【呪術廻戦】最新話128話ネタバレ!129話の考察は?いい加減呪いでも何でもない?

週刊少年ジャンプで連載している「呪術廻戦」の128話のネタバレを紹介していきたいと思います!

前回の127話では、東堂が来てくれたことに気づいた虎杖は、少しでも体を小さくするようにしながら、もう戦えないと弱音を吐いた。

「人を助ける」という信念は、「自分のせいで人が死ぬ」という事実への言い訳だと突きつけられた虎杖は、これ以上自分を許すことが出来なくなってしまったのだ。

虎杖絶望中でも容赦なく向かってくるのが真人。

腕を変形させた真人は虎杖のことをあざけ笑いながら飛びかかってきた。

この時の立ち位置は前には飛びかかってくる真人、中央にはうずくまる虎杖、その後ろに東堂と新田が並んでいる。

東堂は1回目で真人と新田を入れ換えで攻撃を後ろに流し、2回目で真人と虎杖を入れ換えて自分の目の前に来た真人を蹴り飛ばした。

3回目に真人が飛んでいく先にいた新田と真人を入れ換えて新田の身を守る。

東堂の術式を分かっていても翻弄されてしまう真人はこの状況を面白がっていた。

東堂は、今も小さくうずくまる虎杖に背中を向けたまま話しかける。

仲間全員で「呪術師」なのだとと話す東堂は、虎杖が託されたものについて聞く。

今答えが出ずとも、死んだ仲間に託されたものを知るまでは戦い続けなければならないのだと言う東堂は、もう1つ何かを隠しているよう。

新田は今の傷がこれ以上悪化しないという術式を虎杖に施すと、脈と呼吸が止まった釘崎にも同じ処置をしたと伝える。

すぐに助かる可能性が0ではない釘崎を連れて離脱すると走る新田を見て、虎杖は泣きそうな目をして頷いた。

東堂は虎杖と距離をとるようにして戦っていると気づいている真人は、対応してやるという強い意思で小さな魂の破片を飛ばして戦う。

もう1度黒閃を決めることが出来れば自分の魂の本質にたどり着ける気がするのだとわくわくしている。

ここで位置入れ換えが起こる。

東堂の虎杖が入れ換わった。

七海に託されたこれからを諦めようとしたことを謝りながら、虎杖は完全復活するのだった・・・という展開でした!

それでは、「呪術廻戦」の128話について紹介していきたいと思います!



「呪術廻戦」のネタバレ一覧

ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレなどを項目ごとに用意しました!

気になる箇所をクリックしてみてくださいませ!

・呪術廻戦の14巻のネタバレはこちらから

・呪術廻戦の15巻のネタバレはこちらから

・呪術廻戦の127話のネタバレはこちらから

「呪術廻戦」128話のネタバレ

新幹線で東京に向かう三輪にメカ丸は

「もう決着がつく頃ダ」

「今から渋谷に向かっても意味はなイ」

「戻るんダ、三輪」

と言う。

三輪が

「なんで東堂先輩と新田君だけ」

と聞くと、メカ丸は

「東堂は渋谷でも9割9分死なんと判断しタ」

「東堂と同行している新田もナ、アイツの術式は役に立ツ」

と答える。

三輪が

「私は・・・私は役立たず?」

と聞くと、メカ丸は

「もうそういう次元の話じゃないんダ」

「オマエだけじゃなイ」

「真依、加茂、西宮、歌姫も31日は京都以南の任務に就くように細工しておいた」

と返す。

三輪が

「なんで何も言ってくれなかったの?」

「なんで相談してくれなかったの?」

「私達は仲間じゃないの?」

「私が弱いから?」

と聞くと、メカ丸は

「違ウ、弱いのは俺ダ」

「弱いからやり方を間違えタ」

「弱いから間違いをつき通せなかっタ」

「大好きな人がいたんダ、どんな世界になろうと俺が側で守ればいいと思っていタ」

「その人が守られたいのハ俺じゃなかったかもしれないのニ」

「時間ダ、三輪」

「さよなら今まで」

「三輪、幸せになってくれ」

「どんな形であれオマエが幸せなら俺の願いは叶ったも同然だ」

と返し、窓には与の姿が映っていた。

新幹線には真依、加茂、西宮、歌姫も乗車していた。

真依が

「歌姫先生、メカ丸がしたことは」

と聞くと、庵は

「不問よ、本人が死んでるんだもの」

と返す。

加茂が

「随分と低く見積もられたものだな」

と言うと、西宮は

「ね・・・っていうか東堂君なら死なないとか私達なら死ぬとか関係ないっつーの」

「カワイイ後輩を泣かした奴はブチ殺す」

とブチギレる。

真人は虎杖、東堂を相手にしながら

「チョンマゲゴリラの魂は万全だが今の俺ならワンタッチで殺せるか?」

「虎杖の魂は残り1割ってところかな」

「そして俺の魂は残り4割」

「分身が潰されたこととあのラッシュと黒閃で随分削られた」

「それも全てあの女のせいだ、雑魚のくせいに爪痕はしっかり残しやがって」

「まずは厄介な位置換えから消す」

と考えていた。

真人が東堂に攻撃するが、東堂は改造人間と位置を換え躱していた。

真人は

「無生物との位置換え」

「解放前の改造人間の呪力も拾えるのか」

と考えていた。

東堂は以前

「そのレベルで満足していると俺とオマエは親友ではなくなってしまう」

と虎杖に言ったことを思い出し、

「この呪霊も既に黒閃をキメているという」

「今置いていかれているのは俺」

「強くなったな虎杖、オマエはそれでいいのか?東堂葵」

「再び虎杖を独りにする気か!?東堂葵」

と考え、東堂も黒閃を決めていく。

真人は

「どんなに強力な一撃、黒閃を繰り出そうと魂に響かないオマエの攻撃は無意味なんだよ」

と考えていたが、これにより三者それぞれが120%の潜在能力を引き出すに至る。

真人は大量の改造人間を吐き出し、「多重魂」「撥体」を放つ。

東堂は

「入れ替え無意味の全方位範囲攻撃」

「こいつギアが」

と感じていた。

真人は

「アゲてけよ、虎杖」

「俺とオマエ、最後の呪い合いだ」

と言い放つ。

※続きの129話のネタバレは下記記事からご確認ください

【呪術廻戦】最新話129話ネタバレ・130話の考察!アニメ無料動画と無料漫画まとめ

「呪術廻戦」128話のみんなの感想と129話の考察は?

 
【この記事もおすすめ】

【ドクター・デスの遺産】あらすじネタバレ!原作小説は実話?モデルは?結末と犯人

【七人の秘書】2話3話あらすじネタバレと感想!杉田かおる降臨で影の仕事人たちは?

【バベル九朔】3話4話あらすじネタバレと感想!ドラマ内容は違和感だらけ?

【この恋あたためますか(恋あた)】3話4話あらすじネタバレと感想!面白くなってきた?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。