、大倉士門、平田雄也、菅原健、武知海青(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、浦川翔平(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、佐藤嘉人、駒木根葵汰、塩﨑太智(M!LK)、富樫慧士、平原颯馬、小宮璃央 ※ゼッケン順

【ゲスト】浅田舞、朝日奈央、小倉唯、河北麻友子、神田愛花、谷まりあ、玉井詩織、中川翔子 ※五十音順
【実況】駒田健吾、伊藤隆佑、熊崎風斗 【リポーター】皆川玲奈、上村彩子、日比麻音子、近藤夏子

「最強スポーツ男子頂上決戦(スポダン)2022」について

3月22日(火)よる7時から4時間SP『最強スポーツ男子頂上決戦2022』
『スポダン』が新たな進化を遂げ4年ぶりに復活!

『スポーツマンNo.1決定戦』を含め50回目の記念大会となる今回のテーマはズバリ「世代交代」「スポダン新世代!」 は果たして世代交代を起こせるのか?
それともレジェンドたちが立ち塞がるのか?今、芸能界で最も運動神経が良いのは一体誰だ!?

TBSでは、3月22日(火)よる7時から4時間にわたり、『最強スポーツ男子頂上決戦2022』を放送する。2012年の第1回大会から数々のスターを生んだ『最強スポーツ男子頂上決戦』が、前回の放送から4年ぶりに新たな進化を遂げ復活する! そして、大会を見守る主宰は今回も観月ありさが務める!

1995年からスタートし人気を博した『スポーツマンNo.1決定戦』。2012年からは『スポーツ男子頂上決戦』としてお届けしてきた。27年にわたってこれまでに放送した回数はなんと49回。記念すべき50回目の記念大会となる今回のテーマはズバリ! 「世代交代」。美しい男たちの筋肉伝説により、常に進化を遂げ数々のスターを生んできた『スポダン』が新たなスポーツマン誕生へと再び動き出す!
しかし、この新しい波に抗うレジェンドが集結! 『スポーツマンNo.1決定戦』のレジェンド、ケイン・コスギとミスターモンスターボックス・池谷直樹。『スポーツ男子頂上決戦』で主役となり総合優勝3回を経験した佐野岳、“ミスタースポダン”の森渉は「負けたら引退」と、自身の進退をかけて参戦する! さらに『スポダン』経験者として、元お笑いコンビ・ブリリアンで、現在は現役アメフト選手として活躍するコージ・トクダや、読者モデルとして人気を博し、俳優・タレントもこなす大倉士門がレジェンド側として参戦する。
そして、歴史をつくったレジェンドたちに対し、「スポダン新世代!」として参戦する新たな挑戦者は、『スポダン』のパワーモンスター・関口メンディー(EXILE /GENERATIONS from EXILE TRIBE)を超える逸材と噂の武知海青(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)と、持久力No.1の浦川翔平(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)。さらに、人気急上昇中! 佐野勇斗率いるアイドルグループM!LKのアクロバットスター・塩﨑太智、パリ五輪メダル候補とも言われるプロサーファー・平原颯馬、三つ子の人気TikTokerの佐藤嘉人に加えて、注目株の俳優・菅原健、ヒーロー・戦隊シリーズに出演し人気急上昇中の平田雄也、駒木根葵汰、富樫慧士、小宮璃央が参戦! 新旧スポーツ男子、総勢16人が新たな王者を目指ししのぎを削る!
さらに新旧『スポダン』対決の勝敗を決する6競技を発表!
名物競技「モンスターボックス」「ショットガンタッチ」「パワーウォール」「ヘビープレス」「ハードジャンパー」に加え、新競技「クレイジーキャッスル」が登場! 年末の恒例番組『SASUKE』のそり立つ壁や、フェンス登り、綱登りが組み合わさった総合的な運動能力が問われる競技となっている。
果たして今回のテーマである「世代交代」は、「スポダン新世代!」の台頭によって本当に起こるのか? それとも歴史に名を刻んだレジェンドたちが立ち塞がるのか? 今、芸能界で最も運動神経が良いのは一体誰だ!?

3月22日(火)よる7時からの『最強スポーツ男子頂上決戦2022』をお見逃しなく!

※現在「最強スポーツ男子頂上決戦(スポダン)」はParaviなどの動画配信サービスでは配信されておりません。

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「最強スポーツ男子頂上決戦」について

「最強スポーツ男子頂上決戦」は、TBS系列で不定期に放送されている特別番組である。

2010年1月に事実上終了した『最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦』(以下「スポマン」と表記)の後継番組で、年1~2回程度放送されていた。「コロッセオ」(円形競技場)に集結した16人(第7回大会のみ8人)の男性芸能人が、運動能力を用いた各種目に挑戦するスポーツバラエティ番組である。「より美しく、より逞しく。」をコンセプトにしている。

各種目、成績に応じてポイントが与えられ、全種目終了時、最も獲得ポイントが高かった選手が総合優勝となる。また、規定種目終了ごとに総合ポイントの下位数名が脱落する。

第7回大会は「スポマン」時代以来9年ぶりの元日放送となるが、通常の芸能人対抗戦の規模を縮小(出場選手を8名とし、競技も4種目とする)したうえで番組前半に組み込み、番組後半でプロスポーツ選手と芸能人で競う主要種目の競技会(エキシビション扱い)を実施する2部構成となった。

2018年1月1日放送の第10回大会を最後に長期間休止状態となっていたが、約4年2ヶ月後となる2022年3月22日に第11回大会が放送されることになった。

歴代総合優勝の最多記録は、第10回現在佐野岳と関口メンディーの各3回である。

第10回放送後の休止期間中には、2021年4月15日放送のバラエティ『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』において「もしもショットガンタッチが落とし穴だったら・・・」という題名で、ショットガンタッチのレーンと応援席が落下するドッキリ企画として復活。番組のロゴやセット、実況アナウンサーは当番組のものが使用され、ドッキリには初の女性参加者としてフワちゃんも出演している。
また、2021年9月20日放送のバラエティ『霜降りミキXITゴールデンSP』内の「誰が1番飛ぶのかヤッテミタ」というコーナーでモンスターボックスが復活。出場者は池谷直樹、那須川天心(格闘家)、藤光謙司(リオ五輪陸上日本代表選手)、塚田僚一(ABC-Z)の4人。

「最強スポーツ男子頂上決戦(スポダン)」の競技種目

マウンテンフラッグ
傾斜のついた高さ10mの壁の頂上にある1本の旗を取り合う。予選は4人1組で争われ、各組1人が決勝進出。壁はロープを用いて登る。 得点は優勝:100ポイント、決勝進出者:60ポイント、予選敗退者:30ポイント。

登場回:第1 – 3回

ハンマークラッシュ
シーソーの上に乗ったボールをハンマーで打ち上げ、設定された高さにある壁を打ち抜く。試技は5m00cmからスタート。1回失敗で脱落となる。

登場回:第1回
最高記録:聖也 7m40cm

モンスターボックス
巨大跳び箱。1段ずつ積み上げられ、跳べた段数を競う。各段の試技は2回(低い段では1回)、パスは自由。

得点は同率を含む1位に100ポイント、以下、1位との差につき10ポイントの差がつけられる。

登場回:第1回 – (第7回では本戦から独立したプロスポーツ選手参加の競技会のみ実施)
世界記録:ヨー・ホンチュル、池谷直樹、モーガン・ハム、水鳥寿思、平野泰新 23段(3m06cm)

パワーウォール
1対1の対戦によるトーナメント形式。壁を押し合い、相手側の白線まで押し切るか、制限時間90秒終了時点で押した範囲が多かった方が勝利。決勝は時間無制限。

得点は優勝で100ポイント、準優勝:90ポイント、ベスト4: 80ポイント。

第7回では本戦から独立したプロスポーツ選手参加の競技会も実施されたが、スポーツ選手4名と芸能人4名がそれぞれ1対1ずつの対戦を行うのみで、全体の優劣はつけなかった。

登場回:第1回 –

ハードアンカー
鎖でつながれた、総重量45kg(第2回では40kg)の錨を引き上げる速さを競う。1組2人ずつ挑戦する。全選手のうちタイムの速かった上位2人が決勝に進出し、決着をつける。第3回では、1対1で先に引き上げた方が勝ちあがるトーナメント形式に変更された(タイムの計測は無かった)。

登場回:第2・3回
最高記録:関口メンディー 11秒37

ザ・フェンス
高さ15mの金網を登りきる速さを競う。途中2箇所オーバーハングした部分がある(1箇所目が30度、2箇所目が45度)。落下すると失格。1組2人ずつ挑戦する。

タイムの早い順に1位:100ポイント、2位:90ポイント、3位:80ポイント、4位以下は上の順位と5ポイント差をつけられる(75、70、65…)。失格は0ポイント。

登場回:第2 – 5回
最高記録:佐野岳 16秒24(第3回)

ハードジャンパー
回転するホイールに取り付けられた4枚の地上40cmのハードルを跳び続ける跳躍系種目。回転する速度は、予選ではハードル1つにつき1秒、決勝では0.8秒。4人1組で予選を行い、各組でより長く跳び続けた勝者で決勝を行い、決勝でもより長く跳び続けた者が優勝となる。

得点は優勝:100ポイント、準優勝:90ポイント、3位:80ポイント、4位:70ポイント、決勝で150回以上飛べれば+5ポイント。予選敗退者は100回以上飛べていれば30ポイント、50回以上の場合は25ポイント。

登場回:第4回-
最高記録:辻本達規 238回

プルズドライブ
約3トンの重さの車をどれだけ早く引っ張れるかを競うタイムレース。約15mの距離を引っ張り、ストッパーの位置まで引っ張るとゴールの合図でファイアボールが上がり終了。2人1組で試技を行う。制限時間2分以内で引けなかった場合、失格となる。

登場回:第4回
最高記録:延山信弘 34秒09

ヘビープレス
重さ40kgのボックスを持ち上げ、2分30秒の間に総重量160kgのビーズがボックス内に落下(第6回大会では3分の間に総重量120kgのビーズがボックス内に落下する)。ボックスと合わせて200kgの重さを支え続ける。ボックスが一定の高さにまで下がると警告音が鳴る。4人1組で予選を行い、各組で最も長く支えた1人が決勝進出。

得点は決勝進出者は1位:100ポイント、2位:90ポイント、3位:80ポイント、4位:70ポイント。予選敗退者は予選の中で耐えた時間が長い方から65、60、55…ポイントと5ポイント差をつけられていく。

登場回:第5・6・9回

ジャイアントクリフ
マウンテンフラッグとザ・フェンスをリニューアルした競技。45度の坂を上り、1.5m、1.8m、2.1mの壁を越え、高さ10mの金網をどれだけ早く登るかを競うスピード競技。金網で落下すると失格。予選は4人1組で争われ、各組1人が決勝進出し、決着を着ける。

登場回:第6回

パワーフォース
1対1のトーナメント形式で実施。2人がロープでつなげられており、スタートの合図で、お互い180度違う方向に走る。自分の走った先にあるボタンを押せば勝ち。

登場回:第7回

アルティメットホイール
雲梯をスケールアップし進化させた競技。自分の身体がぶら下がった状態からスタートし、45cm間隔のバーをより多く掴んだ本数を競う。試技は4人1組で行い、全選手の試技終了時点で最も本数が多かった選手が優勝となる。

登場回:第8回
最高記録:大池瑞樹 137本(第8回)

ショットガンタッチ
最終種目として行われる。離れた距離からボタンを押し、10mの高さから落ちてくるボール(バレーボール)をダイビングしてタッチする。タッチができなかった場合やボタンを押せずに落下地点に侵入した場合も失敗となる。ボタンから落下地点までの距離は、挑戦者の自己申告で決める(10m50cm以上で10cm単位で決められる)。試技は1人3回。成功すれば、距離に応じたポイントを獲得(10m50cmでは5ポイントで、以降10cm伸びるごとに3ポイントが加算される)。

第3回から、ファイナリストが1位から順番に試技を行うサドンデス方式で、1回失敗(第6回では通算2回失敗)で脱落となる。ポイントは、最終的な記録で獲得となる(第3回は、11m00cm成功で10ポイント。以降10cm伸ばすごとに10ポイントが加算される。第4回以降は1巡目の暫定総合1位の申告距離を基準とし、そこから10cm伸びるごとに10ポイントが加算されるルールとなる)。

第7回も本戦の最終種目として行われたが、別途本戦から独立したプロスポーツ選手参加の競技会も実施された。

登場回:第1回 –
・世界記録:青木宣親、永井謙佑 13m60cm
・芸能人記録:ケイン・コスギ 13m10cm
・スポダンでの最高記録:永井謙佑 13m60cm(第7回)
・スポダンでの芸能人最高記録:佐野岳 12m80cm(第7回)

「最強スポーツ男子頂上決戦(スポダン)」の主な大会出場者

佐野岳(出場8回) (サッカー元愛知県選抜)→(初代スポダン王者スピードNo.1俳優)
第1回大会から出場。第1回大会ではマウンテンフラッグ優勝、モンスターボックス 16段、ハンマークラッシュ 6m50cmを叩き出し、さらにはショットガンタッチで12m00cmの記録を出し、初代総合No.1に輝いた。第2回大会では、前回同様マウンテンフラッグとザ・フェンスで優勝し、モンスターボックスとショットガンタッチで自己記録を塗り替えるも、パワー系種目のパワーウォールと新種目で登場したハードアンカーに苦戦し、ショットガンタッチで2回の失敗が影響し、総合3位。第3回大会ではモンスターボックスで20段の記録を叩き出し、またもザ・フェンスとマウンテンフラッグで優勝を果たすが、前回同様、パワーウォールとハードアンカーに苦戦し、迎えた最終種目では12m70cmのスポダン最高記録を叩き出すも、関口メンディーに逆転され、総合No.1奪回にはならなかった。第4回大会ではザ・フェンス、モンスターボックスの2種目で優勝するも、ハードジャンパー予選敗退、パワーウォール初戦敗退、プルズドライブでは制限時間を超えて失格となってしまい、総合5位で初の脱落。第5回大会では、全6種目中4種目を制覇し、第1回以来の総合優勝を果たした。第6回大会では、ハードジャンパーを優勝するが、モンスターボックスで自己記録20段を記録するも優勝を逃してしまい、ヘビープレス予選敗退、得意種目だと思われていたジャイアントクリフで2位、パワーウォールでまたしても1回戦敗退と苦戦を強いられるが、暫定総合2位で最終種目に進出。暫定総合1位につけていた野村祐希を逆転し、総合連覇を達成、史上初の3度目の優勝を果たした。第7回大会では、パワーフォースとパワーウォールで初戦敗退を喫するが、ハードジャンパー優勝を果たし、暫定総合3位タイで最終種目進出。12m30㎝を成功させ、メンディーを逆転するために12m80㎝を挑んだが、失敗。総合2位に終わる。プロアスリートとのモンスターボックス対決では、自己記録を下回る19段に終わる。プロアスリートとのショットガンタッチ対決に於いては、自己記録を10㎝超える12m80㎝を成功させた。スピード系種目が大得意で、マウンテンフラッグ3連覇、ザ・フェンスでも4連覇、さらにはモンスターボックスでは出場するたびに自己記録を塗り替えた。さらに第4回大会以外のショットガンタッチでは全て優勝している。第4回大会以外の全ての大会でファイナリストに名を連ねている。

第1・5・6回大会総合優勝、第3・7回大会総合2位、第2回大会総合3位
第1・2・3回マウンテンフラッグ優勝、第3・4・5回モンスターボックス優勝、第2・3・4・5回ザ・フェンス優勝、第5・6・7回ハードジャンパー優勝、第1・2・3・5・6・7回ショットガンタッチ優勝
モンスターボックス:20段、ショットガンタッチ:12m80cm(スポダン記録)、ハンマークラッシュ:6m50cm、ハードアンカー:17秒56、ザ・フェンス:16秒24(最高記録)、プルズドライブ:失格

森渉(出場9回) (元日体大トライアスロン部主将)→(第2回大会優勝)→(モンスターボックス俳優)
第1回大会から出場。マウンテンフラッグ決勝進出、ハンマークラッシュ 6m50cm、モンスターボックスNo.1に輝き、暫定総合4位タイで最終種目進出し、結果は総合4位。第2回大会では全種目で安定した活躍を見せ、暫定総合1位で最終種目を迎え、唯一1回目と2回目を成功させ初優勝。ディフェンディングチャンピオンとなって挑んだ第3回大会では、モンスターボックスでは前回の記録をまたも更新し、佐野岳と池谷直樹と共にNo.1に輝き、ザ・フェンスでは3位になるも、マウンテンフラッグ、パワーウォール、ハードアンカーでは初戦敗退を喫してしまったのが影響し、総合7位と初の脱落を喫してしまった。第4回大会ではザ・フェンス 3位、ハードジャンパー 2位の活躍を見せるも、モンスターボックスでは自己記録を下回り、モンスターボックス4連覇を逃し、プルズドライブでは制限時間を超えて失格、パワーウォール初戦敗退を喫するも、暫定総合2位タイで最終種目に進出。自己記録を30cm更新する活躍を見せるも、関口メンディーに敗れ総合2位となり、初めて種目別No.1を取ることなく終わってしまった。第5回大会ではモンスターボックスでは池谷と佐野の2人と分け合っての優勝、ハードジャンパー2位と活躍を見せるも、ザ・フェンス 7位、ヘビープレス予選敗退、パワーウォールではまたしても大貫と初戦で当たり、1回戦で敗退となってしまい、総合4位タイで最終種目進出を逃した。第6回大会では、モンスターボックスで自己記録を下回り、さらにヘビープレスとジャイアントクリフで予選敗退してしまい、ジャイアントクリフ終了の時点で暫定総合9位と苦戦を強いられるも、ハードジャンパーとパワーウォールで2位に入り、暫定総合3位で最終種目に滑り込みを果たすが、ショットガンタッチで12m00cmを2回失敗してしまい、総合3位に終わった。第7回大会では、パワーフォース初戦敗退、ハードジャンパーは3位に入るが、パワーウォール初戦敗退を喫し、総合7位タイで脱落。プロアスリートとのモンスターボックス対決に於いては、自己記録タイの20段を記録した。第8回大会では、ハードジャンパーの予選で最高記録保持者の辻本に勝利。さらに決勝でも勝利し、悲願のハードジャンパー優勝。さらに全ての種目で安定した成績を残し、暫定総合1位で最終種目に進出。ショットガンタッチでは自己記録を20㎝上回る11m80㎝を成功し、自己新記録を達成。さらなる自己新記録への挑戦で11m90㎝に挑んだが失敗。さらにショットガンタッチで平野と野村に逆転され総合3位に終わった。第9回大会では、ハードジャンパーで辻本との激闘の末に連覇達成。しかしモンスターボックスでは自己記録を2段下回る18段に終わり、ヘビープレス予選敗退、パワーウォールは準決勝まで進むも、準決勝で野村祐希との4度目の対戦を迎え、粘りに粘ったが、またも野村に敗れる。しかしそれでも暫定トップで最終種目に進出。11m50cmに挑戦し、ギリギリでボールが落下する前に触れており、薄氷のクリア。しかし11m80㎝をクリアした野村に逆転され、さらに逆転を狙った11m60㎝では、距離は届いてはいたが、ボールが落下位置から僅かにズレ、触れる事が出来ず総合2位に終わった。

第2回大会総合優勝、第4・9回大会総合2位、第6・8回大会総合3位、第1回大会総合4位
第1・2・3・5回モンスターボックス優勝、第8・9回ハードジャンパー優勝
モンスターボックス:20段、ショットガンタッチ:11m80cm、ハンマークラッシュ:6m50cm、ハードアンカー:14秒07、ザ・フェンス:20秒09、プルズドライブ:失格、アルティメットホイール:93本

関口メンディー(出場6回)(EXILEからの刺客)→(EXILEのパワーモンスター)
第2回大会にELLYと共に先輩の仇打ちを取るために参戦。マウンテンフラッグ初戦敗退、ザ・フェンスといったスピード系種目では苦戦を強いられたが、モンスターボックスでは16段、ハードアンカー優勝、さらにはパワーウォールでは前回チャンピオンのKENZOを準決勝で降し、こちらもNo.1に輝き、暫定総合4位で最終種目進出を果たし、結果は総合2位に輝くも先輩達の仇打ちは叶わず。再び挑んだ第3回大会ではマウンテンフラッグ決勝進出、パワーウォールとハードアンカー共に連覇達成、さらにはモンスターボックスで自己記録を2段更新する18段を記録し、暫定総合1位で最終種目に挑み、佐野との一騎討ちの対決となり、前回のショットガンタッチの自己記録を40cm上回る12m40cmを成功させ、佐野との対決を制し初優勝となり、先輩達の無念を晴らした。前述の通り、スピード系種目が苦手ではあるが、パワー系種目では誰にも負けない強靭的なパワーを持つ。第4回大会ではハードジャンパーで優勝、プルズドライブからはGENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーが応援に駆け付け、この種目3位と活躍するも、ザ・フェンスではゴールした選手の中では最下位、モンスターボックスでは自己記録を下回り、パワーウォールでは決勝戦で魔裟斗に僅差で敗れるも、暫定総合1位で最終種目に進出。魔裟斗、森渉との対決を制し、史上初の連覇を成し遂げ、GENERATIONSメンバーに優勝する姿を見せる事が出来た。第5回大会ではヘビープレスとパワーウォールで優勝するも、ザ・フェンスではまたしてもゴールした選手の中では最下位、モンスターボックスではまたしても自己記録を下回り、前回優勝したハードジャンパーが3位に終わってしまい、暫定総合2位で最終種目を迎え、12m20cmを成功すれば逆転できる中、僅かにボールが先に落下してしまい失敗。総合2位に終わった。第7回大会では、パワーウォールとパワーフォースで優勝し、ショットガンタッチで12m00㎝をクリアし、自身3度目の総合優勝を成し遂げた。

第3・4・7回大会総合優勝、第2・5回大会総合2位
第2・3回ハードアンカー優勝、第2・3・5・7回パワーウォール優勝、第4回ハードジャンパー優勝、第5回ヘビープレス優勝、第7回パワーフォース優勝、第4回ショットガンタッチ優勝
モンスターボックス:18段、ショットガンタッチ:12m40cm、ハードアンカー:11秒37(最高記録)、ザ・フェンス:39秒32、プルズドライブ:40秒06

野村祐希(出場5回)(コロッセオの鉄人 野村将希の次男)
父は、スポーツマンNo.1決定戦芸能人サバイバルバトル皆勤賞・「コロッセオの鉄人」として知られる野村将希。第6回大会に初出場。父が応援する中、ヘビープレスとパワーウォールで優勝。さらにモンスターボックスで父の記録に並ぶ17段、ハードジャンパー 4位と活躍し、暫定総合1位で最終種目に進出。しかし最終種目ショットガンタッチで佐野に逆転されてしまい、総合2位。第7回大会ではパワーフォースで初戦で春日との2分を超える大勝負になり、粘りに粘ったが初戦敗退。ハードジャンパーでも予選敗退。パワーウォールでは森と樽美酒に勝利。決勝戦でメンディーとの勝負になるもメンディーに敗れ、準優勝。総合5位で脱落。プロアスリートとのショットガンタッチの対決では、自身の記録を40㎝更新した。さらにプロアスリートのパワーウォール対決では、元K-1世界王者の魔娑斗と水球の保田賢也に勝利した。第8回大会では全ての種目で好成績を収め、最終種目ショットガンタッチで自己新記録を叩き出し、初の総合優勝を勝ち取った。第9回大会ではハードジャンパー予選敗退、モンスターボックスでは自己記録を下回る17段で終わってしまい、前半戦はかなり苦しい闘いを強いられたが、ヘビープレスとパワーウォールで優勝し、暫定総合3位で最終種目に進出。11m80㎝をクリアし、辻本と森の2人が失敗したため、史上3人目となる総合連覇を達成。

第8・9回大会総合優勝、第6回大会総合2位
第6・9回ヘビープレス優勝、第6・8・9回パワーウォール優勝、第8・9回ショットガンタッチ優勝
モンスターボックス:18段、ショットガンタッチ:12m70cm、アルティメットホイール:86本

KENZO(出場3回)(ストリートダンス世界王者)
第1回大会から出場。マウンテンフラッグ初戦敗退、モンスターボックス 12段と苦戦を強いられるも、ハンマークラッシュ=7m00cm、パワーウォールでは背筋力210kgの底力を見せ、種目別No.1を獲得し、佐野と並んで暫定総合2位タイで最終種目に進出。ショットガンタッチでは唯一1回目と2回目を成功させ、一時は暫定トップに躍り出るも、最終試技で佐野が12m00cmを成功させ、11m90cmを成功すれば逆転できる状態にあったが失敗に終わり、総合2位に終わる。第2回大会ではモンスターボックスでは自己記録を3段更新する15段、ハードアンカーでは3位を記録するが、マウンテンフラッグで初戦敗退、新種目ザ・フェンスでは苦戦を強いられ9位、さらには前回制したパワーウォールでは準決勝で関口メンディーと激突し、メンディーを押し返す事が出来ず、準決勝で敗退を喫した事が影響し、総合7位タイで脱落。第3回大会ではマウンテンフラッグ初戦敗退、パワーウォールでは2回戦で初出場の鈴木貴之に敗れ、モンスターボックスでは自己記録を下回り、ザ・フェンスでは結果が振るわず、自己最低の総合14位タイに終わってしまった。

第1回大会総合2位
第1回パワーウォール優勝
モンスターボックス:15段、ショットガンタッチ:11m30cm、ハンマークラッシュ:7m00cm、ハードアンカー:12秒39、ザ・フェンス:40秒51

KENCHI(出場1回)(EXILE瞬発力No.1)
第1回大会にTETSUYA、KEIJIと共に出場。ハンマークラッシュ=7m00cm、モンスターボックス=16段、パワーウォール決勝進出の活躍を見せ、暫定総合1位で最終種目に進出。しかし迎えたショットガンタッチでは、11m50cmを3回とも失敗し、佐野岳とKENZOに逆転され、総合3位に終わった。
第1回大会総合3位
モンスターボックス:16段、ショットガンタッチ:記録なし、ハンマークラッシュ:7m00cm

聖也(出場4回)(神技を持つアクロバット俳優)
第1回大会から出場。第1回大会では、マウンテンフラッグやパワーウォールでは初戦敗退をしてしまうが、ハンマークラッシュではパワー系選手達がいる中で7m40cmを唯一成功させ、No.1を獲得。さらにモンスターボックスでは17段で失敗していく選手達がいる中で、2位の17段を記録し、暫定総合4位タイで最終種目に進出。11m70cmを成功させ、ギャンブルで12m40cmに挑むが失敗。最終試技でも12m30cmを挑戦するが失敗し、総合5位の結果に終わる。第2回大会ではマウンテンフラッグでは決勝進出を果たし、モンスターボックスでも自己記録を2段超える19段を記録し、森と共にNo.1に輝き、モンスターボックスが終了した時点で暫定総合5位につけるも、第2回大会から登場した新種目ハードアンカーでは最下位、さらにこちらも新種目のザ・フェンスでは思わぬ苦戦を強いられ8位、さらにパワーウォールでは初戦で延山に秒殺されてしまい、総合6位に終わり、本来ならば最終種目に進出出来る順位であるはずだったが、最終種目進出者が5人に変更されたため脱落。第3回大会では前回No.1だったモンスターボックスでは自己記録より2段低い17段に終わってしまい、パワーウォールとマウンテンフラッグでは初戦敗退、ザ・フェンスでは前回の自己タイムを大幅に上回るも、またも8位に終わり、自己最低の総合11位タイで脱落。第4回大会ではザ・フェンスで8位、モンスターボックスではまたしても自己記録を下回り、ハードジャンパー予選敗退、プルズドライブでは軽量級でありながら8位でゴールするも、総合9位で脱落。

第1回大会総合5位
第1回ハンマークラッシュ優勝、第2回モンスターボックス 優勝
モンスターボックス:19段、ショットガンタッチ:11m70cm、ハンマークラッシュ:7m40cm(最高記録)、ハードアンカー:19秒70、ザ・フェンス:26秒44、プルズドライブ:1分20秒96

JUNO(出場1回)(韓流JYJジュンス双子の兄)
第1回大会のみに出場。モンスターボックス=16段、パワーウォールで準決勝進出を果たし、森渉、聖也と並んで総合4位タイで最終種目に進出するも、右足を痛めてしまい、ショットガンタッチに参加する事が出来ず、総合6位の結果に終わる。

第1回大会総合6位
モンスターボックス:16段、ショットガンタッチ:棄権、ハンマークラッシュ:5m00cm

TETSUYA(出場1回)(EXILE跳躍力No.1)
第1回大会にKENCHIとKEIJIと共に出場。ハンマークラッシュで7m00cm、パワーウォール準決勝進出を果たす活躍を見せるも、マウンテンフラッグ初戦敗退し、注目されていたモンスターボックスでまさかの記録なしに終わってしまった事が響き、総合7位で脱落。
モンスターボックス:記録なし、ハンマークラッシュ:7m00cm

滝口幸広(出場1回)(歴代ウォーターボーイズNo.1運動神経)
第1回大会のみ出場。マウンテンフラッグ決勝進出、モンスターボックス 16段の活躍を見せ、モンスターボックス終了した時点で暫定総合5位につけていたが、パワーウォール初戦でKENCHIに敗れ、さらにJUNOとTETSUYA、KENZOに逆転され、総合8位で脱落。
モンスターボックス:16段、ハンマークラッシュ:5m00cm

谷内伸也(出場1回)(体脂肪率8%ラッパー)
第1回大会のみに出場。モンスターボックス 16段をさせた事でKENZO、JUNOと共に暫定総合6位タイに並んでいたが、1回戦でJUNOと当たり、善戦するが敗れ、総合9位で脱落。
モンスターボックス:16段、ハンマークラッシュ:5m00cm

中尾明慶(出場2回)(若手俳優No.1の筋肉)→(妻と子に優勝を!筋肉俳優)
第1回大会に出場。ハンマークラッシュ 6m50cmの活躍が光ったのか、最初の足きりを免れたが、パワーウォールの1回戦でTEYSUYAと対戦し、前半は優勢に押し込んだが、途中で転倒してしまい、そこから逆転され、総合10位で脱落。リベンジで挑んだ第3回大会では、パワーウォールでは1回戦を突破するも2回戦で滝川英治に押し出され、2回戦敗退。ザ・フェンスでは6位と健闘を見せるも、またも総合10位で脱落。
モンスターボックス:13段、ハンマークラッシュ:6m50cm、ザ・フェンス:26秒04

KEIJI(出場1回)(EXILEパワーNo.1)
第1回大会にTETSUYA、KENCHIと共に出場。ハンマークラッシュで6m50cmの記録を出すも、モンスターボックス=11段、マウンテンフラッグ初戦敗退が影響し、総合11位タイで脱落。
モンスターボックス:11段、ハンマークラッシュ:6m50cm

KENTAダルビッシュ(出場1回) (ダルビッシュ有の弟)
第1回大会のみ出場。兄のダルビッシュ有と共にトレーニングを積んで今回参加してきたが、モンスターボックスでお尻がかすってしまい、記録 14段。さらにマウンテンフラッグ初戦敗退が影響したのか、総合11位タイで脱落。
モンスターボックス:14段、ハンマークラッシュ 5m00cm

蕨野友也(出場1回)(若手俳優屈指の俊足)
第1回大会のみ出場。モンスターボックス 14段の記録を残すも、その他の種目で良い所を見せる事が出来ず、総合11位タイで脱落。
モンスターボックス:14段、ハンマークラッシュ:5m00cm

グァンス(出場2回)(K-POP界のスピードスター)
第1回大会から出場。マウンテンフラッグ決勝進出を果たすも、ハンマークラッシュで記録なし、モンスターボックスでは12段に終わってしまい、総合14位タイで脱落。第2回大会ではモンスターボックスで自己記録を更新し、ハードアンカーでは決して悪くないタイムを叩き出すも、マウンテンフラッグ初戦敗退、新種目ザ・フェンス最下位となり、総合12位で脱落。
モンスターボックス:13段、ハンマークラッシュ:記録なし、ハードアンカー:14秒47、ザ・フェンス:50秒34

山田親太朗(出場1回)(サッカー沖縄県大会準優勝)
第1回大会のみに出場。全種目で良い所を見せる事が出来ず、総合14位タイで脱落。
モンスターボックス:12段、ハンマークラッシュ:5m00cm

中川大志(出場1回)(『家政婦のミタ』長男)
第1回大会のみ出場。当時14歳で最年少の出場となったが、見せ場を作れず、最下位で脱落。
モンスターボックス:11段、ハンマークラッシュ:記録なし

※現在「最強スポーツ男子頂上決戦(スポダン)」はParaviなどの動画配信サービスでは配信されておりません。

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「最強スポーツ男子頂上決戦(スポダン)」を楽しもう!

今回ご紹介した「最強スポーツ男子頂上決戦(スポダン)」の動画配信はまだありませんが、Paraviなら

・TBSのドラマ
・TBSのバラエティ番組
・人気アニメ
・人気映画
・人気ドラマ

全てを見ることができます!

それでは是非無料期間だけでも、Paraviを試してみてくださいね。

※現在「最強スポーツ男子頂上決戦(スポダン)」はParaviなどの動画配信サービスでは配信されておりません。

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 
【この記事もおすすめ】

【徹子の部屋】の見逃し配信・動画無料視聴方法!反町隆史、水谷豊の手紙に涙

【午前0時の森】見逃し配信・動画無料視聴方法!前田日明の発言で大炎上

【じゅん散歩】の見逃し配信・動画無料視聴方法!

【笑いの正体】見逃し配信・動画無料視聴方法!松本人志がやすしきよしとの出来事を語る



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA