【ミュージックプラネット】口コミ・評判を暴露!後悔しないために

プロの歌手になりたい!自分の歌唱力を認めてもらいたい!そんな人のためにプロへの近道としてボーカリストオーディションを考えたりしますよね?そんな時にオーディションをいくつか調べて選ぶと思うのですが、最近知名度を上げてきているのが、顔出しせず、リモートでも参加できるオーディション「MUSIC PLANET(ミュージックプラネット)」です。

しかし、この「MUSIC PLANET(ミュージックプラネット)」のオーディションはどうなんだろう・・・本当にデビューしてる人はいるの?詐欺とかじゃない?口コミや体験談が気になる!そんな人のために、後悔せず済むように「MUSIC PLANET(ミュージックプラネット)」について紹介していきたいと思います!

MUSIC PLANET

「MUSIC PLANET(ミュージックプラネット)」オーディション詳細はこちらから
 

「MUSIC PLANET(ミュージックプラネット)」の口コミ体験談

昨今の芸能界では、特定の事務所などに所属せずに仕事を取るフリーランスの方も出てきてます。

けど、そんな人は予め売れていた人であって、ゼロスタートの素人がフリーランスで仕事を取るなんてほぼほぼ無理です。

そのために芸能事務所が存在します。そして、芸能事務所に入りたいと思う人もかなりの数がいて、いきなり履歴書などを送っても、先ず見てすらもらえません。

そんな時に活用する最良の手段が「オーディション」というわけです。

オーディションであれば、これまでの経歴なんて関係なく、平等にプロに評価してもらえるので、いきなりメジャーデビューも夢じゃないんです。

実際に私の友人に俳優がいるんですけど、色々なオーディションに参加し、地上波ゴールデンで20年以上続く大人気バディドラマに出演しました。

そのような事もあり、プロのミュージシャン、歌手になりたい私はオーディションに参加することを決意しました。

ただただ「プロになりたい!」とだけ思っていた私は、とりあえず目についた「MUSIC PLANET(ミュージックプラネット)」のオーディションに参加しました。

菅田将暉や嵐などに楽曲提供もしてるプロデューサーさんが審査してくれるなら、これはかなりの近道になるかもしれない・・・そう思ったんです。

オーディションに参加するために、まず歌録りをしました。

歌を録音するための特別な機材とかもないし、ノートパソコンはあってもDTMのソフトとか、高いマイクとかもあるわけじゃなかったので、とりあえずカラオケボックスに行き、自分の歌をスマホに録音しました。

これで・・・良いのかな?という気持ちはあったんですけど、これでダメだったら別のオーディションに参加すれば良いや・・・という軽い気持ちで、先ずは何事も経験と思って申し込みをしました。

歌のデータを送ってから、審査結果を待っていると、連絡がきました!

審査の結果は・・・合格でした!

プロデューサーさんからコメントもいただけて、泣きそうになるくらい嬉しかったです!

「これでデビュー出来るのかも!」

と期待に胸を膨らませていたんですけど、これも運命か、父の病気が発覚し、地元に戻り、父の闘病のサポートをしないといけなくなり、地元で働きながら父のサポートをし、ミュージシャンとしてデビューする!という夢から遠ざかってしまいました・・・。

今ではこんな運命も受け入れてますけど、私と同じようにプロとしてデビューしたい人には、是非オーディションに参加することをおすすめしたいです。

合格すれば、プロのプロデューサーから楽曲も提供してもらえるし、芸能事務所にも所属、レコード会社にも所属できます。

こういった芸能活動とか、そういうのって実力ももちろんあるけど、運によるものが大きいと思うんです。

そして行動力。運と行動力があれば、必ず道は拓かれると思います。

オーディションンに参加するのは無料ですし、仮に合格できたとしたら、そこから初期投資も必要かもしれないですけど、今はチャンスさえ掴めば誰でもデビューできて、バズれば人気アーティストとすぐに肩を並べることができる時代です。

必要なのは、先ずは行動力です!

私は今となっては「MUSIC PLANET(ミュージックプラネット)」のオーディションに参加して本当に良かったと思います。

時間は気がついたらすぐに過ぎてしまいます。

こういうのは早ければ早いだけチャンスが多いので、オーディションに参加してみたいという気持ちが少しでもあれば、「MUSIC PLANET(ミュージックプラネット)」のオーディションに参加してみることをおすすめします。

MUSIC PLANET

「MUSIC PLANET(ミュージックプラネット)」オーディション詳細はこちらから
 

「オーディション」を受ける事がプロへの第一歩

オーディションと聞くと、身構えてしまうかもしれませんが、今世に出ているプロのミュージシャンやアイドル、俳優さんたちはオーディションに合格した事から芸能界に入り、デビュー出来ていたり、番組に出演している人が殆どです。

もちろん、オーディションではなく、YouTubeなどの配信や、地道なライブ活動などからプロにスカウトされる人もいますが、それでも音楽番組に出演したりするにはオーディションなどが必要です。

なので、オーディションと聞いて身構えてしまう人は、正直プロになるのはほぼ不可能かもしれません。

どんな分野にも必ずオーディションは必要です。有名なお笑いの漫才グランプリである「M-1」なども、予選に何度も勝ち抜き、決勝にいけます。

言ってしまえば、その予選こそがオーディションのようなものですし、決勝でも審査員に審査してもらう事から、オーディションと同じです。

どんな分野でもオーディションは欠かせません。そんな欠かせないオーディションをどうせ受けるのであれば、少しでもプロになる近道となるオーディションが良いですよね?

そこで今回ご紹介するMUSIC PLANET「ボーカリスト・デビュー・オーディション・レボリューション」は、プロとして活躍しているプロデューサーなどが直接歌唱を聴いてくれることから、かなりチャンスの大きいオーディションです!

こんな出演チャンスもあるオーディションなので、これは参加しない手はないと思います。

無料参加が可能なオーディションなので、とりあえず応募するだけでもして損はありません。

MUSIC PLANET

プロの登竜門!プロデューサーに認められたら即デビューも?オーディション詳細はこちらから
 

オーディション参加プロデューサー

歌のオーディション2022!ボーカルオーディションでプロを目指す近道を
歌のオーディション2022!ボーカルオーディションでプロを目指す近道を

「岡村洋佑」について

「岡村洋佑」は、長野県出身のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家 音楽プロデューサーである。

3歳からYAMAHA音楽教室にてエレクトーンを学んだ。中学生の頃に、m.c.A・Tに影響を受け、18歳から作曲家としての音楽の道を志して上京し東京スクールオブミュージック専門学校渋谷に入学。2013年(平成25年)に作詞・作曲を担当した、AAA「恋音と雨空」が第55回日本レコード大賞にて優秀作品賞を受賞した。2015年1月 ダンスボーカルユニットEMALFに加入。 2016年以降はサウンドプロデュースをメインに活動している。

「K-Muto」について

「K-Muto」は、日本の音楽プロデューサー、作曲家、編曲家。 東京都出身。本名の武藤敬一朗でも活動を行なっている。

1998年発表の嶋野百恵のデビュー曲で作・編曲・プロデューサーとして起用され本格的に活動を開始。以後、数々のアーティスト作品にプロデュースやリミックスで関わる。2001年にソウル、ファンクバンドSOYSOULにキーボードで参加。

「松下典由」について

「松下典由」は、日本の作曲・編曲家、マニピュレーター、音楽プロデューサー。

大阪出身。2013年にmoumusic、2014年にMusic Creators Lab.を設立し、代表となっている。菅田将暉や嵐などに楽曲提供を行っている。

「葉山たけし」について

「葉山たけし」は、日本の作曲家、編曲家、ギタリスト。大阪府出身。血液型はB型。

ブルースバンド「花伸」で1977年、YAMAHA 88 Rock Dayにおいてグランプリを受賞する。すぐに京大西部講堂でジャンプブルースのカバーを中心にライブレコーディングを敢行し、1978年にトリオレコードよりデビューする。翌年伊藤銀次のプロデュースにより全曲オリジナルのフルアルバムを発表するも、方向性の違いからそのアルバムを最後に解散した。

その後、自ら結成したサザンロックバンドでの活動を経て上京し、アーティストとしてデビューの機会を伺いつつ、本田美奈子.や織田哲郎の活動に参加する。1989年の織田の活動休止に伴い、既に行っていた編曲活動が本格化する。当初は各社アーティストを手がけていたが、やがてビーイングのアーティストが中心になり、ZARD、T-BOLAN、WANDS、大黒摩季、DEENなどの活動にギタリスト、編曲者として参加、ヒット曲を多数手がける。

その後独立し、2000年に音楽制作会社「アワーハウス」を設立する。以降はプロデュース、後進の育成、映画などのサウンドトラックと活動の幅を大きく広げている。また、引き続きBeing/GIZAのZARD、倉木麻衣、愛内里菜、上木彩矢らの楽曲を手がけている。

1993年、1994年にオリコンが調査した年間ランキングで編曲家部門第1位を獲得した。1993年には1103万枚強を売り上げる。当時のビーイングアーティストの売り上げ一番のシングルの多く(例:ZARD「負けないで」、WANDS「もっと強く抱きしめたなら」、中山美穂(厳密にはWANDSとの共同名義)「世界中の誰よりきっと」、DEEN「このまま君だけを奪い去りたい」、FIELD OF VIEW「突然」、大黒摩季「ら・ら・ら」、KIX-S「また逢える…」)は彼による。

2012年7月31日には自らの企画・ボーカル・ギターでソロライブを敢行した。サポートミュージシャンは関雅夫、そうる透、RYO-J(米米CLUB)、根岸孝旨などで、ゲストとして、織田哲郎が参加した。8月4日のHills パン工場でも敢行し、こちらのサポートミュージシャンはSensationの大楠雄蔵と麻井寛史、元the★tambourinesの亀井俊和、ゲストとして岡崎雪が参加した。

2012年度より、洗足学園音楽大学ロック&ポップス科でギターの非常勤講師を務める。

2014年はTUBEのライヴツアーにギターで参加。

「日高央」について

「日高央」は、千葉県出身の日本のミュージシャンである。本名同じ。

ギターポップ・バンドPESELA-QUESELA-INとして1992年にインディーズデビューし、1990年代末、お面を被ることで匿名性を逆手にとったロック・バンド、BEAT CRUSADERS(ビート・クルセイダーズ)のボーカル・ギターとして広く知られるようになり、素顔を隠して活動するアーティストの先駆けとなる。インディーズとメジャーでリリースを続けながら、同時に様々な音楽プロジェクトを結成したり、他アーティストへの楽曲提供や音楽プロデューサーとしての活動も並行して行う。

2013年からはパンク・バンド、THE STARBEMS(ザ・スターベムズ)のボーカルとして素顔を隠さずに活動。

同時にネオ・アコースティックを標榜するソロユニットGALLOW(ガロウ)としても活動中である。

PESELA-QUESELA-INでは日高央、BEAT CRUSADERSインディー期にはhidaka、メジャー期にはヒダカトオルの名義で活動し、THE STARBEMS以降は本来の漢字表記に戻していたが、最近はカタカナ表記も復活し用途にあわせて併用している模様。

1980年代後半、学生時代の仲間と共にPESELA-QUESELA-IN(ペセラケセライン)というギターポップ・バンドを結成し活動を開始。千葉と都内でのライブ活動を中心に、1992年にインディーズ・レーベルUNDER FLOWER RECORDSのコンピレーションCD等に音源が収録されるも、1997年にはメンバーの就職などで自然消滅的に活動が終了。

1997年、インディーズレーベルのLD&Kで働きながら「BEAT CRUSADERS」のhidakaとして活動開始。

1999年、BEAT CRUSADERSがインディーズデビューを果たす。身分がバレないようお面をすることで話題を集める。

2004年、BEAT CRUSADERSメジャーへ移籍。アニメ「BECK」「BLEACH」「銀魂」など人気作品の挿入歌を手がけて認知が広まり、スペースシャワーTV「STUDIO GROWN」「WORLD RIDE」MCや、ラジオ「オールナイトニッポン」のパーソナリティーを務めるなど、数々のメディアやロックフェスなどで活躍の場を広げる。またバンド活動と並行して木村カエラへの楽曲提供や、GOING UNDER GROUND、磯部正文らのプロデュース業なども行うようになる。

2010年、BEAT CRUSADERS散開(敬愛するYMOが解散を散開と表現していたことから引用)後は、10月18日に「ヒダカトオル」としてのソロ活動を開始し、サングラスを着用してメディアに登場するようになる。11月10日に発売されたニューロティカのトリビュートアルバム『ピエロとスイカと88ライダー』のために、ヒダカトオル、カジヒデキ、堂島孝平、アヒト・イナザワの4名から成る「TV MURDERS」を結成(その後、主だった活動はないようなので、アルバムのためのスペシャルバンドだった可能性が高い)。

同年11月15日、プロデュースをした経緯からMONOBRIGHTに正式メンバーとして電撃加入(「結婚」と表現していた)して、アルバム2枚を共同プロデュース。また、ツイッターでの呼びかけをきっかけに、2011年にはFed MUSICと共に「ヒダカトオルとフェッドミュージック」を結成し、シングル『OUR FAVORITE SONGS』(キュビズモ・グラフィコと櫛引彩香とのスプリット・シングル)、アルバム『REPLICA』を発表。

2012年9月23日に行われたいしがきミュージックフェスで「ヒダカトオルとフェッドミュージック」が解散。10月12日にはMONOBRIGHTから年内のツアーをもって脱退(「離婚」と表現していた)することを発表し、同年11月28日、29日の新代田FEVER公演をもって脱退。12月29日に「ヒダカトオル(BAND SET)」として活動していたメンバーと新たにPUNKバンド「THE STARBEMS」の結成を発表し素顔で活動するように。2011年3月11日に起こった東日本大震災の復興活動に示唆される形で結成されたバンドだけに、歌詞のメッセージ性や楽曲のEMOさはそれまでより格段にアップしている。

インタビューやSNSでの発言を見る限り「商業的な音楽への疲れ」や「音楽や楽曲そのものよりもパーソナリティーが重視される傾向に疲れた(いわゆるルッキズムのことを指していると思われる)」といった理由もあって、THE STARBEMSではエンタメ的な要素よりも音楽や楽曲そのものを中心に据えた活動を目指しており、ストイックな表現やライブを行う。

しかしプロデューサーとして関わったアーティストは別物ということでエンタメ的なアプローチをすることも多く、インタビューや音楽番組出演時、特に椎名林檎「逆輸入 〜港湾局〜」発売時のWOWOW特番では饒舌なトークを聞かせたり、夏フェスでギタリストとして参加したTEAM SHACHIのライブでも一部MCを兼任するなどしている。

「安田貴広」について

「安田貴広」は、「Ao(アオ)」のボーカル・ギター。
作詞家、作曲家、編曲家としても活動しており、藍井エイルに多くの楽曲を提供している。
またボカロPと親交が深く、クワガタPやKEIとお互いの楽曲をカバーし合う企画動画をニコニコ動画に投稿している。
影響を受けたアーティストに、LUNA SEA、Syrup 16g、GRAPEVINEを挙げている。
複数のギターを使用しているが、結成当時よりSadowsky Tokyoのストラトキャスタータイプを愛用している。
自身のスタジオTORI STUDIOにて、ボイストレーナーとしても活躍中。

Ao(アオ)は、北海道札幌市出身のオルタナティヴ・ロックバンドである。2003年結成。2009年ハドソン・ミュージックよりメジャーデビューした後、インディーズで活動している。

2003年10月、ボーカルの安田貴広を中心にraison d’etreという名前で活動開始。結成当時は3ピースバンドであり、ボーカルの安田はインタビューで「誰かいいボーカルが見つかるまでの臨時で歌うつもりだった」と話している。

作詞者の安田自身の生い立ちから、社会や集団からの疎外感をテーマにした歌詞が多く、作詞において、誰もが思っているけれど言葉にできないことを歌詞に込めることを非常に重要だと考えている。そのため、ネガティブな内容の歌詞が多く見受けられるが、曲調は透明感や疾走感を感じさせるものが多い。

2006年にインディーズデビューし、raison d’etre名義で2枚のシングルとミニアルバム、1枚のフルアルバムをリリース。1stミニアルバム『セフィロト』が北海道各店のインディーズチャート1位を獲得し、2ndシングル「自滅回路」はオリコンインディーズチャートで7位を記録する。

2009年メジャーデビューの際にAoに改名。改名の理由として、バンド名が読みにくい、自分達の楽曲を色彩でイメージすると青色を連想するから、多くの人に聞いてもらうためにシンプルにしたかった、などとインタビューで述べている。メジャーデビューにあたり、3rdミニアルバム『スペースオペラ』のタイトル曲が北海道テレビ放送『夢チカ18』の9月度番組テーマ曲に起用され、12月に配信限定シングル「メタメル」がリリースされた。

2013年、4thミニアルバム『Trigger of Life』が第5回CDショップ大賞の地方賞(北海道ブロック賞)を受賞。2015年1月に約2年ぶりとなる3rdフルアルバム『イデア』をリリースし、タワーレコード渋谷店と札幌ピヴォ店にて先行・限定発売された。2016年9月7日ニューアルバム「空の無い世界」リリース。

「根岸孝旨」について

「根岸孝旨」は、日本のベーシスト、アレンジャー、音楽プロデューサー。埼玉県出身。

CoccoやGRAPEVINE、くるり、aiko、つじあやの、中島美嘉、木村カエラ、一青窈、miwaなどの作品を数曲プロデュースした経験を持つ音楽プロデューサー。Dr.StrangeLove、JUNK FUNK PUNK、kōkuaでバンド活動を展開する一方、ベーシストとしてサザンオールスターズ、奥田民生、吉井和哉、藤井フミヤなどのレコーディングやライブをサポートしていた。

学生時代より音楽活動を始める。大学1年のときに小田原豊らとザ・フーを模倣したバンドでコンテストに出場し、準優勝。大学3年から4年にかけて太田裕美のバックバンドに参加。またファンキー末吉と知り合ったことで爆風スランプの前身の爆風銃のローディーをやったり、YENレーベルでアルバイトをしたことでゲルニカやタンゴ・ヨーロッパ、YMOのレコーディングなどのスタジオ作業に参加したりするようになり、音楽の仕事に関わるようになる。

1989年、古田たかし、長田進とDr.Strange Loveを結成。この3人で色々な仕事をこなす中で藤井フミヤのツアーなどが評判を呼び、奥田民生に声を掛けられる。その後、Dr.Strange Loveで奥田民生のサポートを10年間務める。

1991年から1993年末まで、小林武史の紹介でサザンオールスターズのレコーディングに参加したことをきっかけに、病気療養中のメンバー関口和之の代役としてライブにも参加する。

1997年、Dr.Strange Loveでメジャーデビューを果たす。同年、Coccoのプロデュースを始める。

「黒沢秀樹」について

「黒沢秀樹」は、日本のミュージシャン、音楽プロデューサー、ギタリスト。茨城県日立市出身。血液型はB型。実兄はミュージシャンの黒沢健一。妻は女優の佐藤みゆき。身長161cm。

1991年 – 兄の健一、友人であった木下裕晴の3人でL⇔Rを結成し、グループ活動を開始。同年11月25日、ミニアルバム「L」でデビュー。以後13枚のシングル、7枚のアルバムを発表。
1994年11月 – 高橋ひろのアルバム『WELCOME TO POPSICLE CHANNEL』に収録の「ごめんねまくら」「雨になれ」にコーラスで参加。
1997年11月 – L⇔R休止後、ソロアルバム制作を開始。
1999年4月 – シングル「Believe」をリリースし、ソロ活動を開始
1999年7月 – 仲村有紀(元サラダ)、笠鳥高生(元サラダ)、関美彦(元バターフィールド)らとソングライター/ミュージシャンユニット「HOW」を結成。2003年の解散まで3枚のミニアルバムを発表
2000年11月 – ゆずのコンサートツアーにギタリストとして参加
2004年 – ミニアルバム「winter」を発表し、ソロ活動を再開。その後、コンポーザー、プロデューサー、アレンジャー、ギタリストとしても幅広く活動。
2004年 – SOWAN SONGの2ndアルバム「瞬間線」プロデュースをきっかけに『クロソワン』を結成。イベント『intersect』をVol.5まで開催。
2009年4月1日 – 兄である黒沢健一と共に結成したユニット、ハンキー・パンキーでミニアルバムをリリース。
2010年6月 – 伊藤銀次とのユニット、uncle-jamを結成。
2012年 – 弾き語りライブ開始。その弾き語りライブと連動する形でシングル連続リリース中。
2017年12月 – 2016年の第5回クォータースターコンテストグランプリ受賞作「マルイチ」制作時の共同作業を機に交際を開始した女優の佐藤みゆきと、婚姻届を提出し結婚。
2016年12月5日 – 兄の健一か脳腫瘍で逝去し、兄を亡くす。
2018年1月 – 佐藤との結婚と、佐藤が妊娠中であることを自身の公式ブログにて発表。
2018年6月 – 第1子の誕生を報告。

MUSIC PLANET

プロの登竜門!プロデューサーに認められたら即デビューも?オーディション詳細はこちらから
 

今回のオーディション「MUSIC PLANET」でデビューしよう!

今は色々な媒体で露出でき、バズったり知名度を上げるチャンスがあります。

プロ志向で歌手やプロのボーカルを目指して、今はYouTubeやインスタ、ティックトックなどで気軽に自分の歌唱動画をアップしたりできますが、うまく拡散する事ができず、多くの人に聴いてもらえない・・・それに歌ってみた動画は今後著作権違反になり、垢バンの可能性すらあるし、気軽に自分の歌を聴いてもらって評価してもらう事ができない・・・そんな悩みを抱えた人に、手っ取り早いプロへの近道としておすすめしたいのがオーデションです。

歌ってみた動画などは著作権にも関わってくる危険性があるので、やはりオリジナル楽曲でバズりたい。

となると、オーディションに合格し、自分の楽曲をプロのプロデューサーに作ってもらい、その曲を積極的にYouTubeやインスタやティックトックなどで配信していくのもありですね。

アニメの主題歌などに起用されれば、それで一気に知名度が上がり、色々なフェスやイベントなどの出演機会も得ることができます。

チャンスを手に入れるためにも、積極的にオーディションに参加し、チャンスを自ら掴み取りましょう!

何かを得ようとするのであれば、自ら行動していくことが一番大切です!
 
 

MUSIC PLANET

プロの登竜門!プロデューサーに認められたら即デビューも?オーディション詳細はこちらから

 
【この記事もおすすめ】

歌のオーディション2022!ボーカルオーディションでプロを目指す近道を

【クイズ99人の壁】無料動画・見逃し配信!サッカースペシャル

【つまらない住宅地のすべての家】21話の無料動画・見逃し配信!ネタバレ

【PICU小児集中治療室】6話の無料動画・見逃し配信!ネタバレ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA