【ワンピース】101巻ネタバレ!アニメ無料動画と無料漫画まとめ

週刊少年ジャンプで連載中の「ワンピース」最新巻101巻のネタバレや、漫画を無料で読む方法やアニメを無料で見る方法などを紹介していきたいと思います!

101巻には1015話、1016話、1017話、1018話、1019話、1020話、1021話、1022話、1023話、1024話が収録されています。

前回の100巻では、カイドウが

「覇王色をまとってみせた」

「だがその操作はお粗末なものだったな」

「ゴムゴムの、何だって?」

「お前もジョイボーイには、なれなかったか」

と言いながら、ルフィは海に落ちていった。

バオフォンから

「カイドウ様、モモの助を~、見つけたよ」

と連絡が入り、カイドウは

「すぐに行く」

「バオフォン、鬼ヶ島中に結果を報じろ」

と伝えていく。

城内3階にて。

ヤマトが発見されるが

「何か変だ」

「あれ!?手錠がない」

と気づき、ヤマトは

「そうさ、もう捕われの身じゃない」

「ぼくはおでんだ」

と暴れていく。

1階天井裏にて。

おでんの日誌を読んだモモの助が

「しのぶ、せっしゃは死んではならんようだ」

と言うと、しのぶが

「何をその様なわかりきった事を」

と返すと、モモの助は

「わァ、何でござる!?誰でござる!!?」

と頭を押さえていく。

「ドクロドーム」ライブフロアにて。

クイーンがチョッパーに投げ飛ばされていた。

クイーンがチョッパーの息が荒れているのを見て

「勝ってる者の息づかいじゃねェなァ、タヌキ」

と言い、ペロスペローも

「いつまで耐えられるか、ペロリン」

と言い放つ。

チョッパーは

「くそォ、クイーンに何をやっても効かねェ」

「残りあと10分もない、せっかく巨大化の時間を延ばしたのに」

と考えながらシーザーとのやり取りを思い出していく。

シーザーが

「そんなんじゃダメだ」

「3分の巨大化!?それで何ができる!?」

と言うと、チョッパーは

「だけど、それ以上モンスターでいると」

と返し、シーザーは

「いると何だ!?」

「自分がそんなにかわいいか!?それでも海賊か!?」

と返していく。

チョッパーが

「何だと!?」

とキレると、シーザーは

「ランブルボール!?何だその構造式は」

「おれのいう薬品を揃えろ」

「巨大化時間を30分に延ばせる」

「リスクは増えるが、ビビりゃしねェよなァ?」

と伝えていた。

クイーンがブラック光矢というレーザーを放ち、ペロスペローがアメの矢を放とうとする。

そこに、バオフォンがメアリーズを拡散モードに変え

「鬼ヶ島全土へ報告~」

「決着が~ついたよ」

「敵の最高賞金首麦わらのルフィは~敗けたよ~」

「カイドウ様に息の根を止められて、麦わらのルフィは暗い夜の海の底に沈んでいった」

「光月の侍も船長も~敗けたよ」

「次は誰!?誰か勝てる!?」

「カイドウ様は下へ降りて掃除を始めるよ」

「カイドウ様はお前達の「降伏」を認めるよ」

「両手を上げて「降参」「服従」する者は、命を助け部下としてェ~迎えるよ」

と鬼ヶ島中に放送していく。

1階天井裏への通路。

錦えもんとお菊がモモの助の元に駆けつけていた。

そこに、

「おーい、モモの助ェ~、久しぶりだなァ」

とおでんが現れる。

モモの助が

「ち、父上!?」

と感動するが、お菊が

「違いますっ」

「一度ならず二度までも、わかりきったウソを」

とおでんに向かっていく。

お菊が

「よくもアシュラさんを」

「その姿で拙者の名を呼ぶなカン十郎ォ」

と向かっていくが、カン十郎は

「おい菊、冗談だろ!?」

「イゾウと共に拾ってやったおれを、斬れるのか!!?」

と刀を突き刺していく。

お菊が

「斬れませぬ」

「錦様、拙者には」

と涙を流すと、カン十郎は

「おぬしの斬り傷のお陰でこっちも致命傷よ、菊ゥ」

と正体を明かしていく。

錦えもんがお菊を抱えると、お菊は

「面目ございません」

「しかし、残雪溶けゆくならばきっと、夜明けは近うございます」

と伝え、錦えもんは

「無論だ」

「ワノ国の夜明けは、黄泉の国にも届こうぞ」

と背後に迫るカン十郎を斬り伏せていく。

カン十郎は

「そうだ」

「おれの舞台の幕を引くなら、お前がいい」

「舞台上じゃあ、親友だったもんな」

と言いながら倒れていく。

そこに、突如カイドウが現れる。

錦えもんが

「しのぶ、モモの助様を連れて逃げろ」

と言うと、カイドウの金棒を受け止める。

鬼ヶ島がワノ国本土上空へ到達していた・・・という内容でした。

「ワンピース」は前巻で1000話を越え、単行本も100巻になりました!

それでは「ワンピース」の第101巻について紹介するのですが、先ずは「ワンピース」のアニメ無料動画と漫画を無料で読む方法を紹介したいと思います!

週刊少年ジャンプで連載中で、アニメも人気の「ワンピース」の無料動画と、漫画を無料で読むという両方を楽しみたい場合、おすすめの方法はU-NEXTです。

U-NEXTではNHKの朝ドラや大河など以外にも、カンテレ系のドラマやアニメ、映画、ライブなど多種多様の動画を見ることができますし、「鬼滅の刃」や「呪術廻戦」などの漫画も読むことが出来ます!

ですので、「ワンピース」のアニメの無料動画を見たり、漫画を無料で読みたい場合は、U-NEXTがおすすめです。

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「ワンピース」以外にU-NEXTで見れる動画

それではここからは、U-NEXTで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

U-NEXTで見れるドラマは下記になります。

・一億円のさようなら
・記憶捜査2
・先生を消す方程式
・マリーミー!
・アンフェア
・僕はどこから
・アンナチュラル
・おっさんずラブ
・この男は人生最大の過ちです
・トリック
・中学聖日記
・白夜行
・おじさんはカワイイものがお好き。
・君と会えた10+3回
・竜の道
・カルテット
・科捜研の女
・Nのために
・アリバイ崩し承ります
・きのう何食べた?
・初めて恋をした日に読む話
・文学処女
・凪のお暇
・ハケン占い師アタル
・カンナさーん!
・ケイジとケンジ
・ホームルーム
・ねぇ先生、知らないの?
・未解決の女
・相棒
・小さな巨人
・エール
・半分、青い
・なつぞら
・まんぷく
・いいね!光源氏くん

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・ハイキュー
・犬夜叉
・おそ松さん
・TIGER&BUNNY
・ドラゴンボール超
・NARUTO
・BORUTO
・僕のヒーローアカデミア
・銀魂
・無限の住人
・弱虫ペダル
・炎炎ノ消防隊
・映像研には手を出すな!
・ダイの大冒険
・あやつり左近
・ゆるキャン△
・行け!稲中卓球部
・パタリロ!
・ブラッククローバー
・進撃の巨人
・ワンパンマン
・幽遊白書
・レベルE
・ハンターハンター
・Re:ゼロ
・メアリと魔女の花
・魔法陣グルグル
・るろうに剣心
・約束のネバーランド

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・U-NEXTなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画、音楽ライブなどを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはU-NEXTならではです!

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「ワンピース」101巻1015話のネタバレ

ルフィが海に沈んでいく。

ルフィが負けた報せを聞き、チョッパーをはじめ麦わら軍団が士気が下がっていた。

イゾウが

「士気を下げるには充分は情報だ」

と言うと、河松は

「真偽などわかりようがない」

と言い、サンジは

「どいつもこいつも負けた気になりやがって」

と言う。

ペロスペローは

「大将を殺されて大パニックだな」

とキャンディシャワーを放つ。

クイーンが

「お前も終われ、腰抜けモンスター」

とチョッパーに食いかかるが、サンジがディアブルジャンプ ロティサリーで迎撃する。

さらに、ストライクでクイーンを大回転させペロスペローが放った矢を弾いていく。

サンジが

「よくふんばったな、チョッパー」

「泣くなバカ、いくらでも見てきたろ?奇跡」

と告げる。

サンジが

「こいつを頼む、復活すりゃあ10人力だ」

とゾロを託し

「あの恐竜はおれに任せろ」

とクイーンと対峙する。

侍たちが

「なんで!?あの人全然戦いをやめねェ」

「自分の船の船長が死んだのに!!?」

と驚いていると、マルコは

「だから好きだよい、お前ら」

とつぶやく。

城内1階「天井裏」にて。

カイドウの一撃で錦えもんが倒れていた。

錦えもんはモモの助とのやり取りを思い出して立ち上がるが、カイドウが

「時間を稼いでどうなる?」

「逃げて何がかわる!!?」

「武士らしく潔く散れ」

「敗北とはいつも、信じ難いものだ」

と錦えもんに刀を突き刺していく。

しのぶはモモの助を連れて逃走していた。

モモの助はカエルを捕まえており

「拙者、光月モモの助にござる」

「ルフィの言葉を伝える」

「ルフィは生きておる」

「必ず戻ると拙者にかたりかけてくる」

「だから戦い続けてくれ、痛くても辛くても」

「すまぬが命のかぎり戦ってくれ」

「ルフィは必ず勝つ」

と鬼ヶ島中に放送し、麦わら軍団が士気を高めていく。

カイドウが

「気が済んだか?おでんの息子」

とモモの助たちに迫る。

が、しのぶが熟々の術でなんとか逃走する。

その頃、ポーラータングが海に沈むルフィを発見していた。

ステージを目指すナミのクリマ・タクトが

「よかったな麦わら~」

と突如話し始める。

ビッグ・マムが

「何のハッタリだろうね、海へ落ちたんなら死ぬに決まってる」

と言い放つが、ローが

「長く行動を共にすると不思議とあいつなら何とかなりそうな気がしてくる」

とキッドの元に合流する。

キッドが

「トラファルガー、邪魔しにきたのか!!?」

と言うと、ローは

「大人になれ、ユースタス屋」

「一時「同盟」といこうぜ」

と伝える。

カイドウの元にはヤマトが現れ、カイドウが

「父上だろうが、ヤマト」

と言うと、ヤマトは

「その縁を切りに来た」

と言い放つ。

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「ワンピース」101巻1016話のネタバレ

ワノ国「花の都」にて。

町人たちは火祭りで盛り上がっていた。

おトコが

「お父ちゃん、見てるかな」

と言うと、飛徹が

「ああ、勿論だ、空がこんなに澄んでいる」

「見守ってくれているハズだ、お前とこの国の行く末を」

と伝えていく。

城内「来賓の間」にて。

CP0が

「麦わらのルフィを失っても降伏する者なしか」

と言うと、三味線を弾く者が

「はい、現在の状況はまた5千の兵が戦闘不能となり、兵力差は2万4000VS3000」

「しかし、ライブフロアのプレジャーズ・ウェイターズが全員クイーン様に反発し、4千人の兵が動きその結果、2万VS 7000の戦いに」

「まさか兵力差が縮まるとは」

「全く読めませんね、また選曲を変える状況が入りそうです」
と状況を語っていく。

バオフォンが

「モモの助も~、落ちたね」

と言うと、仲間が

「ですね、事実上の「大将」の死、報じれば侍共は今度こそ戦意喪失でしょう」

と言い、バオフォンは

「そうね、みんなの精神崩しちゃおう」

と返す。

同階、ナミ・ウソップ・お玉サイド。

ウソップが

「おれの開発したクリマ・タクトが喋った」

「もしやおれは自分で気づかない程の天才なのか!?」

と驚くと、ゼウスが

「いや、だからおいらだよ、元ゼウスだよ」

と言い、ナミが

「何であんたがクリマ・タクトになるの!?さっき食べられたでしょ!?」

とツッコむ。

ゼウスが

「あの時おいらの魂は元の体を飛び出しててもうろうとしたまま「ヘラ」って子に取り込まれる所だったんだけど、ナミがあの時クリマ・タクトを伸ばしてくれたから、ヘラに噛まれた拍子にこっちに押し込まれちゃったみたいなんだそれでホラ、おいら生まれ変わったんだよ」

と説明する。

ナミが

「えー!?ちょっと私の武器がうるさいんですけど」

と言うと、ゼウスは

「そうだ、おいら許されてないんだ」

「だけど、ママの力がないとここから出られないんだよ」

と言う。

ウソップたちがステージに到着すると鬼ヶ島全土に報告しようとするバオフォンを発見するが、うるティの頭突きを食らってしまう。

うるティが

「結局コイツなんでありんしょ!?」

「こいつがいるから部下達が次々とあちき達を裏切る」

「しまいにはビッグ・マムまで操るとは」

とお玉を捕まえる。

うるティが

「お前がペーたんをあんな目に」

とお玉に迫ると、ナミが

「だから、やめろって言ってんでしょ!!?」

とゼウスが入ったクリマ・タクトで殴っていく。

ゼウスが

「ナミ、いつも通りタクトを使って、おいらがアシストする」

「あいつは表面が硬すぎる」

「けど、もう中身はママにやられてボロボロだ」

「「雷霆」が決まれば一発だよ」

と言うが、ナミは

「ダメよ、そんな大きい攻撃、お玉に当たっちゃう」

と返す。

ウソップが必殺緑星 サルガッソでお玉とうるティを引きはがす。

ナミが

「ウェザーエッグ、出て来い雷雲」

と言うと、ゼウスが出てくる。

ゼウスが

「正確には違うんだ」

「だからナミ、おいらに新しい名前をおくれよ」

と言うと、ナミは

「わた」

と答える。

ゼウスが

「おいらは「ゼウス」、ナミの右腕覚悟しろ」

と言い、ナミが雷霆を放つとうるティには躱されるが、ゼウスが

「終わらない、当たるまでがおいらのしごと」

と雷の軌道を変えてうるティに命中させる。

バオフォンが

「わー、うるティ様がやられたァ~、ページワン様に次いで」

「飛び六胞が2人もやられちゃった~」

と誤って島内に放送してしまい、百獣海賊団は

「ウソだろ!?そんな事今までなかったぞ」

「まさか押されてんのか!?おれ達」

と士気が下がっていく。

ウソップがバオフォンを緑星「デビル」で捕え、

「理屈はわからねェが、こいつが発信機だ、喋れ」

とお玉に伝える。

お玉が

「お、お玉でやんす」

と島内放送を始める。

カイドウが

「麦わらは死んだぞ、光月おでんの息子もな」

「戦う気なら守るべきものをしっかり守れ」

「未熟なガキが錠を外してここを出て行く気か!?」

と言うと、ヤマトは

「ああ、僕はルフィと一緒に海へ出る」

「お前を「ワノ国」から叩き出した後にな、カイドウ」

と返す。

カイドウが

「どこでもいいんじゃねェぞ、ヤマト」

「おれはここが「ワノ国」だから居座ってんだよ」

「お前がおれに勝てる道理はねェ、「ワノ国」の将軍になれ、ヤマト」

と言うが、ヤマトは

「断る、勝てないのは承知の上だ」

「だけど、ルフィこそが光月おでんが待ってた男」

「彼がここに戻って来るまで、僕はお前をくい止める」

とカイドウと激突していく。

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「ワンピース」101巻1017話のネタバレ

ドーム内「ライブフロア」にて。

お玉を見たクイーンが

「なぜ戦場にあんなガキが紛れ込んでる」

「何があったバオフォン」

「誰だてめェはァ」

とキレると、お玉はビビって気を失ってしまう。

城内4階にて。フーズ・フーが

「文句一つ言わねェなァ、ジンベエ」

と言うと、ジンベエは

「元々5千と3万の戦い、人手が余るのは必然じゃ」

「サシでやれるとは思うとらんわい」と言い放つ。

フーズ・フーが

「よく戦況が見えてやがる、邪魔だぜ」

と言うと、ジンベエは

「ああ、お前ら幹部達を野離しにせん事がわしらの仕事よ」と返す。

フランキーが

「次から次へと、部下が減らねェなァ」

と疲弊していると、ジャックは

「総力戦とはこういうモンだ」

「おれを恨むなよ!?」

とイヌアラシに言い放つ。

ギフターズが

「フロアの裏切り者を始末しろォー」

とライブフロアの裏切り者たちを始末していく。

ナミとウソップが「頑張れ、お玉〜」と叫ぶと、お玉は

「き、きびだんごを食べたお友達〜」

「お願いでやんす、ルフィのアニキ達とモモの助くん達の味方をしてけろ〜」

「一緒にカイドウを、やっつけてけろォー」

と島中に放送で伝え、ギフターズのブリスコラが「お安いご用だ、ご主人様」と裏切っていく。

他のギフターズのダイフゴーやハムレットも裏切っていく。

真打ちのポーカーも

「海峡のジンベエ、ギャラリーは引き受けた」

「フーズ・フーをぶちのめせー」

とジンベエの味方になる。

ギフターズが裏切っていき、鬼ヶ島中がパニックとなる。

クイーンが「まさかあのガキの仕業か!?」とお玉にレーザーを放とうとするが、サンジがコリエ ストライクで邪魔をする。

クイーンが「てんめェ、ジャッジのせがれェ〜」と言うと、サンジは

「その名前2度と口にするな」

「お前もイカレた研究チームの所属か?」

と返す。クイーンが「昔の話だ、「MADS」の事か!?」

「見ろおれの体、何を隠そうサイボーグだ」と言い放つ。

サンジが「チョッパー、そっちは何とかなりそうか!?」

と聞くと、ランブルボールの副作用で小さくなったベビジジチョッパーが

「うむ、大丈夫じゃ、そ、そっちに集中せい」

「のうミヤギ、「ゾウ」にはそんな薬があったのか」

「わしの一存では投与できんがのう、「超回復」ができるのか?」と返す。

ミヤギが

「ええ、一時的にそのかわり副作用に、後で倍の苦しみが」

と答えると、ゾロは

「考えてるヒマはねェ、そいつをよこせ」

「後で体がどうなろうと、今戦えなきゃ意味がねェんだよ」と言い放つ。

城内4階にて。フーズ・フーが

「何が起きてんのか知らねェが、マジメに戦わなきゃならねェじゃねェか」と刃銃を繰り出す。

ジンベエが魚人空手 唐草瓦正拳で反撃すると、フーズ・フーは剃で回避する。

フーズ・フーが嵐脚を放つと、ジンベエは武装色の覇気で攻撃を防ぐ。

ジンベエが「これを「鉄塊」と呼べばええか?」

「これらは政府側の人間の戦闘術、「六式」」

「そういやあ昔、政府の裏の諜報機関CP9のメンバーが「脱獄」したと噂を聞いた」

「妙な話じゃ、諜報部員が捕まっておったとは」と言うと、フーズ・フーは「よくそんな事件覚えてたな」

「そうだ、それがおれだ」

「お前を見たのは一方的にさ」

「今ここにいる自分は気に入ってるが苦労したんだ、12年前のたった一度のミスでよ、天才ロブ・ルッチに引けを取らねェ程有望と言われてたんだぜ!?おれも」と牙銃を放つ。

ジンベエが「確かに見た事ない「六式」」

「哀れじゃああるが、わしと因縁はないな」と言うが、フーズ・フーは「そうでもねェさ、お前言ったよな!?胸を張って「麦わらの一味」だと」

「おれはその名を聞くと辛い過去を思い出す」

「12年前、政府の船で護送中の悪魔の実が奪われた」

「そして、2年前麦わらのルフィが頭角を現した時、おれは驚いた」

「あの時奪われた「ゴムゴムの実」を麦わらが口にしてたからだ」と告げていく。

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「ワンピース」101巻1018話のネタバレ

城内。真打ちおよびギフターズが侍側に寝返っていく。

その元凶であるお玉が狙われるが、ダイフゴーが助けてくれる。

さらに、スピードとガゼルマンも駆けつける。

ゼウスが「ねーナミ、おいら昔みたいにしもべにしてくれるー?」と聞くと、ナミは「何言ってんの!?ダメよ」

「相棒なんてどお?」と返し、ゼウスは「ナミ〜」

「どけ〜、おいらナミの相棒だぞ〜」と奮起していく。

「真打ちの部下達も追従する者あり、その数約千人」

「その者達にふいをつかれやられたこちらの兵の数は約千名ー」と島内アナウンスが起こる。

「つまり、元々3万いて現在2万の百獣海賊団は千人の裏切り者と千人の負傷者により更に戦力を減らしました」と言いわれると、CP0たちは「1万6000VS9000」

「ギフターズの暴れ様で更に城は増えるぞ」

「どっちが勝とうと構わんが、あいつの死は見届けねばば」

「本当に本人か?持って逃げた機密情報も古いもんだ、特に政府に害はない」

「逃亡しても生きていけるという「前例」がよくない」

「まァ、生き延びたらな」

「相手はあのジンベエだ」と話していた。

城内4階。フーズ・フーが月歩を繰り出す。

ジンベエが「つまりお前さん、ルフィを恨んでるのか?」と聞くと、フーズ・フーは

「正確にはおれ達からゴムゴムの実を奪った赤髪のシャンクスだがな」

「当時奴が被ってた「麦わら帽子」もゴムゴムの実もあいつが継承しちまってんだから矛先はそっちを向くよな」と牙銃を放つ。

フーズ・フーの牙銃は下の階の3階にも届いていた。

フーズ・フーが「ハハハ、お前の「武装色」でも無理か!?」
「いい判断だったな、そこらの武装色なら食いちぎる」

「地上でも速く動けるんだなァジンベエ、魚人なのによ」と言うと、ジンベエは「呆れたな」

「今時流行らんぞ、魚人差別など」と返し、フーズ・フーは「ハハハ、悪いな」

「お前に聞きてェ事があんだよ」と「鉄塊」牙閃を繰り出す。

ジンベエは魚人柔術 引潮一本背負いで対抗する。

ジンベエが撃水を繰り出すと、フーズ・フーは剃で回避。

フーズ・フーが「痛ってェな」

「なァおいお前、おれが牢獄に捕まってた時聞いた話だ」

「おれはヒドイ罰を受けながらそれに祈れと笑われた」

「太古の昔に奴隷達がいつか自分達を救ってくれると信じた伝説の戦士だそうだ」

「「太陽の神ニカ」、実在したのか妄想か、人を笑わせ苦悩から解放してくれる戦士」

「永遠にも感じた投獄中、おれはそんな奇妙な伝説にもすがった」

「誰でもいい、助けてくれと」と語っていく。

ジンベエが「なぜそれをわしに聞く!?」と返すと、フーズ・フーは「お前が率いた「タイヨウの海賊団」には元奴隷がいたと聞く」

「魚人の歴史は奴隷の歴史だろ!!?」と「指銃」斑を繰り出す。

フーズ・フーが「おれにそのニカの話をした看守は後日消された」

「おれも危ねェと思い、命懸けの脱獄を計り今に至る」

「知るだけでマズイのか!?興味もわくだろ!?知ってる事を教えろ」

と指銃を続けるが、ジンベエの武装色の硬さに指を折られてしまう。

ジンベエが魚人空手 粗鮫を放ち「おのれに話す事は何もありゃあせん」と言う。

フーズ・フーが牙銃を繰り出すが、それをも弾かれていく。

ジンベエは魚人空手 奥義 鬼瓦正拳を放ち

「おんどれ、歴史に口を挟むならハンパな覚悟で踏み込んで来るな」と言い放つ。

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「ワンピース」101巻1019話のネタバレ

城内「ライブフロア」。

クイーンがレーザーを放つと、サンジは「レーザーを何発も撃つ技術」

「フランキーが欲しがりそうだ」と言う。

ミヤギが「包帯がぶ厚すぎて」

とゾロに注射を打つのを苦戦していると、ゾロが「取って打てよ」

と叫ぶ、ミヤギが「確かに」

「まあいっちゃいましょう」と軽いノリで注射を打つと、ゾロは「大丈夫か、おい〜」「あああ」と叫んでいく。

「ワノ国」海上ポーラータング号。

「生き返れ、麦わらー」

「くそー、船長がいてくれたら」

「これ以上処置がわからねェ」

「水はもう吐いたよな」

「なんか薬飲ますか!?」

「いや、注射だろ」

「顔が青い」

「どうしたらいい!?」と騒いでいると、ルフィが突如

「肉ー」と叫ぶ。

鬼ヶ島「ドクロドーム」右脳塔。

お玉の能力で裏切った真打ちが「ここは任せろ」

「ササキをやっちまえ鉄のアニキー」と言うと、フランキーが
「戻って来てくれたのか!?」

「お前らコイツの部下だよな」と返し、ササキは

「おい、装甲部隊」

「敵の能力とはいえ裏切りは事実だぞ」とキレる。

フランキーが「ホントに頑丈なヤローだな」

「致命傷は何度も与えたハズだぞ」と言うと、ササキは

「頑丈でうっとうしいのはてめェもだ」

「いい加減そこをどけ」

「ライブフロアで部下共がみんな寝返ったらしい」

「おれが行って歯向かう奴ら皆殺しにしてやる」

「道を開けて貰うぞ」と絡繰螺旋刀を起動する。

フランキーが「またその危ねェ刀か」

「道は開けられねェ」

「何が起きて敵が寝返ったのか知らねェが、どうやら害はなさそうだ」

「みんなダチだぜ」と言うと、寝返った海賊たちが

「鉄のアニキィ、手ェ貸すぜ!?」

「ここは結構、他を助けに行ってくれ」

と言い、ササキは「笑わせやがる」

「邪魔がいなくなってよかったな」

「おれの味方はもうここらにゃいねェ様だ」と身体の一部を回転させて宙に浮き始める。

寝返った海賊たちが「あの技は」

「やべェぞ、逃げろ鉄のアニキ」

と叫ぶと、ササキは「バカ野郎」

「案じるならてめェらの身だよ」とヘリケラトプスを放っていく。

海賊たちがやられていく中、フランキーは「何ちゅう動きだ」
「まさかの空中戦」と驚きながらも攻撃をなんとか防ぐ。

ササキが「トリケラトプスはこういう恐竜だ」と言い放つと、フランキーは

「そうだったのか」

「あのプロペラで速度が異常に上がりやがる」と返す。

ササキがまたプロペラを回転させていくと、フランキーが「突進か、あの速度で」

「来てみろ、ジェネラルシールド」で構えるが、ササキはものすごい勢いで後ろに下がっていく。

フランキーが「え」

「あいつ今、プロペラの回転方向間違えて逆走しやがったな?」

と考えていると、ササキが「助走距離、確保」

と誤魔化そうとする。フランキーが「うそつけ」とツッコむと、ササキは「黙れ」

「助走は長ェ方が威力は増す」と弾丸ケラトプスを放つ。

フランキーは何とか受け止めるが、「マズイ」

「肩の仕込みランチャーが爆発するぞ」と爆発を起こしてしまう。

が、フランキーはジェネラルスープレックスを浴びせる。

フランキーが「八方頑丈なお前も腹にはキズが残ってんなァ」
「これで終わりだ」とフラン剣 勝利のVフラッシュをを繰り出すが、ササキに回避される。

さらに、フラン剣が折られてしまう。

フランキーが「こうなったら一発逆転最強の」と大技を繰り出そうとすると、ササキは弾丸ケラトプスを繰り出し、フランキーは出張版「ガオン砲」ジェネラルキャノンで応戦する。

ササキが「恐怖の象徴百獣海賊団「飛び六胞」ナメんな」

「自爆上等」マグナムケラトプスを放つが、フランキーは「準備完了」とフランキーラディカルビームを繰り出す。

ドクロドーム屋上。

カイドウが「お前を戦力として認めてんだ、ヤマト」

と言うと、ヤマトは「それが親の言う言葉か」

とカイドウに応戦していく。

カイドウが「悪魔の実も別にお前に食わせる気はなかった」

と言うと、ヤマトが「お腹がすいてたんだ」

「ぼくだって驚いた」

「海に出たいのにカナヅチになるなんて」

「数えきれない程お前を殺しに行って、数えきれない程打ちのめされた」

「お陰で強くはなったよ」

「ぼくをこの島に留めたのはあの手錠だけじゃない」

「この国の為に戦わずして、ぼくはおでん名乗れない」と言い放つ。

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「ワンピース」101巻1020話のネタバレ

鬼ヶ島ドクロドーム屋上にて。

カイドウが「イヌイヌの実幻獣種モデル大口真神」

「貴重な幻獣種だ」

「そいつは「ワノ国」の守り神」

「己を「おでん」と名乗る奴に食われちまうとは不覚でしかない」

「だから言ってんだ、おれの為にワノ国を守れ」

「守り神として」と言い放つと、ヤマトは「意味が違う」と返していく。

カイドウが「オロチには「悪政」の才覚はあった」

「この国は「武器工場」」

「働かせてお前が支配しろ」と告げると、ヤマトは

「僕は彼らを解放する、侍達を、この国を世界に解き放つんだ」と無侍氷牙を放っていく。

が、カイドウは「「開国」はさせん」

「断じてなァ」とボロブレスで粉砕していく。

城内3階大宴会場にて。ロビンはオルビア、クローバー博士、サウロと出会っていた。

ブルックが「ダメですよ、ロビンさん〜」

と叫ぶと、ロビンは「そうよね、残念」

とトレス・マーノ フリージアでサウロたちに化けた濡れ女、九忍、天井下りを倒していく。

ブルックが「効いてないなら言ってくださいよ、ロビンさん」

と言うと、ロビンは「人の記憶をもてあそぶなんてヒドイ事するわ」と返していく。

逃げるブルックとロビンをブラックマリアが追う。

ロビンが「あなたも平気なのね」と言うと、ブルックは

「50年間霧の中で仲間の全滅が夢だったらいいのにって毎日幻を見ては傷つきましたから」

と答え、ロビンは「私達似た者同士ね」と笑っていく。

ブラックマリアは輪入道を使った振袖輪入道を繰り出す。

ブラックマリアが「幻を見ないって言ったのかい!?」

「だけど、夢なら見てるじゃないか」

「カイドウ様に勝てるって」と輪入道を振り回し床を火の海に変えていく。

ロビンがスパイダーネットで火の海からブルックを助ける。

ロビンが「そんな戦い方してたら城中に火が燃え広がるわ」

と叫ぶと、ブラックマリアは「敵陣の心配?ありがと」

「じゃあ、早く捕まっておくれよ、ニコ・ロビン」と告げる。

ブルックは「ロビンさん、このまま抱えてて貰えますか?」

「あの武器が生き物なら」とコールドソウルで輪入道を凍らせていく。

ブラックマリアが「おのれ、往生際が悪いね」

「ニコ・ロビン、わからないのかい!?」

「お前さん、どう考えたって仲間に売られたんだよ!?」

「ニコ・ロビンを狙う私の前に黒足は当人を呼び寄せた」

「世界中の大物達に狙われるお前さんは一味のお荷物なのさ」

「だからた易く呼び寄せた」「黒足は鬼ヶ島中の笑い者だよ」

「懸賞金額はNo.2だって!?」

「一味の実力が知れるねぇ」と言い放つと、ブルックは

「サンジさんのアレ、ケッサクでした」

「ロビンさん、この方あなたにお任せしても?」と尋ねる。

ロビンが「ありがとう、そうしたいわ」

と返すと、ブルックは

「その他百鬼夜行はお任せあれ」

「オバケ怖いですけどー」と単身敵に向かっていく。

ブラックマリアが「傷ついたかしら」

と言うと、ロビンは「いいえ、彼は優しい人」

「サンジが私を頼ってくれた意味をあなたが知る必要はない」

「彼こそ海賊王の両翼に相応しい男」とヒガンテフルールを繰り出していく。

ワノ国「常影港」にて。

ルフィが「肉が足りねェ〜」

と叫ぶと、「もう船の食糧全部食ったよ、お前は」と言われる。

モモの助が「ルフィ、何という強運じゃ」

「ホントに生きておった」と言うと、ルフィは「お前も落ちてきたのか」と聞く。

モモの助が「カイドウから逃げてしのぶの凧で」

「しかしルフィ、その為に錦えもんが、菊が目の前で」

と涙を流すと、ルフィは「後にしろ」

「ずっとそうだろ、お前は「大将」だぞ」

「まだ途中だ、メソメソすんな」

「カイドウをブッ飛ばさなきゃ何も終わらねェんだ」

「次は絶対負けねェ」と告げていく。

物陰から見ていたカリブーは「え?あれ麦わらか!?」

「決戦はどうなった?」

「おめェらが勝たねェとおれは一向にこの国出られねぇんだが!?」

「しっかりしやがれ」と考えていた。

ルフィは「モモ、もう一度おれをあそこに運べ」

「龍になって飛んでくれ」と鬼ヶ島を指差していく。

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「ワンピース」101巻1021話のネタバレ

ブラックマリアが「怒ったのね」

「ずいぶん大きくなれるじゃないか」

「体力を消耗しそうね」

と言うと、ロビンが「心配無用よ」

「すぐに決着はつく」とシーサーペントを繰り出していく。

ロビンが「逃がさない」

とブラックマリアを捕まえようとするが、ブラックマリアは「大人しく捕まるわけ、ないだろう!!?」と手を斬りつける。

ブラックマリアが「本体にダメージはいくのよね」

「なら、標的が大きいだけ楽っ、手の数も大きさも」と毒つきの足先で攻撃していく。

そして、マリアネットでロビンを捕らえ、お静マリアを繰り出す。

ブラックマリアは「格闘家なの」

「女だって容赦は、しない」と花魁ナックルで殴りまくる。

たまらずロビンは巨大ロビンを解除する。

ロビンが巨大な手でブラックマリアに襲いかかるが、行き止マリアで防がれる。

ブラックマリアが「私の糸は可燃性だよ」と炎上マリアで火を放つ。

ブラックマリアが「すぐに勝負はつくんじゃなかった!?」

「みっともない黒足のサンジの失態をかばってお前さんが負けたら結果2人共ただのバカだよね!?」

「咲いてごらんよ、この火の海に」

「火の中に花は咲けたかしら?」とロビンを糸で捕らえる。

ブラックマリアが「ガシャドクロにまた消化して貰う!?」

と言うと、それを聞いたブルックが「バカな言葉が聞こえましたね、ブラックマリアさん」

「私がもしあなたならそこから逃げますね」と告げる。

ブラックマリアが「何ができるんだい!?悪魔の子」

「さっき言った通りだろ!?お前さんは仲間達のお荷物」

「世界の大物達に求められるのはそん脳、手も足もいらない、人格もいらない」

「生きてりゃいいただの道具さ」

と殴りつけていく、ロビンは革命軍とともに過ごした日のことを思い出していた。

コアラが「いざって時の打撃だよ、パンチ」

と言うと、ロビンは「ビンタじゃダメ?」

と聞き、コアラは「相手は殺す気でくるんだよ!?」

「掌底はどお?ここの掌でごーん」と返していた。

サボが「竜爪拳を教えようか?ロビン」

と言うと、ハックは「押しつけるな、ロビンは関節技で充分強い」

と諌めるが、コアラは「だけど、別れたら私達守ってあげられないんだよ!?」と騒いでいた。

すると、ロビンは「じゃあ、ちょっとだけ教えてくれる?てのひら」と言い、コアラとサボはテンションが上がりまくっていた。

ロビンは「確かに何度も役に立ったわね」

と考えながら、サボの「相手の核を見抜くんだ」

という言葉やコアラの「これ取っておきだよ、ロビンさん」

「同じてのひらでも魚人空手の奥義まずはね」という説明を思い出していた。

ロビンはミル・フルール「魚人空手」ギガンチウムを繰り出す。

ブラックマリアが「どこに攻撃を」

「まさか」と察した通り、ロビンの攻撃で天井が崩落し火が消えていく。

そして、ロビンはデモニオフルールを繰り出し、「悪魔にだってなるわ」

「本当に必要としてくれる人達がいるから、頼ってくれる人がいるから」

とグランジャグジークラッチを放っていく。

ブラックマリアの部下たちがブラックマリアがやれていること、ロビンのデモニオフルールの姿に驚くと、ブルックが

「整列ご協力ありがとうございます〜」

「では、フラーズダルムオーケストラ」

で九忍たちを倒していく。

兎丼「常影港」にて。

カリブーが「ホントにわかっちゃってんのかい、おまいさんら」

「そいつァおれの一ヶ月分の食糧だ」

「キッチリ返して貰わねェと困っちゃうぜ〜!?」

と言い放つと、ルフィはカリブーの食糧をたいらげていた。

しのぶが「できますけど、何でそんなバカな事」

「あんな危険な場所へは、もう二度と行かせるわけにはいきません」

と言うが、モモの助は「しかし、このままでは花の都が、「ワノ国」がほろんでしまう」と騒いでいた。

しのぶが「一度やれば二度とその姿には戻れません、心は子供のままに」

と渋っていくが、モモの助は「かまわぬ」

「大きなりゅうになれるかもしれぬのだ」

「たのむ、しのぶ」

「おぬしの「ジュクジュクの術」で拙者を大人にしてくれ」と必死に伝えていく。

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「ワンピース」101巻1022話のネタバレ

「百獣海賊団」3万人に対し、「侍海賊連合軍」5千400人の討ち入り。

その兵力差はお玉の「きびだんご作戦」と侍・海賊達の善戦によりみるみる縮まり、屈強な敵幹部「飛び六胞」は全滅。

「ワノ国」本土上空「鬼ヶ島」。

「花の都」到達まであと15分。

城内3階。雷ぞうが「黒炭オロチに、あの様な男になぜ仕えた福ロクジュ」

と忍法分身の術を繰り出すと、福ロクジュは

「我々は時の「将軍」に仕え全うする忍」と忍法耳たぶクラッカーで応戦する。

福ロクジュが「貴様が仕える男はどうだ!?亡霊ではないのか」

と返すと、雷ぞうは「おでん様の事か!!?」と怒りを見せる。

福ロクジュが本物の雷ぞうに攻撃を浴びせ

「貴様の様に感情丸出しの男に忍はとうてい無理だったのだ」

「いかに忍術に長けていようともな」と言い放つと、雷ぞうは
「感情ゆえに、我らは本望」

「拙者達はあの日、共に泣き共に笑った」

「おでん様と共に死んだのだ」

「今はただ、主君の想いを遂げる為の亡霊」

「それを任務とは呼ばせぬ」

「我ら一人一人が、感情ある従者ゆえ」

「討ち死にさえ本望」

「今日、オロチ・カイドウという夜が終わり煌々と太陽が登るのだ」

「モモの助様という「将軍」を得てな」と告げる。

城内3階、キラーVSホーキンス。

キラーが「ホーキンス、てめェ何体身代わりを入れてやがる」

と言うと、ホーキンスは「残り僅かだ、マズイなァ」

と返し、キラーが「命に同情する」と斬りかかる。

ホーキンスが「僅かだが、重要なのは誰の命か」

と言い放つと、城内2階でビッグ・マムと戦うキッドが突然倒れ刺し傷が現れる。

キラーが「まさか、そのワラ人形」

と言うと、ホーキンスは

「お前の手で知らずにキッドを殺させるのも酔余の一興にいいが、手を出せなくなったお前を観望するのも面白そうだろ?」

「お前がおれを仕留められる時は、お前の手でキャプテンを殺した時だ」

「さァ興じろ、くるしゅうないぞ」と恐ろしい事実を伝えていく。

ドクロドーム「ライブフロア」。

クイーンとキングが「おい、元百獣海賊団のゴミクズ共ォ」

「裏切り者の代償は高くつくぞ」と裏切り者を粛清していた。

元百獣海賊団が「マルコさんは!?」

「何とかしてくてくれー」と言うが、マルコはもう限界だった。

「サン五郎さん、大丈夫か!?」と聞かれるが、「くそ、2人はキツイな」とサンジも苦戦していた。

「あいつらゾロ十郎を捜してる」

「誰があいつらを止められる!?」

「フロアが全滅しちまう」

と言われると、サンジが「チョッパー、ミヤギ、毒効かねェならその緑ミイラ連れて離れてろ」と伝えていく。

チョッパーが「もう薬は打ったんじゃが」

と返すと、サンジが「もう少し時間がかかるか?」

と聞き、ミヤビが「そもそも重体ですので」と伝える。

サンジが「おれならここだ」

とクイーンに蹴りかかると、キングは「ロロノア・ゾロを捜し出して息の根を止めろ」

「妙な治療をしてた様だ」

「あいつを回復させるな」と指示を出す。

ペロスペローが「怪獣共が」

「ハデな戦塵でよく見えねェ」

「ヴィンスモーク・サンジは俺が消す」

「てめェがプリンと結婚してりゃあ、こんな奴らと手を組む事もなかった」

「くたばれ、ジェルマの出来損ない」

と矢を放とうとするが、「表に出えやァ〜」

「ペドロの仇ぜよ」とネコマムシに殴られる。

ゾロが百獣海賊団に見つかり、侍たちが抱えて逃走する。

が、キングに行く手を阻まれる。

キングが炎皇を放つがマルコが不死薊で防ぐ。

マルコが「聞いた事あるぞ」

「昔々、赤い壁のその上に発火する種族が住んでいました」

「火炎のキングか」

「まさかその」

と話し出すと、クイーンが「まだ生きてやがったのか、マルコォ」

「さっさとくたばれ白ひげ海賊団」とキングとともにマルコに攻撃を繰り出そうとする。

マルコが「ああ、降参」

「もう気が済んだ」

「おれァここまでだ」

「花形、登場だよよい」

と返すと、ゾロが復活し三刀流煉獄鬼斬り、そしてサンジが「ディアブル」ムートンショットを繰り出していく。

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「ワンピース」101巻1023話のネタバレ

ゾロとサンジが並んで立っていた。

キングとクイーンが倒されていた。

「あいつらウチの大看板を」と百獣海賊団がゾロを狙おうとするが、河松が「やめておけ」と斬り倒す。

ヒョウ五郎が「そうだ河松」

「おい親分衆、この決闘加勢しようなんて思うんじゃねェぜ」

と告げると、弥太っぺが「ヒョウ五郎親分、しかし敵は「大親分」」と返すが、ヒョウ五郎は

「敵も味方も全員あの戦いに近づけるな」

「見ろ、ジャマだけァしてくれるなって顔に書いてあらァ」とゾロとサンジの顔を見て伝えていく。

マルコは「レッドラインの上はマリージョアだろうよい」と言うが、白ひげに

「いやあ、そのずっと昔だ」「あの上には「神の国」があったらしいぜ」と言われた日のことを思い出していた。

イゾウが「何ぼーっとしてる、戦場だぞ」とマルコを助けると、マルコは「お前の助けを待ってた」と伝える。

マルコが「イゾウ、お前神を信じるか?」と聞くと、イゾウは「酔った時の「オヤジ」かよ」とツッコンでいく。

クイーンが「YO、兄ちゃん達、倒せるつもりになっちゃいけねェ」

「何も効いちゃいねェんだからよ」「「旱害」「疫災」「火災」、おれ達ァカイドウさんを守る三つの災害」

「倒せねェから「大看板」よ」とレーザーを放っていく。

サンジの動きを見たゾロが「どうしたお前」と確認すると、サンジは

「いや、さっき2度目のレイドスーツを着たあたりから体がちょっと」と答える。

ゾロが「オイ、足引っ張んじゃねェぞ」と言うが、

サンジは「悪いとは言ってねェだろ、「変」なんだ」と伝える。

そして、ゾロが「貸し「1」」とキングの攻撃からサンジをかばっていく。

クイーンがブライダルグラッパーを繰り出すと、サンジがゾロをかばい「借りなし」と伝える。

クイーンが「ジャッジのせがれ、お前らガキ全員「サイボーグ」なんだってなァ」

「イカレてんぜ、あの野郎」

「その燃える足がマシーンか!!?」と言うと、サンジは「残念ながらおれだけは「人間」でやらして貰ってんだ」と返す。

クイーンが「人が燃えるか!?バカ野郎ォ」

「ルナーリア族じゃあるめェし」と言い放つが、サンジは「可能だ」

「おれの情熱は炎の温度を超えていく」

「海獣料理もお手の物だぞ、恐竜野郎」と燃える足で攻撃を繰り出し、クイーンは

「ベガパンクにも作れねェサイボーグの真髄見せてやらァ」と応戦する。

ゾロが「余所見してんな、黒ミイラ」と斬りかかるが、キングの特殊な形状の刀に刀を捉えられ、反撃を浴びてしまう。

ゾロが「成程、殺戮マシーン」と言うと、キングが「戦いに流派や型が必要か?」と言い、ゾロは

「ああ、確かに」「剣士と名乗られちゃいねェな」「好きにしな、おれも決着の時にはお前のノド笛食いちぎってるかも知れねェ」「負けるわけにはいかねェのよ」と言い放つ。

河松が「ヒョウ五郎親分、拙者日和様があの男に「閻魔」を譲ると言った時、止めきれぬ理由がござった」と口にすると、ヒョウ五郎も

「ああわかる」「海外から来た海賊の筈だが不思議だな」「奴は若き日の「鈴後」の大名霜月牛丸にウリ二つ」と言い、河松は

「さよう、剣の所作までもです」「牛丸様は刀神霜月リューマの子孫にして大剣豪」「奴が秋水をワノ国に返した事さえ運命に感じます」「「リューマ」が隻眼の侍であった事も含め」と語る。

宝物殿2階。

ジャックが「もう限界だろう、眠れ昼の王」「もう許してやる」「「侍はいない」とウソを貫き滅びた貴様らの国を」とイヌアラシに迫っていく。

イヌアラシは「あの時、雷ぞうを見殺しにしていたら、私達はそれを恥じて二度と「ワノ国」へは戻って来れなかった」「おでん様の命日より一日一日が、この決戦の日への確認だった」とジャックを投げ飛ばしていく。

イヌアラシは「私達は20年間問い続けた「お前はまだおでん様の侍か?」と」「千年続いた都市が滅びようとも辿り着かねばならなかったのがこの決戦」

「誰が死のうとこの戦いに勝つ事で世界に夜明けはやって来る」と屋根に開いた穴から覗いた満月の影響でスーロンになっていく。

ドクロドーム正面入口。

ペロスペローをぶっ飛ばしたネコマムシが「ペドロがおらにゃあルフィ達はここへ来れんかった」「この討ち入りは失敗しちょったろう」「満月がキレイぜよ」

「ペドロよう見ちょれ、酒でも飲みもってにゃあ」「けんどうの、ベロ男」「ゆガラの見る月は今宵限りぜよ」とスーロン化する。

城内2階。

福ロクジュが「おでん亡き今は、ガキに使える貴様ら亡霊も滑稽なものだ」と罵るが、雷ぞうは「黙れ、若さを笑うな」

「我々ごときが侍になれた様に、人は必ず成長する」「モモの助様の成長は「ワノ国」が見守る」「だから、貴様らには奪わせん」と言い放つ。

「兎丼」常影港。

「なぜここに!!?」「カイドウがァ~」「やれるのか!?おれ達で」と騒いでいるが、ルフィは龍の正体がモモの助であることに気づく。

「何が!?さっきのガキィ!??」「どういう事だ!?」と驚くと、しのぶが「モモの助様のご希望により、これは28歳のお姿っ」と泣きながら伝える。

ルフィが「行くぞモモ、「ワノ国」取り返しに」と言うと、モモの助は「おう」と呼応する。

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「ワンピース」101巻1024話のネタバレ

城内2階。

突如敵が倒れていくと「わあああ、どうしたお前ら」「「覇王色」の覇気!?」と驚き、ウソップが「無理もない」

「半端な覚悟じゃ、おれの前で意識は保てねェ」「2人の飛び六胞を消した男「二胞狩りのウソ八」とはおれの事だ」と現れ、敵が

「え~、2人も!?」「戦おうとするな、寝返れー」とビビっていく。

スピードが「同じ階でビッグ・マムが戦ってるせいだ」「「覇王色」の余波で兵が倒れていく」と言うと、ナミが

「ねェ、ルフィどうなったかわかる!?フランキー」と通信で確認を取っていた。

ドクロドーム「右脳塔」。

フランキーが「いや、わからねェな」「さっきのモモの助の言葉が全てだろう」と言うと、ナミは

「モモと一緒にいる筈のしのぶちゃんとも連絡がつかないの」と返し、フランキーは

「便りがねェのは元気な証拠だ」「やる事やったんなら下へ来い」

「何だか知らねェが敵がどんどんライブフロアへ流れて来る」「ライブフロアへ出すな」「ゾロとサンジが大看板を相手にしてんだ」と伝えていった。

城内3階。

派手に炎が上がっており、ブルックがロビンを抱えながら「ああ~、熱い気がする~」「私すでに火葬済みなんですけどー」「イヤ、誰が火葬済みですか」と避難していた。

城内4階キッド海賊団。

ブルックが「ジンベエさん、ジンベエさん、3階はやがて火の海になりますよ、今の内に下へ」と連絡すると、ジンベエは「家事か、そりゃマズイのう」「しかし上は、カイドウは誰が止めとるんじゃ!?」と返していった。

城外「ライブフロア」。

河松がライブフロアに敵を入れまいと奮闘していた。

ヤマトが鳴鏑をカイドウに繰り出す。

カイドウは金剛鏑で応戦する。

ヤマトが「お前はいつも、ぼくを殺す気だった」と言うと、カイドウは

「ああ、そうだ」「親子ゲンカじゃねェ、おでんの名を背負うなら「戦争」を覚悟しろ」「遊びじゃねェんだ、ヤマト」と返し、ヤマトは「憧れは罪か!!?」「ぼくはおでんが好きだ」と言い放つ。

かつて「くさりは外してよ、お父さん」「ぼくはおでんだ、光月おでんだ」とヤマトが暴れ回っていた。

カイドウが「ヤマト、これはお前がやったのか?」と聞くと、ヤマトは

「知らない、勝手にたおれた」「おなかがすいて死にそうだよ」「ごはんをちょうだい」と答え、カイドウは

「「覇王色」か、有望だな」「だが、「おでん」を名乗るなら死ね、ヤマト」と言い放つ。

カイドウが「岩屋の中で頭を冷やせ、一ヶ月の猶予をやる」と告げると、ヤマトが

「え!?一ヶ月!?さすがに死んでしまいます」「それに中には凶暴な侍達が収監してあり」と拒むが岩屋の中に連れて行かれてしまう。

カイドウが「「ワノ国」の大剣豪共、お前らも同じだ」「おれの戦力になるなら出してやる」

「気が変わったら天井の空気穴に叫べ」「もう何日食ってない?」「ここにメシを運ばせよう、一人分だけな」「武器も必要だろう」と刀を提供すると、ヤマトが

「お父さん、ぼくはカイドウの子だよ!?」「恨まれてるにきまってる、殺されちゃうよ」と懇願するが、カイドウは

「お前は「おでん」だろう?」と告げ去っていった。

ヤマトが「おでんだけど、おでんを殺したカイドウの息子だ」「お侍さんにキラわれることくらいわかる」「殺しあいをさせる気だ、ごはんの取り合いで」

「いや、その前に、ぼくを殺すよね」と恐れていると、侍は「食べなさい」「侍は腹など空かぬものだ」とお腹を鳴らすヤマトに食事を渡してあげた。

ヤマトが「侍なすごいな、おなか空かないの!?」と驚きながら「ぼくはおなか、すいてまず」

「ありがぽう、おざむらいさん達」「ぼくはこのごはん、一生忘れません」と感謝しながら食事にありついていく。

ヤマトが「ねえ、おなかがすいても侍になれますか?ぼくは」と聞くと、侍の一人が刀で鎖を斬り落とし「おぬしは「光月おでん」だろう?」

「聞いてた、拙者達もあの男が大好きでござる」と言う。

ヤマトが「え、お友達?」「お侍さんの名前は?」と尋ねるが、侍は「負けた侍の名か、某とでも呼んでくれ」と答える。

ヤマトが「このにっしを読みたいんだけど、むずかしい字が多いんです」とおでんの航海日誌を取り出すと、侍たちは

「おでんの航海日誌!?」と食いつき共に読みふけった。

侍が「いやあ、10日は過ぎたか」「ヤマト、おぬしの父上は本当に我が子を死なせる気なのか」

「これではおでんの言う20年後の戦いを見届けられんな」と言うと、ヤマトは

「ぼくはその時は「ワノ国」といっしょに戦うよ」「海へ出てもっともっと強くなって」と返し、侍は

「それは心強い」「では、拙者達はおぬしをここで死なせぬ事で未来の戦に参戦いたそう」「20年は拙者達にはちと待てぬ年月ゆえ」と岩戸を破り脱出していった。

ヤマトが「僕にだって信じてくれる人達はいる、認めてくれる人達はいる」

「なぜぼくの自由を奪う!?なぜワノ国の自由を奪う!?」と言うと、カイドウは

「一問一答で動いちゃいねェんだ世の中は、青二才が」と返し、共に雷鳴八卦を繰り出していく。

※続きのネタバレはこちらから

【ワンピース】102巻ネタバレ!アニメ無料動画と無料漫画まとめ

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

U-NEXTで「ワンピース」のアニメも漫画も楽しもう!

今回ご紹介した「ワンピース」の動画ももちろんのこと、U-NEXTなら

・カンテレ制作のドラマ
・NHKのドラマ
・このミステリーがすごいシリーズ
・人気漫画
・人気アニメ
・人気映画
・人気ドラマ

全てを見ることができます!

動画だけでなく電子書籍まで読めてしまうのがU-NEXTのメリットです!

それでは是非無料期間だけでも、U-NEXTを試してみてくださいね。

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 
【この記事もおすすめ】

【呪術廻戦】18巻ネタバレ!アニメ無料動画と無料漫画まとめ

【大豆田とわ子と三人の元夫(豆夫)】あらすじネタバレを1話~最終回結末まで紹介!

【ネメシス】あらすじネタバレを1話~最終回結末まで紹介!アンナの父親の事件、20年前の真実

【呪術廻戦】17巻ネタバレ!アニメ無料動画と無料漫画まとめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。