【アッコにおまかせ!】見逃し配信・動画無料視聴方法!

TBSで放送されているバラエティ番組「アッコにおまかせ!」の無料動画や見逃し配信などの無料視聴方法、再放送について紹介したいと思います。

気になる番組は何回も見たいし、TVer(ティーバー)やGYAO!(ギャオ)、加入者の多いHulu(フールー)やNetflix(ネットフリックス)など、どういったサービスで観れるんだろう?って気になりますよね?

この「アッコにおまかせ!」の動画配信なのですが、今のところどこの動画配信サービスでも配信されておりません・・・。

しかし、TBSが放送しているということもあり、今後「アッコにおまかせ!」の見逃し配信や動画配信が行われるとしたら、それは動画配信サービスParaviパラビになると思われます。

Paravi公式ページへ

 

「アッコにおまかせ!」以外にParaviで見れる動画

それではここからは、Paraviで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

Paraviで見れるドラマは下記になります。

・半沢直樹
・半沢直樹2
・MIU404
・この恋あたためますか※スピンオフドラマあり
・危険なビーナス※スピンオフドラマあり
・僕はどこから
・アンナチュラル
・あのコの夢を見たんです
・共演NG
・だから私はメイクする
・中学聖日記
・白夜行
・夜行観覧車
・リバース
・キワドい2人-K2-※スピンオフドラマあり
・カルテット
・家政婦のミタ
・Nのために
・逃げるは恥だが役に立つ
・きのう何食べた?
・初めて恋をした日に読む話
・レンタルなんもしない人
・凪のお暇
・陸王
・カンナさーん!
・下町ロケット
・ノーサイドゲーム
・おカネの切れ目が恋の始まり※スピンオフドラマあり
・ブラッディ・マンデイ
・ごくせん
・小さな巨人
・私の家政夫ナギサさん
・恋はつづくよどこまでも※スピンオフドラマあり
・義母と娘のブルース※スピンオフドラマあり
・テセウスの船
・大恋愛

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・夏目友人帳
・浦安鉄筋家族
・おそ松さん
・NARUTO
・BORUTO
・フルーツバスケット
・銀魂
・ダイの大冒険

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・Paraviなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画などを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはParaviならではです!

※現在「アッコにおまかせ!」はParaviなどの動画配信サービスでは配信されておりません。

Paravi公式ページへ

 

「アッコにおまかせ!」ダチョウ倶楽部2人ラジオ出演

インパルス堤下また交通事故…1日2回▼20代独身男性の4割「デート経験なし」実態調査▼「評価点下げられ客減った」店側が訴え「食べログ」に賠償命令▼BTS今後は?

▼おまかせニュースランキングVTR
▼巨大パネルコーナー
▼「おまかせ!コレキテル!?」 東京おもちゃショー2022「進化系おもちゃ」続々登場! 子供への読み聞かせハイテク進化&最新レジスター

「アッコにおまかせ!」の出演者

和田アキ子
峰竜太

カンニング竹山
サバンナ(八木真澄・高橋茂雄)
朝日奈央
なえなの

宇内梨沙(TBSアナウンサー)

【VTR出演】
熊崎風斗(TBSアナウンサー)

※現在「アッコにおまかせ!」はParaviなどの動画配信サービスでは配信されておりません。

Paravi公式ページへ

 

「アッコにおまかせ!」コンビニスイーツから最新玩具まで

今年のヒット商品&ヒット予測!話題のコンビニ冷凍グルメ&梅雨に役立つグッズ&最新鋭おもちゃ生体験▼「ジブリパーク」先取り▼次のブレイク芸人は芸歴20年コンビ!?

▼おまかせニュースランキングVTR
▼巨大パネルコーナー
▼「おまかせ!コレキテル!?」最新“デジタルスポーツ”特集! ゲームをしながら出来るエクササイズ&あの“波動拳”が出せる夢のマシンを体験!

「アッコにおまかせ!」の出演者

和田アキ子
峰竜太

勝俣州和
ニューヨーク(嶋佐和也・屋敷裕政)
岡部麟
景井ひな

宇内梨沙(TBSアナウンサー)

【VTR出演】
貴島明日香
齋藤慎太郎(TBSアナウンサー)

※現在「アッコにおまかせ!」はParaviなどの動画配信サービスでは配信されておりません。

Paravi公式ページへ

 

「アッコにおまかせ!」きょう各地で真夏日“脱マスク”目安は

“脱マスク”どこまで大丈夫?▼誤送金4630万円9割以上確保…田口容疑者の量刑にどう影響?▼初任給を全額競馬に賭けた新卒▼前澤氏6年前の62億円絵画が驚き値段に

▼おまかせニュースランキングVTR
▼巨大パネルコーナー
▼身近なモノが大変身!「スゴ技アート」
プロ過ぎる泥団子&80歳女性の驚き貼り絵&本を使った意外過ぎるアート

「アッコにおまかせ!」の出演者

和田アキ子
峰竜太

IKKO
NON STYLE(石田明・井上裕介)
あばれる君
なえなの

宇内梨沙(TBSアナウンサー)

※現在「アッコにおまかせ!」はParaviなどの動画配信サービスでは配信されておりません。

Paravi公式ページへ

 

「アッコにおまかせ!」について

「アッコにおまかせ!」は、TBS系列で1985年(昭和60年)10月6日から毎週日曜日の11:45 – 12:54(JST)に生放送されている日本の長寿バラエティ番組。総合司会を務める和田アキ子の冠番組で、民放の日曜12時台では唯一のネットワークセールス枠でもある。

番組開始前年の1984年10月7日、『ゆうYOUサンデー!』司会に和田アキ子と古舘伊知郎が就任。大沢悠里(当時TBSアナウンサー)の後任としての登場であったが、TBSの日曜正午台の長期視聴率低落傾向に歯止めをかけた。1985年4月に『アッコ 古舘のあっ!言っちゃった!』に改題。

前述の番組を更にリニューアルして『アッコにおまかせ!』として1985年10月6日に11:45 – 12:30の放送時間で開始。司会者は和田とキッチュ(松尾貴史)であり、前番組まで和田と司会を務めた古舘は1コーナーのみの出演となった。

放送開始から長らくは、生中継コーナーやゲストとのトークコーナー等で構成された生放送バラエティ番組として放送されていた。予告なしに特別ゲストが登場しスタジオが騒然とするなどハプニング性も取り入れた内容であった。

1986年4月、オープニングテーマを変更。CM入り時のSEも変更された。この年に和田が『NHK紅白歌合戦』に再出場して以降、2015年まで30年間、毎年11月中旬の放送で和田が紅白に出場が決定したことについて、共演者が「出場おめでとうございます」と和田を祝福する演出も恒例だった。同時に2015年まで紅白の特集コーナーも行っていた。

1986年10月、男性司会者が当時TBSアナウンサーだった生島ヒロシに交代された。尚、出演中の1989年3月に生島はTBSを退社し4月にフリーアナウンサーとなっている。

1987年10月、12:30 – 12:54に放送されていた『ロッテ 歌のアルバムNOW』の枠を吸収し、約70分間の大型番組となった。

1991年4月、和田とは当時ニッポン放送『アッコのいいかげんに1000回』で共演していた田中義剛に男性司会者が交代となった。オープニングに表示されるタイトルロゴがカラーとなり、それまでの白に黒枠からピンクに黒枠となる(ただしCM入り時の右下に表示するロゴのみは従来のまま)。1994年10月には、TBS社屋移転による放送機材更新のためCM入り時の右下タイトルロゴに関してもオープニングと同じカラーとなる。

1992年1月5日、「新春豪華版スペシャルアッコにおまかせ!」を放送。ゲストとしてタモリがゲストトークのコーナーに生出演した。

1993年10月、男性司会者が現在まで出演している峰竜太に交代された。

1994年10月、TBS本社建て替えに伴い、旧局舎Gスタジオからの放送を終了し、現在までのTBS現局舎Aスタジオからの放送へ移行した(ちなみに当番組アッコにおまかせ!がTBSテレビ自体における旧局舎からの一番最後の放送だったことを前日のオールスター感謝祭94超豪華!クイズ決定版この秋お待たせ特大号にて和田、峰の2人が説明している)

1998年10月、これまでの生中継主体だった番組内容を一新し、和田の毒舌を生かした「情報バラエティ」として大幅リニューアルした。ワイドショーさながらに芸能ネタや珍事件などをVTRやパネルで紹介する前半コーナー、中盤にはそれまで通りゲストとのトークを行うゲストトーク、そして主にクイズやゲームを行う後半コーナーという構成になった。これまでの番組の軸であった生中継コーナーが正式に廃止され、番組開始以来の大幅なリニューアルが実施された。

更に、12年半ぶりにオープニングテーマやCM入り時のSEも変更された。また、それまではエンディングテーマは無く、番組最後の「アッコにおまかせ!」コールの後にCM入りSEが流れ放送終了していたが、J-POP歌手の楽曲を数週替わりでエンディングテーマとして流すようになった。この影響で番組最後の「アッコにおまかせ!」コールの後のCM入りSEは流されなくなった。後に歌手のエンディングテーマが廃止され、オープニングテーマがエンディングでも流れるようになり現在までこの形態である。同時にそれまで長らく11:45丁度の本編開始だった当番組は、進行アナウンサーによる当日の内容紹介→CM後の本編開始となり、実質11:50に放送が開始されるようになった(この形態は2017年3月まで19年間続いた)。

2001年4月、番組開始以来のメインコーナーであったゲストトークを廃止し、ゲストの登場は原則不定期となった。番組は前半の情報コーナーと、後半のクイズ・ゲームコーナーのみとなった。

2004年4月、6年ぶりにオープニングテーマ、CM入り時のSEを変更。タイトルロゴも2代目となりリニューアルした。

2013年4月、オープニングテーマ、CM入り時のSE、番組セットが現行のものに変更された。

2014年4月以降、最長寿の生放送バラエティ番組となる。

2014年5月より、音声モードがモノラルからステレオとなる。

2015年10月に放送開始30周年を迎えた。

2015年12月27日、放送開始30周年記念として2時間拡大版「アッコにおまかせ! ~祝30周年!年末拡大版~」を放送。ゲストとしてビートたけしや所ジョージ等多数登場した。

2017年3月、クイズ・ゲームコーナー(後半コーナー)を廃止。番組は原則、1998年10月の大幅リニューアルで始まったVTR・パネルの情報コーナー(前半コーナー)のみとなった。また、これまでは数分に渡ってオープニングトークが行われていたが、これを機にオープニングが簡素化され初登場の準レギュラーが居ない場合は和田・峰が登場し「アッコにおまかせ!」コールをして直ぐにVTRコーナーに入るようになった。また、オープニングのタイトルロゴの表示も全面に表示されていたものが、左上に小さく表示されるのみになった。前述の通り、19年振りに11:45からの本編開始に変更。

2020年3月、第1回から本番組のスポンサーを務めてきた富士薬品が降板した。「30周年スペシャル」の際には、「『アッコにおまかせ!』放送開始以来30年変わっていないこと」として、富士薬品が答えとなるクイズが出題されていた。

2020年4月5日から2020年10月4日まで、12:54 – 13:00のミニ番組枠を吸収し、11:45 – 13:00枠での放送となった。

番組開始から2020年2月23日までの35年間は、新型コロナウィルス感染症が流行する前までは、スタジオに一般観覧者がおり、番組の盛り上げに一役買っていた。

2020年7月、2017年3月に廃止された後半コーナーが3年ぶりに復活。内容はかつてのようなクイズ・ゲームコーナーではなく、「○○がプレゼン!」と題した準レギュラーが仕切るパネルコーナーである。また、後半にロケVTRコーナーが新設された(2021年5月現在ロケVTRコーナーのみTVer・GyaO!にて月曜12:00より1週間限定の無料配信を実施している)。

2020年9月27日は、放送開始35周年記念として2時間拡大版「アッコにおまかせ! 祝35周年! 豪華拡大SP」を放送。ゲストとしてタモリが28年ぶりに生出演した。

2021年4月、画面上に表示される番組ロゴをマイナーチェンジ(スタジオセット内のロゴや番組サイトのロゴはこれまでのものと変わらず)。また、VTR中に和田を始めとした出演者を映すワイプのデザインも長らくピンクの枠のみだったものが、装飾が施されたものに変更された。番組初回から36年間、トークコーナーなどの一部コーナーを除いて出演者は立った状態で番組を進めていたが、この回からはMCの和田、進行の小林を除いて男性MCの峰、準レギュラー全員が着席した状態へと変更された(峰はOP、ED時のみ立った状態のまま)。

2021年10月、オープニングテーマが和田の楽曲「YONA YONA DANCE」に変更。ただし同年9月まで使用されていたオープニングテーマはEDやCM前、提供クレジットで使用されている。

以上の内容に加え、和田の所属事務所であるホリプロが主催するホリプロタレントスカウトキャラバン本選開催後にはグランプリ受賞者等が出演する。出場者募集期間中にはその告知も番組エンディングで行われる。

オープニングでMCの和田・峰が登場した後に、画面上には『今日も元気に生放送!アッコにおまかせ!です』あるいは『今日も元気に放送中!orお送りしますアッコにおまかせ!です』のテロップが表示されていた。2021年4月からは文言が『TBS Aスタジオより今日も明るく生放送!orお送りします!』に変更された。

「アッコにおまかせ!」の収録放送・放送休止・拡大版など

基本的に生放送だが、総合司会やレギュラーおよびスタッフの季節別夏季・冬季休暇や、和田のディナーショー・コンサートの準備などに配慮し、稀に収録で放送することがある。その際は、生放送を行った直後に翌週分の収録を行う。番組内では収録放送であることは原則として明言しないが、出演者があえて収録放送であることを匂わす発言をすることがある。その週の出来事を伝えるVTRコーナーが挿入されることがあるが、スタジオ部分は事前収録なのでそれに対する出演者のワイプやコメントはない。また、番組冒頭の和田の挨拶も通常は「今日も元気な生放送」と言っているのに対し、収録放送の場合は「今日も元気にお送りします」になる。

日曜日が年末年始の特別編成時にあたる場合や、「クイーンズ駅伝 in 宮城」(例年11月下旬)および「別府大分毎日マラソン」(RKB毎日放送・大分放送共同制作。毎年2月第1週)が行われる週は休止する。2007年までは「北京国際マラソン」(例年10月第1週)が行われた週も休止になったことがあった。また2011年からは、毎年最後の日曜日に大型報道特別番組『報道の日』を放送、世界陸上がアジア開催に限り時差によっては中継を優先するため休止となる。

2014年2月9日はソチオリンピックダイジェストを編成したため12:00 – 12:54に短縮の上生放送した。

2015年12月27日は、この年の『報道の日』放送が3日後の12月30日(水曜日)になったため、1時間拡大して13:54までの放送。「30周年スペシャル」として過去の番組出演者から吉村明宏と生島ヒロシはスタジオ、松尾貴史と田中義剛はVTRゲストで、さらにビートたけしと所ジョージをスタジオゲストに迎えて放送。『アッコジャンボ宝くじ』や『団地ジャンケン中継』の生中継コーナーが復活して行われた。2010年12月26日放送分以来、5年ぶりに最終日曜での放送となった。

2016年1回目の放送でレギュラー陣全員が小田急グループ・星野リゾート協力の下、事前収録のロケで高級旅館に泊まるスペシャルを放送したほか、1988年2月14日にはハワイから生中継で放送を行ったこともある。

2016年10月23日以降毎年10月の最終日曜は、「クイーンズ駅伝 in 宮城」の出場チームが決まる「プリンセス駅伝 in 宗像・福津」の中継のため休止となる。

2018年は『報道の日』編成の12月30日が日曜日になるため、2014年以来4年振りに最終日曜が休止になる。

2020年9月27日は、1時間拡大して13:54までの放送。「35周年スペシャル」として放送され、12:45頃までは通常通りの内容、それ以降は特別企画を放送した。同時間帯に放送されているTBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』と一部同時生放送が行われ、爆笑問題と良原安美(TBSアナウンサー)が生放送中のTBSラジオ第8スタジオから中継で出演。さらに入院療養中の加山雄三から送られた手紙も紹介された。そして同日の放送にて「生放送バラエティ番組で同一司会者による放送年数の最長記録」として当番組がギネス世界記録に認定されたことを発表。『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ)で「生放送バラエティ番組で同一司会者による放送回数の最多記録」を保持しているタモリが駆けつけ、特別企画『タモリにおまかせ!』と題してコーナーを放送した。

「アッコにおまかせ!」の主なコーナー

オープニング
オープニングテーマ曲が流れスタジオに和田と峰が登場、和田の「はーい! どうもこんにちは! ようこそいらっしゃいました! 今日も元気な生放送! 『アッコにおまかせ!』」(1985年から1998年までと2020年からは、毎週異なる言い回しの後に『アッコにおまかせ!』)とピースサインを出して始まる。2017年3月までは数分のトークが行われていたが、以降は直ぐにVTRコーナーとなる。

おまかせ!ニュースランキングTOP10(1998年10月4日 – )
普通の芸能情報に加え、他局(いわゆる他所)ではやらないB級ニュース(いわゆる三面記事)、そして『おまかせ』独自で取材したインタビュー内容などを紹介している。かつては次のコーナーが始まるまでCMを挟まなかったが、2017年3月の放送より途中でCMを挟むようになった。

VTR内で紹介される芸能人は放送時点での年齢も合わせて読み上げられる。
VTR中は、和田ら出演者の表情が「ワイプ」で映し出されている。

2012年7月8日までは「芸能&ニュース どばっと1週間」、その後も「おまかせ!エンタメ 今週の10人」、「週刊おまかせ!芸能」とタイトルを変えて現在のタイトルになった。

おまかせ!トピックス(1998年10月4日 – )
VTRの中から数本ニュースを選び紹介。スタジオの中に大きなパネルが運ばれ、進行アナ(2014年9月までは安東、2019年9月までは国山、2021年6月までは小林、以降は週替わり)が「めくり」(マスキング)をはがしながらニュースを『おまかせ!』独自の視点によって紹介していく。芸能ニュースが中心で、あまり深刻な内容のものは取り上げないことがほとんどであったが、後半のクイズ・ゲームコーナーが廃止された後はそのような話題も取り扱われるようになった。

このコーナーでは和田の毒舌が生かされる。内容があまりにも瑣末なものについては本番中、和田が苦言を呈することもある。
進行アナが「めくり」をめくる前に和田が内容を言ってしまう場合も多く、それを勝俣州和や出川哲朗らに指摘されて恐縮するなど、主従逆転するところが見どころとなっている。

2017年3月下旬から、「おまかせ!ニュースランキングTOP10」とこのコーナーの前半コーナー一本のみになり、長年にわたり行われていた後半のクイズ・ゲームコーナーは廃止になった。以降、一つの内容に「めくり」が増えて、和田のコメントや準レギュラー出演者の発言、質問などで時間が長引くことが多くなり、そのため、一部の「めくり」が剥がされないまま次の話題に進んだり、終了したりする場合もある。しかし2020年7月から、後半コーナーは「○○がプレゼン!」で3年ぶりに復活された(しかし内容はクイズ・ゲームコーナーではなく、後述のようにパネルを使った「めくり」コーナーである)。

○○がプレゼン!(2020年7月12日 – )
○○にはコーナーを仕切る準レギュラーの名前が入る。進行アナが仕切る「おまかせ!トピックス」では比較的硬派であったり時事的なニュースを扱ったりするが、準レギュラーが仕切り、一転してほのぼのとした明るい話題や面白おかしい話題を「おまかせ!トピックス」と同じパネルを使用して行う「めくり」のコーナー。一部の回では、このコーナー内でクイズ・ゲーム企画を行うこともある。

2021年4月頃からは、準レギュラーと交代せずに「ガラッと話題を変えまして」等と言い進行アナが引き続き進行する場合が多い。

ロケVTRコーナー(開始時期不明)
準レギュラーのいずれかがロケをしたものや、小林やスタッフ等がゲストに取材をしたものなど毎回異なるVTRを放送。
このコーナー部分のみTVer・GYAO!で見逃し配信がされる(但し、和田を始めとするスタジオのワイプや音声は配信されない)。

エンディングトーク
終盤、和田などの出演者がトークする。ここで出演者の告知・番宣が行われる場合もある。その後はエンドロールが流れ、和田の「せーの」に続いて、和田・峰の「アッコに」を号令に全員でピースサインをしながら「おまかせ!」とコールして番組は終了する。

※現在「アッコにおまかせ!」はParaviなどの動画配信サービスでは配信されておりません。

Paravi公式ページへ

 

「アッコにおまかせ!」を楽しもう!

今回ご紹介した「アッコにおまかせ!」の動画配信はまだありませんが、Paraviなら

・TBSのドラマ
・TBSのバラエティ番組
・人気アニメ
・人気映画
・人気ドラマ

全てを見ることができます!

それでは是非無料期間だけでも、Paraviを試してみてくださいね。

※現在「アッコにおまかせ!」はParaviなどの動画配信サービスでは配信されておりません。

Paravi公式ページへ

 
【この記事もおすすめ】

【NHKのど自慢】の見逃し配信・動画無料視聴方法!

【よだれもん家族】8話の見逃し配信・動画無料視聴方法!全話ネタバレ

【ワッチャプリマジ】32話の見逃し配信・動画無料視聴方法!全話ネタバレ

【サンジャポ】見逃し配信・動画無料視聴方法!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA