【ドキュメンタリー「解放区」】見逃し配信・動画無料視聴方法!

TBSで放送されているドキュメンタリー番組「ドキュメンタリー「解放区」」の無料動画や見逃し配信などの無料視聴方法、再放送について紹介したいと思います。

気になる番組は何回も見たいし、TVer(ティーバー)やGYAO!(ギャオ)、加入者の多いHulu(フールー)やNetflix(ネットフリックス)など、どういったサービスで観れるんだろう?って気になりますよね?

この「ドキュメンタリー「解放区」」の動画配信なのですが、今のところどこの動画配信サービスでも配信されておりません・・・。

しかし、TBSが放送しているということもあり、今後「ドキュメンタリー「解放区」」の見逃し配信や動画配信が行われるとしたら、それは動画配信サービスParaviパラビになると思われます。

Paravi公式ページへ

 

「ドキュメンタリー「解放区」」以外にParaviで見れる動画

それではここからは、Paraviで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

Paraviで見れるドラマは下記になります。

・半沢直樹
・半沢直樹2
・MIU404
・この恋あたためますか※スピンオフドラマあり
・危険なビーナス※スピンオフドラマあり
・僕はどこから
・アンナチュラル
・あのコの夢を見たんです
・共演NG
・だから私はメイクする
・中学聖日記
・白夜行
・夜行観覧車
・リバース
・キワドい2人-K2-※スピンオフドラマあり
・カルテット
・家政婦のミタ
・Nのために
・逃げるは恥だが役に立つ
・きのう何食べた?
・初めて恋をした日に読む話
・レンタルなんもしない人
・凪のお暇
・陸王
・カンナさーん!
・下町ロケット
・ノーサイドゲーム
・おカネの切れ目が恋の始まり※スピンオフドラマあり
・ブラッディ・マンデイ
・ごくせん
・小さな巨人
・私の家政夫ナギサさん
・恋はつづくよどこまでも※スピンオフドラマあり
・義母と娘のブルース※スピンオフドラマあり
・テセウスの船
・大恋愛

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・夏目友人帳
・浦安鉄筋家族
・おそ松さん
・NARUTO
・BORUTO
・フルーツバスケット
・銀魂
・ダイの大冒険

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・Paraviなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画などを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはParaviならではです!

※現在「ドキュメンタリー「解放区」」はParaviなどの動画配信サービスでは配信されておりません。

Paravi公式ページへ

 

「ドキュメンタリー「解放区」」まぜこぜちづる

「解放区」、第30回。芸能活動のかたわら、ボランティア活動を約30年続けてきた東ちづるさんが、様々なマイノリティの方々と演劇の上演を目指す。

芸能活動のかたわら、ボランティア活動を約30年続けてきた東ちづるさん。代表を務めるボランティア団体Get in touchは、様々なマイノリティがプロとして表現を展開する「月夜のからくりハウス」の上演を目指します。幼いころから母親に「愛される人になりなさい」と育てられ、芸能界で付いたキャッチフレーズは「お嫁さんにしたい女優No1」。虚像との乖離に苦しむ東さんは、母とともにカウンセリングを受けます。

「ドキュメンタリー「解放区」」の出演者

東ちづる

※現在「ドキュメンタリー「解放区」」はParaviなどの動画配信サービスでは配信されておりません。

Paravi公式ページへ

 

「ドキュメンタリー「解放区」」もうひとつの八幡製鉄所・君津

「解放区」、第29回。およそ50年前、北九州から千葉、君津に数万人の人々が移動。八幡製鉄所が、新しい製鉄所を立ち上げるためだ。世間は「民族大移動」と呼んだ。

およそ50年前、北九州から1100キロ離れた千葉は君津に数万人の人々が移動した。官営製鉄所として近代日本の発展を支えた八幡製鉄所が、戦後の高度成長期に需要の高まった関東で新しい製鉄所を立ち上げるためだ。世間はそれを「民族大移動」と呼んだ。それは日本を代表する企業の苦闘の歴史でもあった。

※現在「ドキュメンタリー「解放区」」はParaviなどの動画配信サービスでは配信されておりません。

Paravi公式ページへ

 

「ドキュメンタリー「解放区」」について

「ドキュメンタリー「解放区」」は、「報道の魂」後継として放送されている番組でTBSで2003年10月から日曜深夜(月曜未明)に不定期で放送されていた報道番組、ドキュメンタリー。

他にも差し替えタイトルの『JNNルポルタージュ』および、後継として放送されていた『JNNドキュメンタリー ザ・フォーカス』がある。

TBS報道局の解説専門記者室が中心となり、ベテランジャーナリストの取材を伝える。当初は月1回の放送であったが、2010年1月より月2回の放送となっている。

2009年までは原則として関東広域圏(関東ローカル)のみの放送だったが、2010年1月より九州沖縄を除くJNN系列局でも『JNNルポルタージュ』(ジェイエヌエヌルポタージュ)として放送開始した。一方、TBS NEWSで再放送を行っている。

また、2009年度からe-JNN(沖縄県を含む九州のJNN系列各局の共同制作網)で放送中の『JNN九州・沖縄ドキュメント ムーブ』の枠内で、当番組で放映された作品を放送する。このケースとは逆に、JNN系列局制作のドキュメンタリー作品を本番組にて放送することもある。

2017年4月より、放送時間を土曜未明(毎月第1・第3土曜)に移動しタイトルを『JNNドキュメンタリー ザ・フォーカス』に改題。TBS以外の系列局でも基本的には同名タイトルで放送しているところが多いが、九州・沖縄ブロックの一部系列局では、『JNN九州・沖縄ドキュメント ムーブ』の枠内として、またそれ以外の一部系列局では『JNNコレクション』と改題しての放送や『映像列島・Jコレクション』の枠内として放送する局もある。

2021年3月21日「生きるということ 小椋佳の世界50年」の放送で「ザ・フォーカス」としては終了、4月から「ドキュメンタリー「解放区」」に変わった。

地上波・TBSテレビ
報道の魂(JNNルポルタージュ)

月2回・月曜未明(日曜深夜)1:20 – 1:50(JST)
原則として第1、第3週に放送する(2010年1月以降。それ以前は月1回)が、特番などが入る都合上別の週に振り替えられることもある(特に2011年8月はスポーツ中継などの影響で一度も放送できなかったため、特例で翌9月に月3回の放送を行った)。本番組放送の週は後続番組(『デジ屋台』『にうすざんす』など)が30分繰り下げられていたが、2010年4月以降、1:20 – 1:50枠が週替わり編成(『別冊アサ秘ジャーナル』などを放送)となったため、このような変則編成はなくなった。

2008年10月から2009年9月までは、0:50 – 1:20枠が週替わり(『よゐこ部』『松本見聞録』『ヤリキレナイ川』など)であったため、この期間に限りその週替わり枠に入り、0:50 – 1:20(JST)の放送となっていた。

JNNドキュメンタリー ザ・フォーカス
月2回・月曜未明(日曜深夜)1:20 – 1:50(JST)
毎月2回月曜未明(日曜深夜)で、原則として第1、第3週に放送。
2017年12月までは、土曜未明(金曜深夜)1:25 – 1:55に放送されていた。
2021年3月22日(3月21日深夜)をもって放送終了

ドキュメンタリー「解放区」
2021年4月5日(4月4日深夜)より放送開始。月2回・月曜未明(日曜深夜)0:58 – 1:58(JST)
毎月2回月曜未明(日曜深夜)で、原則として第1、第3週に放送。
在京キー局が制作し系列局が制作に参加するドキュメンタリー番組では、唯一月2回の放送である。

TBSニュースバード
毎週木曜日23:00 – 23:25ごろ(JST)
同一の番組内容を、本放送の翌週にリピート放送する(つまり2回放送)。
2010年3月までは第2・第4土曜日14:00 – 14:30、第2・第4日曜日22:00 – 22:30の枠で放送。土曜日はプロ野球中継、日曜日は送信施設などのメンテナンスのため、放送を休止する場合があった。
BS-TBS
JNNルポルタージュとして。

第2・第4日曜日11:30 – 12:00(JST)
第1・第3日曜日のこの時間は『女子アナ満開 ハナサカ』を放送
2011年3月をもって放送終了。

※現在「ドキュメンタリー「解放区」」はParaviなどの動画配信サービスでは配信されておりません。

Paravi公式ページへ

 

「ドキュメンタリー「解放区」」これまでの放送内容

Jリーグ創設 ― 夢に奔走した男たち ―
1993年5月15日、日本サッカー史を大きく変えた「Jリーグ」開幕。
ジーコ、ラモス、北澤、武田…そしてキングカズ。
国内外のスター選手の登場に熱狂的なサポーターのみならず日本中が湧いた。

しかし、Jリーグ発足前、日本サッカー界はどん底だった。
今でこそサッカーは国民的スポーツとなり、日本代表はW杯出場常連国にまでなったが、その当時、W杯出場は夢のまた夢。Jリーグの前身、日本サッカーリーグ(JSL)は空席が目立つ試合も少なくなかった。

「世界で一番人気のあるスポーツ、サッカーが日本で人気にならないわけがない」
そう信じた一人の男が立ち上がった。
川淵三郎…初代Jリーグチェアマンを務めた男だ。
不可能と言われたプロ化、神様ジーコの獲得、マラドーナに迫った男など川淵氏へのインタビューをもとに、Jリーグ創設に奔走した男たちを振り返る。

One Day ~ミャンマー 忘れられた闘い~
2021年2月1日。ミャンマーの人々が軍事政権との長い闘いの末、築きあげた民主的で自由な社会は軍のクーデターによりわずか1日で崩壊した。

誰も予想しなかった事態だった。民主化運動を率いてきたアウンサンスーチーさんをはじめ与党関係者は一斉に拘束された。市民は一斉に街に出て抗議の声をあげた。軍は市民を「テロリスト」と呼び、銃口を向けた。

クーデターから1年。ミャンマーの情勢は国際ニュースでもほとんど取り上げられることは無くなった。だが市民の闘いは続いている。

軍の激しい弾圧にも関わらず、若者たちは自由で民主的な社会を取り戻すため様々な形で闘っている。ある者は少数民族の武装勢力の力を借り、これまで触ったこともなかった銃を手に取った。ある者は怒りを音楽にのせ世界に向け配信し続けている。

彼らが一様に求めるのは国際的な支援だ。しかし国際社会の反応は鈍い。戦闘の最前線にいる22歳の女性は、
「ウクライナには国際社会から支援があるのに。
 武器でさえ堂々と支援されているのに。
 悲しくて。自分たちで解決するしかないと言い聞かせている」と
孤立感をにじませた。

それでも彼ら彼女らはミャンマーの現実を知ってもらおうとSNSを駆使して国際社会に訴える。 銃声響く戦場から、あるいは当局の追及を逃れながら、多くの若者たちが私たちのインタビューに応えた。

「ミャンマーの事を忘れないで欲しい。」

安全保障最前線 ~米中対立で要塞化進む南西諸島~
ロシアのウクライナへの軍事侵攻で世界の安全保障環境は大きく揺らいだ。

一方、アジアに目を向けると東シナ海では米中対立がピークに達し軍事的なデモンストレーションが続いている。特に最前線と言われているのが九州から台湾に至る“琉球の弧”と呼ばれる地域だ。空母を中心とした中国艦隊が頻繁に通過している南西諸島には陸上自衛隊の地対空ミサイル、地対艦ミサイルが配備された。のどかなリゾート地が一気に“軍事要塞”の様相を呈している。

離島有事の専門部隊・水陸機動団の過酷な訓練に密着、遺書まで書いた若い隊員の素顔を取材した。また日本で唯一の特殊部隊の元隊長への初のインタビューを通じて変化する世界の安全保障の今に迫る。

“ブラッド・ゴールド” ~アマゾン先住民の闘い
南米アマゾン。世界最大の熱帯雨林が、新たな危機に瀕しているという。
いったい、アマゾンで何が起きているのか?今回、特別な許可を得て、現地を取材した。

開発が禁じられている先住民の居住地域で違法伐採が急拡大。近年は、「金」の違法採掘業者がアマゾンに集結し、森や川を大規模に破壊していた。
さらに最新の調査で、金の違法採掘に使用される水銀が、先住民の「身体」まで蝕んでいることが明らかになりつつある。その被害は、「ブラジルの水俣」とも呼ばれ始めている…。
“アマゾン先住民の闘い”を通して、危機の実態を描く。

告白 ~旭川中2女子いじめ問題~
去年3月、北海道旭川市の公園で、雪の下から1人の女子中学生が凍死した状態で見つかった。
廣瀬爽彩さん当時14歳。
爽彩さんは遺体で見つかる約2年前の中学入学後まもない頃、上級生らから凄惨ないじめを受けていた疑いがある。しかし、数多くのいじめのサインがありながら、学校や市の教育委員会はいじめの疑いすら認めなかった。

インターネットを通じて苦しい胸の内を告白していた爽彩さん。
爽彩さんの身に何があったのか。なぜ教育現場はいじめを認めなかったのか。
彼女の届かなかったSOSから私たちが学ぶべきものは何かを考える。

アイドルの向こう側 ~ももいろクローバーZの現在地~
女性アイドルの最前線を走り続けている「ももいろクローバーZ」。そんな彼女たちも最年少が25歳、最年長は28歳を迎え、30代が目前に…。男性は何歳になってもアイドルを続けられるが女性は…?

これまでもアイドルの常識を覆し続け、日本の芸能界で前人未到の境地を切り拓こうとしている「ももクロ」はどこに向かい、私たちに何をみせてくれようとしているのか?メンバーや関係者たちへのインタビューを通じて、その可能性と未来をみつめる。

描き続けて ~野見山暁治 101歳の肖像~
福岡県飯塚市出身の画家・野見山暁治さん。2021年の12月で101歳になった。東京練馬と福岡県糸島市、ふたつのアトリエで今も筆をとる毎日だ。野見山さんの絵は、いわゆる抽象画。そのスケールと、独特の世界観が見るものを圧倒する。

福岡の炭鉱町に生まれ育った野見山さん。東京美術学校(現東京芸術大学)で学んでいる最中に日米が開戦、兵隊となって満州の前線に送られた。野見山さんは、戦後、戦没画学生たちの遺族を訪ね、その絵を集める活動を行う。そうして集められた戦没画学生たちの絵は、現在長野の美術館「無言館」で展示されている。自らの戦争体験と、そうした学友たちの絵をたどった経験は、野見山さんの心に深く刻まれた。

九州の片田舎から、東京の美術学校へ。戦争を経験し、さらにはパリへ。100歳を超え、なお飽くことなくキャンバスに向かい続ける野見山さんの今と、その思いに触れたい。

日の丸 ~それは今なのかもしれない~
TBSドキュメンタリー史上、最大の問題作と呼ばれた作品がある。1967年2月放送、街頭インタビューのみで構成された番組『日の丸』。

「日の丸の赤は何を意味していると思いますか?」
「あなたに外国人の友達はいますか?」
「もし戦争になったらその人と戦えますか?」

放送当時に閣議で問題視され、長年タブーとされてきた本作が現代に甦る。2022年と1967年、2つの時代の『日の丸』インタビューの対比を中心に、「日本」の姿を浮かび上がらせていく。

難病と私 萌々花20歳 ~だから私は前を向く~
病気を知ってもらう一番の方法は、自分の言葉で伝えること。
『混合型脈管奇形』という、原因も根本的な治療法も分からない難病と闘う萌々花さんは自らカメラを回した。記録されていたのは…、毎日服用する大量の薬、お腹の血管の塊を取り除いた手術の痕、痛みで眠れない様子…、赤裸々な闘病生活。そして、彼女の本音。

病気のこと、友達のこと、母のこと、彼女が自立を目指すこれからのこと…。20歳になった萌々花さんは“私らしく”前を向いて生きていく。

魔法の素材が舞う ~プラスチック大気汚染~
私たちが呼吸で取り込む空気中にマイクロプラスチックが飛んでいる…そんな実態が世界中の専門家の報告で明らかになりつつある。“海を汚すもの”として、プラスチックごみの問題が注目され、国内では、「レジ袋の有料化」や「プラスチックごみ削減のための法制化」が進んだ。ただ、海だけではなく、東京・パリ・北京といった各国の市街地に加え、標高3776メートルの富士山頂や北極などの大気中でもプラスチックが確認されている。

レジ袋や食器、マスク…安くて、形や硬さを自在に調節できる“魔法の素材”プラスチックは、私たちの身の回りにあふれ、欠かすことはできない存在だ。暮らしと決して切り離すことができないプラスチック製品とどう向き合えばいいのか…最新の研究から見えてきたこととは。

※現在「ドキュメンタリー「解放区」」はParaviなどの動画配信サービスでは配信されておりません。

Paravi公式ページへ

 

「ドキュメンタリー「解放区」」を楽しもう!

今回ご紹介した「ドキュメンタリー「解放区」」の動画配信はまだありませんが、Paraviなら

・TBSのドラマ
・TBSのバラエティ番組
・人気アニメ
・人気映画
・人気ドラマ

全てを見ることができます!

それでは是非Paraviを試してみてくださいね。

※現在「ドキュメンタリー「解放区」」はParaviなどの動画配信サービスでは配信されておりません。

Paravi公式ページへ

 
【この記事もおすすめ】

【乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です】10話の見逃し配信・動画無料視聴方法!全話ネタバレ

【ブラックロックシューター】10話の見逃し配信・動画無料視聴方法!全話ネタバレ

【スーパーマン&ロイス】10話の見逃し配信・動画無料視聴方法!全話ネタバレ

【金田一少年の事件簿】6話の見逃し配信・動画無料視聴方法!全話ネタバレ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA