【池上彰のニュースそうだったのか】見逃し配信・動画無料視聴方法!水の話

テレビ朝日で放送されている番組「池上彰のニュースそうだったのか」水の話の無料動画や見逃し配信などの無料視聴方法、再放送について紹介したいと思います。

気になる番組は何回も見たいし、TVer(ティーバー)やGYAO!(ギャオ)、加入者の多いHulu(フールー)やNetflix(ネットフリックス)など、どういったサービスで観れるんだろう?って気になりますよね?

この「池上彰のニュースそうだったのか」の動画配信なのですが、今のところどこの動画配信サービスでも配信されておりません・・・。

しかし、テレビ朝日が放送しているということもあり、今後「池上彰のニュースそうだったのか」の見逃し配信や動画配信が行われるとしたら、それは動画配信サービスTELASAになると思われます。

登録無料!TELASAテラサ公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「池上彰のニュースそうだったのか」以外にTELASAテラサで見れる動画

それではここからは、TELASAテラサ見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

TELASAテラサで見れるドラマは下記になります。

・先生を消す方程式
・相棒
・科捜研の女
・七人の秘書
・24 JAPAN
・竹内涼真の撮休
・そのご縁、お届けします
・チア☆ダン
・俺たちはあぶなくない
・蛇のひと
・G線上のあなたと私
・時効警察シリーズ
・映像研には手を出すな
・ドクターX
・ドクターY
・おっさんずラブ
・刑事七人
・集団左遷
・西部警察
・妖怪シェアハウス
・未解決の女
・おじさんはカワイイものがお好き
・警視庁・捜査一課長
・おしゃ家ソムリエおしゃ子
・ギルティ~この恋は罪ですか~
・BG
・家政夫のミタゾノ
・特捜9
・ケイジとケンジ
・法医学教室の事件ファイル
・宮本武蔵
・コウノドリ
・民王
・緊急取調室
・DOCTORS最強の名医
・臨場

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・はたらく細胞
・ポケットモンスター
・めぞん一刻
・呪術廻戦
・炎炎ノ消防隊
・ハイキュー
・ブラッククローバー
・銀魂
・ダイの大冒険

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・TELASAテラサなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画などを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはTELASAテラサならではです!

※「池上彰のニュースそうだったのか」は現在TELASAテラサでもTVerなどの見逃し配信専用動画サイトでも配信はされておりません。

登録無料!TELASAテラサ公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「池上彰のニュースそうだったのか!」水の話

意外と知らない「水」の話SP
毎日飲んでいるのに意外と知らない「水」について池上解説!全国で月6000円も水道料金に差があるのは一体どうして?「水」をめぐる争いは世界中にいまもある!?

全国で水道料金が高いところと安いところで月6000円も違うのは一体なぜ?水が安いところは生活様式も全然違う!?東京は安い?高い?▽硬水と軟水、味だけじゃなく、働きも全然違う?日本とヨーロッパで洗濯機の形が違うのは実は水のせいだった!▽水をめぐる戦い…日本でも世界でも水をめぐる動きが戦いの歴史だった!?池上彰が「水」について詳しく解説!

「池上彰のニュースそうだったのか!」の出演者

【ニュース解説】池上彰
【進行】宇賀なつみ
【ゲスト】松嶋尚美・ケンドーコバヤシ・カズレーザー(メイプル超合金)・中山優馬・大友花恋

※「池上彰のニュースそうだったのか」は現在TELASAテラサでもTVerなどの見逃し配信専用動画サイトでも配信はされておりません。

登録無料!TELASAテラサ公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「池上彰のニュースそうだったのか!」参院選について

あすは参院選!今だから知っておきたいことSP
7月10日は参議院選挙の投開票日。参議院と衆議院の選挙の仕組みはなぜ違うのか、投票前に確認しよう!さらに電力が足りないってどういうこと?意外と知らない仕組みを解説

参議院と衆議院はどう違う?選挙の仕組みの違いを知ればナットクだった!?▽この夏電力が不足すると言われるワケは?原発が停まっているからだけじゃない、意外と知らない電気の仕組みを知ればよくわかる!池上彰が徹底解説!!(他)

「池上彰のニュースそうだったのか!」の出演者

【ニュース解説】池上彰
【進行】宇賀なつみ
【ゲスト】伊集院光・松嶋尚美・ケンドーコバヤシ・カズレーザー(メイプル超合金)・松村沙友理・橋本涼(HiHi Jets)・猪狩蒼弥(HiHi Jets)

※「池上彰のニュースそうだったのか」は現在TELASAテラサでもTVerなどの見逃し配信専用動画サイトでも配信はされておりません。

登録無料!TELASAテラサ公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「池上彰のニュースそうだったのか!」QUADやIPEF、そしてTPPについて

ロシアの侵攻、これまでは紛争や戦争には国連が口を出してきたけれど、どうして今回全く出てこない?その他日本が入っている色んなグループ、一体どんな意味がある?

①ロシアのウクライナ侵攻、どうして国連は止められない?国連ができた背景を知ると、その理由がよくわかる!②QUADやIPEF、そしてTPP…色々ニュースで名前は聞くけれど、一体何のためにある?日本はどうしてこんなにいろんなグループに入ってる?池上彰が徹底解説!

「池上彰のニュースそうだったのか!」の出演者

【ニュース解説】池上彰
【進行】宇賀なつみ
【ゲスト】磯野貴理子・ビビる大木・鈴木浩介・カズレーザー(メイプル超合金)・大友花恋

※「池上彰のニュースそうだったのか」は現在TELASAテラサでもTVerなどの見逃し配信専用動画サイトでも配信はされておりません。

登録無料!TELASAテラサ公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「池上彰のニュースそうだったのか!」日本の安全保障について

ロシアが侵攻するきっかけとなったウクライナのNATO加盟問題。日本を守ってくれる同盟は何がある?隣国からミサイルが飛んでくる今だからこそ知りたい安全保障を生解説!

日本が入っている同盟って何がある?北朝鮮が発射するミサイル、日本はどう対応しているのか徹底解説…飛んでくる度にその対処に実は○○○万円もかかっていた!?▽日本に何かあったら米が守ってくれる…は違う!?意外と知らない日本の安全保障について生放送で基礎から解説します

「池上彰のニュースそうだったのか!」の出演者

【ニュース解説】池上彰
【進行】宇賀なつみ
【ゲスト】磯野貴理子・ビビる大木・小山慶一郎(NEWS)・堀田茜

※「池上彰のニュースそうだったのか」は現在TELASAテラサでもTVerなどの見逃し配信専用動画サイトでも配信はされておりません。

登録無料!TELASAテラサ公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「池上彰のニュースそうだったのか!」今日本は安い国

急速に進む円安や長いデフレで今日本は「安い」国になっている!?家賃にランチ代、そして給料、比べてみると実はとっても安かった!?一体なぜそうなったのか、池上彰が解説!

ランチ代や洋服代、家賃について先進国内で比べてみると、実は日本は安かった…!昔は高かったイメージなのに、一体なぜ?日本はなぜ「安い国」になったのか、それによる問題はどんなことがあるのか基礎の基礎から解説!

「池上彰のニュースそうだったのか!」の出演者

【ニュース解説】池上彰
【進行】宇賀なつみ
【ゲスト】伊集院光・ビビる大木・坂下千里子・新内眞衣・那須雄登(美 少年)

※「池上彰のニュースそうだったのか」は現在TELASAテラサでもTVerなどの見逃し配信専用動画サイトでも配信はされておりません。

登録無料!TELASAテラサ公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「池上彰のニュースそうだったのか!」について

「池上彰のニュースそうだったのか!」は、2014年4月14日からテレビ朝日系列で放送されているニュース教養バラエティ番組である。池上彰の冠番組。

ここがポイント!!池上彰解説塾
テレビ朝日および系列局が1989年7月から2014年3月まで月曜日の21時台に放送してきた『(どーする!?→)ビートたけしのTVタックル』が『ネオバラエティ』(月 – 木曜日の深夜番組レーベル)の月曜枠に移動することを機に、『学べる!!ニュースショー! → そうだったのか!池上彰の学べるニュース』シリーズから初めての姉妹番組、および同時間帯では約25年振りの新番組として、『ここがポイント!!池上彰解説塾』(ここがポイント!!いけがみあきらかいせつじゅく)の番組名で、毎週月曜 21:00 – 21:54(JST) に放送開始。

「ニュースの基本をわかりやすく解説する」というシリーズの基本スタンスや体裁を生かしながら、後続番組『報道ステーション』の前枠で放送することから、現地取材や当事者へのインタビューを交えながら注目のニュースを詳しく伝える。

アシスタントには、池上と同じ東京都立大泉高等学校の出身で、2014年3月28日まで『報道ステーション』の天気キャスター → スポーツキャスターを務めていた宇賀なつみ(テレビ朝日アナウンサー)を起用。また、前述のシリーズ番組と同様に、複数の著名人を「パネラー」としてスタジオに迎える。

レギュラー放送の前半では、放送前週に報じられた主なニュースをヘッドライン形式で振り返りながら、個々のニュースに対する池上の見解を紹介する。中盤以降の「特集」では、直近のニュースで背景や当事者の意図などが分かりにくいトピックを、池上流の解説で深く掘り下げる。

放送週や直近のニュースなどによっては、生放送に切り替えたり、特別番組扱いで放送枠を拡大したりすることがある。その一方で、前枠番組(『もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!』または『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』)の放送枠を拡大した特別番組を編成する関係で、休止することもある。

なお、公式サイトでは、当番組で池上による解説を求めたい「ニュースへの疑問」を募集。受け付けた疑問の一部を、当番組で取り上げる。ただし、事前に収録した内容を放送する場合や、放送枠を拡大する場合には放送上途中で「パネラー」を入れ替えている。

番組スタッフであるテレビ朝日編成制作局長の平城隆司は、当番組の放送開始を前に、「池上さんにはその日のニュースをやるというよりは、その1週間のニュースを解説してもらう形にする。もちろんタイムリーなことであれば、生対応も考えている。月曜日は『報道ステーション』の視聴率がほかの曜日に比べて取りづらかった面もあり、『TVタックル』と池上さん(「解説塾」)で挟みこんでいきたい」というコメントを出した。ちなみに、テレビ朝日および系列局のレギュラー編成では、当番組からのステブレレスで『報道ステーション』を開始。池上や宇賀も、当番組のエンディングで、「この後は引き続き、『報道ステーション』を御覧下さい」という趣旨のコメントを入れている(『報道ステーション』のオープニングでは、古舘伊知郎が「ここからは池上さんの番組から直結で『報道ステーション』です」と発言する)。

2014年8月25日の放送では、当初20時00分 – 21時54分に『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』の2時間特番が放送されるため、当番組は放送休止となる予定だったが、2014年8月20日に起きた広島市の土砂災害の影響で、放送休止となる予定だった当番組が生放送で放送されることになったため、『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』は20時00分 – 21時00分までの放送に変更、そして『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』との接続は、異例のステブレレスになった。

事実上の前身番組である『そうだったのか!池上彰の学べるニュース』は20時台ということもあり主に難しいニュース用語を易しく解説していたが、当番組は時事ニュースをポイントを押さえて解説するスタイルをとり、政治家へのインタビューも行うなど、大人向けの内容を志向した。しかし、強力な裏番組などの影響で視聴率は伸び悩み、2014年8月以降はあるキーワードについての特集や過去の重大事件を取り上げたVTRを中心とするようになり、当初スタジオゲストも3~4人だったものが7~8人程度となり、前身番組に近いものにマイナーチェンジされた。その結果、2014年9月29日放送回の「警視庁が選んだ大事件ランキング100 日本の警察がわかる3時間SP」が視聴率14.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)を獲得するなど、視聴率は安定傾向にある。なお、放送日前後の情勢によっては従来通りのニュース解説を行い、生放送となる場合もある。

2014年12月29日 18時30分 – 19時(第1部)・19時 – 23時30分(第2部)(JST)には、『池上彰年末スペシャル 今年あったことは歴史に残るのか!? 今と昔を比べて知る2014』として、過去最長の5時間SPを放送。池上自身も当事者となった朝日新聞の誤報問題を解説したが、系列のテレビ朝日が取り上げるという異例の事態が実現した。

池上彰のニュースそうだったのか!!
2015年4月11日より、放送時間を土曜19時54分 – 20時54分に移し、番組名も『池上彰のニュースそうだったのか!!』に改題。なお、当番組が放送されていた月曜21時台には『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』が1時間繰り下がることになった。平日夜の池上彰枠も7年間で終了した。

2015年度の年末年始特番期には、2015年12月29日(火曜日)18:30 – 19:00(第1部)・19:00 – 23:30(第2部)に臨時枠移動・大幅拡大の上、『2015年池上彰が選んだ重大ニュース総ざらい年末特大SP』として放送した。

なお、2016年1月16日は、「サッカー リオ五輪アジア地区最終予選AFC U-23選手権 日本の旗 日本×タイ王国の旗 タイ」中継による特別編成のため、18:56 – 22:16の3時間SP(枠としては3時間20分)として放送された。

2016年4月16日の2時間SPは、内容を急遽変更し、熊本地震について緊急生放送を行った。

2016年12月29日(木曜日)19:00 – 23:10には『池上彰2016総ざらい今年のニュースとあのニュースの今!?年末4時間SP』として臨時枠移動・拡大して放送された。

2017年2月11日は、当日(現地時間10日)に行われた日米首脳会談の動向を踏まえて生放送で番組を進行した。なお、宇賀のスケジュールが合わなかったため大下容子が代理を務めた。

また直後番組『土曜プライム』(厳密には『ANNニュース・あすの空もよう』と『今夜の土曜プライム』が入る)への接続は、クロスプログラム・ステブレ入りとなったが、当番組の出演者などはクロスプログラムには関わらず、単に15秒で『土曜プライム』の告知をするだけであった。その後2017年4月に報道番組『サタデーステーション』に変更されてからは、告知時間が15秒から5秒に短縮された。

2017年7月1日放送分は土曜21時台番組が『サタデーステーション』になって初の3時間SPで、これに伴い『サタデーステーション』は21:54 – 22:55に繰り下げ・1分拡大、土曜21:58 – 22:59の『こんなところにあるあるが。土曜・あるある晩餐会』は休止された。またこの回だけ、同年6月26日から7月2日まで行われる「夏のプレゼントキャンペーン」の一環としてデータ放送を行った。これ以降、不定期に3時間SPも編成している。

2017年12月28日(木曜日)19:00 – 23:10には『池上彰が2017総ざらい知らずに終われない今年のニュースTOP50』として臨時枠移動・拡大して放送された。

2018年4月14日の2時間SPは、内容を急遽変更し、後半に緊急生放送を行った。当初放送予定だった部分は、同月21日12:00 – 12:58に『スペシャルサタデー第2部1』枠で特別編として放送された(関東ローカル)。

2018年12月27日(木曜日)19:00 – 23:10には『池上彰が総ざらい 今年のニュースでわかる平成30年間の日本』として臨時枠移動・拡大して放送された。

宇賀は2019年3月をもってテレビ朝日を退社したが、その後もフリーの立場で本番組に出演し続けている。

枠移動後、2019年までは直前番組の『世界が驚いたニッポン! スゴ〜イデスネ!!視察団』→『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』と交互に隔週で2時間スペシャル体制が敷かれることが多く、当番組が定時編成(土曜19:54 – 20:54の60分枠)で放送されたのは2015年5月30日・2016年4月23日・6月11日・12月3日・2017年1月21日・1月28日・3月4日・3月11日の8回のみだった。その場合直前番組『スゴ〜イデスネ!!視察団』とはステブレレスで接続する。2017年3月11日を最後に一時期定時編成は編成されておらず、プロデューサーも「2時間スペシャルを月2回放送することが基本」としていた、2020年1月25日には約2年10か月ぶりに定時編成となり、以降は定時で放送されている。

池上彰が日本テレビ制作の『真相報道 バンキシャ!』にゲスト出演時は当番組が休止になる場合がある。

2020年10月より放送時間が6分短縮となり、20:00 – 20:54となった(但し2020年2月22日以降の定時編成は原則20:00開始)。

2021年9月4日放送分の定時編成は、『ドラえもん誕生日スペシャル』(18:56 – 19:54)編成により19:54 – 20:54枠で放送。定時編成で19:54開始は2020年2月15日放送分以来1年7ヶ月弱振り。

派生番組
本来は当番組のレギュラー放送日に当たる2014年7月28日には、当番組の特別番組枠(19:00 – 21:48)で『池上彰が選ぶ日本の運命を決めたニュース』を放送。1980年代から2000年代までの主なニュースを基に、(放送時点での視点で)「日本の運命を決めた」とされるニュースの意味や理由を、当時のニュース映像や新聞記事を交えながら池上が解説した。宇賀の先輩アナウンサー・大下容子が進行を担当。

2015年2月9日『池上彰が伝えたいこと 実はみんな知らない日本 そして生放送で「イスラム国」問題』(19:00 – 21:48)

急遽イスラム国の生解説を組み込んだために放送できなかった教育と健康保険については、『池上彰のニュースそうだったのか!!放送直前スペシャル』(2015年4月11日、テレビ朝日・北海道テレビ・朝日放送のみ)内で放送された。

「池上彰」について

「池上彰」は、日本のジャーナリストである。

名城大学教授、東京工業大学特命教授、東京大学定量生命科学研究所客員教授、日本大学文理学部客員教授、立教大学客員教授、信州大学・愛知学院大学経済学部特任教授、学校法人瓜生山学園京都芸術大学客員教授、特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会理事、毎日新聞「開かれた新聞」委員会委員。血液型はA型。

かつてはNHKで、社会部記者やニュースキャスターを歴任。記者主幹だった2005年で退職したことを機にフリーランスのジャーナリストとして各種メディアで活動している。

生い立ち
長野県松本市に生まれ、東京都練馬区で育つ。池上家のルーツは松本で、祖父の代に東京に移り住んだ。父は東京で就職し、転勤先の松本で母と出会い、彰が生まれた。父親は銀行員。子供の頃の愛読書は『クオレ』だった。また、父親が池上が小学生の時に買って帰り、「読め」と言って手渡したのが『君たちはどう生きるか』であり、2017年同書が新装版となって刊行された際にまえがきを寄稿した。練馬区立光和小学校、練馬区立開進第三中学校卒業。

小学5年生の時に、地方新聞記者の活躍を描いた『続地方記者』(1962年、朝日新聞社)と出会ったことと、東京都立大泉高等学校在学中に、広島抗争において暴力団と対決した中国新聞記者がモデルのドラマ『ある勇気の記録』(NETテレビ(現:テレビ朝日))を観たことがきっかけで、記者を志すようになる。高校ではラグビー部に入ったが、補欠の上にタックルの練習をしてるうちに腰を痛めてしまったので辞めた。

慶應義塾大学経済学部へ進学後、当時は学園紛争の真っ只中であったが、自身が目の当たりにした紛争と、報道される内容とのギャップに違和感を覚え、正しい報道をすべく実家の購読誌でもあった朝日新聞社をはじめとした新聞社と、日本放送協会 (NHK) への就職を希望した。しかし「これからはテレビの時代」という想いと、日本放送協会の記者になれば必ず地方勤務から始まることが決めてとなり、最終的に日本放送協会への入社を決めることとなった。

NHK時代
1973年4月1日、日本放送協会 (NHK) に記者として入局。

実はNHKを受ける前、コネがなければダメと言われ某テレビ局を断念したのです。でも門前払いされたおかげでNHKに入り今の自分を築くことができた。
—池上彰の大岡山通信(日本経済新聞、2018年月8日)

同期にはアナウンサーの宮本隆治、大塚範一がいる。入局当初から「初任地は小さな町で」「通信部への転勤」を自ら希望し、松江放送局、広島放送局呉通信部(現、呉支局)などで勤務した。NHK松江放送局では3年間勤務し、記者が少なく一人ひとりの担当が多いという事情もあり島根県警察本部・松江警察署・松江地方裁判所・広島高等裁判所松江支部・松江市役所・日本銀行松江支店を担当し、結果的に検察・警察・裁判所および地方の県政・統治機構を学び、日本という国の仕組みを「ミニ国家」である地方から学ぶことができたとしている。1976年のロッキード事件ではNHKの全国各局から若手記者が招集され、池上も松江放送局から取材の応援に加わった。呉通信部(現、呉支局)では記者2人とさらに少なく、カメラマンとしての役割やラジオ放送の原稿執筆なども行った。また、呉通信部勤務では取材中に暴力団に囲まれるという『ある勇気の記録』さながらの体験もしたという。

報道局社会部記者
1979年8月より東京放送局報道局社会部に異動し警視庁・気象庁・文部省・宮内庁などを担当する。東京異動1年目は3つの区役所と9つの警察署だけをひたすら回るという任務をこなし、2年目からは社命により警視庁の殺人・強盗・放火・誘拐の専門記者となり、1980年8月の新宿西口バス放火事件や、1982年2月のホテルニュージャパン火災、日本航空350便墜落事故などを取材した。1983年5月に発生した日本海中部地震でも、実際に事故や事件、震災の現場に自ら赴いた。1985年8月の日航ジャンボ機墜落事故では、池上が都内で書いた第一報を当時の松平定知が7時の定時ニュースで伝えている。この事故をテーマにしたドラマ『クライマーズ・ハイ』(2005年12月 NHK)で、劇中で使用された当時の実際のニュース映像中で取材中の池上を確認できる。

報道キャスター
1989年4月から『ニュースセンター845』、1990年からは『イブニングネットワーク』のキャスターをそれぞれ担当する。この時に(これまで自らも記者として書いていた)ニュース原稿とは「こんなにわかりにくくて、つまんないのか!」と衝撃を受けたことが非常に大きな転機となる。原稿を書き換えられるデスクの立場でもあったことから、池上は自分が読むニュース原稿をわかりやすく修正するようになり、また『ニュースセンター845』では、番組の最後に何気なくダジャレを交えることもあった。さらに1994年から退職する2005年まで『週刊こどもニュース』で、ニュースに詳しい「お父さん」役として編集長兼キャスターを担当する。ニュースについての解説本『これが「週刊こどもニュース」だ!』(2000年集英社文庫)も注目を集めた。週刊こどもニュースの担当について池上は、番組を通じてニュースってのはこんなにわかりやすくできるんだよということを示せばいろんなところに影響力を及ぼすんじゃないか、大人が見てくれるんじゃないか、という思いがあったという。

2005年3月、役職定年前でNHKを退局しフリーランスのジャーナリストに転身した。もともと池上はNHKでジャーナリストとしてのキャリアを全うするため解説委員になることを望んでいたが、解説委員長から「解説委員というのはある専門分野をもっていなきゃいけない。お前には専門分野がないだろう」と言われ、解説委員への望みを絶たれたことが退局の契機になった。また記者出身であったことからテレビに出て恥をかくより原稿を書いていた方が楽しく、原稿書きに専念したい、という思いが当初はあったとしている。

フリーランス転身後
退職後は活動の場を広げ、2005年8月6日放送の日本テレビ『世界一受けたい授業』で民放初出演を果たす。以降、『ちちんぷいぷい』(MBSテレビ)など、報道・情報系の番組に多数登場している。

2008年10月からは、『学べる!!ニュースショー!』(テレビ朝日)に、ニュース解説者としてレギュラー出演し、分かり易く丁寧な語り口が幅広い世代から好評を得て、徐々に人気を集めることとなる。同番組が2009年秋に終了した後は、各局で池上を解説者として迎えた同様のコンセプトの番組が次々制作された。なお、『学べる!!ニュースショー!』の復活を望む声が多く寄せられたため、特番として不定期放送されるようになり、2010年春から『そうだったのか!池上彰の学べるニュース』(以下『学べるニュース』と略記)と番組名を変えてレギュラー化した。

2010年7月11日の第22回参議院議員通常選挙の選挙特別番組『池上彰の選挙スペシャル』(テレビ東京系・BSジャパン)で総合司会を担当。2010年12月31日から翌年1月1日未明にかけて放送された『そうだったのか!池上彰の学べるニュース 年またぎ6時間半スペシャル!!』では、「事前収録分と生放送を織り交ぜながらニュース解説だけで年を越す」というコンセプトの下で、総合司会から生放送パートのニュース解説役まで務め上げている。2011年12月31日には、前回より1時間長い『そうだったのか!池上彰の学べるニュース 年またぎ7時間半スペシャル!!』が放映された。

2010年10月6日に発売された浜田省吾の音楽DVD『僕と彼女と週末に』では、日本の近代史から現代史における各テーマをまとめた100ページ余りの解説文を寄稿、2011年1月4日にはテレビ東京系で映画「サウンド・オブ・ミュージック」ハイビジョン完全復元版を放送した際にナビゲーターを務めるなど、ジャーナリストの域を超えた活動にも取り組んでいる。

一方では並行して「朝日新聞」に全国紙の紙面を比較・論評するコラム「池上彰の新聞ななめ読み」を連載。他にも、著書の執筆や雑誌・ニュースサイトへの連載等、多忙を極め、次第にジャーナリストとしての活動や体調に支障を来すようになった。そのため2011年1月12日に、「今後は取材・執筆活動に専念したい」と同年3月いっぱいで全てのテレビ・ラジオ番組への出演を休止することを発表する。同月19日には、番組降板の理由に「ニュースを分かりやすく解説する番組が増えてきたこと」を挙げた上で、「(番組で定期的にニュースを解説するという)私の役割は終わった。今後は一(いち)ジャーナリストに戻ります」と公言した。実際には、降板予定直前の2011年3月に東日本大震災が発生したため、同年4月まで『学べるニュース』や震災関連番組へ連日出演し、生放送のスタジオ進行・解説にとどまらず被災地に赴き自ら取材を行っている。

2011年5月1日には、ジャーナリスト代表として「毎日新聞」の第三者機関である「『開かれた新聞』委員会」の委員に就任する。尚、競合誌である「朝日新聞」の「新聞ななめよみ」の連載も続けている。

その後はテレビ東京系を中心に不定期放送の特別番組へ出演。同年9月以降は、大学での公開講義に資料映像を連動させた冠番組が、同局やBSジャパンで相次いで放送されている。2012年10月には、同局の「特別ニューヨーク特派員」に任命されるとともに、2012年アメリカ合衆国大統領選挙をめぐる取材を同国各地で担当。同年12月16日の第46回衆議院議員総選挙では同局系の開票特別番組『池上彰の総選挙ライブ』でメインキャスターを務めた。

2012年2月1日付で、東京工業大学の学内共同研究教育施設・リベラルアーツセンターの専任教授に着任した。これを打診された際に職員に対して、(同校卒の)菅直人のような人間を再び輩出しないことが目的なのかと尋ね、苦笑いされたとしている。

同年4月からは、同大学で社会科学系科目の一部を受け持つかたわら、古巣・NHK(Eテレ)の新番組『メディアのめ』でテレビ番組へのレギュラー出演を本格的に再開。その一方で、特別番組への出演や、信州大学・京都造形芸術大学での教授職も続けている。

2013年には、前年放送の『池上彰の総選挙ライブ』(前述)が高く評価され、第5回伊丹十三賞を受賞。4月18日の授賞式では、別番組でアフリカ・中東地域の国連難民キャンプを取材した経験から、賞金(100万円)の全額を国際連合世界食糧計画WFP協会に寄付することを発表した。また、6月23日の東京都議会議員選挙に於ける東京MXテレビ開票特別番組『首都決戦2013 池上彰の都議選開票速報』と、7月21日第23回参議院議員通常選挙のテレビ東京開票特別番組『池上彰の参院選ライブ』でそれぞれメインキャスターを務めた。

2014年には、第18代東京都知事猪瀬直樹の辞職に伴う東京都知事選挙の公示直前(1月6日)に、第79代内閣総理大臣を務めた細川護煕と会食。会食後に細川が無所属での立候補を表明したことから、全国紙の一部で「細川から池上に出馬を打診した」「池上が細川に立候補を促した」という旨の記事が掲載された。これに対して、池上は『朝日新聞』同月31日付朝刊の連載コラム「池上彰の新聞ななめ読み」の中で、「中立であるべき立場のジャーナリストが、選挙で特定の人物に立候補を促すことは、決してやってはいけない行為」という見解を基に記事の内容を否定。「細川から立候補を打診されたが、投開票の当日(2月9日)にテレビの特番(テレビ東京系列の開票特別番組『池上彰の都知事選ライブ』)へ出ることを理由に断った」「細川には、一部週刊誌での報道を基に、立候補の意思を確認しただけに過ぎない」として、池上へ直接取材せずに、伝聞調で記事をまとめていることに対しても苦言を呈した。結局、池上は当初の予定通り、2月9日に『池上彰の都知事選ライブ』でメインキャスターを担当。4月からは、愛知学院大学の特任教授へ就任するとともに、テレビ朝日の新しい冠番組『ここがポイント!!池上彰解説塾』(『学べるニュース』シリーズの姉妹番組)にレギュラーで出演している。

その一方で、2014年2月10日には、テレビ朝日の開局55周年を記念した約3時間の冠番組『池上彰が選ぶ 日本を変えたニュース55年史』をテレビ朝日系列で放送。同年4月12日には、テレビ東京の開局50周年特別番組『池上彰のJAPANプロジェクト』でキャスターを務める。

2014年8月、慰安婦問題における朝日新聞の検証記事(8月5・6日)についての感想および論評を示すことを内容とした「朝日新聞は謝罪するべきだ」とする批判記事を同新聞のコラム「新聞ななめ読み」8月29日付に掲載しようと原稿を提出したところ、その前日28日になって「掲載できない」とする連絡が飛び込み、池上はこの連載の中止を申し出た。この件が一部週刊誌で報道されたため、朝日新聞の対応につき、社外だけでなく、同社に属する記者からもtwitterを通じた批判が上がり、同社は、同日夜に池上に対し「掲載したい」と連絡をつけた。9月4日朝刊に、池上の執筆した記事を全文掲載し、自身のコメントを「おことわり」として加えることで池上は掲載に承諾した。この回以降の執筆については「全くの白紙」としている。その後、朝日新聞は、9月11日、木村伊量社長が行った記者会見(別件であるいわゆる吉田調書問題について謝罪するもの)のなかで、本件を言論封殺と批判されたことが「思いもよらぬ批判」だったとした上で、判断は杉浦信之取締役編集担当によるものだったとした。また池上本人は、この一連の出来事について「言論封殺」と批判的に報道したメディアの中にも同様の事例は多数あるとして、「その新聞社の記者たちは『石を投げる』ことはできないと思うのですが」と書いている。

第二次世界大戦の終戦から70年目に当たる2015年には、「朝日新聞」が1月30日付朝刊から「新聞ななめ読み」の掲載を再開。池上自身は、4月1日付で名城大学の特別講師へ就任する一方で、大戦に関する解説・ドキュメンタリー番組へ相次いで出演している。8月1日に日本テレビ系列で放送された『戦後70年特別番組 いしぶみ〜忘れない。あなたたちのことを〜』(広島テレビ制作)では、NHKの記者時代に原爆問題を取材していた縁でナビゲーターを務めた。

2016年3月31日付で東京工業大学を定年退職し、同年4月から東京工業大学リベラルアーツ研究教育院特命教授および名城大学教授に就任。

同年10月13日、池上と『池上彰の選挙ライブ』のチームが第64回菊池寛賞を受賞。

2018年9月9日に徳島文理大学教授の八幡和郎がFacebookに本件について語る中で池上の冠番組の取材を受けた際「番組の方針で、番組では八幡の意見ではなく池上の意見として紹介したい」と言われた、と話した。八幡の発言を受け有本香、高橋洋一らも同様のことがあったとしたが、池上は全面的に否定し、「そもそも番組で自分の意見は言わないスタンスである」と説明、「出演中の全局の番組スタッフについて調べてもらう」と回答した。

※「池上彰のニュースそうだったのか」は現在TELASAテラサでもTVerなどの見逃し配信専用動画サイトでも配信はされておりません。

登録無料!TELASAテラサ公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

TELASAテラサでドラマやバラエティ番組を楽しもう!

今回ご紹介した「池上彰のニュースそうだったのか」の動画以外に、TELASAテラサなら

・テレビ朝日のドラマ
・テレビ朝日のバラエティ番組
・人気アニメ
・人気映画
・人気ドラマ

全てを見ることができます!

それでは是非無料期間だけでも、TELASAテラサを試してみてくださいね。

※「池上彰のニュースそうだったのか」は現在TELASAテラサでもTVerなどの見逃し配信専用動画サイトでも配信はされておりません。

登録無料!TELASAテラサ公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 
【この記事もおすすめ】

【隅田川花火大会】2022特別編の見逃し配信・動画無料視聴方法!

【ミュージックフェア】見逃し配信・動画無料視聴方法!郷ひろみ出演

【ラブオールプレー】18話の見逃し配信・動画無料視聴方法!全話ネタバレ

【スペックダービー】見逃し配信・動画無料視聴方法!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA